10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:タバコ

家計管理 浪費


こんにちは☆のっち☆です。
毎日欲しい物がたくさんあって困ってしまいますよね。実は総資産3,000万円を10年で築き上げたわが家の家計の鬼も独身時代は相当な浪費家だったんです。婚約時にまとまった額の貯金が一切なかったくらいです。。。
今回はこんな浪費家が“貯蓄の鬼”へ変貌を遂げるまでのお話です。

今では想像もつかない浪費家ぶり


担当記事では偉そうに語り、今ではわが家の家計管理を一手に仕切っている夫ですが、私と出会った頃の彼は大学生でありながら相当な浪費家でタバコ、ギャンブル、釣り、自動車… 本当に色んな物にお金を注ぎ込んでいました。
タバコは一日一箱。ギャンブルはパチンコ、パチスロ、競馬。鯉の夜釣りに当時流行っていたコッテリ改造したドリフトスポーツカー。「最高で毎月18万円のローンを払ってた」って今でも彼が呟くくらい借金まみれだったそうです。

学生なのに毎月18万円ですよ。笑っちゃいますよね。

それを彼は黙々とバイトをしまくって払っていたようです。彼の自慢話に「学生時代のバイト月収は25万円だった」というのがありますから、借金払って残りの7万円を小遣いに生活していたんでしょうね。しかも、大学の単位も意外としっかりとっていたので当時から要領は良かったようです…

小遣い6万円がまったく守れない


そんな彼ですが、社会人になると仕事が楽しかったようで、あれだけ好きだった自動車と釣りからはきれいサッパリ引退。借金もすべて自動車の改造費でしたから、大学卒業とともに完済したらしいです。たぶん一番膨れ上がった時期で200万円くらいの借金があったんだと思います。

しかし、バイトで毎月25万円稼いでいた人が就職したら手取り16万円くらいになってしまったわけですから、生活水準が落ちてしまって苦しかったみたいですね。就職してからは小遣いを毎月6万円に設定して生活を落ち着かせていたようです。ただ、タバコとギャンブルが止められない。。。

当時はタバコもまだ安かったから300円程度、1ヶ月で30箱程度だから毎月1万円くらい。昼食は弁当なので残り5万円ほとんどが自由なお金ですね。なのに、毎月まったく足りなかったそうです。
その原因はギャンブル。行く度に数万円負けていては足りるわけが無いんです。

金欠過ぎて転職時にスーツが買えない


あまりにもブラックな企業体質と営業職への希望もあり転職することになった彼なんですが、最初の会社が小売業だったんで本部出社用のリクルートスーツ1本しか持っていなかったそうです。でも、転職先は商社の営業マン。毎日スーツを着るお仕事なのにそのスーツを買うのが辛かったようです。

結局、リクルートスーツと2万円で買ったスーツ2本で半年間粘ったそうですが、オールシーズンのスーツだったんで夏場は耐えられなかったそうです。職場の先輩にも「夏スーツ買え」と言われたようですが、買うお金が無い… そこで覚悟を決めて行動したことがパチンコでした(笑)

この期に及んでまでギャンブルに託すところは流石としか言いようがありませんが、その時は見事10万円の大勝ち。ほくほく顔で自慢気にスーツを持って帰ってきたのを今でも覚えています。

プチ家計管理の成功体験で鬼へ変貌


そんなスーツも買えない彼と婚約したのもこの直後でしたが、私も彼以上の浪費家なので彼のそんな綱渡りをごく普通の事と思って見ていました。ただ、半年後には結婚式費用300万円が必要なのがハッキリしていましたから、婚約してから挙式までの半年間、二人で協力して300万円を貯めたんです。思い返せば、これが夫にとっての初めての家計管理だったんだと思います。

同棲中だったこともあり、二人で正直に給料を見せ合って、支出を洗い出し、公平に貯金ができる額を明確にしていきました。ゴール目標は300万円と明確でしたから目標が立てやすいんです。この貯蓄計画では何も知らない若い二人でも簡単で面白いようにお金が貯まっていったのを覚えています。

そして僅か半年後に300万円をキッチリ準備して無事に結婚式を挙げることができたんです。このときからですね。夫が家計管理に目覚めてしまったのは… あれだけの大金でも本気でやれば半年で貯められることを知ってしまったからでしょうね。この後からはわが家の貯蓄目標が“1,000万円”となったわけです。


いかがでしたか。
ファイナンシャル・プランナー技能士であり、わが家の家計管理に成功している夫も昔は驚くほどの浪費家でした。そんな彼を家計管理に目覚めさせたのは、挙式費用を貯めるまでのファイナンシャルプランニングでの成功体験でした。人は成功することによって徐々に目標が高まり、その高い目標を達成するために自然とPDCAサイクルを回し始めます。
なかなか貯蓄体質になれないと悩まれているのなら、まずは身近にある目標を設定して節約家計を実行し目標を達成することを目指しましょう。成功はさらなる成功を呼び寄せますよ!




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

d6c351823dfc13dce80e099cc6866498_s

どうも夫です。
将来の大きな財を築くには日々の節約が必要不可欠!
今回はそんないろいろと取り組んでいる節約術の効果を具体的に提示したいと思います。

三大嗜好品 編


“タバコ”“ギャンブル”“酒”の三大嗜好品だけでも止めたり回数を減らしたりするだけで相当な節約につながります。リアルなトータル費用を試算することですこし考え方が変わるかもしれませんね。

まず、代表的なのが『タバコ』
現在は1箱430円程度。1日1箱、1年365箱で156,950円!
これをこれからの30年間吸い続けると… な、な、なんと!約470万円

そして、男性にファンが多いパチンコ、競馬などの『ギャンブル』
毎月3万円の“負け”を喫していると30年で… 1080万円
しかも、ギャンブルをしている時間をお金に換算してみる。。。 所要時間を1回3時間、週2回として、1ヶ月で24時間。時給1000円で計算すると24000円/月。これを30年続けると… 864万円
二つ合わせると『ギャンブルカテゴリー』では驚きの約1950万円
これだから街ナカにはギャンブル場が溢れているわけですね。。。

そして、『酒』
家飲みの場合、少し控えめに第三のビール500ml缶を毎日2本飲んだとします。200円×2本で400円。1ヶ月で12000円。1年で144000円。30年で432万円
同僚や友人との飲み会では、1回5000円、1ヶ月2回で10000円/月。30年では360万円
そして優雅にキャバクラ。1回15000円。1ヶ月2回で30000円/月。30年通うと1080万円
ちょっと方向性を変えて風俗(ソープ)。1回25000円。1ヶ月1回、年間12回通うと30万円。30年頑張ると900万円
上記の家飲みから風俗まですべて達成!?すると約2800万円です!(笑)

お仕事 編


お金を稼ぐ一番の手段として“労働”があります。労働の対価としてのお金をいろいろな見方をしてみたいと思います。
※試算に使う金額は一例です。

まずは手っ取り早く収入を増やせる『残業』
毎月3時間(2,000円×3H)、30年間こっそり稼ぐと単純計算でそれだけで216万円

企業によっては資格を取得すると『資格手当』がもらえます。
毎月10,000円、年間で12万円。30年で360万円
ここでは一例に『残業』『資格』にしましたが、いろいろな手当があります。“住宅”“子供”“自己啓発”などお勤めの企業の制度をしっかりと理解して一つでも多くの手当を頂きましょう!

では、少し思考を変えて“専業主婦(夫)”の方のお仕事について考えてみます。
週3日、3時間。近所にパートに出ると800円/時間で1ヶ月28,800円。年間約35万円。30年で約1000万円
内職や在宅ワークで月30,000円稼ぐとこちらも30年で1080万円

これだけの収入が見込めるのであれば忙しい日々の中で少しでも働くことができる時間があれば積極的に働きたくなりますね。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ