10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:借上げ社宅

マイホーム 社宅 SUUMO 住宅購入 ケンカ



こんにちは☆のっち☆です。
色々な状況・考えはあると思いますが、私の周りには“家がほしい”と思っている人がたくさんいます。ただ、そんな多くの人達はどのタイミングで買ったらいいのか分からず年齢だけを重ねてしまっていることが多いように感じます。
今回は家を買うことに躊躇している人が多い中、スパッとためらいもなく家を買ってしまったU君のお話です。

会社の借上げ社宅制度を利用した格安賃貸


僕の名前はU。25歳。都内の卸業に勤めるサラリーマン。
大学時代から付き合ってきた彼女と来月結婚する。彼女も働いているから結婚後も勤務先の近くに住居を構えようと思っているんだけど、やっぱり都内は家賃が高いよね。30㎡程度で10万円以上が相場なんだ。だけど、僕が勤める会社は40歳まで借り上げ社宅制度を利用できるんだ。そのおかげで上限9万円までの物件を自己負担9000円で利用できる。

そんなこんなで僕らが探した物件は家賃11万円の2DK物件。9万円までは自己負担9000円で超えた部分はそのまま負担。だから、9000円+2万円で毎月家賃は29000円。都内のアパートなのに結果的には格安で住めるってありがたいよね。

都内は駐車場代がバカ高い


僕は自動車が大好きなので都内の新居にも自動車を持ってきたんだけど、都内の駐車場はメチャクチャ高い。近所の駐車場でとても入庫しづらい一番安いところと契約したんだけど23000円/月だった。実家のときに借りていた郊外の駐車場は8000円/月だったから、15000円も値上がりしている計算になる。う~ん、電車が発達している都内でマイカーを所有する意味ってあるのだろうか…

賃貸物件で事件発生


入居したアパートは1階に大家さんが住んでいるから安心だと思って決めたんだけど、入居して半年経った頃、その大家のドラ息子がきっかけで思いっきりケンカをしてしまった。。。
理由は“騒音”。休みの日の早朝からズンチャカズンチャカ…しばらくは我慢していたんだけど、たまらずお願いスタンスで言いに行ったんだ。


「あの~、この音なんとかなりませんか?」
『はぁ??何が?』
「いや、この音が響いて寝てられないんですよ」
『オタク敏感過ぎじゃね?』
「外に出て聞いてみたらどうですか?相当音漏れしてますよ」
『うるせ~な。来たばっかのやつにツベコベ言われたくないんだけど…』
「君じゃ話にならないから、大家さん出してくれ」
『はぁ?親は関係ないじゃん』
「関係あるから言っているんだよ。いいから呼べ!」


この後、大家さんを呼び出し玄関先で怒鳴り散らしてしまった。気分的にはスッキリしたけど、もうここには住みたくないな…
会社に事情を説明して借り上げ社宅の引っ越しをお願いしたんだけど、引っ越しは転勤のとき以外は認めないということで借り上げ社宅に住むなら今のところにいるしかないらしい。。。すごく嫌だな…

マイホームを買えるのか不動産屋に行ってみた


滅多に会わないとはいえ、あんなバカと同じところに住んでいるのがすごく気持ち悪い。毎月家賃29000円と駐車場23000円で52000円払っているんだから、もう少し持ち出しするだけでマイホームが買えるなら買っちゃおうと思って不動産屋へ突撃してみたんだ。

不動産屋に入って希望を聞かれたので、「最寄り駅が山の手線の駅で徒歩10分以内の4000万円台」と答えた。不動産屋の多くはその条件を鼻で笑い、有無も言わさず埼玉エリアへ車を走らせた。僕も妻も物件を見せてもらえることはすごく楽しかったから勉強のためと思って何も言わずに連れて行ってもらったんだ。予算が予算だからいろんな癖あり物件を見せてもらったよ。「駐車場付きなのに途中の道は狭くて車が通れない物件」「崖に隣接して建っていて玄関が3階」「めちゃくちゃ狭小」など世の中にはおもしろ物件がたくさんあるんだなぁって感心してしまった。

5、6件の不動産屋にいってほぼ同様の対応だったので、妻ともちょっとこの条件じゃ無理なのかもねって話をするようになっていったんだ。

一戸建て物件情報誌を読むのが習慣に


不動産屋を回っているうちに、いつからか僕は『SUUMO』を読むのが習慣になっていた。毎週発行されるものをすかさず入手し、引越したい一心で隅々まで読んで掘り出し物物件がないかチェックしていた。そんなことを2ヶ月くらいしていると意外にもこんな知識を手に入れることができたんだ。


◯都内でも一戸建てが買えそうなエリアがある
◯エリアに強い不動産屋が分かる
◯不動産に掘り出し物件は無い
◯巻頭特集で色々な知識が身につく



そして、僕の希望条件の「最寄り駅が山の手線の駅で徒歩10分以内の4000万円台」が実現できるかもしれない!そう思える不動産屋を見つけることができたんだ。早速、電話して会うことになった。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

低年収 子沢山 借上げ社宅 昇格



中編からのつづき


住居費は会社の借り上げ社宅制度で上手に乗り越え、教育費は学資保険と児童手当の貯蓄で対策中のFさん家。計画通りにそのまま人生を突き進んでいけるのでしょうか…

夫が年収アップしました


あれから5年後。47歳の夫が昇格して課長になりました。年収も100万円アップして500万円になって生活もより安定してきた今日この頃です。

年収500万円となると毎月の手取りが28万円になり、以前と比べると5万円の収入アップですから自ずと生活は楽になっていきます。まぁ、わが家にとっては生活がラクになるというより貯金が純粋に増えていくだけなんですが…

なので、現在の家計内訳はこんな感じです。


[収入]
夫(47歳)
28万円(ボーナス手取り60万円)
妻(40歳)
0万円

[支出]
住居費
15000円
水道光熱費
20000円
食費
40000円
被服費
10000円
雑費
10000円
通信費
15000円
ガソリン代
10000円
保険代
10000円
夫小遣い
20000円
妻小遣い
10000円

合計
160000円

[貯金]
毎月
12万円


さらに昇格。借上げ社宅を利用できなくなる…


それから3年後。50歳になったタイミングで会社の組織変更があり夫が部長になりました。苦節28年、とうとう経理部長まで登りつめた夫の給料はグッと上がって年収700万円。ただ、長年利用してきた借り上げ社宅制度は部長という経営陣に仲間入りすることで利用することができなくなってしまった。あくまでも社員のための助成制度であって、経営者が私腹を肥やすための制度ではないからだそうです。

子供の年齢も14歳、12歳、9歳と大きくなって今の教育環境を変えたくないという思いから、借り上げ社宅制度が適用外とされても現在の賃貸住宅を夫名義で借り直すことにしました。と言っても家賃は8万円だから、今までよりも毎月6.5万円を持ち出す計算になる。年間では78万円を住居費で持ち出しになるけれど、年収が200万円上がったから生活には特に影響ないと思っているんですよね。夫としては責任が大きくなったのにそれほど生活に余裕が生まれないことにガッカリしている様子でしたけどもね。

教育費の波が押し寄せる


夫が部長になってから3年後。一番上の子が大学受験の時期になり、わが家にも恐るべき教育費の波が訪れました。高校3年生の春、夏、冬と予備校の集中講習へ参加するために毎回数十万円が出費されていきます。そして、大学へ無事に合格したとしても文系学部であれば毎年100万円ずつ学費がかかる計算になります。

わが家においては一番上の子と二番目が2歳違い。そして、二番目と三番目が3歳違いなのでしっかり準備していかないと教育費の荒波に飲み込まれてしまうわけですね。ただ、わが家では300万円の学資と200万円になった児童手当で一人500万円の教育資金ができあがっていたのと、子供全員が文系大学へ現役合格してくれたことで無事に乗り越えることができたんです。子供一人500万円の教育資金というと大層な金額ではありますが、300万円の学資保険を続けることについてはそれほど無理があることではありませんでした。そこに、児童手当を単純に上乗せしているだけですから苦労したというのはあまりないのが実感です。


--------------

子供一人500万円の教育資金を準備するというのは難しいように感じてしまいますが、300万円の学資保険であれば年間約15万円です。そこに以前の記事『気づけばカンタン!誰にでもできる、教育費200万円を上乗せ貯蓄する方法』で紹介した通り、児童手当をすべて貯蓄しておけば200万円貯まりますから、それほど驚くような金額ではないかもしれませんね。
次回の完結編ではFさん夫婦の老後生活はどうなのか見ていきます。


完結編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ