10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:仕事

老後破綻 仕事 再就職 定年 ボーナス払い



中編からのつづき


マイホーム購入と子供の大学費用まで資金面で対応できたMさん。
給料が高い世代になるとリストラの対象にもなってしまいます。割増退職金を受け取って転職したMさんの老後はどのようになっていくのでしょうか…


下請け企業に就職が決まった


独立して会社を起こそうかとも思ったけど、妻から大反対を受けて止めることにした。再就職支援では結局就職先が見つからず、前職のときに取り引きがあった下請け企業の社長に事情を説明すると「給料が下がっても良ければ定年までウチで働かないか」と言ってもらえた。いやぁ、本当に助かる…

僕も56歳になったから、この会社ではあと4年お世話になる。定年後の雇用延長はしないというオマケ付きだけどね。給料は600万円。ボーナス無しで毎月50万円。結構厳しい条件だけれど仕方ない。しかも、ローンの支払いにボーナス払いを組み込んでいるからローン加算時は大幅にマイナス家計になる。そこについては貯金でなんとか対応するしかない。定年後のことは今の会社に居れる残りの4年でなんとか考えよう…


[収入]
夫(56歳)
40万円
妻(53歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残14年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残9年)
4万円(ボーナス時加算9万円)

[貯金]
毎月
4万円
現在の貯蓄額
1000万円+退職金1000万円



定年退職。ボーナス払いが重荷に…


あれから4年。とうとう僕も60歳になった。苦しんでいる僕を拾ってくれた今の会社とも今月でお別れになる。入社時の約束で退職金も無いし、雇用延長は希望しない。年金がもらえるまでの5年間をなんとか食いつないでいかなければ…

毎月の生活費で25万円、ローンの支払いで19万円が現在の生活水準だ。最後の会社での給料で家計はギリギリだった。何にしろわが家のしんどいところはボーナス払いだ。しかもこれからの5年間は無収入だから、ちょっとヤバイかもしれない。今までと同じ生活水準だと「44万円×5年=2640万円」になる。今持っている貯金よりも大きな額だ… 要するに、働かないわけにはいかないということだ。早速、仕事探しを始めることにした。


[収入]
夫(60歳)
0万円
妻(57歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残10年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残5年)
4万円(ボーナス時加算9万円)

[貯金]
毎月
0万円
現在の貯蓄額
2000万円



警備員の仕事しかない…


生活のために仕事を探しているんだけれど、高齢になってからの仕事探しって本当に辛いね。求人は警備員の仕事ばかりで、それ以外って倍率が高いし少しでも若い人がいたらそれだけで採用されない。おかしいな、この歳でお金に苦しむ予定ではなかったんだが…

それと、生活を維持するために愛車のクラウンを中古の軽自動車に替えた。5年落ちのクラウンはある程度高値では売ることは出来たけど、ローンの残債と軽自動車購入費用で手元には残らない。ただ、自動車ローンがなくなっただけでも正解だね。

妻もまだ頑張って働いてくれているし、生活の水準もしっかり落としてなんとか毎月18万円で賄えるようにしたから、貯金から切り崩すのは毎月10万円。この水準が維持できれば5年間で600万円、それと住宅ローンのボーナス払い200万円を払ったら年金受給時には1200万円が残っている計算になる。


[収入]
夫(60歳)
15万円
妻(57歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残10年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車
0万円

[貯金]
毎月
0万円
現在の貯蓄額
2000万円



-------------------

あれだけ高学歴で超エリートと言わしめたMさんですが、老後はそれほど平坦な道ではないようです。どこでMさんは道を誤ってしまったのか…一歩道を外れてしまったMさんの辿る将来にはどんなことが待ち受けているのでしょうか。


完結編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

d6c351823dfc13dce80e099cc6866498_s

どうも夫です。
将来の大きな財を築くには日々の節約が必要不可欠!
今回はそんないろいろと取り組んでいる節約術の効果を具体的に提示したいと思います。

三大嗜好品 編


“タバコ”“ギャンブル”“酒”の三大嗜好品だけでも止めたり回数を減らしたりするだけで相当な節約につながります。リアルなトータル費用を試算することですこし考え方が変わるかもしれませんね。

まず、代表的なのが『タバコ』
現在は1箱430円程度。1日1箱、1年365箱で156,950円!
これをこれからの30年間吸い続けると… な、な、なんと!約470万円

そして、男性にファンが多いパチンコ、競馬などの『ギャンブル』
毎月3万円の“負け”を喫していると30年で… 1080万円
しかも、ギャンブルをしている時間をお金に換算してみる。。。 所要時間を1回3時間、週2回として、1ヶ月で24時間。時給1000円で計算すると24000円/月。これを30年続けると… 864万円
二つ合わせると『ギャンブルカテゴリー』では驚きの約1950万円
これだから街ナカにはギャンブル場が溢れているわけですね。。。

そして、『酒』
家飲みの場合、少し控えめに第三のビール500ml缶を毎日2本飲んだとします。200円×2本で400円。1ヶ月で12000円。1年で144000円。30年で432万円
同僚や友人との飲み会では、1回5000円、1ヶ月2回で10000円/月。30年では360万円
そして優雅にキャバクラ。1回15000円。1ヶ月2回で30000円/月。30年通うと1080万円
ちょっと方向性を変えて風俗(ソープ)。1回25000円。1ヶ月1回、年間12回通うと30万円。30年頑張ると900万円
上記の家飲みから風俗まですべて達成!?すると約2800万円です!(笑)

お仕事 編


お金を稼ぐ一番の手段として“労働”があります。労働の対価としてのお金をいろいろな見方をしてみたいと思います。
※試算に使う金額は一例です。

まずは手っ取り早く収入を増やせる『残業』
毎月3時間(2,000円×3H)、30年間こっそり稼ぐと単純計算でそれだけで216万円

企業によっては資格を取得すると『資格手当』がもらえます。
毎月10,000円、年間で12万円。30年で360万円
ここでは一例に『残業』『資格』にしましたが、いろいろな手当があります。“住宅”“子供”“自己啓発”などお勤めの企業の制度をしっかりと理解して一つでも多くの手当を頂きましょう!

では、少し思考を変えて“専業主婦(夫)”の方のお仕事について考えてみます。
週3日、3時間。近所にパートに出ると800円/時間で1ヶ月28,800円。年間約35万円。30年で約1000万円
内職や在宅ワークで月30,000円稼ぐとこちらも30年で1080万円

これだけの収入が見込めるのであれば忙しい日々の中で少しでも働くことができる時間があれば積極的に働きたくなりますね。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

a295414e615be13a47bc7ff9b6712589_s


はじめまして、☆のっち☆です。
我が家は40代夫婦と10代長男の3人家族。20代に結婚・出産して、都内に一戸建てのマイホームを持っています。 核家族だけど夫婦共働きで精一杯、子育てしています。

このブログでは我が家の生活の中で見つけた、みなさんの何かお役に立てるような事を書き綴っていこうと思います。

夫プロフィール


金融業に勤める中間管理職サラリーマン。実は社内表彰を受けるほどのデキる営業マンです。
お金のことを考えることが大好きで我が家の家計管理は夫の役割になっています。
このブログのメインライターとして「お金」に関する良いお話があればお伝えしていきたいと思います。

妻プロフィール(☆のっち☆)


国家資格を持つ専門職ワーキングマザー。現在は契約社員で働きながら子育て中心の生活を過ごしています。
夫と真逆でお金を持つとあっという間に使い果たす浪費家ながら、子育てには一生懸命で教育ママぶりを発揮しています。都内に住んでいることもあり息子の国立幼稚園、小学校の受験にもチャレンジ。2018年春、なんと都立中高一貫校への入学が決まりました。
このブログでは「家計」「子育て」「仕事」などに関わることも書きたいと思います。

息子プロフィール


国立幼稚園、小学校を受験するも親のくじ運がなく両方とも最終選考で落選。小学校は地元の公立小学校へ通いながら、大手進学塾から個人塾へと塾を変え都立中高一貫校受験へ本気でチャレンジして、見事合格!2018年春から中学生になります。
「教育費」「子供の携帯電話」「部活動」などの記事ネタは息子から生まれます。


こんなごく普通の家族のブログです。みなさんの参考になれば一番ですし、他人の家庭を覗いてみる感覚で「そんな考え方もあるんだな」程度でこのブログに目を通していただけるとうれしいです。
ぜひよろしくお願いいたします。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ