10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:ライフイベント

貯金 家計管理 進捗管理 目標 ライフイベント



どうも夫です。
ボクにとっても“貯金”のやり始めはなかなか苦痛で苦労することもありましたが、なんとか家計管理を10年続けてきた現在のわが家では必死に貯金をするステージを抜け、いつものように生活しているだけで自然とお金が貯まっていくステージに突入しています。
今回はそんな貯金体質になるために必要不可欠な『貯金のコツ』をお伝えしようと思います。

貯金ができない人に共通すること


「よしっ!貯金をするぞ!」と思い立っても2ヶ月、3ヶ月と経過する頃には、始めの頃の熱い気持ちなんて相当に冷え込んできて、ちょっとした苦難が訪れると簡単に貯金することを諦めてしまうようになってきてしまったりしませんか?

そんなことがよく起きる人に共通することは「貯金をする目的が明確ではない」ということです。
もしあなたが貯金を続けられない人なら一度考えてみてください。


あなたは何のために貯金をしようと思っているんですか?
そして、その目的は本当に必要だと思っていますか?

貯金する目的は何よりも重要


もしあなたが10万円を貯めてブランド財布がどうしてもほしいと思っているなら、おそらく数ヶ月で貯金はできてしまうものです。実際に浪費家だったボク達夫婦が300万円という結婚資金を半年で準備できたのも、結婚式当日までにそのお金がどうしても必要だということがしっかり理解できたから。

つまり、人って「これは絶対に」と思える目的があると、信じられないような力を発揮できるんですよね。逆に考えると、しっかりとした目的さえできれば貯金というものは簡単にできてしまうことなんだとボクは思います。

ただし、結婚したばかりの夫婦が老後資金に3000万円必要だと知って3000万円を漠然と貯めようとしてもなかなか難しいと思うんですよね。だって、それはあまりにも遠い将来のために実感のない貯金計画になってしまうからです。目的としては間違っていなくても、もっと近い将来の明確な目的を掲げるべきなんですよね。「まずは100万円、そして1000万円、最終的には3000万円」のような目標の立て方ですね。

“目的”があると進捗管理ができる


では、どうして「目的」が重要なんでしょうか。

それは、人は“目的”と“期日”があると自然と進捗管理をするようになるからです。
前述の結婚資金を例にすると、半年後に300万円ですから毎月50万円です。しかし、当時のボクらは月収18万円と20万円くらいでしたから給料を全額貯めても貯まらない。じゃあ、どうするか…。どうしたと思います??

結婚式ってご祝儀がありますよね。ボク達のときは60名ほどお呼びしたんですが、最低でも一人2万円はいただけるなって考えて、不足分の180万円を貯めることにしたんです。半年で180万円、毎月にすると30万円ですが当時のボーナスが二人で80万円ほど見込めていたので実際は100万円を半年で貯めるだけ。毎月17万円くらいなら若い二人でもなんとかなるもんなんですよね。さらに、挙式当日の支払いをクレジットカードで済ませれば翌月払いになるので貯金と頂いたご祝儀を合算して無事に支払い終了。新婚旅行にもちゃんと行けました。

それまで家計管理や計画的な貯金なんてしたことがない浪費家のボク達でもそんなことができたんです。貯金ができない人なんていないと思いますよ。



いかがですか。
貯金が苦手な人に少しは勇気を与えられる内容でしたでしょうか。「どうしても貯金ができない」と嘆く必要なんてありません。それはあなた自身が貯金する必要性を感じていないだけです。少しだけ将来に目を向けてどうしてもお金が必要になるライフイベントを見つけられたらラッキーですね。見つけた後は貯めるだけですから…



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理 マニュアル 支出 収入 貯蓄 ライフイベント



どうも夫です。
このサイトでは家計管理をすることでお金に困らない生活を形成できるように、生活の中から見つけたお金に関する記事をアップし続けています。しかし、家計管理の概念やテクニックを手に入れても「どうしても生活に生かせない」といった悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。
“どうしても家計管理ができない”“貯金がまったくできない”人のために、今回から複数回にわたって家計管理の実践マニュアルと題して一から十までを丁寧に順序立てて書いてみようと思います。この記事を読み進めてもらえればあなたは必ず家計管理の達人になれるはずですよ!

家計管理をする目的ってなに?


まずは根本的なお話です。家計管理って何のためにするのでしょうか?

生活の中でのお金は『収入』『支出』『貯蓄』の3つありますよね。このどれか一つだけが大きくなってしまうというのはあまりにもアンバランスなわけです。特に『収入』と『支出』に関しては常にバランスを取りながら生活をしていく必要があるわけですね。これらのバランスを家庭が終りを迎えるまで安定に保つために家計管理というものが必要になります。

注意が必要なのは『支出』


『収入』『支出』『貯蓄』の3つのお金が家庭にはありますが、特に注意して監視する必要のあるものが『支出』です。

みなさんもご存知の通り、お金は持っている分しか使えませんよね。20万円の給料を貰う人が毎月30万円を消費していたら、将来必ず破綻してしまいます。つまり、収入の範囲で支出をしなければいけないということです。「収入≧支出」という生活スタイルを最低限、身につけなければいけないわけですね。

さらに、人は生きていく上で一時的に大きな支出が発生します。例えば、家電や自動車の購入、結婚・出産、住宅購入、教育費、病気・ケガなどですね。毎月貰える給料をすべて使い切ってしまっていたら、これらの支出には対応ができなくなってしまいます。そのために計画的に『貯蓄』をしていく必要があるわけですね。

計画的な『貯蓄』をするために必要なもの


家庭生活における一時支出を『ライフイベント』と呼んでいます。ライフイベントには支出が伴うため、その準備である『貯蓄』を行う必要があるわけです。

ライフイベントと言っても突発的に起こる出来事よりも何年も何十年も前から起きることを把握できる出来事のほうが圧倒的に多いものです。病気・ケガなどは突発的に起きてしまうものですが、結婚や出産、住宅購入、老後生活などは十分なほどの準備期間が用意されています。これらの準備ができるライフイベントをしっかり把握してそれまでに必要な金額の貯蓄を計画的に行うことこそが“家計管理の本質”です。

つまり、目的も無く貯金だけしている家庭、必要以上に節約をしている家庭は適切な家計管理ができているとは言い難いものだとボクは考えています。



いかがでしたか。
今回は“家計管理とは”にフォーカスしてみました。これから家計管理を始めるぞ!という方にはまずここからしっかり理解してほしいと思います。ここがブレてしまうとなんのための家計管理なのかピントのズレた行動につながってしまいますからね。
次回からはより実践的な内容に入らせてもらいます。


※家計管理実践マニュアル
 1.家計管理とは
 2.絶対に必要な2つの表
 3.金融資産管理表
 4.基本生活費の管理
 5.一時支出対策




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

bf7203f884c786156537d5e5e6687b30_s


どうも夫です。
マネープランって大層なものは作ってないけど「家計は赤字じゃないから大丈夫でしょ」「年間100万円は貯金できてるからOKじゃない」って思われているご家庭もあるのではないのではないでしょうか。 今回は“マネープランの必要性”についてお伝えしようと思います。

マネープランの必要性


早速ですが、あなたの家計は黒字ですか?もし黒字だったらマネープランは不要なのでしょうか?
…そんなことないですよね。今、毎年100万円貯金できているけどもマネープランをしっかり作ってそれを拠り所として過ごせば、もしかしたら年間200万円貯金できる家計だったとしたら、その家庭は毎年100万円を浪費していることとなります。マネープランというものはただ単に貯金するための計画表ではなく、家庭全体を見渡しライフイベントもしっかり把握していく、その家庭での人生設計そのものになります。
限られた収入を無駄に浪費せず、一つ一つのライフイベントを乗り越えていくための計画書です。先の見えない道をず~っと歩いてその都度やりくりするよりも、ある程度の予測を立てながら進んでいける方が、同じ苦労でも何倍も楽に乗り越えていけるものです。

なので、“マネープラン”はどの家庭においても必ず必要なものだと思っています。

マネープランは“ライフイベント”を中心に


しっかり貯金できているあなたも渋々マネープランを作成することにしたとします。しかし、何をどう作ればいいのか分からず、ネットから拾ってきたキャッシュフロー表を作ることになります。でも表を作っただけでは何がなんなのかさっぱりですよね!
そうです。「ライフイベント」を正確に落とし込まなければまったくの絵に描いた餅になります。「ライフイベント」の正確さがそのキャッシュフロー表の有用性に直結するんです。

例えば、「子供は●●歳だから何年後には受験だな」と目に見えているイベントから始まり、もし子供がいなければ「いついつまでに生まれて…」とか、結婚していなければ「いついつまでに結婚するぞ!」とか、独身であれば「いついつまでに昇進したとして…」とか自分の目標を目に見えるように落とすこともとても有効です。
というのも、ボク自身、作ったキャッシュフロー表に根拠もなく書いた昇格タイミングで、現実もしっかり昇格しましたので、自分自身への目標設定という効果もあるわけです。
ぜひあなたも、落とし込んだ「ライフイベント」をベースにキャッシュフロー表を完成させてみましょう!

見直しは“随時”、1年単位の更新は必ずやる


一度作ったとしても、思ったとおりに進まないのが“人生”。作った計画から何か「変更」があったときはその都度修正をかけます。変更が発生するものといえば「結婚するつもりができなかった…」「子供はまだいらない」「転職した」「思わず家を買ってしまった」「新しく保険に加入した」「自動車を買い替えた」などなど。。。
各家庭においていろいろな予想外の出来事が毎日起きていくと思いますので“変更があったときはすぐに修正する”ことを心掛けましょう。

そして、1年で必ず家計の“締め”を行うこと。期間は「4-3月」でも「1-12月」でも、あなたの一番やりやすいタイミングで構いません。大切なことは毎年必ず“締め”を行い、そして“見直す”こと。これさえやっていれば将来、家庭に起こるお金危機を事前に察知することができます。そして、危機を察知したら一日も早く対策を打つことができるわけです。

その“キャッシュフロー表”があなたのご家庭の『羅針盤』に必ずなります。怠らず、楽しみながらあなたの家庭の未来予想図を描いていきましょう。


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ