10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:ボーナス払い

老後破綻 仕事 再就職 定年 ボーナス払い



中編からのつづき


マイホーム購入と子供の大学費用まで資金面で対応できたMさん。
給料が高い世代になるとリストラの対象にもなってしまいます。割増退職金を受け取って転職したMさんの老後はどのようになっていくのでしょうか…


下請け企業に就職が決まった


独立して会社を起こそうかとも思ったけど、妻から大反対を受けて止めることにした。再就職支援では結局就職先が見つからず、前職のときに取り引きがあった下請け企業の社長に事情を説明すると「給料が下がっても良ければ定年までウチで働かないか」と言ってもらえた。いやぁ、本当に助かる…

僕も56歳になったから、この会社ではあと4年お世話になる。定年後の雇用延長はしないというオマケ付きだけどね。給料は600万円。ボーナス無しで毎月50万円。結構厳しい条件だけれど仕方ない。しかも、ローンの支払いにボーナス払いを組み込んでいるからローン加算時は大幅にマイナス家計になる。そこについては貯金でなんとか対応するしかない。定年後のことは今の会社に居れる残りの4年でなんとか考えよう…


[収入]
夫(56歳)
40万円
妻(53歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残14年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残9年)
4万円(ボーナス時加算9万円)

[貯金]
毎月
4万円
現在の貯蓄額
1000万円+退職金1000万円



定年退職。ボーナス払いが重荷に…


あれから4年。とうとう僕も60歳になった。苦しんでいる僕を拾ってくれた今の会社とも今月でお別れになる。入社時の約束で退職金も無いし、雇用延長は希望しない。年金がもらえるまでの5年間をなんとか食いつないでいかなければ…

毎月の生活費で25万円、ローンの支払いで19万円が現在の生活水準だ。最後の会社での給料で家計はギリギリだった。何にしろわが家のしんどいところはボーナス払いだ。しかもこれからの5年間は無収入だから、ちょっとヤバイかもしれない。今までと同じ生活水準だと「44万円×5年=2640万円」になる。今持っている貯金よりも大きな額だ… 要するに、働かないわけにはいかないということだ。早速、仕事探しを始めることにした。


[収入]
夫(60歳)
0万円
妻(57歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残10年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残5年)
4万円(ボーナス時加算9万円)

[貯金]
毎月
0万円
現在の貯蓄額
2000万円



警備員の仕事しかない…


生活のために仕事を探しているんだけれど、高齢になってからの仕事探しって本当に辛いね。求人は警備員の仕事ばかりで、それ以外って倍率が高いし少しでも若い人がいたらそれだけで採用されない。おかしいな、この歳でお金に苦しむ予定ではなかったんだが…

それと、生活を維持するために愛車のクラウンを中古の軽自動車に替えた。5年落ちのクラウンはある程度高値では売ることは出来たけど、ローンの残債と軽自動車購入費用で手元には残らない。ただ、自動車ローンがなくなっただけでも正解だね。

妻もまだ頑張って働いてくれているし、生活の水準もしっかり落としてなんとか毎月18万円で賄えるようにしたから、貯金から切り崩すのは毎月10万円。この水準が維持できれば5年間で600万円、それと住宅ローンのボーナス払い200万円を払ったら年金受給時には1200万円が残っている計算になる。


[収入]
夫(60歳)
15万円
妻(57歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残10年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車
0万円

[貯金]
毎月
0万円
現在の貯蓄額
2000万円



-------------------

あれだけ高学歴で超エリートと言わしめたMさんですが、老後はそれほど平坦な道ではないようです。どこでMさんは道を誤ってしまったのか…一歩道を外れてしまったMさんの辿る将来にはどんなことが待ち受けているのでしょうか。


完結編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ボーナス 貯金 クレジットカード ボーナス払い 業績給



こんにちは、☆のっち☆です。
10月も下旬になり、冬のボーナスシーズンが近づいてまいりましたね。みなさんの職場でも「ボーナスの原資がどうの…」「業績がどうの…」っていう話が聞こえてくる季節になってきたのではないでしょうか。
以前の記事『地道な貯金を成功させる一つのコツ』でもお伝えしたように、みんなが胸を躍らせる冬のボーナスは貯蓄においても重要な役割を担っているんです。貯蓄を成功させる重要な時期ですから改めて確認していきましょう。

【受け取る前】クレジットカードのボーナス払いは徹底して禁止しよう!


私が勤めていた会社にも昔いたんですよね。ボーナスを貰う前に使い切ってしまっている驚きの人が。。。 どういうことかというと、ボーナスを貰う12月まで我慢できずに8月から始まる秋物、そしてそれ以降の冬物の販売で数十万円のお買い物を毎年してしまう人がいたんです。

クレジットカードというものは使い方を一歩間違えてしまうと最悪の事態を招いてしまいます。その最悪の事態を招く最大の要因が『キャッシング』『リボ払い』『ボーナス払い』なんですね。

その人は毎回の買い物を冬もしくは夏のボーナス払いで買っているんです。要は、ボーナスの先取りで買い物をしてしまっているわけです。そして、ボーナス支給日に手取り額を見て「えー!足りてないじゃん!!」って叫ぶんですよ。

こういう間違った使い方が身についてしまうとなかなか修正することが難しくなりますから、最初からそういったことのないように自分自身をしっかり律しましょう。

【受け取り当日】入金されたら即貯蓄口座へ振り替えしよう!


ボーナスの支給日に支給明細を受け取り、ボーナスを貰えたことに喜んでいるだけではダメなんですよ。

入金される口座は基本的に給料が入金される『普通口座』ですよね。そして、その普通口座というのは恐らく“普段のお小遣い”も入っている口座ではないでしょうか?
普段の生活の中でちょこちょこ引き出しをするような口座に数十万円ものお金が入っていたら、わが家の夫でも自制が効かなくなってしまいます。そういった場合は、普段目にする口座には入れっぱなしにせず、ボーナスの使いみちが確定するまでは『貯蓄口座』へ一時的にでも避難させておきましょう。

特に年末が近づいてくると交際費が格段に増加しますから、無防備に普通口座に入れてしまっていると正月を迎える頃には消えてなくなってしまいます。ボーナスで手に入れたお金は特別なお金としてしっかりと管理をしましょうね。

【受け取った後】使いみちは明確にしよう!


ボーナスが支給される頃になると、マネー雑誌やヤフーニュースでも取り上げられるのが『ボーナスの使いみち』です。たぶん今年も同じような内訳になるんだと思いますが、そのベスト3は「貯金」「ローン返済」「生活の補填」といったところでしょうか。

いや、それでも良いんです。多くの人が“保守的だ”とか言っていますが、「貯金」や「ローンの返済」についてはしっかりとした計画に基づいて行動しているんだと思いますから一切問題ないと思っています。
ただ、「生活の補填」というのは家計管理的に完全にアウトな回答です。身の丈に合っていない生活をしているからそういった状態になるんです。あくまでもボーナスは“業績給”です。いつ無くなるかわからないお金をアテにしてしまっている状況は一刻も早く改善するべきですよね。



いかがでしたでしょうか。
ワーッと書きたいことを書きなぐりましたが、要はボーナスというものは資産形成していく上でとても重要な資金なんですよね。例えば、毎月貯金ができていない家計だとしても、ボーナスで年間100万円貰えて、それをすべて貯金できれば10年で1000万円貯めることができるわけですね。その重要なボーナスを活かすも殺すも日頃の心がけ一つなんです。
一瞬の欲望をいくつか我慢することができれば、少し先の将来は明るくなるかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ボーナス払い 貧乏 貯金



こんにちは☆のっち☆です。
クレジットカードや住宅ローンを利用すると「ボーナス払い」を利用してしまうことがあるかもしれません。たしかに「ボーナス払い」を利用すると月々の支払いを低く抑えることができて毎月の生活がラクになりますよね。
今回はそんな“ボーナス払い”をやめましょう!って記事を書かせてもらいます。

ボーナス払いをすると毎月がラクになる


以前の記事『地道な貯金を成功させる一つのコツ』で書いたとおり、ボーナスを貰える雇用形態の人は貯金を成功させる一つの方法として有効に活用することをオススメします。が、そんな半年に1回のボーナスをあてにしてクレジットカードやショッピングローンを利用すると以下のように毎月の支払がとても楽になります。


住宅ローン[3000万円、35年、2.0%]
 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月々の支払
83000円
100000円
ボーナス月加算分
100000円
0円


自動車ローン[200万円、5年、5.0%]
 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月々の支払
29500円
38000円
ボーナス月加算分
50000円
0円


ショッピングローン[30万円、3年、9.0%]
 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月々の支払
6200円
9500円
ボーナス月加算分
20000円
0円


上記のようにボーナス払いを併用すると月々の支払いが確実に楽になります。このようにボーナス払いを上手に利用することで、手の届かない高価なものまで購入できるようになるので、この手法を巧みに取り入れて「貴方にも買えますよ」と営業をかけてくる業種は小売業に限らずたくさんありますよね。それだけ営業されると、本当に欲しいものならついつい買ってしまいたくなる状況に堕ちてしまいますね。

ボーナス払いをすると大変なことになる!?


「月々の支払いがこれだけ下がるなら」とついついボーナス払いを利用してしまいそうになるところですが、安易にボーナス払いで契約して後々大変な事態に発展することもあります。というのも、ボーナス(賞与)というものは『業績給』です。その名の通り、企業の業績に応じて貰えるお金であって“貰えることが約束されているお金ではない”わけです。特に日本の全雇用者の7割が中小企業で働いている現状ですから、その年その年の経済環境に大きく影響を受け業績が上下してしまいます。「入社以来、ボーナスは2ヶ月貰えている」企業だとしてもいつどうなるか分からないわけですね。そんな不安定なボーナスをアテにしてボーナス払いをしてしまうと、最悪の場合、支払いができないという状況に陥ってしまうわけですね。

また、“滞納→ブラックリスト”のリスクも発生します。
ボーナス支給がなくボーナス月の支払いができないと「滞納」することになります。これが何ヶ月も続くと「ブラックリスト化」してしまい、以降の生活に大きな影響をもたらします。まずは新規のクレジットカードやローンの審査に通らない、持っているクレジットカードが使えなくなる、現金主義になるしかなくなるといった負のスパイラルへ突入します。“信用取引”があちらこちらで行われている現代では相当不便な状態になってしまいますね。

“ボーナス払い”という概念を捨ててしまおう!


場合によっては、前項のような大きなリスクを抱えてしまう「ボーナス払い」ですが、リスクを抱えないためにはボーナス払いを一切利用しなければいいわけですね。つまり、月々の収入の中で払えるものしか買わなければいいわけです。ボーナスをアテにしないと買えないものは、その時点では“買ってはいけない物”として諦めて、あなた自身の財務体質を強化することに努めましょう。要するに、ボーナスは貯金しましょうということです。

住宅ローンや保険料、学費の支払いなど当り前のようにボーナスから拠出していませんか?
そんな家計管理は今日を最後に終わらせて、毎月の収入から積立を行いましょう。例えば、年間10万円の保険料をボーナスから払っているのであれば、毎月8500円を積み立てていけばいいだけです。いかにボーナス依存の生活を止められるかをあの手この手で考えてみましょうね。


ボーナスに頼った体質から抜け出すことができれば、新しい貯金生活の始まりです。基本給25万円の人が年間3ヶ月のボーナスを貰えれば、手取りで考えても60万円程を貯金できますよね。それに加えて毎月3万円の貯金ができていれば年間100万円も十分に達成できます。ボーナスが貰える給与体系であれば確実に貯金もできます。まずは“ボーナス払い”からの卒業をしましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ