10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:マイナス金利

c5f08d9b3d28817fab0c6940d01e012f_s

こんにちは☆のっち☆です。
マイナス金利の現在、住宅ローンは未曾有の低金利時代へ突入しています。低金利を利用すれば予算オーバーで買えなかったマイホームも上手に手に入れることが可能です。今回は高額住宅ローンの審査がギリギリ通った嬉しさからマイホームを衝動買いしてしまった赤坂さん(仮名)のお話です。

住宅ローン審査|返済比率とは?


僕は赤坂(仮名)。38歳、IT企業でマネージャーをしています。妻と子供2人の4人暮らし。今は都内の賃貸マンションに住んでいます。上の子が小学生になる前になんとかマイホームを手に入れたいんだけど、業界の慣例もあり転職を何度かしている関係でなかなか住宅ローンの審査が満額で通らない。銀行担当者からは「勤続1年未満だと難しいんですよね」って冷たい返事。あぁ、どうにかならないもんだろうか。。。
我が家の概要は以下。

38歳(正社員:勤続1年未満)
35歳(パート)
長男
4歳
長女
2歳


[収入]
600万円
70万円
児童手当
30万円
世帯収入
700万円


[ローン]
自動車
250万円(5万円/60回払)


[貯蓄]
貯金
200万円



僕が住宅ローンの審査に満額で通らないのは勤続が短いだけじゃなくて、“返済比率”っていうものが厳しいらしい。一般的には住宅ローン支払いが収入に対する30%までに抑えるものらしいだけど、MAXで35%まではいけるようで、僕の場合、年収600万円だから年間返済額は210万円になるらしい。先日の申込みは4800万円(金利2.0%)の申込みで年間返済額が190万くらいなのに、それがダメってどういうことだ??銀行担当者からは自動車ローンを精算してくれればなんとかなりそうって言うんだけど…

すべての借り入れが影響する


よく分からないから理解できるまで銀行担当者にしっかり聞いてみた。
銀行では返済比率をすべての借り入れを合算して計算しています。なので、赤坂さんの場合は自動車ローンで年間60万円、クレジットカード払いで現在10万円、携帯電話(2契約)で年間6万円が既に借り入れているので住宅ローンを組める年間返済額は134万円が限度なんです」

…んん!? 携帯電話も入るのかよ!
どちらにしても自動車ローンをなくさないと限度額を超えてしまっているようだけど、今の貯金は住宅購入時の諸費用分で残してあるから使えないし、自動車ローンの精算は厳しいな。。。

そんなこんなで、欲しかった物件も売れてしまった… 次のチャンスを狙おう。


マイナス金利導入で住宅ローン金利が超低金利に!


数カ月後、日本銀行の黒川総裁バズーカ第3弾でマイナス金利導入が決まった。銀行の貸し出しを促進するためって、これは我が家にとっては追い風じゃないのか…

数日後、金融機関が住宅ローン金利引き下げたと不動産業者から連絡が入った。
「赤坂さん、変動金利が0.5%になりました!これなら審査いけるかもしれません。住宅購入をまた検討してください!」

0.5%ってすごいな。その金利でシミュレーションすると年間返済額が150万円まで圧縮される。金利だけで年間40万円も違うのか… 150万円ってことは前回の計算で考えるとクレジットカード払いと携帯電話を精算してしまえば収まるな。よしっ!

ついにマイホーム購入


0.5%という超低金利を利用して、とうとう我が家もマイホームを手に入れることができた。希望よりも少し郊外だが駅近で駐車場も付いていて理想に近い一戸建て、ほぼ即決状態だった。購入価格も建売物件で完成済みだったから、粘ったら表示価格より200万円値下げしてくれて4600万円(税込)。仲介手数料と引越し費用、そして新居の家具代で貯金の200万円はすべて無くなってしまったが、4600万円の住宅ローンが組めたから無事にお金が足りて、長男の小学校入学前に居を構えることができた。いやぁ、マイナス金利のおかげだね。

39歳(正社員:勤続2年)
36歳(パート)
長男
5歳
長女
3歳


[収入]
600万円
70万円
児童手当
24万円
世帯収入
694万円


[ローン]
住宅ローン
4,600万円
(11.9万円/月、35年、0.5%変動金利)
自動車
250万円(5万円/60回払)


[貯蓄]
貯金
0万円



金利が劇的に下がったタイミングを上手く捕まえられた赤坂さん。無事に住宅購入できたようですが、組んだローンは“変動金利”です。完済までの35年の間、金利上昇局面はないのでしょうか??

中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

マンション 資産 不動産


どうも夫です。
マイナス金利の影響で住宅ローン金利がウソのような低金利となっていますね。ボクがマイホームを買った十数年前は3年固定変動金利で1.5%くらいだったのが、今は全期間固定でも1.6%くらいですもんね。この低金利であれば積極的に借り入れをして資産形成を目指すのが正解ではないでしょうか。
そんな資産ですが、一般的に資産というと“不動産”をイメージしますよね。不動産といっても様々ですが、今回はマンションに着目して書いてみようと思います。

マイホームといえば“マンション”!?


ボクは勤務先が首都圏だったことから、上司や同僚、後輩に至るまでマイホームといえば“マンション”のことを指している人が大半でした。東京都内で物件を探している人に至っては戸建てを探しているという人に出会ったことがないくらいです。なぜ都市部はこれほどまでにマンションなのでしょうか。


マンションといえば…
 ◯ 駅近
 ◯ 強固なセキュリティ
 ◯ 充実の設備

というのが、マンションvs戸建ての話をすると出てくる定番メリットです。逆に、デメリットは…

 ◯ 管理組合への人的協力
 ◯ 修繕積立金・管理費の強制徴収
 ◯ 修繕や建て替え時に決議が必要

とかでしょうか…

駅近物件が少なくなってきている


マンションといえば“駅近”というイメージですが、最近は用地が減ってきたために決して駅近ではない物件も増えてきたようですね。

同僚からボクが実際に聞いた話ですが、その同僚が購入を検討していたマンションは、あるJRの駅から徒歩15分以上の物件でした。その物件は駅が遠い代わりに、専有面積が広い、駐車場代も格安、さらに通勤時間帯(朝、夕)にはマンションと最寄り駅まで住居者専用シャトルバスを運行させることを売りにしていたようです。

そもそもボクは戸建て派ですからマンション購入には否定的ではありますが、その物件については即答で「やめておけ!」と答えました。突然言われた同僚は「なんで?」と怪訝そうな顔で聞き返してきましたが、それにも負けずこう伝えました。

「そのシャトルバスが無くなったらどうするの?」と。
マンションが独自に運行するシャトルバスはマンションの管理組合で運営します。そして、シャトルバスの運行費用も管理費から捻出されるいわば経費です。マンションというものは大型になればなるほど様々な世帯が居住しますよね。ということは、そのシャトルバスを利用しない人も多くいるはずなんです。そして、自分が利用しないシャトルバスの経費が安くなければ管理組合の議題に上り、最悪の場合、シャトルバス廃止となるわけです。電車通勤しているサラリーマンがシャトルバスにつられて購入した駅から遠いマンションで、シャトルバスまで無くなってしまったら地獄だと思いませんか?そんな物件だから安いんです。

デベロッパーが非を認めても建て替えが難しい


少し前のニュースですが、基礎の杭に不備があり傾斜してしまった大型マンションの話を覚えていますか? その物件は施工・販売共に日本を代表するような一流企業でした。なのに、あんな欠陥工事なのには日本中が驚きましたね。デベロッパーである会社が費用全額負担の建て替えを住民へ提案、承認されましたが、ニュースに出てくる住民すべてが建て替えを喜んでいたかといえば違っていました。終の棲家として購入した老夫婦は「補強してくれれば…」、子供の入学に合わせて引っ越してきた家族は「仮住まいで子供がかわいそう…」などなど、世帯が多いということは家庭環境がみんなバラバラ。決して意見がまとまることは無いと思ったほうがいいわけです。

これが単なる老朽化した大規模マンションであれば、大規模修繕なのか建て替えなのかの結論は出ないのではないでしょうか。どちらにしても追徴金が発生する仕組みになっているはずですからね。



いかがですか。
一つの家族でもいろいろな意見があり対立することもあるのに、これが複数になり、まったくの他人であれば意見なんてまとまるわけがありません。だって、各家庭の経済状況も残された人生の年数も違うわけですからね。だから、ボクは戸建て派なんです。誰からもとやかく言われることもないし、戸建てだって十分に賃貸需要もありますからね。マンションを買うことのメリットがボクはまだ見つけられていません。みなさんもぜひ、将来をしっかり考えて不動産は購入してくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

タンス預金泥棒


どうも夫です。
以前の記事『家計管理を成功へ導く。3つの銀行口座』でも紹介したように、我が家の家計管理においては銀行という仕組が無くては成り立ちません。しかし、最近は“タンス貯金”が増えてきているらしいのです。家庭用金庫もバカ売れのようですよ。
ということで、今回は“タンス貯金”について書いていきます。

そもそもマイナス金利は家庭に影響あるの??


2016年1月の日銀会合でマイナス金利の導入が決議され、銀行金利が低下することが予測されています。実際に導入直後にメガバンク普通預金金利は0.02%から0.001%へと1/20へ引き下げられました。
マイナス金利っていうのは簡単に言うと、銀行が日銀にお金を預けると手数料を取られるってことなんですが、冒頭にお伝えした“タンス貯金”が増える背景としては、その理屈が一般庶民にも適用されて銀行預金の金利がマイナスになると思われているらしいですね。

ボクの私見ですが、それは絶対にありえません。金利0%というのは可能性ありますが…

マイナス金利が家庭に与える影響は何よりも住宅ローンなどの融資金利が下がること。これによって家計改善を図れることが大きいんです。国としては国民がお金を借りやすくして消費活動を促進したいわけですね。

“タンス貯金”はあまりにもリスキー


万が一、普通預金金利が0%になったとしたら銀行にお金を預けることはマイナスなのでしょうか。

タンス貯金をされる方は「ATM手数料がかかる」「銀行が破綻する可能性がある」「1,000万円までしか保護されない」など、利息のつかない銀行にわざわざ預けておくことに意味を感じない方が増えて“それであれば家に置いておこう”っていう発想なんだと思います。
確かに、その都度ATM手数料がかかってしまう利用方法では預けておくだけでマイナスですね。しかし、タンス貯金は非常にリスクが高いことと思ったほうがいいです。だって、全財産が現金で置いてあるわけですからね。泥棒さんの恰好の餌食になりかねません。

家庭用金庫を購入した人を尾行して家を特定、しばらくしてから実行… 素人のボクが考えただけでも狙われやすいです。また、火事でも起こしてしまったら家が焼けると共にお金も焼けます。恐ろしすぎますね。。。

お金の保管方法


高度成長期の日本では銀行はお金を預けて高い利息を貰うところという認識がありましたが、超低金利の現代ではその考え方は通用しません。現代における銀行の位置づけとしては“お金を保管する場所”という認識で良いと思います。

安全なのに無料で財産を預けられて、必要な時にあちこちで引き出せる。

そんなサービスを受けられるだけでも銀行の利用価値は十分にあると思います。ましてや、複数の口座を利用することで家計管理が成り立つわけですから、現状でも口座管理料的なものが発生しても利用価値はありますよね。生命保険のように命に関わる“安心”は有料で買っているのに、命の次に大切なお金には“安心”だけではなく“利息”までも求めている現状です。万が一、銀行が破綻したとしても「一行につき1,000万円の預金とその利息まで」がペイオフで保証されているわけですからなんら不安なことは無いと思いますよ。


いかがでしたか。
今まで銀行にお金を預けて利息を手に入れていたために、逆に貰えなくなると銀行の利用価値を見いだせなくなるというのはあまりにも早計ではないでしょうか。タンス貯金ほどのリスキーな現金保管方法はありません。被害にあってからでは遅いですよね。この機会にお金の保管方法について考えてみましょう!




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ