10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:住宅ローン控除

81a195731c066a5b62d1024ca78da8e1_s


こんにちは☆のっち☆です。
前回『あなたはどっち?“持ち家派”or“賃貸派”』では持ち家と賃貸での費用と良し悪しを比較してみました。今回は“共働き”というキーワードを追加してどちらが得なのかに私なりの結論を出したいと思います。

共働きなら“住宅ローン控除”が二馬力!


もし家を買うぞと思ったら早い段階で耳にするはずの『住宅ローン控除』。現時点で適応されている制度は「対象借入限度額4,000万円」「毎年の控除率1.0%」「控除期間10年」で平成29年12月までに入居することが条件です。めちゃくちゃ端的にいうと“年間40万円まで払った税金が10年間還付される”ということです。
前回の例(3,000万円借入)で考えると、3ヶ月分のローン支払い分が控除で戻ってくる計算になります!すごいですね。

でも、じつはこれしっかり考えなくてはいけないのです…
前年の源泉徴収票の『源泉徴収税額』をご覧ください。30万円以上を納税されていますか?しかも、還付される税金は“所得税”であって、控除しきれない場合は“住民税”からも控除できますが、上限額が決まっているんです。ココ、意外と落とし穴です。

結論を言いますが… 「共働き家庭がマイホーム購入をするなら夫婦共有名義に!」ということです。購入が決まった時点で前年の納税額を確認し、還付金額が最大になるように持分比率を調整して夫婦それぞれで住宅ローン(ペアローン)を組むのです。こうすることで、購入後10年間の年末調整時は相当な額が還付されることになります。

早めに買って、老後勝ち組


就職間もないと年収も思ったほど多くはありません。30歳で500万円に到達できる方がどれくらいいるのでしょうか… そんな中、結婚し出産までトントンと進むととてもじゃないが住宅を購入するなんて考えも及びませんよね。

しかし、共働きであればそんな辛い時期も二人で力を合わせ乗り越えるだけでなく、住宅購入まで突っ走れるものなんです。夫400万円、妻300万円でも世帯収入は700万円。力を合わせれば40代一馬力家庭と同水準の生活を20代で手に入れられるわけです。であれば、住宅ローンも組むことが可能なのでマイホームを買えちゃうのです。

若くして住宅ローンを組めれば、50代で完済も可能。そして、子供の教育費と住宅ローンで疲弊した家計を定年までに修復させることができます。つまり、老後資金をしっかり蓄えることができるわけですね。

社会的信用が得られる“資産”になる


この点は共働きだけに限りませんが、賃貸では長年借り続けても何一つ自分のものになりませんが、購入し住宅ローンを完済さえしてしまえば、その不動産はあなた達のものです。駅近マンションであれば貸し出して家賃収入を得ることもできます。また、戸建てでも建物は老朽化してしまっても、土地は腐りませんね。人気エリアであれば土地価格だけで購入金額を上回り利益が出てしまうこともあるそうです。

賃貸では得ることのできない不動産資産は、場合によっては負の資産にもなりますがほとんどの場合は財産になります。これはあるのとないのとでは将来違ってくると私は信じています。


いかがでしたでしょうか。
我が家もバリバリの“持ち家派”で、戸建てを購入して早10年以上が経ちます。現在は私達が購入した時よりも金利が下がっています。多くの方の腰が引けて買い出動できない今だからこそ、素晴らしい物件に会えるチャンスかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

年末年始 ボーナス 年末調整 住宅ローン控除 支出対策



こんにちは、☆のっち☆です。
早いもので今年も年末が近づいてきましたね。以前の記事『いよいよ冬のボーナスが近づいてきましたね』では年末の楽しみであるボーナスを取り上げましたが、お金が増える楽しみだけではなく、お金のかかる楽しみもたくさんあります。
今回はそんな物要りな年末を上手く乗り切る方法をお伝えしようと思います。

年末年始のイベントたち


冬のボーナスが貰える日程は企業にもよりますが、大体5日とか15日だったりしますよね。それ以降は12月のお給料を貰って、年末年始に突入するわけです。

12月のイベントといえば「クリスマス」「帰省」「正月準備」、そして年が明けると「参拝」「お年玉」「成人式」「セール」などでしょうか…。それぞれがなかなか大きな支出を伴うイベントですよね。ザッと試算してみてください。


いくら位になりました?
わが家ではクリスマスはケーキを買って、子供にプレゼントを買って、夕飯もちょっと贅沢をします。帰省すると大体10万円くらいはかかりますし、お年玉は全部で5万円くらい飛んでいきます。正月休みには神社に行って参拝しますし、その時はあまりケチケチしたくないので相当お財布の紐が緩んでしまいます。。。 と、まぁ年末年始はまずまずの浪費期間ということですね(笑)

12月のお給料をしっかり管理する


ボーナスのインパクトが大きくて12月に受け取る普段のお給料に対する意識が随分薄れてしまいますが、実は12月の給料というものも重要な収入なんですよね。

というのも、12月のお給料は「年末調整での税金還付」が受け取れるからなんです。わが家は住宅ローン控除はすでに還付期間が終了しまっているので受け取れませんが、通常の税金還付だけでも5万円くらいは戻ってきます。住宅ローン控除を受けられる方においてはここに10万円以上が上乗せされて12月の給料を受け取るわけですね。

12月の上旬にボーナスで大きな金額が入金され、下旬の通常給料でもいつもより多く入金されます。わが家の夫でも12月、1月は毎年浪費モードになりますから、家計管理などをあまり意識されていない方だとアッという間にお金がなくなってしまうという状態に陥ってしまうのではないでしょうか。

こうすればしっかり管理できますよ


家計の鬼である夫がそんな年末年始をどうやって乗り切っているのかをお伝えしますね。

それは“事前に予算立てして毎月貯める”というものです。「な~んだ」って思ってしまうかもしれませんが、それをやれている人って意外と少ないんですよ。年末はボーナスがあるからそれでなんとなく過ごしているという人が本当に多いんですから。

例えば、クリスマスで3万円、帰省で10万円、お年玉で5万円、参拝で2万円、セールで2万円を支出すると予算立てします。すると全部で22万円ですから、これを毎月に割り振ります。この場合だと約18000円を毎月積み立ててもいいですし、毎月1万円とボーナスでそれぞれ5万円ずつでもいいですね。要は、事前に予算立てしてお金をためてその特別な期間を乗り切れば良いんです。

おそらくどのご家庭も収入と支出は常に一定ではありませんよね。多いときと少ないときが必ずありますから、それに対応するには事前にそれらのイベントを把握して予算立てすることです。一瞬のインパクトは大きくてもそれを長い期間で対策を打てばそれほど負担にもなりません。
今からでも遅くありませんから、年末年始の対策をオススメしますよ。



いかがでしたでしょうか。
お金について“目からウロコ”的なアドバイスはできても、“一発逆転”のような特別な方法なんて存在しません。今回は年末年始の大きな支出に備えるために記事を書かせていただきましたが、今回のような考え方は「老後資金」についても同じことですよね。お金がない老後を避けるために早くから対策を取れれば、きっと幸せな老後生活が待っていると信じています。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

住宅ローン控除 還付金 年末調整 サラリーマン



どうも夫です。
いよいよ年末が近づいてまいりましたね。サラリーマンの年末というものは「ボーナス」「忘年会」「帰省」そして「年末調整」といったところでしょうか。。。
ちょっと繋げ方が強引だったかもしれませんが、年内最後の12月の給与では年末調整という税金徴収調整が行われて年内に徴収しすぎた税金を還付されますよね。今回はその年末調整時に一緒に戻ってくる『住宅ローン控除』についてお伝えしようと思います。

年間最大40万円が戻ってくる“住宅ローン控除”


賃貸派の方には永遠に関係のないテーマではありますが、持ち家派の方にはとても重要な『住宅ローン控除』です。年間最大40万円を10年間に渡って還付してくれるありがたい制度ではありますが、住宅購入をされた方でこの制度を知らないなんて方はいないと思います。だって、この制度を説明しないで不動産を売る営業マンはまずいませんからね。この期に及んで、制度の詳しい内容が知りたいという方がもしいるのであれば、インターネットの検索窓に「住宅ローン控除」と入力してご自身で調べてくださいね。

また、この制度の注意点は無条件で40万円が戻ってくるわけではありません。ご自身が払った「所得税」「住民税」もしくは「年末時点の住宅ローン残高」が上限金額になるので勘違いしないように注意しましょうね。

12月最後の給与がとんでもない金額に


さて、今回の本題ですが、自営業の方が住宅ローン控除を申請するタイミングは毎年3月の確定申告ですが、サラリーマンについては2年目以降の還付は毎年の年末調整で行われますよね。サラリーマンでも1年目は確定申告が必要なので、還付されることに対して非常に意識も高いものなのですが、残りの9年間は年末調整で完了してしまうのでついつい給料と勘違いして、財布の紐が緩んでしまうものなんです。

わが家についてはすでに還付期間が終了してしまっているので、その楽しみも終わってしまいましたが、還付を受けているときの12月給料は夫婦合わせて30万円程度上乗せされて支給されます。多くの人が年末調整で戻ってきた数万円のお金はお小遣いとして使ってしまうと思いますから、その還付されたお金もついつい消費してしまう危険性があるんですよね。

住宅ローン控除の還付金はしっかり保管


ここが運命の分かれ道です。
住宅ローン控除で毎年年末に還付されるお金をクリスマスや帰省費用、お年玉代などの年末年始の入り用で無計画に消費してしまうと、アッという間になくなってしまいます。そして、忘れた頃の6月に「固定資産税」という名の恐ろしい文書が送られてくるんです。同じ時期に送られてくる自動車税などの他の税金を合わせると結構大きな金額になってしまうんですよね。その春にくる税金を年末に貰える住宅ローン控除の還付金で対応できれば、家計に与える影響は皆無になります。

そもそも年末に支出する費用というものは事前に把握ができているものですよね。そういった事前予測ができる支出については年間で積立をして住宅ローン控除の還付金には手を付けないように対策をしておきましょうね。



いかがですか。
間もなく手にする住宅ローン控除の還付金。毎年20万円を10年間還付されたとしても合計で200万円です。毎年無計画に消費してしまうということは、それだけの大金を浪費しているようなものです。貰う前からしっかりと計画を立てて、どのように使うかを明確にしておきましょう。間違っても自分へのご褒美を還付金で買うようなことだけは回避しましょう。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ