10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:住居費

晩婚 高齢出産 老後破綻 教育費 老後資金 住居費 破綻



後編からのつづき)


無認可保育園に預けながら派遣社員として奮闘するHさんですが、収入から子育て費用を差し引くと手元に残るのは数万円です。ご主人の年収は550万円まで上がりましたが、学資保険や子育て費用の追加支出で貯金するまでは余裕を作れないらしいんです。
いよいよ年齢的にも待ったナシ。Hさん夫婦を待ち受ける将来はどんな形なのでしょうか…

子供の教育費対策


どんなに生活が苦しくても子供には惨めな思いだけはさせたくないものです。今はまだ小さい子供ですが順調に進んで大学を卒業する22歳のときは夫が67歳、私も64歳になっています。夫が雇用延長ができたとしても65歳までですから、完全に無職になっても学費を払わなくちゃいけないってことになります。

一応、子供が無事に生まれた直後に満期300万円の学資保険には加入しましたし、毎月貰える児童手当を全額貯金すれば200万円になるって聞いたので、それもしっかり貯金しています。計画通りに教育費の貯金ができてもこれで合計500万円。最低1000万円と言われている教育費は1000万円だから残りは日々の中から捻出しなくちゃいけないってことになりますね。

老後資金はどのくらい貯まる?


そして、結婚当初から気にしていた私達の老後資金ですが、子供が小学校入学してから毎月7万円は貯められるようになりました。中学校に入学してからは教育費の毎月負担分が少し上がったので5万円ほどになりましたが、小学校~中学校の9年間で大体700万円を貯金。持っていた300万円と合わせると1000万円です。

ただ、子供が高校生(15歳)になると夫が60歳定年になって、無事に雇用延長してもらえたものの年収は現役時代の6割程度。金額にすると360万円ほどになってしまいました。そして、私も派遣社員で50歳まで働けていましたがそれ以降は受け入れてくれる企業が見つからず派遣会社も紹介してくれなくなって、57歳の私は実質専業主婦のような毎日を送っています。貯金なんてできるわけもなく毎日の生活と子供の教育費を捻出することしか頭にはない状態で苦しいですね。

唯一、夫が定年の時に退職金を800万円ほど受け取れたので貯金自体は1800万円になりました。老後生活までこの金額を守りたいですね。

住居費が苦しい


わが家の住居は賃貸住宅です。夫婦二人の時はそれほど大きな家ではなかったんですが、子供が生まれたのをキッカケに家賃12万円のファミリータイプ賃貸マンションへ引っ越したんです。夫が現役で私も働けていたときはそれほど負担ではなかったんですが、夫が定年して私も専業主婦になってしまうと世帯年収360万円で毎月12万円の家賃ですから家計に占める住居費がとても大きくなってしまいました。ただ、子供がまだ高校生ですから簡単に引っ越すこともできませんし、せめて子供が独立するまではこの家に住んでいたいと考えています。


---------------------

42歳で子供を生んだHさん。生まれたときから分かっていたことですが、子供の教育費が一番大きくなるときに親の収入が減ってしまっています。高校入学時にご主人が定年退職ですから、大学入試準備と大学進学費用で一気に膨らんでしまう教育費に対応が難しいでしょうね。さらにHさん家では住居費が苦しさに輪をかけてしまっている状況です。
この状態でお子さんが大学卒業する頃にはどんな家計になっているのでしょうか…

---------------------


子供の大学卒業と私達の老後


子供が頑張って私立大学へ現役合格、無事に大学を4年間で卒業しました。大学へ支払った学費は4年間で500万円ほどだったんですが、大学受験のために予備校へ通い、入試を受けるまでで大体100万円かかっているので、高校3年~大学卒業までで600万円かかった計算になります。わが家もこのために必死で学費を貯めてきたが結局は不足して貯金を取り崩すことに…。
もし現役合格しないで浪人でもしていたら…、家から通えない大学で一人暮らしにでもなっていたら…と考えるとゾッとしてしまいますね。

わが家もようやく子供が独立して教育費から開放されました。ただ、夫は67歳、私も64歳。2年前から夫の年金で生活していますが当然家計は大赤字。なんせ年金なんて月額18万円くらいだし家賃で12万円払うから残りは6万円です。私達の生活費は15万円くらいかかるので毎月9万円の赤字だってことですね。毎月9万円の赤字ということは年間では120万円、帰省だったり突発的な支出を考えると+50万円くらいで年間170万円の赤字になってしまいます。

そんなこんなで夫が60歳のときにあった貯金1800万円は今では500万円まで減ってしまっています。僅か7年でこれだけ急激に貯金が減ってしまうと恐ろしいので、子供の独立を機にもう少し小さなアパートに引っ越して家賃を8万円まで抑えましたが、それでも年間赤字は100万円ほど。来年には私が65歳になるので年金が貰えてなんとか赤字が解消できそうですが、このまま続けているとわが家の家計はあと何年持つか不安で仕方ありません。今は健康で医療費とかはそれほどかかりませんが、歳を重ねるとどうしても病気がちになってしまいますしね。

私達夫婦が死ぬまでにあと数百万円しかないこの状況。どちらかが亡くなってしまったら葬儀代などで貯金も底をついてしまいますし年金受給額も下がります。この状況っていわゆる「老後破綻」と言うものなのでしょうか…





いかがでしたでしょうか。
晩婚・高齢出産の人生を歩んできたHさん。時間的な出遅れを気づいていながら最終的に老後破綻状態になってしまったのには原因があります。まずは独身時代の貯蓄額が二人とも少ないこと。40歳独身であればお互い1000万円ほどは持っていたいですよね。さらに加えると、Hさんが正社員ではなく契約・派遣社員だったこと。正社員なら受けられる育児休業取得や退職金などがゼロだった、また、復職に苦労している点も原因です。
晩婚・高齢出産が原因で老後破綻する確率が高くなるわけではありませんが、時間的に余裕が無いことも事実ですよね。1つの判断ミスが後々の家計破綻を引き起こしますから、何よりもライフプラン、キャッシュフロー表を大切に計画的に物事を進めていきましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計破綻 賃貸 老後


こんにちは☆のっち☆です。
人生における三大支出である“住居費”“教育費”“老後資金”。そのうちの住居費については、家庭ごとのライフスタイルや考え方によって“持ち家派”と“賃貸派”が存在しますね。夫が書いた記事『あなたはどっち?“持ち家派”or“賃貸派”』でも、どちらにもメリット・デメリットがあって優劣つけがたいものでした。

以前お伝えした『無理な住宅ローンで家計破綻… 赤坂さんの話』では“持ち家派”になって苦しむ赤坂さんのお話をしましたが、今回は“賃貸派”である五島さんが老後に破綻してしまうお話です。

気がつくと賃貸派になっていた


僕の名前は五島(仮名)。50歳。妻と子供1人の3人暮らし。都内まで電車で30分のところで賃貸マンションに住んでいます。休日はマイカーで趣味のゴルフに出かけるから、自動車は必需品なんだよね。駐車場込みの家賃は15万円。駅から徒歩6分で2LDKだから、それなりの金額かな。

マイホームを持とうと思っても、最近近所で売り出している戸建て物件は4000万円、マンションに至っては5000万円台のものもある。今から住宅ローンを組むとこれらの物件を買ったと想定しても16万円~20万円の支払いになるから、この歳まで賃貸で過ごしてきて今更ローンを組んで家を買うのも厳しいと思うんだ。買うならもっと若い時に決断するべきだったけど、最近になるまで家を買おうなんて思わなかったんだよね。今となっては長女の教育費も日に日に大きくなってきていて、貯金すらできていないし…

[家族構成]
50歳(正社員)
50歳(パート)
長女
16歳(高校2年生)
マイカー
新車

[収入]
手取り35万円
手取り8万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
3万円
長女予備校代
5万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保、学資)
5万円
自動車ローン
3万円
貯金
0万円

[貯蓄]
貯金
700万円


無事に子育て終了


あれから5年。今年で娘も大学を卒業して独立する。僕ら夫婦も子育てを卒業だ。大学の教育費は受験費用30万円、入学金120万円、授業料(3年分)270万円、その他20万円で総額440万円ってとこだったかな。我が家で加入していた学資保険は300万円だったから150万円くらい持ちだしたが、それで済んだからある意味良かったのかもしれない。
しかし、僕が勤める会社は55歳で役職定年となり700万円あった年収が600万までガクッと落ちてしまう。まぁ、子育ても終わったからなんとかなるのかな。。。

[家族構成]
55歳(正社員)
55歳(パート)
長女
21歳(大学4年生)
マイカー
5年落ち

[収入]
手取り28万円
手取り8万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
3万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保)
4万円
貯金
2万円

[貯蓄]
貯金
550万円


いよいよ定年を迎える


さらに5年が経った。僕もいよいよ定年だ。退職金は600万円。僕は転職して今の会社に来たから退職金もちょっと少ないんだよね。ただ、貰えるだけいいかなと思うのと雇用延長で65歳までお世話になるから大人しく勤めようと思う。
しかし、妻も60歳になるとパートで働けなくなるし、僕の収入も手取りで20万円。年金が貰えるようになる65歳までの5年をなんとか耐え忍ばなくては… 娘も2万円を家へ入れてくれるから本当に助かる。妻が60歳までパート勤務を頑張ってくれたおかげで貯蓄も1200万円あるけれど、収入が一気に落ちたから家計を見直さないと年金受給までに貯金が尽きてしまいそうだ

[家族構成]
60歳(嘱託社員)
60歳(専業主婦)
長女
26歳(OL)
マイカー
10年落ち

[収入]
手取り20万円
手取り0万円
長女
食費2万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
2万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保)
2万円
貯金
▲9万円

[貯蓄]
貯金
1200万円




しっかりと娘さんを育て上げた五島さん。世間で言われている3000万円までには届かなかったものの定年時に貯蓄1200万円を作ることができました。このゴールは結果としてどうだったのでしょうか。。。
住居費が家計に占める割合が高まってきていることが気になるところです…


後編へつづく




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

c5f08d9b3d28817fab0c6940d01e012f_s

こんにちは☆のっち☆です。
マイナス金利の現在、住宅ローンは未曾有の低金利時代へ突入しています。低金利を利用すれば予算オーバーで買えなかったマイホームも上手に手に入れることが可能です。今回は高額住宅ローンの審査がギリギリ通った嬉しさからマイホームを衝動買いしてしまった赤坂さん(仮名)のお話です。

住宅ローン審査|返済比率とは?


僕は赤坂(仮名)。38歳、IT企業でマネージャーをしています。妻と子供2人の4人暮らし。今は都内の賃貸マンションに住んでいます。上の子が小学生になる前になんとかマイホームを手に入れたいんだけど、業界の慣例もあり転職を何度かしている関係でなかなか住宅ローンの審査が満額で通らない。銀行担当者からは「勤続1年未満だと難しいんですよね」って冷たい返事。あぁ、どうにかならないもんだろうか。。。
我が家の概要は以下。

38歳(正社員:勤続1年未満)
35歳(パート)
長男
4歳
長女
2歳


[収入]
600万円
70万円
児童手当
30万円
世帯収入
700万円


[ローン]
自動車
250万円(5万円/60回払)


[貯蓄]
貯金
200万円



僕が住宅ローンの審査に満額で通らないのは勤続が短いだけじゃなくて、“返済比率”っていうものが厳しいらしい。一般的には住宅ローン支払いが収入に対する30%までに抑えるものらしいだけど、MAXで35%まではいけるようで、僕の場合、年収600万円だから年間返済額は210万円になるらしい。先日の申込みは4800万円(金利2.0%)の申込みで年間返済額が190万くらいなのに、それがダメってどういうことだ??銀行担当者からは自動車ローンを精算してくれればなんとかなりそうって言うんだけど…

すべての借り入れが影響する


よく分からないから理解できるまで銀行担当者にしっかり聞いてみた。
銀行では返済比率をすべての借り入れを合算して計算しています。なので、赤坂さんの場合は自動車ローンで年間60万円、クレジットカード払いで現在10万円、携帯電話(2契約)で年間6万円が既に借り入れているので住宅ローンを組める年間返済額は134万円が限度なんです」

…んん!? 携帯電話も入るのかよ!
どちらにしても自動車ローンをなくさないと限度額を超えてしまっているようだけど、今の貯金は住宅購入時の諸費用分で残してあるから使えないし、自動車ローンの精算は厳しいな。。。

そんなこんなで、欲しかった物件も売れてしまった… 次のチャンスを狙おう。


マイナス金利導入で住宅ローン金利が超低金利に!


数カ月後、日本銀行の黒川総裁バズーカ第3弾でマイナス金利導入が決まった。銀行の貸し出しを促進するためって、これは我が家にとっては追い風じゃないのか…

数日後、金融機関が住宅ローン金利引き下げたと不動産業者から連絡が入った。
「赤坂さん、変動金利が0.5%になりました!これなら審査いけるかもしれません。住宅購入をまた検討してください!」

0.5%ってすごいな。その金利でシミュレーションすると年間返済額が150万円まで圧縮される。金利だけで年間40万円も違うのか… 150万円ってことは前回の計算で考えるとクレジットカード払いと携帯電話を精算してしまえば収まるな。よしっ!

ついにマイホーム購入


0.5%という超低金利を利用して、とうとう我が家もマイホームを手に入れることができた。希望よりも少し郊外だが駅近で駐車場も付いていて理想に近い一戸建て、ほぼ即決状態だった。購入価格も建売物件で完成済みだったから、粘ったら表示価格より200万円値下げしてくれて4600万円(税込)。仲介手数料と引越し費用、そして新居の家具代で貯金の200万円はすべて無くなってしまったが、4600万円の住宅ローンが組めたから無事にお金が足りて、長男の小学校入学前に居を構えることができた。いやぁ、マイナス金利のおかげだね。

39歳(正社員:勤続2年)
36歳(パート)
長男
5歳
長女
3歳


[収入]
600万円
70万円
児童手当
24万円
世帯収入
694万円


[ローン]
住宅ローン
4,600万円
(11.9万円/月、35年、0.5%変動金利)
自動車
250万円(5万円/60回払)


[貯蓄]
貯金
0万円



金利が劇的に下がったタイミングを上手く捕まえられた赤坂さん。無事に住宅購入できたようですが、組んだローンは“変動金利”です。完済までの35年の間、金利上昇局面はないのでしょうか??

中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ