10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:マイホーム

マイホーム 社宅 SUUMO 住宅購入 ケンカ



こんにちは☆のっち☆です。
色々な状況・考えはあると思いますが、私の周りには“家がほしい”と思っている人がたくさんいます。ただ、そんな多くの人達はどのタイミングで買ったらいいのか分からず年齢だけを重ねてしまっていることが多いように感じます。
今回は家を買うことに躊躇している人が多い中、スパッとためらいもなく家を買ってしまったU君のお話です。

会社の借上げ社宅制度を利用した格安賃貸


僕の名前はU。25歳。都内の卸業に勤めるサラリーマン。
大学時代から付き合ってきた彼女と来月結婚する。彼女も働いているから結婚後も勤務先の近くに住居を構えようと思っているんだけど、やっぱり都内は家賃が高いよね。30㎡程度で10万円以上が相場なんだ。だけど、僕が勤める会社は40歳まで借り上げ社宅制度を利用できるんだ。そのおかげで上限9万円までの物件を自己負担9000円で利用できる。

そんなこんなで僕らが探した物件は家賃11万円の2DK物件。9万円までは自己負担9000円で超えた部分はそのまま負担。だから、9000円+2万円で毎月家賃は29000円。都内のアパートなのに結果的には格安で住めるってありがたいよね。

都内は駐車場代がバカ高い


僕は自動車が大好きなので都内の新居にも自動車を持ってきたんだけど、都内の駐車場はメチャクチャ高い。近所の駐車場でとても入庫しづらい一番安いところと契約したんだけど23000円/月だった。実家のときに借りていた郊外の駐車場は8000円/月だったから、15000円も値上がりしている計算になる。う~ん、電車が発達している都内でマイカーを所有する意味ってあるのだろうか…

賃貸物件で事件発生


入居したアパートは1階に大家さんが住んでいるから安心だと思って決めたんだけど、入居して半年経った頃、その大家のドラ息子がきっかけで思いっきりケンカをしてしまった。。。
理由は“騒音”。休みの日の早朝からズンチャカズンチャカ…しばらくは我慢していたんだけど、たまらずお願いスタンスで言いに行ったんだ。


「あの~、この音なんとかなりませんか?」
『はぁ??何が?』
「いや、この音が響いて寝てられないんですよ」
『オタク敏感過ぎじゃね?』
「外に出て聞いてみたらどうですか?相当音漏れしてますよ」
『うるせ~な。来たばっかのやつにツベコベ言われたくないんだけど…』
「君じゃ話にならないから、大家さん出してくれ」
『はぁ?親は関係ないじゃん』
「関係あるから言っているんだよ。いいから呼べ!」


この後、大家さんを呼び出し玄関先で怒鳴り散らしてしまった。気分的にはスッキリしたけど、もうここには住みたくないな…
会社に事情を説明して借り上げ社宅の引っ越しをお願いしたんだけど、引っ越しは転勤のとき以外は認めないということで借り上げ社宅に住むなら今のところにいるしかないらしい。。。すごく嫌だな…

マイホームを買えるのか不動産屋に行ってみた


滅多に会わないとはいえ、あんなバカと同じところに住んでいるのがすごく気持ち悪い。毎月家賃29000円と駐車場23000円で52000円払っているんだから、もう少し持ち出しするだけでマイホームが買えるなら買っちゃおうと思って不動産屋へ突撃してみたんだ。

不動産屋に入って希望を聞かれたので、「最寄り駅が山の手線の駅で徒歩10分以内の4000万円台」と答えた。不動産屋の多くはその条件を鼻で笑い、有無も言わさず埼玉エリアへ車を走らせた。僕も妻も物件を見せてもらえることはすごく楽しかったから勉強のためと思って何も言わずに連れて行ってもらったんだ。予算が予算だからいろんな癖あり物件を見せてもらったよ。「駐車場付きなのに途中の道は狭くて車が通れない物件」「崖に隣接して建っていて玄関が3階」「めちゃくちゃ狭小」など世の中にはおもしろ物件がたくさんあるんだなぁって感心してしまった。

5、6件の不動産屋にいってほぼ同様の対応だったので、妻ともちょっとこの条件じゃ無理なのかもねって話をするようになっていったんだ。

一戸建て物件情報誌を読むのが習慣に


不動産屋を回っているうちに、いつからか僕は『SUUMO』を読むのが習慣になっていた。毎週発行されるものをすかさず入手し、引越したい一心で隅々まで読んで掘り出し物物件がないかチェックしていた。そんなことを2ヶ月くらいしていると意外にもこんな知識を手に入れることができたんだ。


◯都内でも一戸建てが買えそうなエリアがある
◯エリアに強い不動産屋が分かる
◯不動産に掘り出し物件は無い
◯巻頭特集で色々な知識が身につく



そして、僕の希望条件の「最寄り駅が山の手線の駅で徒歩10分以内の4000万円台」が実現できるかもしれない!そう思える不動産屋を見つけることができたんだ。早速、電話して会うことになった。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

マイホーム 住宅購入 住宅ローン 家計破綻



前編からのつづき


不動産は仲介業者が重要


情報誌を読み込んで希望エリアに強い不動産屋を見つけて、早速訪問した僕たちは希望を聞かれていつも通り「最寄り駅が山の手線の駅で徒歩10分以内の4000万円台」を伝える。いつもなら直後に「ふふっ」って鼻で笑われるタイミングなんだけど、この営業マンは一切笑わず「少し時間がかかるかもしれませんが必ず出てくると思いますよ」って言ってくれた。僕達夫婦は「おおっ!」と感動してしまった。

多くの不動産屋にあしらわれたわが家の条件を受け止めてくれたことに半信半疑だった僕達に早速、物件紹介があった。

「大塚駅、徒歩12分、4980万円」

きた~!と週末に現地案内のアポを入れて買う気満々で臨んだけれど、その物件は先約がいて売れてしまったようだ。ちくしょう!週末なんて言わないですぐに見に行けばよかった。それから物件紹介がしばらく無い… 逃した獲物は大きかったか…

それから1ヶ月後。待ちに待った紹介物件発生。
「上野駅、徒歩10分、4680万円」
今度こそ即決めするぞ!連絡をもらった翌日に現地と物件概要を確認。「所有権、日当たり、駐車場サイズ、床面積、建築メーカー」などしっかり確認して問題なしと判断。即申し込み手続きに入った。今回は無事に一番乗りで購入が決まった。

大家のバカ息子とケンカをしてから4ヶ月。無事に希望の条件と合致した物件と巡り会えた。散々笑われながら諦めなかったおかげで、こんなに良い物件が買えた。やっぱり不動産は買いたいエリアに強い仲介業者を見つけてじっくり探すことだね。

仲介不動産業者が提携している銀行融資


購入物件が決まったけれども住宅ローンが通るかまったく考えていなかった。購入資金についてもど素人だった僕は資金の工面でも不動産屋に助けてもらった。その不動産屋が提携する銀行の住宅ローンは提携金利変動金利で0.5%。他の銀行に比べてかなりの低金利だったし、実は僕達夫婦は頭金になるような資金が無かったんだ。それでも、融資承認になったのは「若さ」からなんだそうだ。そんな理由ってすごいよね。
不動産を買う場合は「頭金2割は必要」と言われているのは知っていたけれど、とりあえずなんとかなるだろうって勢いだけで購入申込みまでしていた僕達。その時持っていた資金は300万円。結婚の時に両親から貰った祝い金が全財産だった。それを不動産屋の担当者に伝えると「…まぁ、なんとかなるんじゃないですかね」と頼もしい返答。後は彼にお任せするだけだった。

彼の言うとおり夫婦ペアローンという形で住宅ローン審査承認になった。本当にこの担当者と巡り会えて本当に良かった。物件購入の諸手続きから資金の工面まで本当に頼りになる営業マンだ。

頭金はゼロで購入することに


手持ちの300万円は購入時の諸費用ですべて吹っ飛んでいった。しかも足りない状況だったから、融資実行までに慌てて貯金することになった。諸費用分の現金も慌てて用意するレベルだから頭金なんてあるはずもない。

不動産屋の営業担当者がどんな方法で融資金額を引っ張ったのかわからないが、無事にマイホームを買うことができた。彼無くして僕達がマイホームを買うこともできなかっただろう…

結局、僕等が契約した住宅ローンの概要はこんな内容。


借入総額:4700万円
金利:0.5%(変動金利)
期間:35年
月々:122000円(ボーナス無し)



借上げ社宅に住んでいたときよりも毎月70000円も支払いが増えるけど、ちょっとずつでも自分達のものになっていく感覚がたまらなく嬉しい。今はまだ共働きだから住居費が12万円でも払えるし、これからまだまだ給料も上がっていくだろうから将来はラクになるしかないと思うんだ。26歳で住宅ローンを35年で組んだから、完済時年齢も61歳。後は頑張って払っていくだけだ。



いかがでしたでしょうか。
マイホームを買うきっかけは大家とのトラブルでしたが、その勢いで購入まで突き進めるのは若さでしょうか。U君の言うとおり、26歳という収入の低い時の生活水準で住宅購入をすることができれば、それ以降に定期昇給があればその分が丸々余力となっていきます。ひとつ心配なのは住宅ローン金利が変動金利ということ。金利上昇局面になると怖いですね。それと、子供ができたときのことは考えているのでしょうか。
まぁ、長い人生ですから色々とトラブルは起きますが、若いU君はしっかりと乗り越えていくのでしょうね。わが家もそうでしたが、マイホームを買うときは必ず“勢い”も大事ですよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

マイホーム 買い替え ルーフバルコニー 6000万円 完済80歳



こんにちは☆のっち☆です。
わが家のマイホームも築10年を優に超えて、以前の記事『戸建住宅の修繕をしよう!』では160万円をかけて屋根や外壁を中心に修繕をしたばかりなんですが、先日ついつい近所にできた新築物件を見に行ったらすごく欲しくなっちゃったんですよね。
ということで、マイホームを買い替えることを真剣に悩んでみたので記事にしてみようと思います。

マイホームに欲しいもの


20代後半に建てた現在のマイホームですが、都内なのに駐車場付きで4000万円弱だったんですよね。今考えると相当安い値段で買えたんです。だからこそ、20代の私たちでも住宅ローンを利用して購入することができて大満足のマイホームなんですが、10年以上も住んでいると細々とした不満というものが出てくるものです。「もうちょっと広かったらなぁ…」「ルーフバルコニー作ればよかった…」「ベランダが小さい」「建具が安っぽい」などなど。その中でも今一番欲しいのは「ルーフバルコニー」。いわゆる“屋上”です。

わが家は3階建てで屋根裏収納はあるもののルーフバルコニーは付けなかったんです。だって、それを作ると150万円くらい工事費が上乗せされたので泣く泣く諦めたんです。当時は「屋上なんて作ったら雨漏りが心配だしね…」ってお互いの気持を納得させていたものですが、でもやっぱり欲しいんですよね(笑)
近所に新築物件ができてルーフバルコニーが付いていない物件だと「やっぱり今の家のほうがいいね」って物欲も抑えられるんですが、これがルーフバルコニー付き物件だと欲しい感情が抑えられなくて内覧させてもらうとその場で「コレください」って言ってしまいそうになるんです。

6000万円の物件は買える?


元々浪費家の私たち夫婦ですから“欲しい”と思う物への物欲はなかなか抑えられるものではないんです。以前の記事『不動産屋の甘い言葉には気をつけろ!|ボクが言われた10の言葉』でも紹介したような定番の営業トークで簡単に落とされそうになるんですが、そんな中、今回、真剣に購入を迷うような物件が出てきてしまったんです。

その物件は現在の家から電車で10分ほど郊外に出たエリアです。最寄駅から徒歩5分で駐車場も付いて3階建て、ルーフバルコニー付きです。今の最寄駅よりも都心へのアクセスが多少遠くなるくらいで、この10数年の建具の進化で室内環境も素晴らしいものでした。お目当てのルーフバルコニーでは私たち夫婦は10分くらい屋上の風に当たって「気持ちいね~」なんて、もう買う気満々になってしまうんですよね。しかもトドメは『東京スカイツリー』が見えるんですよ。いやぁ、ホントに詰まれた感じでしたね(笑)

そんな素敵な物件の価格は6280万円。ムリかな?って横にいた夫の顔を見てみると、いろいろお金の計算をしているんですよね。「頭金に1000万円入れたとして、今の家を貸したら15万円で、売ったとしても… ブツブツ」。
おいおい、買う気満々やないか~い!」ってなったんですよね。

そんなもん買えるか!


そんな雰囲気を感じ取ったのか、不動産屋さんの営業マンは一気に畳み掛けるんです。「住宅ローン控除でいくら戻ってきて…」「月々は現在のものに数万円足すだけです」「駅近のこの住環境が手に入りますよ~」。そんな営業トークはお金のことを真剣に考えだした夫には雑音にしかならないので、放っておくと「うるさい!」って怒り出すんですよね。だから、すべて私が対応するんです。「ふ~ん、そうですよねぇ。素敵ですね」って。

結局、一度帰っていろいろ計算することにしたんです。そして、丸一日考えた夫が発した言葉は「そんなもん買えるか!」でした(笑)


細かく聞いても分からないので買えない理由をいくつか聞いてみました。すると…
① これから教育費がかかるのに貯金が無くなる
② 今の家を売ると現金が2000万円くらい残る計算だけど、確実じゃない
③ 完済年齢が80歳近くまで引き上がる


いろいろ言っていたんですが、私が理解できたのはこの3つでした。素敵な家に住めるのかとワクワクしていたんですが、今回はとても儚い夢で終わってしまいました。



いかがでしたでしょうか。
以前の記事『“マイホームがほしい”Tさんにアドバイスしました』のTさん同様、今回のわが家は物件先行で“どうやったら買えるか”を考えてしまっていたようです。現実を素直に受け止めてムリをしないで買うのが買い物の鉄則です。それは住宅についても同じことですよね。“どうやって買うか”ではなく“これだったら買える”買い物でないと自分で自分の首を締めてしまいます。今回の例だと80歳まで住宅ローンを払うなんて老後破綻まっしぐらです。
お金を使う時は欲望のまま判断すると失敗してしまいますね。今回はわが家の危機だったかもしれません…



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ