10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:使途不明金

共働き 家計管理 家計改善 使途不明金 



こんにちは☆のっち☆です。
家計管理がなかなか思うように進まないご家庭は多いのでしょうか。以前の記事『そこら辺にいる人達のリアル貯蓄額』でも紹介したように、一般的な貯蓄額って200~1000万円って感じだったんですが、私が思っていた水準よりもちょっと低かったんですよね。だって、200、300万円のご家庭が多かったですから…
それならばと、今回は共働きだったら家計を一気に改善できますよっていうことを書こうと思います。

共働きで家計管理ができない理由


シングルインカムに比べると確実に世帯収入が多くなる共働きですが、実は共働きであるからこそ陥る家計管理ができない理由があるんです。

それはお互いが“個”として独立してしまうからなんです。
夫婦それぞれで収入があるということは家庭以外での役割があって、夫婦同士でも分かり合えない生活上での予算が必要になります。具体的には、夫は飲み会などの職場のつき合いがあったり、妻は職場仲間とのランチや交際費などがあって習慣化している支出項目がある場合が多いということです。

そういう状況になるとお互いの予算を確保したくなりますよね。その結果、夫婦別財布で家計の費目ごとに分担して、それ以外は自己管理という共働き家計ができあがってしまうんです。
以前の記事でも紹介しましたが、共働きで家計管理をするには“夫婦の財布を一つにする”ということが何よりも重要で、効率の良い家計管理を目指すには絶対にやらなくてはいけないものなんですよ。

共働きで“成功する家計”と“失敗する家計”


ということで、以前の記事『共働き家計が成功する5つの秘訣』と『共働き家計が失敗する5つのポイント』で紹介した成功と失敗の5つのポイントを改めてご紹介しますね。

成功する5つのポイント
①夫婦の財布を一つにする
②家計管理担当を決める
③家計管理担当の予算を厳し目に作る
④家計状況をオープンにする
⑤過度にケチケチしない

失敗する5つのポイント
①将来を共有できていない
②外食比率が50%以上
③被服費が手取り月収の10%以上
④いつまでに〇〇円貯める的な貯蓄目標がない
⑤ボーナスの貯蓄率が50%未満

各項目の詳しい説明は過去記事をご覧いただければと思いますが、上記10項目をすべてクリアすることができれば貯蓄効率が良いのにギスギスしない理想の共働きでの家計管理が出来上がるはずですよ。

家計改善で貯金額が1.5倍に!


仮に、ご主人が25万円稼いで、奥さんが15万円の家庭があったとします。夫婦で頑張って40万円稼いでも夫婦別財布だったりすると、お互いが2割の貯金をする約束をしていたとして月間8万円を貯金することになります。それ以外は分担した費目を払い、残りはそれぞれのお小遣いです。毎月8万円だと年間100万円貯まる水準ですが、果たして月収40万円だとそれが限界だと思われますか?

ここで、夫婦の財布を一元管理して以下のように仕分けしたとすると…

収入(手取り)
25万円
15万円
合計
40万円


支出
家賃
8万円
食費
4万円
雑費
1万円
水道光熱費
2万円
通信費
2万円
外食費
1万円
娯楽費
1万円
保険料
2万円
小遣い(夫)
4万円
小遣い(妻)
3万円
合計
28万円


貯蓄
毎月
12万円


財布を一つにするだけで貯金額が1.5倍になるんですよね。夫婦別財布というのは考えているいる以上に使途不明金として浪費をしてしまっているんです。家計管理を徹底するということはこの“使途不明金”をどれだけ減らすことができるか、ということに尽きるんですよね。



いかがでしたでしょうか。
思うように貯金ができないって悩んでいるなら、どんな家計管理をしているのかを見直してみると良いかもしれませんね。特に共働きだったらちょっとした見直しで家計を一気に改善することもできるんです。年間100万円しか貯まらなかった家庭が200万円を目指せるかもしれません。使途不明金という無駄遣いがないかよ~くチェックしてみることをオススメしますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

使途不明金 家計管理


どうも夫です。
みなさんの家計は計画通りの予算で収まっていますか?わが家でも順調に貯蓄ができていると思って収支をチェックしてみると意外にも貯金が少なかったりとしてしまっています。でも、「なんでかな??」って考えてしまうその貯金のできない原因はどの家庭にも共通した原因なんです。それは“使途不明金”
今回はその原因、使途不明金をいかに無くすかをテーマに書かせてもらいます。

家計管理がうまく行かない諸悪の根源は使途不明金


毎月5万円貯まるはずと貯金計画ではなっているものの、最終的に貯金できた金額を見てみると2万円しかなかったなんてよくあることですよね。その原因は間違いなく“使途不明金”なんです。だって、しっかり家計の費目ごとに予算だてしているのに知らないうちに予算オーバーするわけですから、管理している本人も「なぜお金がないのか」理解ができない状況です。

そのお金が無い理由がわからないという状況そのものが“使途不明金”が原因だということを示しているんですね。

使途不明金ってどんなもの


いろいろな家計節約サイトでも目にすることがある使途不明金ですが、具体的に言うとどういったものが該当するのでしょうか。

多くの方に該当する使途不明金の内訳は以下のようなものが大半です。
 ・仕事中のドリンク
 ・タバコ
 ・「フリスク」や「ミンティア」のタブレットやガム

これら一つひとつは気にも止めないほどの少額ですが、月単位で考えれば家計に影響を与える程の金額になります。例えば、毎日300円うっかり消費していると1ヶ月では約1万円になります。喫煙者で飲み会が多い月になってしまうとそれだけでタバコ代が跳ね上がるものですよね。

つまり、使途不明金というものは消費している意識はあるものの意識の中では「お小遣いでまかなえていると思い込んでいるもの」「お付き合いの中で仕方なく消費しているもの」になります。

これらの使途不明金はどの家庭でも発生しているものである意味“仕方のない費目”ではありますが、逆にこの使途不明金をできる限り管理することができれば計画通りの家計管理を実現できるのではないでしょうか。

家計から使途不明金を追放する一つの方法


最後に、この使途不明金を最小限に抑える一つの方法をお伝えしたいと思います。

その方法は『電子マネーの活用』です。
例えば、飲み物やミントタブレットなどで毎日300円、毎月10,000円くらい消費してしまっているのであれば、その消費を毎月3,000円に減らす目標で月初に“Suica”や“nanaco”などの電子マネーへ3,000円チャージして、対象アイテムを買うときはその電子マネーだけで決済するんです。電子マネーは先払い方式で使用するたびに残高が目に見えるので、予算管理するには最適なんですね。タバコについても同様です。予定以上に買ってしまうのが毎月10箱あるとすれば、“taspo”へ2,000円だけチャージしておけば良いんですよね。あとは予算管理だけです。

使途不明金は仕方がないで終わらせるのではなく、できる限り明確にして予算化することができれば家計管理は成功します。言い換えれば、使途不明金にメスを入れられない間は計画的な貯金は出来ないと思っていいいと思いますよ。



いかがでしたか。
多くの家庭で家計管理が失敗する原因である“使途不明金”。その消費を「把握できない」と諦めるのではなく、「把握してやる!」と強い意志で対策を立てた人だけが理想の貯蓄計画を遂行できるものです。因みにわが家においての使途不明金はほぼゼロです。それは生活行動を分析して予算組みができているからなんですね。 「なぜかお金が貯まらない」と感じたら、まずは生活行動の分析から始めて原因を追求しましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

5c63ababa005f2545a309e26d4ca1a38_s


どうも夫です。
妻に総資産3,000万円までの道のりっていうテーマで書けと言われたので、大まかな考え方を今回は紹介しようと思います。
ちょっと長くなるので2部構成で…

ステップ1:家庭の財布は必ず一つ


夫婦で家庭の家計管理していくには、まず家計管理をする担当者一人を選任すること。我が家のように共働き家庭で最も多いのは、共に収入があるためそれぞれが負担する費目を決め、それ以外はお互い自由というやり方です。特に新婚家庭で多く、お互い自由なお金を持っていたいという考えからこのタイプへ移行するわけです。
しかし、人生における三大貯蓄時期というのは「出産前」「子供が中学生になるまで」「子供独立後、定年退職まで」と限られています。いかにそのことに気づき最も効率のよい貯蓄計画を立てて過ごせていけるかが、後の人生でお金を切らさないようにできるかに繋がるわけです。

ステップ2:毎月決まった金額で生活するクセをつける


家庭の財布を一つにすることができたら次のステップです。毎月の各費目予算を明確に立てます。
「家賃○○円、光熱費○○円、食費は○○円、雑費は○○円、通信費は○○円…」
「夫小遣い○○円、妻小遣い○○円、外食費○○円…」

各費目をリストアップしてみると毎月決まったことにしかお金を使っていないことが分かります。だから、それぞれに予算をつけて毎月その予算内で行動するだけです。
これをすることで各費目を把握する習慣がつきますが、それよりも貯蓄の天敵「使途不明金」を激減させることができます。

ステップ3:ライフプランをつくり、目標の共有化をする


家庭の財布を一つにして毎月の支出を管理することになったら、おそらく毎月決まった額の貯蓄ができるようになってきていると思います。ちなみに、貯蓄額は年収の2割を目標にするのが定説です。
そして次は家族のライフプランを立てましょう

ライフプランとは家族全員の人生設計です。
「夫 ●●歳のとき、妻 ●●歳。子供はいつ産んで、家はいつ買って、子供が高校・大学で自分たちがいくつになっていて、定年の時は子供は何歳か…」
今後、自分の家庭で起きるイベントスケジュール表のようなものです。これはネット上にフォーマットがたくさん落ちていますので「ライフプラン、キャッシュフロー表」などで検索してぜひ探してみてください。

未来が見えれば、その時に必要な金額が分かるからその額が貯まるように現在に落とし込んで目標を立てていけばいいだけですね。
すでに子供がいる家庭が初めてこのライフプランを立ててみるとゾッとするものです。だって「いついつまでに○○○万円が必要だ」と気付かされるからです。なんとなくで貯蓄してきた家庭ほど驚くはずですよ。


後編へつづく


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ