貯金 ダイエット ヤル気 習慣 支出



こんにちは、☆のっち☆です。
読んでいただいているみなさんは「もっとお金を貯めたい」とか「家計管理ってどうすればいいの?」とか「他人の家計事情はどうなっているの?」といった思いがあってこのブログに辿り着いていただいたのかもしれませんね。ようこそ、10年で3000万円ブログへ!(笑)
せっかくお越しいただいたんですから、何かおトクな情報をお届けしたいと思っていつも記事を書かせていただいています。

そんな今回はあなたが貯金できない原因を見つけてみたいと思います。原因さえ分かれば対策も打てますもんね。

貯金ができない原因なんて世の中に一つしか無い


いきなりの結論で大変恐縮ですが、貯金ができない原因をお伝えしようと思います。


それは… 「収入以上にお金を使っているから」です。


みなさん、どう思われました?
「当たり前じゃん!」ってここで離脱してしまわないでくださいね。今回はここから先に大切なことを書こうと思っていますから…

貯金への本気度が一瞬で分かる思考


上記で書いたとおり、貯金ができないというのは入ってくるお金以上にお金を使ってしまっているからお金が貯まらないんですよね。そんなの当たり前です。小学生の息子にも分かる理論ですね。そんな小学生でも分かることが大人になっても改善することができないから困っているわけですよね。

なので、ここではあなたの貯金への本気度を一瞬で判断させてもらおうと思います。
先ほど書いたように「収入<支出」になっていると改めて言われた時にあなた自身がどう思ったかが重要なんですが、実際あなたはどう思われました?

「そんなの分かってるよ」「収入が少ないから仕方がないじゃん」「ダサい格好なんてできないし…」「付き合いだってあるから」などなど、人それぞれの思いはあると思います。でも、そんな言い訳のようなことを言っていても貯金ができるようにはなりません。まずは「自分の支出をしっかり把握しよう!」という気持ちになれないとアウトなんです。

つまり「収入<支出」になっているんだから、自分自身が何にお金を使っているかを把握しようと思えない人は、お金を貯めたいと本気で思っていないということです。

現状を変えたいときは本気じゃないと変われない


私たち人間は癖になってしまっている習慣は無意識のうちに現状通りを維持しようとします。
例えば、わが家の夫は飲み会の後に必ずラーメンを食べてくるんです。40歳を過ぎ基礎代謝が落ちているのにその習慣をやめられないので、日に日にお腹周りが大きくなってきてしまっています。本人に聞くと「やめよう、やめようって思っているんだけど、ついね」って言うんです。これって本気でやめようと思っていると思いますか?

貯金も同じことです。「毎朝のスタバを我慢しようと思うんだけどどうもリズムが狂っちゃって…」「セールに行くとお得だからつい買っちゃう」「家族との外食はすごく楽しい」なんて、結局はそれまでに身についてしまった習慣が継続してしまっているだけです。そういった癖になってしまった習慣は余程の強い思いがないと変えられないものですよね。

以前の記事『これは危険!お金が逃げる“思考癖”』でもお伝えしました。悪い習慣を正し、お金が貯まる良い習慣を身につけてしまえば、自然とお金が貯まる家計の出来上がりです。今からお金を貯めることができるようになるかならないかはあなたの気持ち次第なんですよ。




いかがでしたでしょうか。
何をするにも気持ちが大切だと思いませんか?仕事も勉強もダイエットも貯金もすべて一緒です。ヤル気がない人は目標を達成できないんです。収入が低くてもヤル気があれば貯金をする方法が思いつくんです。貯金ができていないご家庭はぜひ熱い気持ちで貯金に取り組んでみてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ