10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:ショッピングローン

ブランド品 高級品


こんにちは☆のっち☆です。
みなさんはお金に関して夫婦間で内緒にしていることなんてありませんか?よく聞くものに“ヘソクリが100万円貯まった”とか“投資して相当儲かった”など良い事の内緒がありますが、言いたくても言えないマイナスの内緒もあるかもしれませんね。
今回は夫に内緒で組んだショッピングローンで家計を圧迫してしまうお話です。

夫は代表取締役社長なんです


私はたか子(仮名)、37歳。25歳で結婚して今では10歳と8歳の二人の息子の母。夫は自営業で自動車屋さんをやっています。約5年前に個人事業で営んでいたその自動車屋さんを法人にしたから、夫はその会社の代表取締役。そして私も取締役として給料を貰えています。まぁ、毎月15万円ほどですが…

その15万円というのも、以前は生活費として夫から手渡されていたんですが、法人になったときに私個人の給料となって私名義の口座へ振り込まれるようになったんです。夫が言うには「その方が税金対策になるんだよ」っていうことなんですが、私としては貰えるお金が変わらないので何がお得なのかわからないんですけどね。

ブランド品大好き!


実は私、若い頃からブランドが大好きなんです。ルイヴィトンやグッチ、カルティエ、コーチ… バックや財布、時計からケータイケースまでブランド品があるとどうしても買いたくなってしまう衝動が抑えられなくなってしまいます。若い頃はお付き合いする男性にいろいろ買ってもらえたから自分で買うことも控えめにすることができたんですが、結婚してからというもの夫は滅多に買ってくれることがなくなってしまいました。よく言われる『釣った魚には餌をやらない』状態ってことなんでしょうね。。。

なので最近では、夫に内緒でヘソクリを作って欲しいものを買っているんです。“生活費が足りなくなった”とか“子供の〇〇を買わなくちゃだから”とか言って夫から貰うんです(笑)

クレジットカードの“家族カード”は使えない


そんなある日、私の大好きなブランドショップにふらっと立ち寄ると新色の素敵なバックを発見!お金もないのに買いたい衝動が抑えられずついつい入店して持ってみたりしちゃったんです。ショップのお姉さんからもグイグイ薦められて買いたい気持ちがMAXへ。でも、私の持っているクレジットカードはいわゆる“家族カード”。そのカードを使うと請求が夫へ行ってしまうから正当な理由のある買い物以外は使えないんです… 

クレジットカードで買えないし、現金もない、なのに、店員さんからは「問い合わせが多いから、たぶんすぐに品切れになっちゃいそうですぅ」なんて決断を焦らせるコメントを連発されるし… 「あぁ、どうしたらいいのかなー」なんて考えていると、店員さんから素敵な提案を受けたんです。

まさかこの“素敵な提案”が後々、家計も家庭も粉々にしてしまうほどのこととは知らずに…



後編へつづく




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

借金 ショッピングローン 家計圧迫



前編からの続き


“素敵な提案”はショッピングローンだった


買いたい衝動を抑えきれず店員さんからの提案を「素敵だ」と思ってしまった流れはこんな感じでした。


私『すごく欲しいんだけど、今お金ないからやめとこうかなぁ』

店員「もちろんクレジットカードも使えますが、ショッピングローンもご用意してますよ」

私『え!?ローン?』

店「はい、最近はパソコンに入力するだけなんで簡単なんですよぉ」

私『へぇ。40万円のこのバックだと月々どのくらいになるの?』

店「3年払いで計算すると13,000円くらいになりますね」

私『そんな値段で買えるんだぁ!審査お願いしてもいいかしら』

店「もちろんです!」


ってな、流れでしたね。
夫の会社が法人になったおかげで、専業主婦だった私も有職者になれたんです。ショッピングローンって仕事をしていない人は基本的には申し込めないらしいから、本当に良かった。月々13,000円くらいだったら、生活費をちょっとやりくりするだけで捻出できちゃうもんね。

ショッピングローンが止まらない


ショッピングローンの存在を知ってしまって以降、私はブランド品を買うことにまったく抵抗がなくなってしまいました。だって、50万円のものでも5年払いとかにしてしまえば毎月10,000円くらいなんですもの。月々30,000円くらいまでならなんとでもなりますもんね!

ローンを利用しまくっていくつものブランドグッズを買い漁っていると、いい加減夫が気づき始めてしまった。「あれ?こんなの持っていたっけ?」って。。。 追求されるとマズいですもんね。
それ以降は私の興味は宝飾品へ。だって、隠せるし、身につけていてもあまり目立たないし… 宝石って品質と価格が本当に比例しているんです。高いものは大きさも輝きも色合いもすべてが大違い。いい物を身に着けていると人生の満足度が一気に上がるものですね。毎日が気持ちいい!

行きつけの宝石店からイベントDMがよく届くようになったんだけど、さすがにこれも見つかると危険なんです。店員さんへDMじゃなくて電話でイベント情報を教えてってお願いしておいたら、店員さんも素直に電話してくれるようになったんです。しかも、夫がいない時間帯を見計らって。私ってこういった客ごとに気遣いをしてくれるところがたまらなくVIP感を感じてしまうんです。

ローン審査が通らなくなった


あれから1年。毎月のように呼ばれた宝石店イベントへ呼ばれるたびに10万円~30万円くらいの買い物をしていたんです。私の接客担当も店長さんやマネージャーさんになって、商談時は個室を利用したりとVIP感はますますアップしていました。店長さんも「今、金価格が上がってるから、数年持っていたら買値を上回るんじゃないですか!?」って薦めるから投資しているような感覚なのかな。損するものじゃないからイベントに行くたびに買っていたんです。

ところが、ある日。いつものようにイベントに行ってローンの審査を申込んだら、ダメだったんです。本当にビックリでした。支払いもしっかりしていたのになんで?って。店長さんが言うには、ローン残高が増えすぎたみたいだって… その時はじめて気づいちゃったんです。私が今組んでいるローンが全部で400万円に達していたことを。。。

ローンが通らなくなると誰も相手にしてくれない…


ローン残高が400万円に到達し新しいローンを組めなくなった私ですが、あれだけVIP待遇してくれていた宝石店の店長達の対応は変わらないだろうと今までと同様にお店に行ってみると何となくですが様子がおかしくなっていました。「ローンが通らないなら今まで買ったものを下取りに入れて新しく買おうかな」とか言って査定してもらっても買った値段の半値がいいところなんです。。。 そんなこんなで、店側の態度のココがおかしいというよりも本当に何となくなんです。感覚的なものなんですが、それでも確実に私を避けるような何かを感じるものがあるんです。

それから数ヶ月経つと、あれほど毎月のようにきていたイベント連絡も一切無くなり、キレイな宝石と毎月7万円ほどのローンが残っただけ。15万円の生活費から7万円ですから、結局、夫にもバレて夫婦関係は完全に冷えきってしまいました。若い頃からブランド好きで見栄っ張りだった私は身の丈に合わない生活を送り結果として失敗をしてしまいました。400万円という巨額の借金を負ってしまった私から言わせてもらうと、ブランド品や宝飾品を買うことは絶対に投資にはならないと思います。ただ単に浪費活動であり、自己満足です。何事も身の丈に合った生活を送ること、そして、お金に関することも夫婦間で絶対に内緒はいけないってことを身をもって知ってしまいました。



いかがでしたでしょうか。
“いい物を身につけて周りの人からすごいと思われたい”“お店からも特別な対応を受けたい”って誰しもが一度は思うことかもしれません。浪費家の端くれである私もそんなふうに思う部分は多少なりともあるよう感じます。頑張って働いて稼いだお金で自分にご褒美をすることはいけないことではありませんが、何事も身の丈に合ったレベルでの話です。家計管理を十分にして余力をしっかり把握したうえで贅沢品は買うように心がけたいですね!




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ボーナス払い 貧乏 貯金



こんにちは☆のっち☆です。
クレジットカードや住宅ローンを利用すると「ボーナス払い」を利用してしまうことがあるかもしれません。たしかに「ボーナス払い」を利用すると月々の支払いを低く抑えることができて毎月の生活がラクになりますよね。
今回はそんな“ボーナス払い”をやめましょう!って記事を書かせてもらいます。

ボーナス払いをすると毎月がラクになる


以前の記事『地道な貯金を成功させる一つのコツ』で書いたとおり、ボーナスを貰える雇用形態の人は貯金を成功させる一つの方法として有効に活用することをオススメします。が、そんな半年に1回のボーナスをあてにしてクレジットカードやショッピングローンを利用すると以下のように毎月の支払がとても楽になります。


住宅ローン[3000万円、35年、2.0%]
 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月々の支払
83000円
100000円
ボーナス月加算分
100000円
0円


自動車ローン[200万円、5年、5.0%]
 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月々の支払
29500円
38000円
ボーナス月加算分
50000円
0円


ショッピングローン[30万円、3年、9.0%]
 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月々の支払
6200円
9500円
ボーナス月加算分
20000円
0円


上記のようにボーナス払いを併用すると月々の支払いが確実に楽になります。このようにボーナス払いを上手に利用することで、手の届かない高価なものまで購入できるようになるので、この手法を巧みに取り入れて「貴方にも買えますよ」と営業をかけてくる業種は小売業に限らずたくさんありますよね。それだけ営業されると、本当に欲しいものならついつい買ってしまいたくなる状況に堕ちてしまいますね。

ボーナス払いをすると大変なことになる!?


「月々の支払いがこれだけ下がるなら」とついついボーナス払いを利用してしまいそうになるところですが、安易にボーナス払いで契約して後々大変な事態に発展することもあります。というのも、ボーナス(賞与)というものは『業績給』です。その名の通り、企業の業績に応じて貰えるお金であって“貰えることが約束されているお金ではない”わけです。特に日本の全雇用者の7割が中小企業で働いている現状ですから、その年その年の経済環境に大きく影響を受け業績が上下してしまいます。「入社以来、ボーナスは2ヶ月貰えている」企業だとしてもいつどうなるか分からないわけですね。そんな不安定なボーナスをアテにしてボーナス払いをしてしまうと、最悪の場合、支払いができないという状況に陥ってしまうわけですね。

また、“滞納→ブラックリスト”のリスクも発生します。
ボーナス支給がなくボーナス月の支払いができないと「滞納」することになります。これが何ヶ月も続くと「ブラックリスト化」してしまい、以降の生活に大きな影響をもたらします。まずは新規のクレジットカードやローンの審査に通らない、持っているクレジットカードが使えなくなる、現金主義になるしかなくなるといった負のスパイラルへ突入します。“信用取引”があちらこちらで行われている現代では相当不便な状態になってしまいますね。

“ボーナス払い”という概念を捨ててしまおう!


場合によっては、前項のような大きなリスクを抱えてしまう「ボーナス払い」ですが、リスクを抱えないためにはボーナス払いを一切利用しなければいいわけですね。つまり、月々の収入の中で払えるものしか買わなければいいわけです。ボーナスをアテにしないと買えないものは、その時点では“買ってはいけない物”として諦めて、あなた自身の財務体質を強化することに努めましょう。要するに、ボーナスは貯金しましょうということです。

住宅ローンや保険料、学費の支払いなど当り前のようにボーナスから拠出していませんか?
そんな家計管理は今日を最後に終わらせて、毎月の収入から積立を行いましょう。例えば、年間10万円の保険料をボーナスから払っているのであれば、毎月8500円を積み立てていけばいいだけです。いかにボーナス依存の生活を止められるかをあの手この手で考えてみましょうね。


ボーナスに頼った体質から抜け出すことができれば、新しい貯金生活の始まりです。基本給25万円の人が年間3ヶ月のボーナスを貰えれば、手取りで考えても60万円程を貯金できますよね。それに加えて毎月3万円の貯金ができていれば年間100万円も十分に達成できます。ボーナスが貰える給与体系であれば確実に貯金もできます。まずは“ボーナス払い”からの卒業をしましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ