10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:先取り貯蓄

貯蓄 先取り貯蓄 後取り貯蓄 自動積立 財形貯蓄



こんにちは、☆のっち☆です。
貯蓄方法で至る所で推奨されている“先取り貯蓄”ですが、毎月の貯蓄分を先に取り分けることができれば目標とする額を達成することができるのでしょうか?
貯金をすることが苦手な私から言わせていただくと「ん?そんなに簡単な話なの?」って思ってしまうんですよね。
ということで、今回は毎月の貯蓄方法で何がベストなのかについて考えてみようと思います。

どうして“先取り貯蓄”を推奨するのか


なぜ、多くのファイナンシャルプランナーが先取り貯蓄を推奨するのでしょうか。その理由をバーっとネットで検索したらこんなことが書かれていました。

「使い込みを防げる」
「自然とお金を貯めることができる」
「残ったお金を自由に使える」

たしかにそうですよね。
給料を受け取った瞬間に、一定額を別口座へ移動して資金を使えなくさせてしまうわけですから、使いたくても使えなくなるし、強制的に貯まっていくし、残ったお金は貯蓄することを考えないでいいことになりますよね。貯蓄をしていくうえでの一番の障害となるものは自分自身の欲望ですから「お金はあるけど下ろせない」という状況を作れれば、そんな欲望にも勝つことができるわけですね。(“勝つ”というより、仕方なく我慢するわけですが…)

そのように強制的にお金を使えなくすることでお金を貯めていきましょうっていうのが“先取り貯蓄”なんですね。

「貯蓄の仕方」を検索する人たちとは…


では、先取り貯蓄をしなければお金は貯まらないのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありませんよね。しっかり家計管理ができていれば、わざわざ資金を固定してしまう先取り貯蓄を利用しなくてもお金を貯めることは可能です… 可能というよりもその方が理想なわけですね。

だって、先取り貯蓄の方法として挙げられるのは「自動積立定期預金」「財形貯蓄」「社内預金」になりますから、資金が自由に使えなくなるという不便さがついて回ります。半年や1年程度の期間は引き出すことができなかったり、社内預金については社内の総務部も絡んでくるために頻繁にお金を動かすことは気が引けてしまいます。つまり、先取り貯蓄のこれらの方法を活用するとお金は貯められるけれども、必要な時にすぐに使うといった貯蓄本来の意味が薄らいでしまうんですよね。

さらに、ネットで「貯蓄方法」などを検索する人たちの背景にあるのは、“貯蓄ができなくて困っている”という貯蓄下手な人が多いはずなので、そんな方々へのオススメな方法として“先取り貯蓄”が推奨されているわけなんですよね。

ベストな貯蓄方法とは…


“先取り貯蓄”が最良の貯蓄方法ではないとしたら、一体どんな方法がベストな貯蓄方法なのでしょうか…

このブログを始めた頃に夫が書いた『先取り貯蓄ができなくても全然平気です…』という記事があります。ここでオススメした方法は“先取り・後取り合わせ技貯蓄”というものでした。わが家においては共働きというスタイルですので、どちらかを先取り、もう一方を後取りにしたというものです。
先取りによって最低限の貯蓄を確保しつつ、家計管理に力を入れて後取りでもそれなりの金額を確保。先取り分は長期で貯蓄、後取り分はフレキシブルに生活を後押ししてくれるというわけです。そんな貯蓄方法がわが家にはピッタリだと夫は思っているから、現在もこのスタイルなんでしょうね。

貯蓄』というものは基本的には“将来のための保険”なのではないでしょうか。「お金に困ったときに使えるように」「将来の大きな支出に対して準備する」といった目的があるわけですから、ただ単に貯めるのではなく「いつまでにいくら必要だ」という明確な目標をしっかりと理解さえしていれば貯蓄は継続できるんじゃないかと思います。



いかがでしたでしょうか。
将来に訪れる金銭的な問題に対して一抹の不安もないようなタフな資金力があるのであれば、チマチマとした貯蓄なんていうものは必要ないのかもしれません。しかし、私たち一般庶民はそれほどの経済力はありませんから、将来の不安に対して備えておく必要があるんだと思います。
貯蓄計画も家族のライフプランありきです。「誰がいつどうなって、その頃にはお金がいくら必要で、その頃の収入はいくら位で… いくら足りない!」なんていう将来がキャッシュフロー表で見ることができればラッキーですよね。早速、今から準備を始めてしまいましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

2ac166cc37cfb5d1a4185c96db19317e_s

どうもです。
「家計簿」「キャッシュフロー表」「クレジットカード」「ライフプラン」などなど、家計管理を行うにはいろいろなツールが必要になります。
その中でも、今回は家計管理をするにはまず初めに用意しなくてはならない“3つの銀行口座”について2回に分けてお話させてもらいます。

家計管理はお金を用途別に分けることから始めよう


お金を一箇所にまとめておくと家計管理は必ず失敗します。それは、多くの人が残りのお金を常に確認しながら日々の生活を送っているからです。「口座にあと○○円あるから平気かな…」「給料までまだ●日もあるのにもう○○円しかない…」など、次の収入までの計画を立てながら生活されていますよね。もし、この口座に本来は貯金するはずだったお金も一緒になっていたとしたらいかがでしょうか?
「今月5万円貯めるつもりだったけど仕方ないか…」といって取り崩すのがたやすく想像できてしまいます。というか、ボクがそうでしたから。。。

ある時、ボクは積立口座に気づき“先取り貯蓄”を始めるきっかけになりました。自由なお金が入っている口座と貯金口座が一緒だから使ってしまうんです。だから、先に取り分けておけば貯金分を除いたお金で生活する努力が始まるわけですね。これが先取り貯蓄の強いところです。

その次に襲われたのがクレジットカードの請求。給料日までの数日をなんとかやりくりしていた時に突如届く請求書には毎回愕然とするものでした。粘って粘って耐えていたボクにトドメを毎回刺してくれたものです(笑)
そして、考えた末に生まれたのが「決済口座」。毎月の固定費やクレジットカードの引落しを専用に指定する口座です。

この3つの銀行口座を作ってからというもの、ボクは面白いように資金管理ができるようになりました。

3つの銀行口座は家計管理の必須アイテム


お金をコントロールできるようにならなければ、“家計管理”や“計画的な貯蓄”なんてできる訳がありません。常にお金に振り回され請求書に怯えるようになってしまいます。
現在、ボクは年間利用額250万円ほどクレジットカードを利用しているので50万円とか60万円とかの請求が来ることがありますが、請求額に驚くことは今では皆無です。逆にポイントがいっぱい貯まるので嬉しくなってしまいます。

以前の記事『高額請求なんて怖くない!クレジットカードの運用法とカード選び』でもご紹介したようにクレジットカードを利用した際はその場で資金を振替ます。クレジットカードは「支払いを待ってくれるカード」ではなく「現金を持ち歩くリスクを抑えて、さらにポイントも貰えるカード」だから、買い物の支払方法を変えただけで現金を消費したことには変わりません。なので、クレジットカードで買い物したらすかさず自由なお金が入っている口座から決済口座へ移すわけです。

家計管理の成功のカギを握る銀行口座。ボクが成功したからあなたも必ず成功するわけではありません。あなたのライフスタイルに合った使い方をぜひ見つけてください。
次回は銀行口座の使い方にについてお話しますね。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s


どうも夫です。
どのご家庭も努力されているものの思うように貯金ができていないのが現実ではないでしょうか。その結果、“あぁ、我が家は貯金ができない”とか“貯金できる家庭は収入が多いからできるんだ”などなど、少し後ろ向きな気持ちが強くなってきてしまいますよね。
しかし、ネット上には低収入でも安定して貯蓄できている家庭があるのも事実なのが悩ましいところです。
さてさて、この違いは何なのでしょうか??

“先取り貯蓄”は万能なのか?


多くの専門家が口を揃えて推奨する貯蓄法“先取り貯蓄”。では、先取り貯蓄をすれば必ずお金は貯まっていくのでしょうか??いやいや、そんな簡単なものではないですよね。
家計を分析して適正な予算配分をしてはいるものの、なぜか月末には底を尽き貯蓄を切り崩して乗り切る…結果、お金が貯まらない(泣)我が家でも結構な頻度で発生する事象です。。。

つまり、何の計画もなく貯蓄を目指すよりも“先取り貯蓄”を行うことで貯蓄が現実のものとなってくる確率は格段に上がるものの、それを行ったからといってゼッタイに貯蓄できるというわけではありません。
この“理想と現実の乖離”が多くの家庭の貯蓄モチベーションを下げてしまうのです。

“積立貯蓄”していればお金は貯まるのか?


“先取り貯蓄”の代表格である“積立貯蓄”。この“積立貯蓄”を行っている皆さんは、給料入金口座に紐付けた自動積立によって実行していると思います。任意の実行日を決めて毎月定額を積み立てます。この“積立貯蓄”を行っている方を取材したマネー雑誌などを一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。それらの多くのインタービューでは貯蓄の成功事例として紹介され「気づいた時には○○万円貯まってました(笑)」みたいなコメントでコーナーを締められてますね。

しかし、実際に貯蓄に成功したこのような成功者達はそもそも“積立貯蓄”をしなくても確実に貯められる方々なんですよね!
ん?? と思われるかもしれませんが、“積立貯蓄口座”は一般的な定期預金口座と違って預金を引き出すのに期限が決められていたり、解約違約金を徴収されるわけではありません。給料が振り込まれる普通口座から貯蓄口座へ単に振り替えられるだけですから、手元にお金が無くなれば簡単に引き出すことができます。

つまり、“積立貯蓄”でお金が貯められる方は月々のお金の管理がしっかりできている方。積立口座を利用しなくても貯金ができる体質の方が活用すると効果が絶大となるのです。逆に、お金の管理ができない方にとっては“積立貯蓄”を始めたからといって貯蓄できる確率は予想以上に低いと認識した方がいいでしょうね。

“保険”は消費なのか?


日常生活では消費のように感じてしまう“保険”。実は「保険は消費」ではありません!しかも、保険の中には貯蓄性の高い商品も多く存在します。カテゴリーとしては「学資保険」「養老保険」「介護保険」。学資保険は子供の教育資金を目的とした商品で貯蓄性の高いものでは満期時10~20%程度のリターンが見込めます。

そして、“貯蓄”に絞ったもので特にオススメしたいものが、「養老保険」と「介護保険」です。貯蓄性の面で考えるとどちらも同じような商品がありますので一緒に紹介しますが、考え方としては5年~10年程度の期間のみ保険料を支払い、払込み完了後は払込保険料を解約返戻金が大きく上回るといった貯蓄性の高いものとなっています。しかも、保険を解約せずに長期に渡り持ち続けることで保険という“安心”を享受でき、さらにその解約返戻金に発生するリターンが年々増加していくのです。
例えば、ボクが契約している「介護保険」では、保険契約後10年後には約10%程度、15年後には約20%程度のリターンが見込めます。保険なので保険料の徴収は強制的にされ、払込期間が終了するまでに解約してしまうと元本割れするため、手持ち資金の不足による安易な解約を防げて結果的に相当有効な貯蓄となります。
また、会社員であれば年末調整時の保険料控除を受けることもできるのでダブルで美味しい貯蓄です。


長くなってしまったので、次回にボクの実践する貯蓄法をお伝えします!


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ