10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:マイホーム

家計改善 貯蓄体質 住宅ローン マイホーム



前編からのつづき



もう一度Oさん家計概要を書いておきます。

[家族構成]
Oさん(夫)
子供二人(5歳、3歳)

[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
駐車場代
3万円
生活費
20万円
自動車ローン
5万円
クレジットカードリボ払い
1万円
合計
41万円

[貯蓄]
現金
300万円


返済できるローンは早期返済を


まず始めのアドバイスは貯金を使ってローンを全額返済するように提案。契約時金額の計算でも290万円で完済できますよね。さらに、おそらく自動車ローンは戻し手数料が発生しますから10万円くらいは安くなるはずです。また、貯金を使ってしまうことに不安があるのなら、家計が落ち着くまでマイカーを手放すことも提案をしました。Oさんは都内に住んでいてマイカーは土日に乗るだけ。そのためにローンと駐車場にお金を使っているわけですから、一気に家計改善を目指すのであればマイカーを手放すことが最善なわけです。
そして、クレジットカードのリボ払いもカードセンターへ電話して次回引き落とし時にリボ払い分を全額返済することを申し出するようにアドバイス。ムダな金利の支払いは浪費以外の何者でもありません。早急に家計から排除しましょう。

家計のムダを無くそう


ローンの見直しほど家計改善するのに手っ取り早いものはありませんが、それ以外では細かく生活費を改善していきます。

まずは携帯電話代
Oさん夫婦はdocomoのスマホで毎月15000円くらい支払っているそうです。反面、夫はMVNOの格安SIMを利用していますから、これを提案。Oさん自身も半年くらいまえからCMなどで知って気になっていたそうですが、いろいろと調べなくちゃいけなさそうだし面倒だとそのままでいたそうです。夫が画面を見せながら手順を教えてあげると、切り替えの簡単さに気づいて早速申込みをしていたそうです。

さらにはクレジットカードを積極的に使うことを提案。
「入金口座」「貯蓄口座」「決済口座」 最低限この3つの銀行口座をまずは必要と説明して、これさえ準備できればクレジットカードがお金を生むよと伝えたそうです。あとは何でもかんでも可能な限りクレジットカード払いをするだけ。年間300万円利用すれば、1.5%の還元で45000円も貰えるわけですからね。使わない理由が見つかりませんよね。

※ 関連記事
携帯電話代だけで毎月12,000円節約する方法
家計管理を成功へ導く。3つの銀行口座
クレジットカードでお金が生まれる考え方

Oさん家計が改善しました


[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
生活費
19万円
合計
31万円

[貯蓄]
現金
150万円


Oさんは夫からのアドバイスを1週間で実行しました。
まずはクレジットカードのリボ払いを完済。マイカーは売却して今後はカーシェアリングを利用することにしたそうです。1年前に買ったマイカーは100万円にしかならなかったようですが、早期返済額が230万円だったので貯金から130万円を支出したそうです。これらの清算で150万円を貯金から拠出しましたが、以降は毎月19万円もの貯金が可能な家計へと大変身しました。つまり、年間200万円以上を貯金できる貯蓄体質に変身したわけです。

Oさんマイホーム購入


そして、驚きなのがその1年後。Oさんから連絡をもらった夫が驚きの話を聞いて帰ってきました。なんとOさんも都内に戸建てを購入したそうです。

住宅ローンは4500万円借りたそうです。35年払いで毎月15万円です。今までの賃貸マンションよりも3万円も高いですが駐車場付きなんだそうです。専有面積も40㎡から75㎡へ拡大。子育て環境も良いエリアに居を構えられたそうです。75歳まで住宅ローンを組んだことに夫が警鐘を鳴らして、「それでも繰上げ返済を積極的に実行すれば65歳までの完済も無理ではないよ」と伝えると、Oさんはまたも参考になったと喜んで帰っていったそうです。



いかがでしたでしょうか。
せっかく貯蓄体質になったのにマイホームをドンっと購入してしまうところはさすがOさんですが、住居費については長い目で見れば大きな失敗ではありません。賃貸に住んでいたとしても生きているうちは住居費用が発生するわけですからね。Oさんの次の目標は、前に泣く泣く手放したマイカーをもう一度所有すること。そして、住宅ローンの繰上げ返済を定期的に行うことだそうです。
どんなことでも将来の目標を持って生活していくということが重要なのではないでしょうか。目標を達成させるために人は色々と考えますからね。わが家も理想とする老後を迎えられるように目標に向かって頑張りますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

e4d2790a843e07e33d53100604956527_s

こんにちは☆のっち☆です。
シングルインカムの家庭から見ると収入面では羨ましい共働き家庭。今回は共働きなのにいろいろな意味で破綻した家庭をご紹介しようと思います。その家庭は近所のT家。T家が破綻していくまでのことを知人から聞いた話も混ぜて、知っている限り書いていきたいと思います。

T家との出会い


我が家とT家さんとの出会いは、かれこれ10数年前。子供が生まれ近所の公園で遊んでいたところにTさんも遊びに来ていたことからお付き合いが始まりました。
子供の歳も近く、親同士も年代が近いのでご近所ということもありよく話をするママ友になりました。お住いは同じ地区でT家はすでに2軒目の購入。駐車場や近隣とのトラブルもあって最初に買った都内のマンションを売りに出し、近所の分譲を購入されたそうです。
自動車についても「営業車」を自宅に「自家用車」を月極駐車場に止めて贅沢そのもの。当時の私から見ればそれはもう羨ましい限りでした。

当時の家族構成と所有車輌は以下の通りです。

家族T家☆のっち☆家
30代後半(正社員)20代後半(正社員)
30代後半(契約社員)20代後半(正社員)
第一子5歳(男)0歳
第二子2歳(男)
マイカー国産車+営業車営業車


T家自家用車 買い替え


3年後、ある日突然T家自家用車が「Audi」に変わりました。財政難真っ只中だった我が家にとっては驚きで「どんだけ稼げばあんな裕福な生活ができるんだろう…」ってよく夫婦で話していたことを覚えています。
さらに一家揃ってアウトドア派で夏は“海”冬は“スノーボード”とインドア派の我が家とは本当に正反対の優雅な暮らしぶり。一家での海外旅行も頻繁に行ってました。

そんな豪盛な生活はそれからも続きます。3年後に自家用車を乗り換え「メルセデス・ベンツ」。そして、またまた3年後…今度は「BMW」。。。 本当にどこからこのお金は出てくるのか不思議で不思議で…

同じ地区に不動産を買ったにもかかわらず、この自家用車の買い替えを見ているだけでも純粋に年収は我が家の2倍はあるんだと思い込んでしまうほどでした。

出会ってから6年後の家族構成と所有車輌

家族T家☆のっち☆家
40代前半(正社員)30代前半(正社員)
40代前半(契約社員)30代前半(契約社員)
第一子11歳(男) 6歳
第二子8歳(男)
マイカーメルセデス・ベンツ+営業車国産ミニバン


そんなT家がこのあと明らかに破綻の道を辿っていくとはこの時は思いもしませんでした…

後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

子育て マイホーム 転職 メンター



前編からのつづき


前編ではN君が結婚するまでを追いかけてみました。「結婚式はクレジットカードを使え」「結婚したら家計を握れ」とアドバイスしている我が夫は何者なんでしょうか(笑)

N君に第一子ができたよ


そんな薄っすらと夫をリスペクトしているN君ですが、幸せな新婚生活と共にめでたく子供ができたそうです。それまで共働きだった奥さんは産休に入り、出産後は育休を利用して子育てに専念しているそうです。

年収450万円のN君は毎月23万円ほどの手取りです。そこに奥さんの収入18万円が加わって世帯手取り40万円ほどで生活をしていたのに、産休や育休に入ると一気にシングルインカムになります。N君の23万円と奥さんの手当で5万円~10万円です。一気に生活水準が下がってしまいますが、これまたN君は夫のアドバイスでこの危機を乗り越えます。

それは“奥さんを実家に帰らせて家計の支出を極限まで下げる”というもの。
N君の奥さんは北関東出身、N君自身も関西出身なので両親が助けに来てくれることは期待できない中で、出産間もない奥さんを家庭においておくのはお金だけでなくN家にとってはあまりにも負担が大きかったそうです。そこでN君は「実家に帰って義母・義父に助けてもらおうか…」と奥さんに提案して里帰り出産をするように勧めたんです。そうすることで、N君自身も奥さんがいれば極限の節約はできなくても自分一人であればなんとでもなると思って、徹底的に生活を切り詰めたみたいですね。

N君がマイホームを買うらしい


そして、子供が生まれて1年後のこと。奥さんと子供が無事に帰ってきたN君から家を買おうかと考えていると相談があったそうです。
そもそも“持ち家派”の夫は即答で「買ったほうがいいよ。戸建てをね」とアドバイス。「駐車場代がかからない」「アパートよりも生活音が静か」「ローン支払いも家賃と大して変わらない」「生活の基盤ができる」など、N君の現状と比較して考えられるメリットを並べて購入意思を固めさせたそうです。

さらに、「仲介業者はこうやって見つけるんだ」「建売物件の立てる前のヤツを買え」「今は考えていなくても売る時のことを考えて物件を選べ」とアドバイスしたそうです。 (…ほんと、この人何者なんでしょうか。。。)

確かに、不動産購入に失敗していない現状のわが家の不動産事情を聞いたN君からすれば信じることのできる経験者からのアドバイスですから素直に行動に移せたようですね。まずは信頼できる不動産屋をしっかり探し、時間をかけて希望エリアからの建売物件が出るのを待ち、数カ月後に不動産屋から話が出た瞬間に契約したそうです。
購入した時はN君が35歳。35年の住宅ローンを組んで70歳完済です。その完済年齢に不安のあったN君へ夫は「5年位は繰上げ返済すればすぐに縮まるから平気でしょ」と伝えて安心させたらしいです。まぁ、実際のところ3,000万円を2.0%で借りた場合、5年後に350万円の繰上げ返済ができれば返済期間を5年間短縮できます。5年後に350万円ですから、年間70万円です。奥さんが復職した共働き家計のN家ではまったく無理のない金額です。

N君が転職しました…


それから1年後のこと、定例飲み会の席でN君が夫に「転職しようと思います」と伝えたそうです。

夫は「あっ、やっぱり?」って答えたそうです。
というのも、夫自身もその数年前にその会社を退社して転職していましたから、N君が後に続いた形でなんですね。勤務先が変わっても飲み会が定期的にあるということのほうが私には驚きでしたが…

そしてN君から聞いた退職日予定は6月末。「ボーナスを貰ってから辞めようと考えています」というN君に夫は「う~ん。あと1ヶ月伸ばしたら?」と。なぜ?と聞くN君に「総務部がボーナスの入金処理を完了するまで言わないで終わったタイミングで退職願を出すんだよ。辞めるのが分かってる奴に満額はくれないでしょ」と実体験も踏まえて教えたそうです。

会社を退職するとき“円満退社”を誰もが目指します。ただ、実際のところは“円満”なんてあり得ないんです。今後、関係がなくなる人間と円満な関係性を築く必要が職場の上司にも会社にもありません。雇用されるということは労働をお金で買ってもらっているような関係ですから、遠慮せずに契約した雇用条件(就業規則など)に則って正々堂々と主張するべきなんですね。あくまでも冷静に粛々と主張することが必要ですよ。そう主張することで会社側が嫌がらせをすることもできませんが、転職先が同業であったりすると変な噂を流されたりもしますからやり過ぎには注意が必要です。



いかがでしたでしょうか。
別々の会社になっても交流の続くN君。無事に転職に成功して年収も100万円以上あがったそうです。そして、現在のN君は「住宅ローンの繰上げ返済」と「資産運用」に注力中。転職に成功したおかげで住宅ローンを60歳完済にまで短縮させると意気込んでいるみたいですね。N君にとっては夫がぴったりのメンターだったのでしょうね。ぜひみなさんも身近なところでメンターを見つけられたらいいですね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ