10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:マイカー

住居費 マンション 戸建て 耐用年数 資産価値 賃貸派 マイカー

どうも夫です。
過去記事『住宅費が資産形成のキモ!これさえ抑えられたら人生、勝てるゾ』を書かせていただいたときにあるメッセージをいただきました。読者のみなさんにも参考になると思うので、記事にさせていただきますね。

素晴らしいご指摘のメッセージでした


このブログも細々と続けさせていただいて丸3年が経ちました。おかげさまで今までに数多くの方がご覧いただき、PC版限定ではありますがメッセージをいただくことも増えてきました。その多くは応援や「参考になった」的なものなんですが、中には今回のようなご指摘をいただくこともあります。

今回、記事にさせていただこうと思ったのは、完全に“マンション派”の方からのメッセージで、マンション業者から言われたことを鵜呑みにしてしまってマンション購入をしてしまった方か、マンション業者自身からのものではないかと思ってしまうほどの内容でしたので、これから不動産購入を考えている方に参考となるように、ご指摘の項目に対してボクなりに一つひとつお答えしてきたいと思います。

メッセージへのお返事コーナー


■ 戸建ては耐用年数が20年であっという間に資産価値がゼロになる

耐用年数」というものは、固定資産税を計算するための期間であって中古物件として売買される場合の価値ではないですよね。実際に築20年の中古物件価格を確認しても土地代だけではない値段が付加されています。
ちなみに、マンションの耐用年数は「47年」。それだけ丈夫で長く住めるということだと思いますが、資産価値が認められるのでもちろん固定資産税は徴収され続けられます。しかも、いろいろ調べてみると“経済的耐用年数”“社会的耐用年数”の関係で丈夫なはずのマンションでも現在は約30年程度で建て替えられている物件が多いみたいですね。


■ マンションは50年以上住めるし、駅近でマイカーもいらない

50年以上住めるかはあなた自身が50年以上住んでから言ってほしいものです。頑張って50年住んだとしてそのマンションは相当スラム化していると思いますし、40歳で買っていたら90歳ですね。修繕費用関連に不安はないのでしょうか…
それと、駅近の物件なんて最近はないですよねぇ。あっても高い。駅徒歩10~20分とかマンション独自のシャトルバスだとか、そんな物件もあるくらいです。現在は戸建ての方が安く買えることが増えている気がします。ついでにマイカーはボクの趣味です。それに使うお金は特に気にしていないし、多くの人は駅が遠いから所有しているわけではないと思うのですが…。


■ 売却する場合もマンションは値下がりしない

本当ですか?何を根拠に言っているのか…。建物は腐っても土地は腐らないというのに…。マンション業者さんのようなコメントですね。

■ 戸建ては災害、訪問販売の対応、防犯にも弱い

災害時の建物的な強度では鉄筋と木造での比較になりますから、やはり弱いと思います。戸建てでそこを求めるならRC構造の戸建てを建てればいいのではないですかね、お金かかりますけど…。
訪問販売は玄関を開けなければ同じこと。さらには、防犯はマンションのほうが弱いと思います。マンションは一度建物内に侵入されたら弱すぎます。というのも、戸建てよりもマンションのほうが地域の力が弱いからです。防犯の要はシステムではなく地域の力が最強なんですよ、知ってました?


■ 戸建てでもお金はかかる!

当たり前です(笑)

■ 共働きでこの程度なら残念な家計だから自慢するな!

それは大変失礼しました。あなたの素晴らしい家計を公開しているならURLを教えてください。こちらのブログでも紹介させていただきますよ。



いかがでしたか。
いただいたメッセージのおかげで余計にボクは“戸建て派”になってしました。もちろん、マンション派の考え方を否定しているわけではありません。ボクはマンションを買わないし、将来が不安すぎると思っているだけです。
戸建てを買うのか、マンションを買うのか、はたまた賃貸派で突き通すのか…。最終的に決めるのは個人の自由ですからね。あなたの人生で一番お得な方法を見つけてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

高学歴 エリート 出世頭 外資系企業 マイカー マイホーム



こんにちは☆のっち☆です。
現役で一流大学を卒業して、そのまま一流企業に就職した友人ってあなたの周りにもいませんか?そんな超エリートの人達って一生勝ち組なんだろうなぁって思っていました。でも、実際はそんなことないみたいですね。 今回は小学・中学では“神童”と呼ばれ一流企業に就職したMさんが老後破綻してしまったお話です。順調だったMさんの人生に何が起きてしまったのでしょうか…

学生時代は神童と呼ばれた


僕の名前はM。40歳。今は外資系電機メーカーで課長職に就いています。思い返せば、今までの僕の人生は怖いくらい順調だ。

小学校、中学校時代には成績が驚くほど良かったおかげで“神童”とも呼ばれていた。その後も学区内で一番の高校に進み、大学も国立大学には興味がなかったからK大学を受験して現役合格。氷河期だった就職も無難に乗り越えて国内大手の電機メーカーへ入社できたんだ。学生時代は学業を特段努力したというわけではなく一度教科書を読むと自然と頭に入ってしまうし、将来のやりたいこともコレといったことがなかったからとりあえず入社したっていうのが本音だったんだよね。それでも、仕事は要領よくこなせたから同期の中でも出世頭で一番早くに役職につけたんだ。要領が良かったのかな…
気がついた頃には「君みたいな超エリートは…」なんて会話の頭に付けられることが多くなったのもこの頃だったね。それから何年かした頃に今の外資系企業から声をかけられて転職。年収も1000万円くれるっていうから迷わず転職しちゃったよ。

M家の家計状況


わが家はパートで働く妻(37歳)と子供2人(10歳と7歳)。都内の戸建てを5年前に6000万円で購入したんだ。自動車は昔から憧れていたBMW3シリーズをマイホーム購入の金銭感覚が狂っていることを良いことに衝動買い。おかげで毎月のローン返済は住宅ローンが15万円、自動車が3万円。さらに、ボーナス時にはそれぞれ20万円と5万円が加算される。

収入は僕が1000万円、妻が100万円ってところだね。月にすると僕の手取りが45万円(税込60万円)、妻が8万円ってところかな。

収入53万円からローン18万円を差し引いた35万円で生活するってことだから、まぁ結構余裕があるわけですよ。なので、毎月5万円、ボーナスでは100万円を貯金できていて、その年額160万円の貯金をマイホームを買って以降5年継続しているから現在800万円が貯まっているんだ。なんだか貯金も苦労しないでやっていけそうだ。

見やすくするとこんな感じかな。


[収入]
夫(40歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(37歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残30年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残2年)
3万円(ボーナス時加算5万円)

[貯金]
毎月
5万円
ボーナス
100万円
現在の貯蓄額
800万円



自動車のグレードアップ


あれから2年後。貯金も順調に進んで1100万円まで膨らんだ。今年で7年払いで買ったマイカーローンが終わる。程度の良い中古で買ったこのBMWも流石にガタが出はじめてきて、今度の車検の見積もりを取ったら色々直さないといけないみたいで金額を聞いたら50万円って言っていたよ。愛着も湧いているから直そうかとも思っていたんだけど妻からの「買い替えたら?」っていう一言がきっかけで乗り換える気持ちが強くなってしまった。

子供も大きくなってきたからセダンよりは最近流行りのSUVっていうのもいいよね。ただ、国産車には魅力を感じないからやっぱり外車がいいんだよね。現時点で候補に上がっているのはマカン(ポルシェ)、X3(BMW)、Q3(アウディ)。どれを選んでも新車なら700万円くらいする。う~ん、結構キツイかな…

それでもディーラーに行ってローンシミュレーションしてもらったら、毎月5万円、ボーナス時で12万円だっていうから買っちゃったよ。ポルシェのマカン。今までより年間で38万円返済が増えるけど大丈夫でしょ。これだけ贅沢しても毎年100万円貯金できるんだから。


[収入]
夫(42歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(39歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残28年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残10年)
5万円(ボーナス時加算12万円)

[貯金]
毎月
3万円
ボーナス
80万円
現在の貯蓄額
1100万円



-------------------

Mさん、すごいですね。
40歳にして年収1000万円。6000万円のマイホームに住み、輸入車を乗り回しているんですから。やっぱり学歴が高くて仕事もできる人は将来も安泰なのでしょうか。



中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

突発的出費 冠婚葬祭 マイカー 故障 出費



どうも夫です。
冠婚葬祭や病気、マイカーの修理など日々の生活の中で発生する突発的な出費ってありますよね。冠婚葬祭なんてケチることなんてできないし、病気やケガの治療費なんて有無を言わさず支出するしかありません。通勤に使っている自動車が故障しても修理する以外に選択肢はありません。そんな突発的な出費が給料日前のギリギリで耐えているときに発生するとなんだか全てが嫌になってしまうほどの衝撃があります。
今回はそんないつ起こるか予想もできない突発的な出費の対処方法をお伝えします。

突発的な出費ってどんなものがある?


前述のとおり、突発的な出費というものは「冠婚葬祭」「病気・ケガ」「マイカーの修理」「家電の故障」というものが思いつきますが、働いていればこれに加えて「飲み会」なんてものも加わります。日々の生活の中で節約をして予算内に抑えようと努力をしていても、これらの外部要因により一気に予算オーバーへ陥ってしまいますね。つまり、いつ起こるか分からない突発的な出費というものは自分自身ではコントロールできるものではないものだと最初から理解することが貯蓄モチベーションを維持するうえで重要になります。

突発的な出費は特別予算枠で対応


「あと3日で給料日。なんとか節約して耐えるぞ!」と思っている矢先に身近なところで不幸があると家計的にはまさにジ・エンド。「自分自身の家計上、今回は香典をやめておきます」なんて言えるものではありません。そんな時ってなんとか対処するべき場面ですよね。事態はあなたの懐事情を勘案してくれませんからね。

では、そんなあなたの状況なんて気にせず発生する“突発的な出費”に対応するにはどうすればいいのでしょうか。
ボクが思うに“やっぱり貯金するしかない”と思います。突発的な出費が発生することは当たり前のことと位置づけて、予算立てするんですね。毎月1万円でもボーナス時5万円でも貴方の感覚で「このくらいあれば安心だ」と思える金額を“特別予算枠“として貯金とは別に取り置いておきましょう。

この特別予算枠だけは家計管理上、1年単位での更新で良いと思います。
以前の記事『1年に一度の家計決算… 貯まる人の習慣とは』で書いた1年毎の家計決算時に取り置いていた“特別予算”がまったく消費されていなければ臨時収入的なものとして貯蓄へ振り替えましょう。そうすることである程度の突発的な出費には対応することができます。

予測できるものは事前準備を


突発的な出費の中でもある程度予測できるものもありますよね。例えば「家電の故障」や「職場の飲み会」です。
家電はエアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビなど買い替えとなると10万円単位で費用がかかってきます。これくらい大きな出費は予想すらできていないと家計は相当大きなダメージを受けることになります。しかし、これらの大物家電はある程度の寿命が予測できるものでもあるわけですね。一般的に言われているものが“10年”です。であれば、8年~10年で買い替えができるように毎年積み立てる計画を立てておけばいいわけですね。エアコンを買い替えたら10年後の買い替えを見越して毎年15000円を積み立て、冷蔵庫を替えたらそこから毎年10000円積み立てる… そうすることでいざ買い替えとなった時も慌てずに貯金から拠出することができるようになるんですね。
また、職場の飲み会というものもある程度の流れというものがあるはずです。例えば「上司の○○さんは毎週金曜日は飲みに行きたがる」とか「重たい会議が○○日にあるから、この後は飲み会になるな」とか。ある程度予測を月初に立てておけば直前になって焦ることもなく素直に参加することができます。

つまり、突発的な出費でもある程度予測ができる部分についてはなるべく対策を打つことで家計の危機を避けていけばいいわけですね。



いかがですか。
いつ発生するか分からないコトへの出費は予測することがなかなか難しいところがあります。そんな中でも何かをヒントに将来を予測することができれば対策を打つこともできますよね。避けられない突発的な出費で家計が危機に陥らないためにも、安全な貯金計画を立てていきましょう。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ