10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:ライフプラン

貯蓄 先取り貯蓄 後取り貯蓄 自動積立 財形貯蓄



こんにちは、☆のっち☆です。
貯蓄方法で至る所で推奨されている“先取り貯蓄”ですが、毎月の貯蓄分を先に取り分けることができれば目標とする額を達成することができるのでしょうか?
貯金をすることが苦手な私から言わせていただくと「ん?そんなに簡単な話なの?」って思ってしまうんですよね。
ということで、今回は毎月の貯蓄方法で何がベストなのかについて考えてみようと思います。

どうして“先取り貯蓄”を推奨するのか


なぜ、多くのファイナンシャルプランナーが先取り貯蓄を推奨するのでしょうか。その理由をバーっとネットで検索したらこんなことが書かれていました。

「使い込みを防げる」
「自然とお金を貯めることができる」
「残ったお金を自由に使える」

たしかにそうですよね。
給料を受け取った瞬間に、一定額を別口座へ移動して資金を使えなくさせてしまうわけですから、使いたくても使えなくなるし、強制的に貯まっていくし、残ったお金は貯蓄することを考えないでいいことになりますよね。貯蓄をしていくうえでの一番の障害となるものは自分自身の欲望ですから「お金はあるけど下ろせない」という状況を作れれば、そんな欲望にも勝つことができるわけですね。(“勝つ”というより、仕方なく我慢するわけですが…)

そのように強制的にお金を使えなくすることでお金を貯めていきましょうっていうのが“先取り貯蓄”なんですね。

「貯蓄の仕方」を検索する人たちとは…


では、先取り貯蓄をしなければお金は貯まらないのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありませんよね。しっかり家計管理ができていれば、わざわざ資金を固定してしまう先取り貯蓄を利用しなくてもお金を貯めることは可能です… 可能というよりもその方が理想なわけですね。

だって、先取り貯蓄の方法として挙げられるのは「自動積立定期預金」「財形貯蓄」「社内預金」になりますから、資金が自由に使えなくなるという不便さがついて回ります。半年や1年程度の期間は引き出すことができなかったり、社内預金については社内の総務部も絡んでくるために頻繁にお金を動かすことは気が引けてしまいます。つまり、先取り貯蓄のこれらの方法を活用するとお金は貯められるけれども、必要な時にすぐに使うといった貯蓄本来の意味が薄らいでしまうんですよね。

さらに、ネットで「貯蓄方法」などを検索する人たちの背景にあるのは、“貯蓄ができなくて困っている”という貯蓄下手な人が多いはずなので、そんな方々へのオススメな方法として“先取り貯蓄”が推奨されているわけなんですよね。

ベストな貯蓄方法とは…


“先取り貯蓄”が最良の貯蓄方法ではないとしたら、一体どんな方法がベストな貯蓄方法なのでしょうか…

このブログを始めた頃に夫が書いた『先取り貯蓄ができなくても全然平気です…』という記事があります。ここでオススメした方法は“先取り・後取り合わせ技貯蓄”というものでした。わが家においては共働きというスタイルですので、どちらかを先取り、もう一方を後取りにしたというものです。
先取りによって最低限の貯蓄を確保しつつ、家計管理に力を入れて後取りでもそれなりの金額を確保。先取り分は長期で貯蓄、後取り分はフレキシブルに生活を後押ししてくれるというわけです。そんな貯蓄方法がわが家にはピッタリだと夫は思っているから、現在もこのスタイルなんでしょうね。

貯蓄』というものは基本的には“将来のための保険”なのではないでしょうか。「お金に困ったときに使えるように」「将来の大きな支出に対して準備する」といった目的があるわけですから、ただ単に貯めるのではなく「いつまでにいくら必要だ」という明確な目標をしっかりと理解さえしていれば貯蓄は継続できるんじゃないかと思います。



いかがでしたでしょうか。
将来に訪れる金銭的な問題に対して一抹の不安もないようなタフな資金力があるのであれば、チマチマとした貯蓄なんていうものは必要ないのかもしれません。しかし、私たち一般庶民はそれほどの経済力はありませんから、将来の不安に対して備えておく必要があるんだと思います。
貯蓄計画も家族のライフプランありきです。「誰がいつどうなって、その頃にはお金がいくら必要で、その頃の収入はいくら位で… いくら足りない!」なんていう将来がキャッシュフロー表で見ることができればラッキーですよね。早速、今から準備を始めてしまいましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

98e6cf6393c25cedad53fc9c50468891_s

どうも夫です。
現代のサラリーマンにとって「転職」はネガティブ行動ではなく、“スキル”や“収入”など様々な面を好転させるためのポジティブ行動として認識されるようになってきました。大手転職支援サービスの『マイナビ』や『リクナビNEXT』など数多くの転職支援企業が存在するのも、こういった時代背景そのものだと思います。
今回は決して悪いことではない「転職」ですが、一歩間違えると家計破綻へとつながる恐ろしさを含んでいます。転職を考えられているみなさんは本記事を参考にぜひよい転職を目指してください!

退職日には注意が必要


転職するためには現職を退職する必要がありますが、その「退職日」には細心の注意が必要です。というのも、社会保険料の勘定はその所属する会社に“月末”に在籍しているかが問題になります。もし退職する月の月末が土日で、退職企業から金曜日付けの退職を勧められたとしても、頑として“月末最終日”の退職として手続きとしてください。この“月末最終日”に在籍しているかどうかで雇用保険や年金などが加入期間が継続されるか中断されるか決まります。
月末の退職は必ず“月末最終日”での手続きを行いましょう!

転職によって向こう1年の賞与は期待できない


賞与支給のある多くの企業では、賞与の算出対象日を6月支給分は10月~3月、12月支給分を4月~9月の在籍期間を対象に算出します。もしあなたが6月1日入社した場合、入社したばかりの6月賞与は支給対象外。その年の12月賞与も対象期間の2/3しか在籍していないため、満額支給にはなりません。つまり、6月入社したあなたが満額の賞与を手にするのは入社丸1年後の翌年6月になります。
賞与受給を切り口に退職するベストタイミングを考えると、賞与支給日に退職届を提出し早々に退職、翌月から転職先にて勤務開始という強行転職が一番無駄のないタイミングになります。算定期間に在籍していたとしても賞与支給日に在籍していなければ賞与の支給はありません。少なくても、直近賞与を手にしてから退職届を出すことを心掛けましょう。

転職後の定期昇給は期待するな!


転職時の給与には入社後の期待値も含まれた金額になっているものです。つまり、転職直後に入社した会社の期待以上の成果を上げられなければ翌年の基本給アップは見込むことはできません。転職時に提示された給与は入社後2年間変わらないものという認識が必要になります。

転職癖は家計破綻への近道


前項の賞与・昇給の内容通り、転職後1年間は満額賞与も定期昇給も見込めません。つまり、転職を5回した人は純粋に5年間分の賞与と条件アップのチャンスを自ら捨ててしまっているようなものです。1年間で賞与を60万円貰えるとしたら「賞与300万円」。定期昇給で5,000円上がるとしたら「毎月25,000円」分の基本給アップを諦めて転職していることになります。
“現職から離れられればそれでいい”と安易に考えず、将来に貰えるはずのお金の分もしっかり考慮した上で転職活動を行いたいものです。


いかがでしたでしょうか。
転職することにある程度の理解が得られた現代では気軽に転職することができます。しかし、仕事を手にする以外にも生活を送っていく中で非常に重要な事柄があります。“社会保険”“年金”“貯蓄計画”さらには住宅ローンや保険料などの“賞与での支払い”。すべての計画を遂行できる条件と環境が揃ったときこそが「転職」のチャンス到来となります。一歩間違えるとライフプランがズタズタになる「転職」。これ以上ないくらい熟考して行動に移しましょう!



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

保険のマンモス 保険相談 生命保険 個人年金保険 保険料控除



どうも夫です。
最近は本当にお金を預ける先が見つかりませんよね。このままでは収入の半年分を現金で取っておいてそれ以外をすべて株式市場へ投入してしまいそうなので、どうしたものかと毎日悩んでおります。
そんな中「おっ!」と思えるサービスを思い出したので利用してみました。

“保険のマンモス”って知ってる?


今回、利用したサービスは“保険のマンモス”です。以前の記事『【体験談】“保険のビュッフェ”の無料相談にいってきたよ』でも書いた保険相談の別サービスなんですが、内容はほぼ同じでFP(ファイナンシャル・プランナー)が無料で保険相談をしてくれて、ついでに家庭ごとにライフプランに沿ったお金のお話までしてくれます。

こういったサービスでは以前は「商品券5000円分が貰える」なんていうとても嬉しい特典がありましたが、現在は貰えなくなってしまっているんですね。ただ、ボクの今回の目的は「運用先としての保険」を紹介してもらうことなので、相談申込みの特典なんて興味はありません。迷わずポチッと申し込みさせてもらいました。

今回も保険代理店のFPが来た


前回の“保険のビュッフェ”や今回の“保険のマンモス”って提携している保険代理店があって、サイトから申し込みがあるとその保険代理店へ申込情報が連携されて、そこのFP(営業マン)が登場するといった仕組みなんですよね。
ただ、保険営業の人が来たと言っても「契約するまで帰らない!」とか「強面の人が来る」ようなことはないですし、お話する内容は“相談したい内容”と“現状の契約保険内容の確認”で、オススメしていただけそうな保険があれば提案してくれるといったものなんです。

そして、今回ボクがお願いした内容は「個人年金保険」です。
条件は「保険料控除を最大限に活用できる金額を目安に高利率の運用ができる個人年金保険」でお願いしました。というのも、以前の記事『驚異的な運用利回り!保険料控除を徹底解析』で書いたとおり、保険料控除を生かしきれていない領域があれば活用しない手はないんですよね。わが家では個人年金保険にだけは加入していなかったので、この際この枠を活用できる良い保険がないか相談したかったわけなんです。

実際はこんな感じでした


わが家にお越しいただいたFPさんは真面目そうな30代後半の男性でした。
挨拶から始まり、まずは申し込みした際の情報を確認されました。名前、生年月日、家族構成などですね。そして、検討している保険と現状加入している保険の確認ですが、わが家においては前回の“保険のビュッフェ”での相談時に徹底して見直しと将来計画を立てたので「死亡保険、医療保険については現状ではベストではないでしょうか…」というお言葉をいただけました。

ということで、本題の「個人年金保険」へ突入です。
「資産運用」と「円建て商品」という2つの条件を提示し「おすすめの商品はありますか?」とこちらから質問した感じです。さらに「年率1.0%程度なら除外してください」とも付け加えて探してもらうことにしました。
「ある商品ならメリットを出せるかもしれないので、計算して改めて伺わせてください」とFPさんも相当苦しそうでしたが、頑張って探してくれて条件に合うものであればわが家にとっては大きなメリットですから、期待してお待ちすることにしたんです。条件が合うものがなければ次の面談は無しということにもしたので、わが家が提示した条件の商品が無ければそこで終わりです。ムダに面談を引っ張られることもなく、メリットだけを手に入れることができればと考えています。



いかがでしたか。
保険の営業マンというと「結構しつこいかな…」なんて考えてしまいますが、相談するこちらがしっかりと条件やら希望を伝え、それに合うものがなければお終いにすればいいのです。今回のような面談をすると、営業マンは「では次の日程を決めさせてください」って必ず言ってくるんですが、逆にこちらから「条件に合うものがあれば契約するから探してきて」というスタンスで話せばそれ以上のことは言ってきません。相手もお仕事ですから上手にお付き合いできればいいですね。
それと、ライフプランとかキャッシュフロー表を一切作れていない人は、FPさんが喜んで作成してくれるのでお願いしてみるのもいいかもしれませんね。


今回利用したサービスはコチラ



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ