10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:マイホーム

世帯年収 600万円 5000万円 マイホーム マンション 一戸建て



どうも夫です。
先日、職場の後輩D君から「5000万円のマイホームを買いたいんですけど…」って相談されたんです。そんなことあまり相談を受けないと思いますが、わが家が住宅購入に成功しているという職場での認識や、以前から不動産を買うんだったら相談に乗ってあげられるよって言っていたからなのかなぁなんて思っていたりします…
なので今回は、後輩D君への不動産購入コンサルティングを記事にさせてもらいますね。

まずはヒアリングから|収入・貯金・希望物件など


こういった相談を受ける場合は、デリケートな部分まで立ち入っていろいろ聞かせてもらはないとできないんですよね。家族構成、世帯年収、貯蓄、一戸建てかマンションか、希望エリアといったところですね…。そして、後輩D君の状況はこんな感じでした。


家族構成3人(本人32歳・妻30歳・子供2歳)
世帯年収本人500万円、妻100万円
貯蓄300万円
希望物件マンション



32歳のサラリーマンなら年収もそれなりといったところでしょうか。それに奥さんもパートで100万円程度を稼いでいるとのことで世帯年収は600万円です。貯金は300万円なのでまぁまぁ普通のご家庭といったところですね。

「一戸建て」or「マンション」どちらにするか?


相談を受けたときにD君はマンションを買うつもりでした。ではなぜマンションなのか?
「特に理由はないんですけど、マイホームと言えばマンションかと…。一戸建ての方が理想ですけど高くて買えないと思うんですよね」

そう、つまりマンションが買いたくてそう言っているわけではなく、単なる先入観で“買うならマンションだ”と決めつけているだけなんですね。

そこでボクは「逆にマンションを買うほうがお金がかかるよ」って伝えると、「えっ!?そうなんですか?」って。以降、そのやり取りです。

D君「えっ!?そうなんですか?」
ボク「ん?そうだよ。だって、修繕積立金は一戸建てでも同じだとして、管理費と駐車場代は一戸建てを買った場合には必要ないからね」
D「その部分はたしかにそうですね。見ていた物件でも2つ合わせて3万円くらいはかかりますからね」
ボ「そうそう、毎月3万円っていうと住宅ローンを1000万円(35年、金利1.0%)多く借りるのと同じことだからね」
D「えぇ、そんなことになるんですか?」
ボ「そうそう、同じ5000万円の物件でもマンションの場合は6000万円の物件を買ったも同然。一戸建てが5000万円、マンションが4500万円でも一戸建てのほうがトータルでは安くなる計算なんだよね」
D「まさにそうなんです。500万円くらいマンションのほうが安くて…」
ボ「それに加えて、マンションは将来的な不安もあるから俺だったら間違いなく一戸建てを選ぶね」
D「それは知っています。積立金の不足だったり、住民の高齢化だったりですよね」
ボ「そう。もうそれだけでもマンションを購入するのは避けるべきだと俺は思っているんだよ」

こんなやり取りの結果、D君はマンション購入をやめて一戸建て物件中心で探し始めることになったんです。

いくらの物件が買えるのか?


一戸建ての物件探しを始めたD君ですが、本当に5000万円もの住宅ローンを抱えても大丈夫なのか心配になったようで「住宅ローンってどのくらい借りられるものなんですかね?」って聞きにきたんです。そこでボクはメモ書きにザッと計算してあげました。

D「不動産屋の営業の人が“Dさんだったら6000万円近くまで借り入れできる方法がありますよ”って言われたんですが本当ですかね?」
ボ「あぁ、今はいろんな借り入れの方法があるから本当なんじゃないかな」
D「じゃあ、6000万円くらいの物件まで対象にしても大丈夫っていうことですかね?」
ボ「いやいや、それはダメでしょ。6000万円を借りると35年、金利1.0%だとしても年間返済額が200万円を超えていくでしょ。毎月に均すと17万円くらいになるし、D君単独の収入に対して返済比率が40%にもなるんだよ。完全に家計破綻しちゃうよ」
D「はは…、年間200万円の返済ですか。今の家賃が10万円なのでそれはちょっと厳しいですね」
ボ「そうなんだよ。不動産屋はそういって良い物件を見せて購入意欲に火をつけるんだよ。人間って欲しくなったら、冷静な判断ができなくなってくるからね」
D「危ない…。今度、6000万円の物件を見に行く約束をしていたんですよ。ヤメておきますね」
ボ「ちなみに、今の家賃が10万円ということは借入額が3500万円くらいを目安にした方がいいかもね。その方が家計の負担にならないからさ」

不動産屋さんは購入者に適切な住宅ローン借入額を提案するというよりも、借入限度額で話をしてくることのほうが多いんです。その方が高い物件が売れるし、仲介手数料も多く受け取れるからです。多くの金融機関では32~35%に返済比率(年収に対する年間返済額)を設定しますが、超低金利の現代では40%近くまで融資する金融機関も出てきています。理想の返済比率は25%程度まで。つまり、金融機関の限度額まで借りてしまうと相当苦しい状況になるということが分かります。不動産屋さんの「〇〇さんなら●●●●万円まで借りられますよ!」的な話は聞き流すようにしたほうがいいですね。



いかがですか。
デキる営業マンほど人の感情に訴えてくる営業を仕掛けてきますが、感情で判断してしまうと不動産購入は失敗してしまいます。不動産屋の営業マンと購入者しかいない空間でいろいろな思惑が邪魔しますから、その場では冷静に判断することが難しいということを理解しながら対応することを心掛けるといいですよ。即決せずに一旦持ち帰ることを肝に銘じましょう。
次回、D君は不動産契約を行います。どんな物件を契約したのでしょうか…


後編へつづく)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

現金 貯蓄性保険 学資 マイホーム 諸費用ローン



こんにちは☆のっち☆です。
みなさんは貯蓄型保険に加入していますか?銀行預金金利が雀の涙ほどしかつかなくなってから久しくなりますね。メガバンクの1年定期預金に100万円預けても利息なんて80円くらいにしかならないんですから、比較的利回りが良い貯蓄型保険に加入したくもなりますよね。
今回はそんな貯蓄型保険へ貯蓄のほぼ全額を預けてしまった広田さんのお話です。

第一子誕生


僕の名前は広田。30歳。妻と先月生まれたばかりの息子との三人暮らし。
親からも子供が生まれたら学資保険にはちゃんと入っておくようにって釘を刺されているからどこの保険会社のにするか迷っているんだ。保険なんて今まで自分の生命保険に入る時に保険のおばちゃんに勧められたものしか入ったことがないから、自分で選ぶなんてできるのかな。とりあえず学資保険を扱っている保険会社から資料だけ請求しておいたよ。

学資保険の利回りが最高!


それから一週間、毎日のようにドサドサ資料が届く。いやいや保険会社さん、送ってき過ぎでしょ。。。
気を取り直して、資料に目を通してみると学資保険って利回りで見るとすごいんだね!払い込み金額に対して17歳満期時に貰える金額が110%とかなんだって。180万円を10年間で払って200万円貰えるって。17年間で20万円の利息が貰える計算だから1年単位になおすと毎年11764円の利息。マジか!?今だったら100万円を定期預金に預けても1年で80円しか貰えないのに、180万円を17年間預けたら毎年11764円貰えるって夢のような話だね。

保険各社をいろいろと比較して、僕と妻のそれぞれの名義で満期金200万円の学資に加入することにした。保険料は夫婦で約3万円。毎月の貯金をしていると思えば全然問題ないでしょ。

貯蓄型生命保険なんてものもあるんだね!


あれから5年が経った。学資保険を毎月の貯金代わりに継続してきたけど、僕も昇給したし家計に余裕が生まれてきた。毎月3万円くらいは現金で貯金できるようになったけど、銀行に預けておくのもなんだかもったいないよね。学資保険だったらあれだけの利息がつくわけだしね。そうは言っても、また学資保険に入るっていうのも単純すぎるよね。なので今回は貯蓄型生命保険に加入することにしたんだ。

保険料は今回も毎月3万円で払込期間は5年間。保険部分は死亡したら300万円で60歳を超えると色々な保険へ移行できるんだって。しかも、この保険のすごいところは払込保険料は180万円くらいなんだけど、加入7年目以降の解約返戻金がどんどん上がっていくんだ。要するに加入6年目までに解約すると損してしまうけど、7年目以降は利子が付くってコト。180万円の保険料で300万円の死亡保険という保険でありながら、7年以上加入していると、いつ解約しても払った以上のお金を返してくれるんだから最高だよね。もうこの貯蓄型保険を知ってしまうと、普通の預金なんてする気になれないよ。

マイホームを買いたい!


それから3年。子供も8歳になり今住んでいる地域に愛着が湧いてきた。妻も子供もこのコミュニティからは出たくないと言うし、今住んでいる地域でマイホームを買おうと思っているんだ。限られた地域なのでなかなか希望の物件が出てこないんだけど、2ヶ月に1件のペースで売り出されるから気長に待つことにするよ。

半年後、すぐ近くに新築物件で売り出しがあった。こんな条件のあった物件はなかったのですぐに問い合わせたよ。物件概要を聞いて価格も予算内だったから、迷わず申込みを入れたんだ。申込金の100万円は貯金から出したんだけれど、わが家にはこれ以上の現金がないんだ。だって、貯金はほとんど貯蓄性保険に預けてしまっているからね。学資なんて解約したら将来の教育費が不安だし、貯蓄型生命保険は今、解約すると70%くらいの戻りで相当損してしまう。まさかのところで現金不足だな…

諸費用ローンを利用した


3000万円の物件で諸費用が250万円必要だった。そんな現金はわが家には無い。不動産屋の営業マンに正直に言うと「諸費用ローンというものがあるから大丈夫ですよ」と言われた。金利を聞いてみると5.8%だと言うんだ。

なんてことだ!?金利1.0%くらいの貯蓄型保険に集中的に資金を入れてしまったために、今度は5.8%のローンを組むはめになるなんて… 何のために保険に入ったのか訳がわからないぞ。



いかがですか。
目先の金利(利回り)にだけ目を奪われ、全力で資金を集中させてしまった広田さん。人生においてイザという時には、ある程度まとまった現金はどうしても必要になります。今回の広田さんの失敗はライフプランを把握していなかったこと。家庭の総資産における現金比率というものは非常に重要ですから常にこれから起こりうることを把握しながら、それに対応するだけの現金を手元においておかなければいけません。金利だけで資金をやみくもに集中させないように心がけていきましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

マイホーム 社宅 SUUMO 住宅購入 ケンカ



こんにちは☆のっち☆です。
色々な状況・考えはあると思いますが、私の周りには“家がほしい”と思っている人がたくさんいます。ただ、そんな多くの人達はどのタイミングで買ったらいいのか分からず年齢だけを重ねてしまっていることが多いように感じます。
今回は家を買うことに躊躇している人が多い中、スパッとためらいもなく家を買ってしまったU君のお話です。

会社の借上げ社宅制度を利用した格安賃貸


僕の名前はU。25歳。都内の卸業に勤めるサラリーマン。
大学時代から付き合ってきた彼女と来月結婚する。彼女も働いているから結婚後も勤務先の近くに住居を構えようと思っているんだけど、やっぱり都内は家賃が高いよね。30㎡程度で10万円以上が相場なんだ。だけど、僕が勤める会社は40歳まで借り上げ社宅制度を利用できるんだ。そのおかげで上限9万円までの物件を自己負担9000円で利用できる。

そんなこんなで僕らが探した物件は家賃11万円の2DK物件。9万円までは自己負担9000円で超えた部分はそのまま負担。だから、9000円+2万円で毎月家賃は29000円。都内のアパートなのに結果的には格安で住めるってありがたいよね。

都内は駐車場代がバカ高い


僕は自動車が大好きなので都内の新居にも自動車を持ってきたんだけど、都内の駐車場はメチャクチャ高い。近所の駐車場でとても入庫しづらい一番安いところと契約したんだけど23000円/月だった。実家のときに借りていた郊外の駐車場は8000円/月だったから、15000円も値上がりしている計算になる。う~ん、電車が発達している都内でマイカーを所有する意味ってあるのだろうか…

賃貸物件で事件発生


入居したアパートは1階に大家さんが住んでいるから安心だと思って決めたんだけど、入居して半年経った頃、その大家のドラ息子がきっかけで思いっきりケンカをしてしまった。。。
理由は“騒音”。休みの日の早朝からズンチャカズンチャカ…しばらくは我慢していたんだけど、たまらずお願いスタンスで言いに行ったんだ。


「あの~、この音なんとかなりませんか?」
『はぁ??何が?』
「いや、この音が響いて寝てられないんですよ」
『オタク敏感過ぎじゃね?』
「外に出て聞いてみたらどうですか?相当音漏れしてますよ」
『うるせ~な。来たばっかのやつにツベコベ言われたくないんだけど…』
「君じゃ話にならないから、大家さん出してくれ」
『はぁ?親は関係ないじゃん』
「関係あるから言っているんだよ。いいから呼べ!」


この後、大家さんを呼び出し玄関先で怒鳴り散らしてしまった。気分的にはスッキリしたけど、もうここには住みたくないな…
会社に事情を説明して借り上げ社宅の引っ越しをお願いしたんだけど、引っ越しは転勤のとき以外は認めないということで借り上げ社宅に住むなら今のところにいるしかないらしい。。。すごく嫌だな…

マイホームを買えるのか不動産屋に行ってみた


滅多に会わないとはいえ、あんなバカと同じところに住んでいるのがすごく気持ち悪い。毎月家賃29000円と駐車場23000円で52000円払っているんだから、もう少し持ち出しするだけでマイホームが買えるなら買っちゃおうと思って不動産屋へ突撃してみたんだ。

不動産屋に入って希望を聞かれたので、「最寄り駅が山の手線の駅で徒歩10分以内の4000万円台」と答えた。不動産屋の多くはその条件を鼻で笑い、有無も言わさず埼玉エリアへ車を走らせた。僕も妻も物件を見せてもらえることはすごく楽しかったから勉強のためと思って何も言わずに連れて行ってもらったんだ。予算が予算だからいろんな癖あり物件を見せてもらったよ。「駐車場付きなのに途中の道は狭くて車が通れない物件」「崖に隣接して建っていて玄関が3階」「めちゃくちゃ狭小」など世の中にはおもしろ物件がたくさんあるんだなぁって感心してしまった。

5、6件の不動産屋にいってほぼ同様の対応だったので、妻ともちょっとこの条件じゃ無理なのかもねって話をするようになっていったんだ。

一戸建て物件情報誌を読むのが習慣に


不動産屋を回っているうちに、いつからか僕は『SUUMO』を読むのが習慣になっていた。毎週発行されるものをすかさず入手し、引越したい一心で隅々まで読んで掘り出し物物件がないかチェックしていた。そんなことを2ヶ月くらいしていると意外にもこんな知識を手に入れることができたんだ。


◯都内でも一戸建てが買えそうなエリアがある
◯エリアに強い不動産屋が分かる
◯不動産に掘り出し物件は無い
◯巻頭特集で色々な知識が身につく



そして、僕の希望条件の「最寄り駅が山の手線の駅で徒歩10分以内の4000万円台」が実現できるかもしれない!そう思える不動産屋を見つけることができたんだ。早速、電話して会うことになった。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ