10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:世帯年収

転職 採用 内定通知書 年収 世帯年収 転勤



こんにちは☆のっち☆です。
みなさんは転職をされたことありますか? 新入社員で入社した会社を定年まで勤め上げることができれば本当に素晴らしいことですよね。だって、経験値も退職金の積み上げも何ひとつムダにはなりませんからね。ただ、最近では転職することで給料アップを狙うステップアップ転職をする人も少なくはありません。
今回はそんなステップアップ転職ではなく、大幅な年収ダウンというステップダウン転職をした佐藤さん(仮名)のお話です。実はこの佐藤さん、年齢は40歳なんです。

40歳での転職


僕は金融業に勤めるサラリーマン。40歳で課長職、今の年収は680万円。5年ほど前に都内にマンションを購入し、妻と娘の3人暮らしだ。もちろん680万円では住宅ローンを払って3人で生活していくなんて厳しいから妻にも働いてもらっている。そのおかげで世帯年収では900万円強になるから、まずまずの生活水準で生活できているんだ。

そんな安定した生活を送っている僕だけれど、今回「転職」をしようと思っている。

理由は色々あるんだけれども、まず金融業って“転勤”が絶対にあるんだよね。地方へ転勤なんてことになったら、僕は単身赴任になる。家族との時間を大切にしたいって思っているのにそんなことになったら、生きている意味さえ見失ってしまいそうだよ。
転勤をしない仕事に就けるなら年収が多少下がってもいいと思っているんだ。

130万円も年収ダウン


ちょっと簡単に考えていたかもしれない。。。運良く転職先が決まったものの年収は550万円だというんだ。やっぱり40歳での転職には無理があるのだろうか…


実はそうではないんだよね。
僕は今回の転職が4回目、今度が5社目になるんだけど3社目のときの業界へ戻るような転職になるんだ。3社目の時に僕の仕事ぶりを見ていてくれた次の会社の社長が「転職するならぜひウチに!」なんて言ってくれたんだよね。ヘッドハンティングではないけれど、選考すべてが採用前提で進んでいったから転職活動自体はすごく楽チンだったんだ。
それでも年収はシビアに550万円。社内の重要ポジションが空いていて、その席に座ってもらうために入社するなら年収は横ばいだったらしいけど、今回は僕の席を無理矢理作ってもらう形だから、ポジションも低めからスタートになるんだそうだ。

別にいいさ、転勤が無くなるんだったら。僕の年収は下がっても世帯年収だと800万円ほどになる。食べていけるよ。

幹部候補での採用だった


入社時年収550万円と厳しい条件だったけれども、実はウラ話をされていて3年後、5年後の年収も提示されているんだ。

提示されている金額は3年後700万円、5年後850万円。役職では3年後“課長”、5年後“次長”。将来的には“取締役”になってもらいたいという話まででている。最後の将来的な話は眉唾ものの話のような気もするから聞き流したとして、5年後に850万円なら目の前が550万円に下がったとしても我慢できるよね。何よりも“転勤”が無くなって生活が落ち着くし、年収が下がっている期間でも妻の収入が安定しているから食べてもいける。アラフォーになると大切にしたいことを叶えながら仕事ができるように望んでいくものだから、それが叶えられる今回の転職は大成功なんだと思うよ。



いかがでしたでしょうか。
40歳で転職した佐藤さん。年収が130万円も下がるなんて「やっぱり40歳超での転職は厳しいな」と思わせる条件でしたが、佐藤さんにおいてはしっかりウラ話もされていて恵まれた転職のようです。逆に考えると、そんなウラ話がない40歳オーバーでの強引な転職はするべきではないということですね。ましてや、今の仕事から逃げるための転職は厳禁です。身を滅ぼす、家庭を滅ぼす危険が伴いますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

晩婚 高齢出産 老後破綻 世帯年収 800万円 妊娠



前編からのつづき)


生涯独身を貫くとなると、自由で誰にも縛られない生活が送れるからそれはそれでありだなって思っていた矢先の結婚。Hさんはいよいよ結婚式をあげ、新婚生活へと突入します。

挙式、そして新婚生活の始まり


やっぱり私もマリッジブルーにもなりましたが、主人がいつも寄り添ってくれて無事に結婚式を終えることができました。もちろん新しい生活には不安も感じますが、これから二人の人生が始まると思うと不安よりも幸せのほうが大きいんです。

結婚式の挙式費用は全部で400万円、ご祝儀で200万円も頂戴したので実質200万円で済んだ計算になります。それと、新婚旅行は昔から行きたかったフランスへ行ってきて、ちょっと贅沢に総額100万円を散財してきたんです。だって、頻繁に行ける場所ではないですしケチケチするのも寂しいものですからね。パーッといってしまいましたね…

その他にも新居の準備だったり引っ越しだったり、いろいろ費用が掛かって貯蓄は100万円くらいになってしまいましたが、これからはダブルインカムの生活になりますから貯蓄スピードも一気に上るんだと思うんですよね。

世帯年収800万円の家計管理


新婚生活の始まりとともに家計管理を開始したんです。だって、老後生活には3000万円が必要だって書いてあるし、それでなくても私達はスタートが遅いから急いで貯金してみんなに追いつかなきゃって焦っているんです。

前に書いた通り、私は300万円、夫が500万円ですから世帯年収は800万円。貯蓄率というよりも、夫の収入だけで生活して私の収入を丸々貯金しようと思っているんです。私の手取りは約20万円。そのまま貯金すれば240万円だから、13年も続ければ3000万円達成という計算です。夫が60歳定年を迎える少し前に達成できる計算になるのでもうコレをやりきるしかないって夫婦で決めたんです。私たち夫婦の幸せな老後のためですからね。

1年目は250万円貯蓄できました


あれから1年。私もはじめての家計管理だったんですが、結婚するまで一人暮らしでなんだかんだとお金の管理をしてきたのでそれほど苦労することもなく計画通りの生活を送ることができました。夫の収入だけで生活して私の給料はそのまま貯金。とってもシンプルで管理しやすいから困ることなく継続することができそうです。

結婚前に持っていた分の残りを合わせると現時点で貯蓄は350万円。40歳過ぎの夫婦でこの金額だとちょっと恥ずかしいけれど、これからドンドン貯金していくから不安なんてありません。よほどの想定外なことがなければ計画通り進められる自信がありますから…

子供ができた!?


そんなこんなで幸せな新婚生活を過ごしつつ貯金も順調にできていたんですが、驚くことに私、妊娠しちゃったんです。41歳で子供を授かることができるなんて夢にも思っていなかったから、本当に嬉しくて嬉しくて…。夫なんて泣いて喜んでいました。

ちょっと心配なのが、やっぱりお金のことですよね。「13年頑張れば目標値くらいまでの貯蓄を作れる!」って思っていた矢先にいきなり夫の収入だけになってしまうわけですから。しかも、私は契約社員です。正社員の人よりも育児休業を取得するのにハードルが高いのに、私が勤めている会社は正社員であっても育児休業をとる人なんていない企業文化なんです。もちろん社内規程では育児休業を取れるようになっているんですが、社内の雰囲気がそれをさせないんですよね。だから、正社員でも“寿退社”と言ってみんな辞めていってしまうんです。そんな企業文化の会社で契約社員の私が育児休業を申し出ることはどうしてもできないんですよね。

もちろんお金よりも子供を授かったことのほうが幸せなので、お仕事のことは働けるようになってから考えるようにして、それまでは主人に頑張ってもらうようにします。



---------------------

41歳で妊娠したHさん。ご本人は年齢のこともあって子供を生むということは密かに諦めかけていたそうです。そんな中で待望の妊娠。老後に向けて貯金に励んでいたHさんですが「お金のことはなんとかなる」と子育てを優先することに…。
果たしてどうなっていくのでしょうか。


後編につづく)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

世帯年収 600万円 5000万円 マンション 一戸建て 3980万円



前編からのつづき)


どうも夫です。
最初はマンションを買おうと思っていたD君ですが、今では一戸建てしか探していないようですね。これだけ乱立するマンションの20年、30年後を考えると、人口減少、住民の高齢化が怖くて購入なんてできたもんじゃありませんよね。
今回D君はどんな物件を購入するんでしょうか…

「建築条件付き売地」ってどうですか?


相談を受けてから2ヶ月位経ったある日にD君から声をかけられたんです。

D「今度の週末に“建築条件付き売地”を見に行くんですが、注意することってありますか?」
ボ「そうだね、物件自体は近隣道路の環境と日当たりかなぁ。ただ、重要なのは不動産屋だね」
D「また不動産屋ですか?」
ボ「そうだよ。建築条件付き売地でも重要なのは不動産屋さん。信頼できるところじゃないと買っちゃいけないよ」
D「しばらく希望エリアの建売物件を見ていたんですが、気に入った間取りの物件が出てこなくて、それなら条件付きでも土地から探したほうがいいかなってなったんですよね」
ボ「間取りは生活していく上ですごく重要だよ。自分自身が生活しやすいものにしないと住み始めてすぐに嫌になっちゃうこともあるからね。出来てしまってからのリフォームはなかなか難しいしね」
D「建築条件付き売地って値引き交渉とかもできるんですかね?」
ボ「多分、無理だと思うよ。値引き交渉ができる不動産は完成してしまった物件だけだって思っておいたほうがいいかもね」
D「そうなんですね。間取りもフリープランだっていうから周辺環境が良かったら決めちゃおうかと思ったんですが、予算よりもちょっと高いんですよね」
ボ「値段も大事だけど、その“フリープラン”が本当にフリーなのかちゃんと確認した方がいいよ。意外とフリーじゃないこともあるらしいからね」
D「フリーじゃないフリープランって?」
ボ「不動産屋に都合の良い条件が付いていることがあるらしいよ」

翌週の月曜日、D君から聞いた話だとやっぱりいろいろな制約がついていたようで、何よりも「間取りはこの中から選んでください」って言われて、「いやいや、ここにはトイレを、ここは浴室にしてほしい」と伝えると「それは別料金になります」って言われたそうです。不動産は物件だけじゃなくて関わる会社や人との出会いも肝心ってことですね。

D君が買った物件はこんな物件


その都度相談を受けて、最終的にD君が買った物件はこんな物件でした。


価格3980万円
タイプ一戸建て(建売物件)
駐車場あり
エリア希望エリア



D「僕、物件を契約しました!」
ボ「おっ!とうとう決めてしまいましたか(笑)」
D「はい!実はすごくラッキーなことがありまして即買いしちゃいました」
ボ「マジ!?大丈夫?どんなラッキー?」
D「ずっとお願いしていた不動産屋から、複数棟建てる建売物件で未公開の情報を教えてもらって売主に話を聞きに行ったんですけど、その売主が今なら床の形状・面積が変わらなければ間取りは自由に変更できますよって言うんです」
ボ「それって、建売価格なのに注文住宅感覚を味わえる最良の買い方なんじゃない!?」
D「そうなんですよ!しかもその売主さん、メチャクチャ良い人でした(笑)」
ボ「それは良い買い物だよ。値段も頑張ればイケる範囲だし、希望エリアの物件だからね」
D「はい!毎晩、妻と二人で間取りの相談をしています。すごく楽しいですね」
ボ「そうだね、間取りを考えるのはすごく楽しいよね。この期に及んでアドバイスをするとすれば、浴室は一坪必要あった方がいいかもね。あとは、収納をしっかり考えるのと、エアコンの室外機の置き場は事前に考えておこうね。洗濯機から干し場までの動線、ルーフバルコニーを作ると満足度が一気に上るかも…。まぁ、そこに住んだ自分を最大限に想像して作ることが一番重要だね」
D「ありがとうございます。すごくいい物件と巡り会えました。ローン返済、頑張ります!」



いかがでしたか。
32歳で一戸建てを購入したD君ですが、借入金額は3900万円だったそうです。仲介手数料などを現金で払うとそれが精一杯だったのかもしれませんね。住宅ローンの返済額は毎月11万円ほど。いままでの家賃から1万円くらい高いですが、駐車場代が不要になったのでトータルでは以前よりも安く収められているようです。何よりも自分の家を持ち、毎日を気持ちよく生活できることが最大のメリットかもしれませんね。

住宅購入を考えている方は“焦らず”“理想を捨てず”に根気よく物件探しをしてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ