10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:マイホーム

高学歴 エリート 出世頭 外資系企業 マイカー マイホーム



こんにちは☆のっち☆です。
現役で一流大学を卒業して、そのまま一流企業に就職した友人ってあなたの周りにもいませんか?そんな超エリートの人達って一生勝ち組なんだろうなぁって思っていました。でも、実際はそんなことないみたいですね。 今回は小学・中学では“神童”と呼ばれ一流企業に就職したMさんが老後破綻してしまったお話です。順調だったMさんの人生に何が起きてしまったのでしょうか…

学生時代は神童と呼ばれた


僕の名前はM。40歳。今は外資系電機メーカーで課長職に就いています。思い返せば、今までの僕の人生は怖いくらい順調だ。

小学校、中学校時代には成績が驚くほど良かったおかげで“神童”とも呼ばれていた。その後も学区内で一番の高校に進み、大学も国立大学には興味がなかったからK大学を受験して現役合格。氷河期だった就職も無難に乗り越えて国内大手の電機メーカーへ入社できたんだ。学生時代は学業を特段努力したというわけではなく一度教科書を読むと自然と頭に入ってしまうし、将来のやりたいこともコレといったことがなかったからとりあえず入社したっていうのが本音だったんだよね。それでも、仕事は要領よくこなせたから同期の中でも出世頭で一番早くに役職につけたんだ。要領が良かったのかな…
気がついた頃には「君みたいな超エリートは…」なんて会話の頭に付けられることが多くなったのもこの頃だったね。それから何年かした頃に今の外資系企業から声をかけられて転職。年収も1000万円くれるっていうから迷わず転職しちゃったよ。

M家の家計状況


わが家はパートで働く妻(37歳)と子供2人(10歳と7歳)。都内の戸建てを5年前に6000万円で購入したんだ。自動車は昔から憧れていたBMW3シリーズをマイホーム購入の金銭感覚が狂っていることを良いことに衝動買い。おかげで毎月のローン返済は住宅ローンが15万円、自動車が3万円。さらに、ボーナス時にはそれぞれ20万円と5万円が加算される。

収入は僕が1000万円、妻が100万円ってところだね。月にすると僕の手取りが45万円(税込60万円)、妻が8万円ってところかな。

収入53万円からローン18万円を差し引いた35万円で生活するってことだから、まぁ結構余裕があるわけですよ。なので、毎月5万円、ボーナスでは100万円を貯金できていて、その年額160万円の貯金をマイホームを買って以降5年継続しているから現在800万円が貯まっているんだ。なんだか貯金も苦労しないでやっていけそうだ。

見やすくするとこんな感じかな。


[収入]
夫(40歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(37歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残30年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残2年)
3万円(ボーナス時加算5万円)

[貯金]
毎月
5万円
ボーナス
100万円
現在の貯蓄額
800万円



自動車のグレードアップ


あれから2年後。貯金も順調に進んで1100万円まで膨らんだ。今年で7年払いで買ったマイカーローンが終わる。程度の良い中古で買ったこのBMWも流石にガタが出はじめてきて、今度の車検の見積もりを取ったら色々直さないといけないみたいで金額を聞いたら50万円って言っていたよ。愛着も湧いているから直そうかとも思っていたんだけど妻からの「買い替えたら?」っていう一言がきっかけで乗り換える気持ちが強くなってしまった。

子供も大きくなってきたからセダンよりは最近流行りのSUVっていうのもいいよね。ただ、国産車には魅力を感じないからやっぱり外車がいいんだよね。現時点で候補に上がっているのはマカン(ポルシェ)、X3(BMW)、Q3(アウディ)。どれを選んでも新車なら700万円くらいする。う~ん、結構キツイかな…

それでもディーラーに行ってローンシミュレーションしてもらったら、毎月5万円、ボーナス時で12万円だっていうから買っちゃったよ。ポルシェのマカン。今までより年間で38万円返済が増えるけど大丈夫でしょ。これだけ贅沢しても毎年100万円貯金できるんだから。


[収入]
夫(42歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(39歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残28年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残10年)
5万円(ボーナス時加算12万円)

[貯金]
毎月
3万円
ボーナス
80万円
現在の貯蓄額
1100万円



-------------------

Mさん、すごいですね。
40歳にして年収1000万円。6000万円のマイホームに住み、輸入車を乗り回しているんですから。やっぱり学歴が高くて仕事もできる人は将来も安泰なのでしょうか。



中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

77b5882897453fa8ae2eab9c4f803037_s

こんにちは☆のっち☆です。
世知辛い現代では「住宅手当」「地域手当」といった住居費を補助する制度は徐々に廃止されてきています。みなさんがお勤めの会社はいかがですか?
今回は『借上げ社宅制度』によって生活を作ってきた夫婦がその制度の改定を受けてからの苦悩をお話にさせていただきます。

借上げ社宅制度で生活も充実


僕はやまだ(仮名)、32歳。商社に勤める営業マン。我が社は中堅ではあるものの日本全国に支店がある総合商社。僕ら営業マンは5年周期で転勤が命じられる。妻とは5年前に社内結婚して、現在は専業主婦。転勤については社内に在籍していたこともあり妻も理解している。就職活動していた頃は転勤のある大企業に憧れていたものだが、いざ入社してみると転勤のない地域密着型の企業が羨ましくなってしまう。人間というのはわがままなものだ…

しかし、我が社は転勤が多いため住宅手当制度は充実している。転勤者には基本的に“借上げ社宅制度”が適用され、独身では6万円、所帯持ちでは10万円までの枠で会社が負担してくれる。給料自体は全国平均と比べて低いとは思うが、リアル年収という概念で考えると相当恵まれた制度だ。年収500万円のシングルインカムだけど毎年100万円くらいはしっかり貯蓄もできる。以下が我が家の毎月の収支。

[家族]
32歳(正社員)
30歳(専業主婦)
マイカー

[収入]
給料(手取り)
260,000円

[支出]
住居費(自己負担分)
20,000円
食費
30,000円
水道光熱費
20,000円
雑費
10,000円
外食費
20,000円
通信費
20,000円
小遣い(夫)
40,000円
小遣い(妻)
20,000円
保険
20,000円
貯金
60,000円


幸せな家族に子供が生まれる


生活も安定していることもあって、妻から「子供がほしい」と嬉しい要望があった。金銭的にも精神的にもやっぱり妻が子供欲しいと思う気持ちがなければ中々実行には移せない。我が家にも新しい家族を迎える環境が整ったようだ。

…そして、1年後。無事に愛おしい娘が生まれた。生活費で多少の出費はあるものの、彼女が我が家に来てくれた幸せには変えられない。また、学資保険もしっかり入れておこうと17歳満期300万円に加入した。ボーナスからの補てんも行い年間貯蓄は100万円を維持する。

[家族]
33歳(正社員)
31歳(専業主婦)
0歳
マイカー

[収入]
給料(手取り)
265,000円
児童手当
15,000円

[支出]
住居費(自己負担分)
20,000円
食費
40,000円
水道光熱費
25,000円
雑費
10,000円
おむつ・ミルク
10,000円
外食費
20,000円
通信費
20,000円
小遣い(夫)
40,000円
小遣い(妻)
20,000円
保険
35,000円
貯金
40,000円


借上げ社宅制度の危機


円高の煽りを受け景気が低迷して、当社の業績も厳しくなってきた。。。
先日、可愛がってくれている役員と夕食を摂る機会があり、その時に「業績低迷で現場社員に影響のある施策の検討はされていますか?」と聞いてみた。すると、「借上げ社宅制度の見直しが出ているよ」とのこと。
「えぇ!それってマズいじゃないですか。そこを減額されると生活が行き詰まってしまいますよ」と精一杯の抵抗はしたものの、役員からは「社員からはそんな声が多く上がるだろうが背に腹は代えられない。会社の存続が無ければ、借上げ社宅制度どころの話じゃ無くなるからね」とのことだった。

っ!…ヤバイ!そこをイジられるとマジでヤバイ。
確かにこんな恵まれた制度は同業他社を見てもあまり無いことは全社員が知っていた。だから、労使交渉のときも「借上げ社宅制度」については敢えて触れてこなかったらしい。実際の減額はどのくらいなのだろうか…

社宅制度改定を見据えた家計改善


あれから数ヶ月経つが、会社からはまだ何の通達も発表されない。めちゃくちゃ不安だ…
そんな中、家計管理を担当する妻から以下の内容で家計改善をすると提案があった。

住居費(自己負担分)
20,000円
食費
40,000円
水道光熱費
25,000円
雑費
5,000円
おむつ・ミルク
10,000円
外食費
10,000円
通信費
10,000円
小遣い(夫)
30,000円
小遣い(妻)
10,000円
保険
35,000円
貯金
85,000円


使途不明金の温床である“雑費”と“外食費”を半額に削減。“通信費”もMVNOへ切り替え大幅削減。さらに夫婦の小遣いを減額。
僕にとっては小遣いが減らされるのがなによりも痛いけど、これからあるであろう住居費負担を考えると仕方がない…

借上げ社宅制度の完全廃止が決定


役員から噂を聞いてから半年。ついに通達があった。それは「借上げ社宅制度廃止」だった。支店長含め支店メンバーからどよめきが起こる。
そりゃあそうだ。。。 この制度で生活してきた僕らにとっては10万円の減給を言い渡されたようなものだ。自己負担が数万円増える程度で制度自体の廃止は無いだろうって同僚とも話していたが、まさかの廃止とは… これで我が家も完全に赤字家計だ。

制度廃止について、会社からはこんな救済措置も発表された。
「現制度は今年度末をもって廃止とする。ただし、現時点での制度利用者には1年間を期限として継続する。また、再来年度以降は全社員対象に住宅手当2万円を支給する。」

制度廃止後2万円の手当… とりあえず、あと1年位は社宅制度を利用できるようだ。幸いにも先日の妻の家計改善によって制度廃止後も赤字家計にはならないだろう。最悪、制度廃止後はもっと家賃の安い物件へ引越しすれば大丈夫だろうし、家族旅行や大きな買い物で消費していたボーナスをしっかり貯蓄に回せれば年間100万円も十分に目指せるだろう。
制度廃止後の家計はこんな感じだろうか…

[収入]
給料(手取り)
265,000円
住宅手当
20,000円
児童手当
15,000円

[支出]
住居費
120,000円
食費
40,000円
水道光熱費
25,000円
雑費
5,000円
おむつ・ミルク
10,000円
外食費
10,000円
通信費
10,000円
小遣い(夫)
30,000円
小遣い(妻)
10,000円
保険
35,000円
貯金
5,000円



いかがでしたでしょうか。
今回は「借上げ社宅制度」という比較的多くの企業で採用されている制度に着目してお話にしてみましたが、会社によっては「車両費」に対して補助を出している企業も多くあります。あなたの家計の中で会社からの補助に頼った項目があるのであれば、補助が無くなった時のことも常に想定してマネープランを組み立てていきましょう。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計改善 貯蓄体質 住宅ローン マイホーム



前編からのつづき



もう一度Oさん家計概要を書いておきます。

[家族構成]
Oさん(夫)
子供二人(5歳、3歳)

[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
駐車場代
3万円
生活費
20万円
自動車ローン
5万円
クレジットカードリボ払い
1万円
合計
41万円

[貯蓄]
現金
300万円


返済できるローンは早期返済を


まず始めのアドバイスは貯金を使ってローンを全額返済するように提案。契約時金額の計算でも290万円で完済できますよね。さらに、おそらく自動車ローンは戻し手数料が発生しますから10万円くらいは安くなるはずです。また、貯金を使ってしまうことに不安があるのなら、家計が落ち着くまでマイカーを手放すことも提案をしました。Oさんは都内に住んでいてマイカーは土日に乗るだけ。そのためにローンと駐車場にお金を使っているわけですから、一気に家計改善を目指すのであればマイカーを手放すことが最善なわけです。
そして、クレジットカードのリボ払いもカードセンターへ電話して次回引き落とし時にリボ払い分を全額返済することを申し出するようにアドバイス。ムダな金利の支払いは浪費以外の何者でもありません。早急に家計から排除しましょう。

家計のムダを無くそう


ローンの見直しほど家計改善するのに手っ取り早いものはありませんが、それ以外では細かく生活費を改善していきます。

まずは携帯電話代
Oさん夫婦はdocomoのスマホで毎月15000円くらい支払っているそうです。反面、夫はMVNOの格安SIMを利用していますから、これを提案。Oさん自身も半年くらいまえからCMなどで知って気になっていたそうですが、いろいろと調べなくちゃいけなさそうだし面倒だとそのままでいたそうです。夫が画面を見せながら手順を教えてあげると、切り替えの簡単さに気づいて早速申込みをしていたそうです。

さらにはクレジットカードを積極的に使うことを提案。
「入金口座」「貯蓄口座」「決済口座」 最低限この3つの銀行口座をまずは必要と説明して、これさえ準備できればクレジットカードがお金を生むよと伝えたそうです。あとは何でもかんでも可能な限りクレジットカード払いをするだけ。年間300万円利用すれば、1.5%の還元で45000円も貰えるわけですからね。使わない理由が見つかりませんよね。

※ 関連記事
携帯電話代だけで毎月12,000円節約する方法
家計管理を成功へ導く。3つの銀行口座
クレジットカードでお金が生まれる考え方

Oさん家計が改善しました


[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
生活費
19万円
合計
31万円

[貯蓄]
現金
150万円


Oさんは夫からのアドバイスを1週間で実行しました。
まずはクレジットカードのリボ払いを完済。マイカーは売却して今後はカーシェアリングを利用することにしたそうです。1年前に買ったマイカーは100万円にしかならなかったようですが、早期返済額が230万円だったので貯金から130万円を支出したそうです。これらの清算で150万円を貯金から拠出しましたが、以降は毎月19万円もの貯金が可能な家計へと大変身しました。つまり、年間200万円以上を貯金できる貯蓄体質に変身したわけです。

Oさんマイホーム購入


そして、驚きなのがその1年後。Oさんから連絡をもらった夫が驚きの話を聞いて帰ってきました。なんとOさんも都内に戸建てを購入したそうです。

住宅ローンは4500万円借りたそうです。35年払いで毎月15万円です。今までの賃貸マンションよりも3万円も高いですが駐車場付きなんだそうです。専有面積も40㎡から75㎡へ拡大。子育て環境も良いエリアに居を構えられたそうです。75歳まで住宅ローンを組んだことに夫が警鐘を鳴らして、「それでも繰上げ返済を積極的に実行すれば65歳までの完済も無理ではないよ」と伝えると、Oさんはまたも参考になったと喜んで帰っていったそうです。



いかがでしたでしょうか。
せっかく貯蓄体質になったのにマイホームをドンっと購入してしまうところはさすがOさんですが、住居費については長い目で見れば大きな失敗ではありません。賃貸に住んでいたとしても生きているうちは住居費用が発生するわけですからね。Oさんの次の目標は、前に泣く泣く手放したマイカーをもう一度所有すること。そして、住宅ローンの繰上げ返済を定期的に行うことだそうです。
どんなことでも将来の目標を持って生活していくということが重要なのではないでしょうか。目標を達成させるために人は色々と考えますからね。わが家も理想とする老後を迎えられるように目標に向かって頑張りますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ