10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:児童手当

低年収 子沢山 教育費 倹約 貯蓄



前編からのつづき


結婚する時に夫婦合わせて1800万円も持っていたF家。すごいですよね。わが家なんて結婚時に二人共貯蓄ゼロで半年かけて慌てて挙式資金を貯めたんですから、スタートからして大違いですね。現在のF家はどうなるんでしょうか、早速、現在を見ていきましょう。

子供三人の教育費準備を始める


結婚して1年後(29歳)に一人目。3年目(31歳)に二人目。6年目(34歳)に三人目と3人も子宝に恵まれました。私も専業主婦だし、お互いの実家も近いから何かあると両親が手伝いに来てくれるんです。毎日賑やかで大変だけれども、昔から子供が好きだったし3人も子供がいるなんで本当に幸せですね。夫も休日は趣味の釣りに上の子を連れて行ってくれて、いろいろと遊ばせてくれるので助かります。

まぁ、子育ては大変だし、何よりもお金が心配ですよね。なので、わが家では一人300万円の学資保険に加入しています。万が一、夫に何かあっても子供だけは守らないといけませんからね。学資保険料は年間45万円ですが、ボーナスをそのまま保険の支払いにあてていますから、日々の生活は特に影響なしです。それと、児童手当を貰えているんですがそれはそのまま貯金へ回しています。児童手当を貰い始めからずっと貯金しておくと全部で200万円くらいになるらしいですからね。学資保険の300万円と児童手当の200万円で一人500万円の教育費を準備することを目標にすればちょっと安心できるのかなって思っています。

今の家計内訳はこんな感じです。


[収入]
夫(42歳)
23万円(ボーナス手取り50万円)
妻(35歳)
0万円

[支出]
住居費
15000円
水道光熱費
20000円
食費
40000円
被服費
10000円
雑費
5000円
通信費
10000円
ガソリン代
10000円
保険代
10000円
夫小遣い
20000円
妻小遣い
10000円

合計
150000円

[貯金]
毎月
8万円


ファイナンシャルプランナーも太鼓判の家計なんだそうです


ママ友にFP(ファイナンシャルプランナー)の人がいるんです。先日、お話をしていたら「一回、診断してあげようか」なんて言われたんで、知り合いなんでちょっと躊躇してしまいましたがこんな機会はめったにないなと思ってお願いしてみることにしたんです。

すると、「貯蓄割合も35%くらいできているから家計は健全だね」って言われたんです。やっぱり専門の人に診てもらって大丈夫って言われると本当に安心できますよね。これからも現状維持を頑張りたいと思います。

ただ、「会社の借り上げ社宅制度はいつまで継続されるの?」って質問されたんで「えっ!?ずっとじゃないかな」って答えたら、「万が一、社宅制度が廃止もしくは改悪されたら一気に家計破綻しちゃうから気をつけてね」って言われてゾッとしちゃいました。怖いんで夫にそれとなく会社方針を確認するように伝えて終わらせちゃったんですけどね。

倹約F家の貯蓄額


結婚当初に夫婦二人で1800万円も貯金があったわが家ですが、現在どのくらい貯まっているかと言うと2300万円です。この7年間で500万円を上乗せできた計算になります。その7年間には子供3人の出産や小学校入学などいろいろなイベントもあったので500万円も貯められたことは良くやった方だと思っちゃいますね。

夫の1500万円と私の300万円、そして夫婦二人の500万円。世間では年収600万円とか1000万円とか高収入のお仕事が溢れているのに、年収400万円と金額が低い夫だけの収入でここまで頑張れているんだから“幸せ”の一言ですね。


--------------

42歳で年収400万円と決して高収入ではないF家ですが、お金を必要としない生活スタイルがベースとなって非常に健全な家計が構築できているようです。子供3人と子沢山のF家は人生の三大支出である住居費、教育費、老後費用をこのまま乗り越えていけるのでしょうか。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ひらめき


どうもです。
前回の記事『こうやって乗り越えよう!教育費対策』では、子供一人300万円の学資保険に加入しましょうと書かせてもらいましたが、300万円だけでは大学1年時にすべてを使い切ることになることも分かりましたよね。今回はその300万円にあと200万円を上乗せする誰にでもできる超カンタンな方法をお伝えします。

18歳時に300万円は一瞬で消えていく


高校3年時の予備校費用、大学受験費用、めでたく入学した際の入学金に初年度授業料、残念な結果だった時の予備校通学費用など、高校3年~大学1年になる1年間に300万円は確実に消えていきます。大学へ推薦で入学を決めた場合や進学せずに就職する場合以外はおそらくそうなるとボクは考えています。

かと言って、子供に「大学行くな!」とか「推薦を何が何でも取れ!」なんて無理なことは言えないし、親としては子供の将来性を狭めることはなんとしても避けたいものです。だけど、300万円以上の教育費の積立なんてとんでもないですよね。何か簡単な方法があればと考え続けた結果、気がついたことが一つありました。

200万円の上乗せは超カンタン


そんな簡単な方法が実はありました!

それは、国から貰える“児童手当”をすべて貯蓄するだけです。

 ◯0~3歳になるまで(36ヶ月) 15,000円/月
 ◯3歳以降中学卒業(15歳になった年の3月31日)まで  10,000円/月

この“児童手当”をもれなくしっかりと貯蓄するだけで200万円を貯めることができるんですね。この200万円に加え、学資保険300万円を加えれば、18歳時には500万円貯まっている計算になります。
(※現行制度による。所得制限あり、第3子の場合はずっと15,000円。)


“児童手当”を貯金するということは…


児童手当を貯金するということは、子供にかかる費用を別に捻出する必要がありますが、児童手当がないと何も買ってあげられないということもないのではないでしょうか。子供に現時点でかかる費用は小学校の学納金・給食費、習い事、被服費などで毎月では数万円。小さくはない金額ですが、ココは家計を見直しこの数万円を捻出できる方法を考えていきましょう。

しっかり家計をコントールすることができれば可能なこと。少し辛いかもしれませんが、大学入学時の荒波に比べれば今はまださざ波。今のうちから家計の耐性を強めていく必要があるのです。



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ