10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:保険料控除

年末調整 保険料控除 生命保険 保険のビュッフェ 確定申告



こんにちは、☆のっち☆です。
みなさんは生命保険に加入する時期を気にしたことってありますか?「生命保険なんて若い頃に入ったものを今でも継続しているだけだよ」なんていう人もいるかもしれませんね。もしそんな人がいたら、とりあえず保険を見直してみましょう。当時とは変わってきている部分が必ずあると思いますからね…
そんな思いもあって以前の記事『【体験談】“保険のビュッフェ”の無料相談にいってきたよ』で報告させてもらったように無料相談をして加入した生命保険。1年経った今、夫がちょっと後悔しているんです。
今回はそんなお話です。

“保険のビュッフェ”でこんな保険に加入しました


約1年前に相談した“保険のビュッフェ”ですが、サービスとしてはとてもありがたいものでした。相談は無料だし、相談するだけで「商品券5000円」も貰えましたからね。なによりも多くの家計を知っているファイナンシャルプランナーにわが家の家計チェックや保険のバランスなどもしっかり確認をしてくれるので、とても安心することができるんですよね。

当時のサービスだった「商品券5000円」というものが無くなってしまいましたが、現在は「家電プレゼント」っていうものをしているのでお得感にはそれほど変わりはありませんね。




そして、当時わが家が加入した保険はメットライフ生命の『積立利率変動型終身保険(米国通貨建2002)』というものでした。最低積立利率が3.0%で通常の外貨預金よりも高利回りなのに死亡保険も付加されているという貯蓄型生命保険です。外貨なので為替変動が不安ですが、「毎年支払うことでそのリスクも最小限に抑えられるんじゃないか」って夫が言っていたのでその辺は完全にお任せしています。

サラリーマン特権の“年末調整”


サラリーマンの方は年末になると総務部の人から「年末調整をするから申告書を提出してください」って言われますよね。私もすでに配られていて夫に記入をお願いしているところなんですが、提出するのには必要な金融機関からの証明書ってありますよね。
「生命保険料控除証明書」や「住宅ローンの年末残高証明書」などなんですが、みなさんご存知ですか?

生命保険に加入している人はその証明書、住宅ローンを組んでいる人はローン残高証明と管轄税務署から発行される申告書兼証明書を添付して提出すれば、会社の年末調整ですべて完了してくれますよね。そんな手続きを総務部でやってくれるから12月の給料が例月よりも多かったりするわけです。

生命保険に加入する時期って重要ですよ!


そんなサラリーマン特権とも言える“年末調整”ですが、必要書類が揃わなければ申告することができないんです。多くの会社では11月くらいには全社員へ年末調整に必要な書類提出が求められますよね。

今回、夫が「失敗したぁ~!」って嘆いているのが、この提出期限なんですね。

どういうことかというと…
1年前に加入したということは、11月が保険の加入月になっているんです。年末調整に必要な保険料控除証明書って「一年間の保険料を〇〇円支払いましたよ」っていう証明書なので1年分支払ってから発行されるんですが、夫の場合は11月の保険料支払いが終わってから証明書が発行されるので手元に届くのが12月になってしまうんです。
ただ、年末調整書類の会社への提出期限って11月には締め切られていますよね。だって、総務部の人たちは年末調整をした上で12月給料を支払うわけですから。12月になって「追加でこれも…」なんていった日には相当冷たい目で睨まれてしまうこと間違いなしです。総務部には必ずお局さんがいますから一喝されてお終いですよね。

つまり、昨年加入した生命保険は年末調整に間に合わないということになるんです。“確定申告”をすれば結果的には一緒なんですが、会社がやってくれることを自分でやらなくてはいけなくなるので、仕事を増やしてしまった感満載なんですね。



いかがでしたでしょうか。
サラリーマンという会社組織で働いている人たちは、可能な限り会社を上手く利用することが大切だと思います。今回の年末調整もそうなんですが、それ以外にも会社が半分負担してくれる厚生年金に加入するなどサラリーマン特有の優遇制度はフル活用しなくては勿体ないんですよね。
今回のテーマである年末調整に支障がない生命保険の加入については、遅くても9月までということになりますね。その加入時期と加入者の誕生日の兼ね合いでベストな時期というものがありますから、そのあたりはしっかり考えて行動することをオススメしますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

保険のマンモス 保険相談 生命保険 個人年金保険 保険料控除



どうも夫です。
最近は本当にお金を預ける先が見つかりませんよね。このままでは収入の半年分を現金で取っておいてそれ以外をすべて株式市場へ投入してしまいそうなので、どうしたものかと毎日悩んでおります。
そんな中「おっ!」と思えるサービスを思い出したので利用してみました。

“保険のマンモス”って知ってる?


今回、利用したサービスは“保険のマンモス”です。以前の記事『【体験談】“保険のビュッフェ”の無料相談にいってきたよ』でも書いた保険相談の別サービスなんですが、内容はほぼ同じでFP(ファイナンシャル・プランナー)が無料で保険相談をしてくれて、ついでに家庭ごとにライフプランに沿ったお金のお話までしてくれます。

こういったサービスでは以前は「商品券5000円分が貰える」なんていうとても嬉しい特典がありましたが、現在は貰えなくなってしまっているんですね。ただ、ボクの今回の目的は「運用先としての保険」を紹介してもらうことなので、相談申込みの特典なんて興味はありません。迷わずポチッと申し込みさせてもらいました。

今回も保険代理店のFPが来た


前回の“保険のビュッフェ”や今回の“保険のマンモス”って提携している保険代理店があって、サイトから申し込みがあるとその保険代理店へ申込情報が連携されて、そこのFP(営業マン)が登場するといった仕組みなんですよね。
ただ、保険営業の人が来たと言っても「契約するまで帰らない!」とか「強面の人が来る」ようなことはないですし、お話する内容は“相談したい内容”と“現状の契約保険内容の確認”で、オススメしていただけそうな保険があれば提案してくれるといったものなんです。

そして、今回ボクがお願いした内容は「個人年金保険」です。
条件は「保険料控除を最大限に活用できる金額を目安に高利率の運用ができる個人年金保険」でお願いしました。というのも、以前の記事『驚異的な運用利回り!保険料控除を徹底解析』で書いたとおり、保険料控除を生かしきれていない領域があれば活用しない手はないんですよね。わが家では個人年金保険にだけは加入していなかったので、この際この枠を活用できる良い保険がないか相談したかったわけなんです。

実際はこんな感じでした


わが家にお越しいただいたFPさんは真面目そうな30代後半の男性でした。
挨拶から始まり、まずは申し込みした際の情報を確認されました。名前、生年月日、家族構成などですね。そして、検討している保険と現状加入している保険の確認ですが、わが家においては前回の“保険のビュッフェ”での相談時に徹底して見直しと将来計画を立てたので「死亡保険、医療保険については現状ではベストではないでしょうか…」というお言葉をいただけました。

ということで、本題の「個人年金保険」へ突入です。
「資産運用」と「円建て商品」という2つの条件を提示し「おすすめの商品はありますか?」とこちらから質問した感じです。さらに「年率1.0%程度なら除外してください」とも付け加えて探してもらうことにしました。
「ある商品ならメリットを出せるかもしれないので、計算して改めて伺わせてください」とFPさんも相当苦しそうでしたが、頑張って探してくれて条件に合うものであればわが家にとっては大きなメリットですから、期待してお待ちすることにしたんです。条件が合うものがなければ次の面談は無しということにもしたので、わが家が提示した条件の商品が無ければそこで終わりです。ムダに面談を引っ張られることもなく、メリットだけを手に入れることができればと考えています。



いかがでしたか。
保険の営業マンというと「結構しつこいかな…」なんて考えてしまいますが、相談するこちらがしっかりと条件やら希望を伝え、それに合うものがなければお終いにすればいいのです。今回のような面談をすると、営業マンは「では次の日程を決めさせてください」って必ず言ってくるんですが、逆にこちらから「条件に合うものがあれば契約するから探してきて」というスタンスで話せばそれ以上のことは言ってきません。相手もお仕事ですから上手にお付き合いできればいいですね。
それと、ライフプランとかキャッシュフロー表を一切作れていない人は、FPさんが喜んで作成してくれるのでお願いしてみるのもいいかもしれませんね。


今回利用したサービスはコチラ



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

fa6c3ac3efa278ec646810fb19788f50_s

どうも夫です。
保険に何も加入していない方はまずいないと思いますが、保険というものは様々な商品・保障が存在しています。みなさんが新たに保険に加入する際は住宅ローンの団体信用生命保険だったり、加入済みの医療保険だったりと重複して無駄にならないように検討すると思いますが、毎年末に行う生命保険料控除制度を見据えて行動されている方は少ないのではないかと思います。
今回は具体的にどの程度の生命保険料控除があって、税金がどのくらい軽減されるかを細かく見ていきたいと思います。

そもそも生命保険料控除ってなんぞ!?


生命保険料控除とは、納税をしている人が一定の「生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」を支払った場合に、その年の所得額に応じて所得控除を受けることができる制度です。また、平成24年1月以降に加入した保険についてはそれ以前に加入したものと制度が違っているので注意が必要です。さらに、保険期間が5年未満の保険の中には控除対象外のものもあるようなのでココにも注意です!
サラリーマンの方は毎年、年末調整で必要書類とともに加入している保険の保険料証明書を総務部へ提出していると思いますが、この処理をすることで所得税と住民税を軽減しているわけですね。

どのくらいの所得控除になるのか


では、具体的にどのくらいの所得控除効果があるのかを見ていきます。

【現行制度:平成24年1月以降の契約分】
一般生命保険料控除
所得控除限度額
所得税:40,000円
個人住民税:28,000円
介護医療保険料控除
所得控除限度額
所得税:40,000円
個人住民税:28,000円
個人年金保険料控除
所得控除限度額
所得税:40,000円
個人住民税:28,000円
全体の所得控除限度額
所得控除限度額
所得税:120,000円
個人住民税:70,000円

注)控除対象外になる契約もあります。
注)現行制度では個人住民税はそれぞれ28,000円が限度額ですが、合計すると70,000円が限度額になります。

【旧制度:平成23年12月以前の契約分】
一般生命保険料控除
所得控除限度額
所得税:50,000円
個人住民税:35,000円
個人年金保険料控除
所得控除限度額
所得税:50,000円
個人住民税:35,000円
全体の所得控除限度額
所得控除限度額
所得税:100,000円
個人住民税:70,000円

注)契約日が平成23年12月以前であっても、平成24年1月以降に「契約の更新」「特約の中途付加」などが発生した場合は、その保険契約自体が新制度の対象になります。

つまり、各領域の上限額は旧制度のほうが高くなっていますが、新制度では介護医療保険料の領域が新設され、領域の違う保険に加入していれば控除額合計が増額できる仕組みになったわけですね。

どれだけ税金が軽減されるのか


それでは、実際に保険料控除でどれだけの税金負担が軽減されるのか(年末調整で戻ってくるのか)を見ていきますね。

課税総所得所得税軽減額住民税軽減額合計軽減税額
195万円以下
2,000円
2,800円
4,800円
195万円超~330万円
4,000円
2,800円
6,800円
330万円超~695万円
8,000円
2,800円
10,800円
695万円超~900万円
9,200円
2,800円
12,000円
900万円超~1,800万円
13,200円
2,800円
16,000円
1,800万円超
16,000円
2,800円
18,800円

 注)平成24年1月以降の契約で1年間の保険料を80,000円超支払った場合。

例えば、年収500万円の方が80,000円超/年間の保険に加入した場合、『10,800円』の税金を毎年軽減してもらえるということです。また、上表は“一般生命保険料”“介護医療保険料”“個人年金保険料”すべての領域で共通です。
注意したい点は、“ひとつの領域の保険”に「年間合計80,000円以上加入」したりしても所得控除限度額は一定なので、3領域にバランスよく加入することがこの制度の恩恵を最大限にするテクニックになります。

生命保険料控除制度で驚愕の運用利回りに!


最後にこの制度をどうやって生かせばいいのかを一つの参考にご提案させていただきます!

改めて言うと、この制度は“対象保険商品に1年間に支払う保険料が80,000円超の条件でに加入”した場合に適応されるものということはまず理解しましょう。なので、保障内容にもよりますが80,000円を大幅に超える程の保険に無理して加入することを避ける事が資金効率から考えると第一になります。
また、先述したように現行制度では3領域にわかれてカウントされていくので、バランスよく各領域に加入していく必要があります。具体的には、いわゆる「生命保険」や「学資保険」は“一般生命保険料領域”になります。多くの方が加入しているもので自然と所得控除限度額を満たす条件になっていることが多くあります。ポイントは“介護医療保険料”“個人年金保険料”。恐らく意識して加入していないとこの領域の対象保険に加入していない場合が考えられます。

例えば、貯蓄性の高さに着目して新たに加入するのであれば個人年金保険がオススメ。
個人年金保険では払込保険料は基本的に将来保険金として戻ってくる、いわば貯金のようなものです。その貯金をすることで毎年一定の減税を受けられるのであれば“利回り”の観点から考えるととんでもなくお得になります。
年間保険料100,000円の保険に20年加入し満期時に15%程度の配当が付与されて保険金を受け取れるとした場合、200万円の払込で230万受け取れる計算になります。さらに、その加入している20年間毎年10,800円の減税を受けていたとすると、合計216,000円が減税されることに。保険の配当金と合わせると516,000円を個人年金保険に加入したことで得する計算になります。トータルで考えるとこの個人年金保険の利回りは驚異の25.8%となるんです!


いかがでしたか。
貯金や下手な投資よりも確実な運用を可能にする保険。この機会にあなたが加入している保険たちを見直してみることをオススメします!




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ