10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:リストラ

リストラ 外資系 子育て 教育費 再就職



前編からのつづき


学生時代から順調すぎる人生を歩むMさん。
年収1000万円で外資系企業へ転職した後も彼の人生は順調なのでしょうか。



外資系企業は給料が上がらない


5年後。僕も47歳になって、この会社にも7年勤続しているが一向に給料が上がらない。まぁ、外資系企業というのはそういうところだって聞いたことはあるけれど1円も上がらないってどうなんだろう… 別の外資系企業に勤める知人に聞くと「減らないだけマシだよ」だって。

子供たちも大きくなって17歳と14歳。3歳違いだから入学と卒業が一緒にきて色々と辛いけれども、大学卒業までの辛抱だね。学費については学資保険を厚めに掛けいていたから私立大学の医・歯学部とかに行かない限り問題ないだろう。


[収入]
夫(47歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(44歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残23年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残5年)
5万円(ボーナス時加算12万円)

[貯金]
毎月
3万円
ボーナス
80万円
現在の貯蓄額
1500万円



子育て完了!教育費を乗り越えた


給料が上がらないって嘆いてから8年。入社15年の現在も未だに一度も上がらない。ポジションは入社時よりはちょっと上がって次長だけれども給料は据え置き。ただ、1000万円を貰えるんだから悪くない。前職の国内企業は円高や不景気の煽りで業績不振に陥って僕の同期なんかは完全に早期退職対象者になってしまっているようだ。今の会社に早いうちに転職して大正解だったね。
今年で下の子も大学を卒業して就職したから子育て卒業ってところだね。学資保険にそれぞれ500万円ずつ加入して対策していたから、それほどお金の面では苦労しなかったけど、それでも貯金から全部で500万円は持ち出しちゃったね。さらに、この8年の間は塾代やら模試代やらで貯金もできなかったから家計は大丈夫かな。そろそろ自分達の老後を考えないといけない年齢になってきたな。
愛車のマカンも3年前にローンが終わったから、自動車も乗り換えた。もうこの年になるとやっぱりクラウンに乗りたくなってくるものだね。


[収入]
夫(55歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(52歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残15年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残10年)
4万円(ボーナス時加算9万円)

[貯金]
毎月
0万円
現在の貯蓄額
1000万円



リストラ対象!早期退職に応募する


あれから半年後、国内企業だけかと安心していた不況の煽りが我が社にも飛び火してきた。ある程度大きな規模の企業は、一旦業績が悪化すると立て直しに時間がかかる。我が社も例外ではないし、さらには外資系企業ということもあって人事面では相当ドライなんだ。給料が入社以来1円も上がっていないこともそのいい例なんだろう。社内の空気に緊張感が張りつめるなかで通達が出た。

「50歳以上の社員を対象に早期退職を募集する」

おいおい、思いっきり対象者じゃんかよ。少し前から社内で変な噂が流れていたんだよなぁ。もっと真剣に考えておけばよかった。ただ、割増退職金は1.5倍ということなんで僕の場合1000万円くらい貰えるようだ。無駄にしがみつくのはヤメて用意してもらった再就職支援企業のお世話になることにしよう。何事も早めに動くほうがいいに決まってるんだ。早期退職に応募しないで後々になって肩叩きにあったら退職金の割増もないだろうからね。

再就職先が決まらない


早期退職者募集発表の後、応募してから1ヶ月後には正式に退職となった。在職中から再就職支援で何社か受けたが自分がやりたい仕事には巡り会えず、未だに再就職先が決まらない。ただ、失業保険受給期間が会社都合だから330日と最長で受給できるから、約11ヶ月受給できるから安心だ。失業保険受給中は貯金は出来なくても生活は維持できる。いくらなんでも受給終了までには仕事も決まるだろう…


…と言いつつ、すでに8ヶ月が経過していてもうすぐ失業保険が貰えなくなる。わがままに仕事を選びすぎたのだろうか。
ただ、この歳で新しい業種にチャレンジするのは腰が引けてしまう。自分よりもずいぶん若い子たちに指図されるのも承服し難いところもあるしね。どこかの企業に勤めるのが難しいなら自分で事業を起こすこともありかもしれないね。


-------------------

マイホームを買ってもしっかり貯蓄ができているし二人の子供をしっかり大学卒業まで出させられていて、人生の三大支出のうちの住居費と教育費を上手く乗り越えているように見えるMさん。残る大きな支出は老後費用です。人生最大の支出も上手く乗り越えることができるのでしょうか…


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

共働き 家計赤字 私立中学 家計破綻 リストラ



前編からのつづき


サラリーマンと看護師という生まれつきの特別な身分ではない一般的な夫婦が相当裕福な生活を送っているというのは、私達庶民としての憧れですよね。どんな家庭でも頑張ればそんな贅沢な生活を送れるんだと夢を持つことができます。
しかし、そんな憧れの生活を送っている金山家に異変が起こり始めます。

有名私立小学校は見栄の張り合い


金山家の悠々自適な生活があれから3年たった今も続いています。旦那さんも奥さんも給料が上がって世帯年収は1500万円を超えたらしいです。もうそこまでくると1400万円も1500万円も誤差の範囲って感じがしてしまいます。

そんな金山家のお子さんが通学する小学校はもちろん地元の公立校ではなく、某有名私立小学校。少し離れたその私立校へは奥さんが毎朝、メルセデス・ベンツで送迎するそうです。一般人の私からすると「えぇ、すごい」と思ってしまいますが、その小学校へ通う人はみんな親が高級車で送迎するのが当たり前なんだそうです。

そして、学費は年間100万円くらい。まぁ、私立小学校であれば相場なのかもしれませんが、その学校は何がすごいって親同士の見栄の張り合いがすごいようです。まずは親の着ている洋服から、送迎に使う自動車のランク。そして、夏休みに行く海外旅行先など、生活のすべてが競争になるそうです。そんな金山家の自動車も気がつくとメルセデス・ベンツEクラスへ入れ替わっていましたからね…

金山家の資産実態


そんな有名私立小学校っていうのは、地主さんや会社経営で財を成している人達が多いのかもしれませんね。さすがに金山家も一般庶民を代表するお金持ちかもしれませんが、世帯年収はたかだか1500万円。数千万円単位で収入のある本当の資産家とは比べ物にならないほど弱い立場です。ダブルインカムという恵まれた収入環境で金銭感覚が狂って生活水準が上がってしまっている金山家の資産は実際のところどうなっているのでしょうか…

[夫]
年収
850万円
毎月手取り
42万円
ボーナス手取り
180万円

住居ローン
15万円
水道光熱費
4万円
通信費
3万円
自動車ローン
(ボーナス時加算)
10万円
(35万円)
貯金
5万円
小遣い
10万円

[妻]
年収
650万円
毎月手取り
32万円
ボーナス手取り
130万円

食費
6万円
外食費
4万円
被服費
10万円
貯金
5万円
小遣い
7万円

[貯蓄]
貯金
1500万円


金山家の家計内訳はこんな内容でした。
特に驚きなのは、旦那さんは毎月赤字です。その赤字を補填しているボーナスの年間180万円のうち70万円は自動車ローンに飛んでいっています。そして、奥さんは毎月トントン。ボーナスは普段買えない高額品のバックやコート、宝飾品ですべてを気持ち良く使っているそうです。さらに、お子さんの教育費は夫婦間での取り決めで家の貯金から捻出するルール。毎月10万円だけを13年間貯めてきた貯金1500万円からこれからも捻出されていくようです。

一部上場企業なのに…


そんな老後資金を計画的に貯めようという気持ちが一切感じられない金山家ですが、致命的な出来事が起きます。旦那さんの勤める自動車メーカーが不祥事を起こし経営破綻危機に陥っているというのです。誰もが知っているような日本を代表する企業なのに、そんな一回の不祥事で傾いてしまうなんて今となっては安心して勤められる会社なんてないのかもしれないですね。

そんな旦那さんは、経営危機ということでボーナス全額カットになってしまったそうです。それまで手取りで180万円貰っていたボーナスが一瞬で0円です。確かにボーナスというものは業績給と言われているだけあって、経営破綻が現実味を帯びてくると確実に削減されるものですよね。それにしてもボーナスで年間70万円のローンの支払いと毎月の補填をしていた旦那さんは大丈夫なのでしょうか…


------------


さすがの金山家も旦那さんのこの状況は計算外だったのではないでしょうか。危機回避のための減俸で年収850万円がいきなり600万円程度まで下がってしまったそうです。ましてや毎月節約に励んでスマートな生活を過ごしていたわけではないわけですから、なかなか厳しい環境になったことは間違いないでしょうね。私立小学校へ進学させてしまったために学費の負担も大きく、このままでは家計破綻してしまいそうです。
次回はそんな金山夫妻が一念発起して家計を再生させます。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ