10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:健康

健康 資産 収入 生涯年収 節約



こんにちは、☆のっち☆です。
みなさん、健康には気をつけられていますか? 私の勤める会社の男性陣は約20%の割合で肝機能に異常があるんです。これを営業職に限って見てみると約40%までになります。お仕事でお酒を飲む機会が多いから余計に身体を痛めているのかもしれませんが、30代で毎年二次検査なんて将来が心配すぎますよね。
今回は「健康がすべての基礎となっている」というお話をさせていただきますね。

健康でなければお金は意味がない


いきなり結論のようなことを言いますが「健康でなければお金は意味がない」ということです。中には「お金がなければ病気にも勝てないじゃないか」と言う方もいるかもしれませんし、それも間違ってはいません。ただ、私たちアラフォー世代の人たちで今、節約して貯蓄に励んでいる人々は病気対策でお金を貯めているんでしょうか?

違いますよね。
「旅行に行きたい」「良い物を買いたい」「良い生活をしたい」「ひもじい思いをしたくない」などなど、生活水準を向上させたかったり、将来の生活の担保として貯蓄に励んでいるんだと思います。

そんな中、ある日突然働けないくらいの重病となり入院生活が続いてしまったらどうなるでしょうか?
お仕事は有給休暇やさまざまな手当で最初のうちは収入もありますが、それも長くて数ヶ月。もちろんこれはサラリーマンの場合で、自営業だと働けなくなった時点で収入は止まってしまいます。貯金を2000万円持っているとして、手取り年収500万円の人だと僅か4年でお金が尽きてしまう計算になります。それに加えて治療費がかかってきてしまいますから、2000万円という大きな金額の貯金を持っていたとしても働けなければ僅か数年で無くなってしまうわけですね。

この部分は、以前の記事『“健康”こそもっとも大切な資産なんです』『働き続けることが最大の資産形成術』でお伝えしたように、いかに健康で働き続けることができるかが重要になります。

健康なのに腰が曲がるだけで弱ってしまう


これは夫の父の話です。
義父は現在80歳。70歳まで雇用延長とパート勤めで働き続けました。それまではちょっと血圧が高い程度で大きな病気もせず健康そのもの。「戦前生まれは強いんだよ」なんて言いながら本当によく働いてました。
そんな義父でも、最近では腰が曲がってしまい動くことすらままなりません。少し前までは杖があればある程度歩いて出かけていたものが、腰が曲がることで腕がしびれて外出する気力が失せてしまっているんです。

すると高齢ですからどんどん弱っていってしまいます。食事の量が減り、筋肉が落ち、気力が失われ…。最近は「お金があっても使いみちがない。出かけないし、物欲もないからね」って言いながらずっと家で座っています。
そんな義父を見ながら「いくらお金があってもこの状況は打破できないし、逆にこの状況になってしまったらお金なんてあまり必要ないんだな」って思ってしまいますね。

お金ばかり追い求めても意味がない


私たち一般人がどんなにお金を追いかけて、支出を徹底的に抑えて貯蓄に励んだとしても目指せるところはどのくらいなんでしょうか?
世間一般のサラリーマンでは生涯年収は3億円にも届きませんから、頑張ってもそれ以上は貯蓄できませんよね。必死に頑張って1億円貯蓄したとしても、その金額では現状の生活とほぼ変わらないでしょうね。本当のお金持ちは資産がお金を生み、そのお金で生活するんです。1億円ではそれはできませんからね。

つまり、何よりも大切なことは安定した収入を止めないこと。そして、サラリーマン人生を無事にゴールできたとしても健康に気をつけなければ、お金に余裕があったとしてもまったく楽しめないことになります。
若いうちから健康診断で引っかかってしまっているようでは将来が不安でなりません。いつそれがきっかけで大病になってしまうかは分かりませんし、発症してしまってからでは手遅れです。健康で普通の生活を送れることを最優先に生活していきましょう。



いかがでしたでしょうか。
年収にこだわるあまり休暇も取らず頑張る人がいます。支出を徹底的に抑えるために不健康な生活を送る人がいます。
元気なうちは“健康”というものを当然のようにみんなが持っているものですから安易に考えてしまいますが、失ってしまうと一番困るものはその“健康”なんです。健康な体があってこそ、頑張って貯めたお金で楽しめるんです。お金はあるけど不健康なんていう人生にならないように気をつけましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

健康 メタボ 資産


こんにちは☆のっち☆です。
このサイトをご覧いただいているということは、家計管理や資産形成に興味をお持ちなんだと推測します。その家計管理や資産形成ですが、計画通りの家計管理や仕事での頑張りが必要なのは幅広く理解されていますが、みんなが当り前のように持っている“健康”について意外と安易に考えられています。
今回は、その“健康”について書かせていただきたいと思います。

サラリーマンは“健康が資本”なんです


「資本」というのは“事業をするのに必要なお金”です。これをサラリーマンという事業に置き換えると『資本=労働力=健康』となります。よく職場のおじさん達が話している「サラリーマンは身体が資本だから…」というのも、的を射た表現だということですね。

今更ですが、サラリーマンはなぜ身体が資本と言われるのでしょうか…
ご商売をされている方々はご自身のアイデアや商売スキームによってお金が生まれる仕組みを作られます。ご自身の労働の対価としてお金を手に入れるのではなく、自身が生んだ商売スキームによってお金が生まれる仕組みを作ってお金が手に入るんですね。ですから、その事業を円滑に運営するために銀行などからお金を借り入れして仕組みづくりに注力されるわけです。

では、我々サラリーマンはどうなんでしょう。
サラリーマンという事業を運営するのに必要なものは“その人自身”です。事業を運営するための資金もスキームづくりも必要ありません。社員である“その人自身”が毎日出勤して、与えられた整った環境の中で業務をオペレーティングしてくれればいいわけです。サラリーマン自身は特段個人的なリスクを負う必要もありません。

どのくらいの人がサラリーマンなの?


「サラリーマン=非雇用者」という見方で調べると、約80%の日本国民がサラリーマンのようです。その80%の中に私も夫も組み込まれ、近所のあの人もこの人も仲間なんだと思います。

これだけ多くの人が対象になるサラリーマンですが、労働をお金に変える事業を運営していると考えると「労働=お金」ということになりますね。要するに、サラリーマンは限られた時間を使って労働しその対価としてお金を手に入れます。なので、給料というものは貴方の時間の価値と考えることもできるということですね。

この“時間の価値”ですが、人それぞれが持ち合わせている能力(スキル)によって単価が変わります。難しい国家試験を通過し特定の免許を取得し限られた人にしかできない仕事をしている人は単価が高く、誰にでもできる単純作業をやり続ける仕事は低く設定されます。限られた人にしかできない仕事に就くことができれば、おのずと労働に対する単価が上がるということですが、単価が高ければお金に恵まれるかというとそうとは限らないわけです。

お金稼ぎは“太く短く”よりも“細く長く”が勝ち


職業がお医者さんで年収1,500万円を稼ぐ人と一般会社員で500万円稼ぐ人がいたとします。医師という仕事は休日も昼夜も問わず患者がいれば人命を救うために働きますが、会社員は多くの企業が9時~18時定時で土日休み、さらには夏期冬期休暇も充実しています。

年収1,500万円の時間的に価値の高い仕事に就いたとしても、その激務によって僅か10年で働けない体になってしまったら、500万円で40年働く人との差は明らかですね。仕事が人生そのものですべてを捧げるつもりでも体調を崩し、それ以降介護を受ける様になり逆にお金を払うようになってしまったら尚更です。

健康が損なわれるということは働けなくなるということ。
以前の記事『働き続けることが最大の資産形成術』でも書いたように、私たち被雇用者は何よりも健康を大切にするべきだと私たち夫婦は痛感しています。



いかがですか。
“健康”というものは所有している事が当り前のように感じられますが、本記事を機に一旦リセットしてみてはいかがでしょうか。見るからに不健康そうなのに、お金を稼ぎたいあまりに副業をして休みなく働く人がいます。現代では“お金”というものはとても重要なものですが、命あっての人生です。私がその人の人生をとやかく言う権利はありませんが、残り40年以上の人生を健康とともに幸せに過ごしてもらいたいものです。やっぱり健康第一ですよね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

d278e1b51e868cdf399897c5710ad387_s


前編からつづく

ステップ4:出産・住宅購入は早めに済ます


これから出産や住宅購入を考えられている家庭であればライフプランをベースに計画を立てて行きましょう。

ボクの持論ですが「出産も住宅購入も早めが一番」です。
まず、子育てですが自身が定年退職しているのにまだ子供が大学生だったりするとキツいですよね。将来の一般企業の定年が何歳になっているか、年金支給開始が何歳になっているかは不明ですが、例えば40歳で子供ができれば、定年の60歳で収入がなくなるのに学費を残り2年間払わなければいけません。
また、子供の数も計画的にしましょう。可愛い子一人増えるだけで、現在の計画が破綻への道へと変わってしまいます。

そして、住宅購入。これも同じ考え方です。
40歳で35年の住宅ローンを組むと75歳までです。僕の同僚にもいますが75歳までどうやってローンを払っていくのでしょうか。しかも、そんな方に限って月々の払いを抑えるために「変動金利」を選んでいる。60歳定年と仮定して定年後15年間、そして、今よりも上げっているであろう金利でです。住宅ローンは長くても65歳までで組むのが理想だと考えましょう。
金利は「固定金利」が原則。間違っても退職金で返済することを考えるのはNGです。将来貰えるお金なんて誰も保証してくれませんから…

ステップ5:健康管理を徹底しましょう


最後は何よりも重要な「健康」です。
どんなに素晴らしいライフプランを立て、仕事を頑張って高収入を得たとしても不健康であればすべてが台無しです。
特に仕事に起因する「うつ病」などの精神病です。そこまで働く必要ってあるんでしょうか。
会社は社員にヤレヤレとプレッシャーを掛けて極限まで働かせます。社員も会社の期待・評価・給料などがあるため極限を超えて必死で頑張ります。その結果、精神病で休職。それを受けて会社は謝罪をするのか…
ほとんどのケースで会社の責任は問われません。それは、労働基準法の範囲内で勤務させているからです。ニュースになるような下手を打つブラック企業は稀です。精神を病み、退職に追いやられ、転職でも精神疾患があるというだけで敬遠されます。
一人の社員が欠員しても代わりがいるのが組織です。会社事業はしっかり継続されます。しかし、精神を病んでしまった人はその後、長い間苦労し続けることになります。また、この苦しみは間違いなく家族も巻き込みます。

仕事がなければ生活もできませんが、精神が壊れるまで自分を追い込むことは止めましょう。心のバランスが崩れ始めたときに一番最初に自分があれっと思うはずです。しっかりセルフコントロールをしましょう。

そのほか「タバコ」「偏食」などの生活習慣、「通院を怠る」などの低い意識などにもぜひ気をつけてくださいね。 健康第一です!


今回は家計管理をテーマに大きな流れとして書かせてもらいました。
また機会があればそれぞれのステップを具体的に書いていきたいと思いますので期待していてくださいね。


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ