10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:シミュレーション

老後 年金 住居費 教育費 住宅ローン 3000万円



どうも夫です。
ボクたち夫婦は40代半ばです。そして将来、仕事から離れるのはおそらく65歳なので約20年後になります。22歳で就職して約20年働いてきて、ちょうど今の私たちの世代が仕事人としても折り返し地点になるんですよね。みなさんはそんな感覚で40代を過ごされていますでしょうか?
そんな今回はわが家が実際に65歳の退職を迎えたときの生活を具体的に想像してみたいと思います。

65歳退職時の収入


生活を想像するには、まずは収入を試算してみます。
定年がそこまで延長されているか、もしくは現状通り雇用延長なのかは分かりませんが、ボクたち夫婦が65歳まで働いて引退をしたとします。雇用保険から支払われる失業保険を受給するかどうかはここでは割愛させていただくとして、二人とも65歳で退職しすぐに年金を受け取ったとすると現在の水準で試算して夫婦で30万円ほどになります。

年金受給額が現在の水準を維持することはまずあり得ないと思いますから、2割減として考えて24万円になります。この24万円は現在の収入で言う“手取り額”となりますので、そのまま生活費にあてはめて考えていきたいと思います。

65歳退職時の支出


収入が分かったら、次は支出です。 ボクたち夫婦が65歳の頃には息子が30代半ばになっていますので、教育費というものは発生しません。また、住居費ですが住宅ローンについては60歳以前に完済している予定ですので、住宅ローンを返済する費用は必要ありません。

つまり、子供の教育費と住宅ローンから開放されているわが家においては65歳以降の支出として考える必要のある費目は「食費」「水道光熱費」「雑費」「外食費」「通信費」「娯楽費」くらいになるのではないかと考えています。ということで、夫婦二人の生活ですが少し多めに予算を割り振ってみます。


食費5万円
水道光熱費2万円
雑費2万円
外食費3万円
通信費2万円
娯楽費5万円



以上の項目すべてで19万円になります。
収入が24万円あるとすれば差し引き5万円を毎月貯金できる計算になるんですね。また、孫ができていたりすればお小遣いや玩具を買ってあげたりとプラスαのお金が出ていくこともあるかもしれませんが、対応できそうな感じです。唯一怖いのは住居の修繕費用ですね。ここは事前に把握しておく必要がありますよね。

65歳時に注意したい3つの要素


年金収入が24万円、生活費に19万円ということで年金生活でありながら黒字家計で生活できる可能性がわが家にはあることが分かりました。ただ、このシミュレーションにおいても気をつけなくてはいけない3つの要素があります。

① 夫婦が健康であること
② 厚生年金に加入し続けること
③ 給与水準を下げないこと

まずもって、「健康」でなければ医療費もかかるので想定通りの老後生活はありえませんよね。また、独立・起業などで厚生年金から脱退するなど60歳まで厚生年金に加入できなければ受給額も一気に減額されます。そして最後は、標準報酬月額というものに受給額が影響を受けますので、いかに給与水準を維持するかということも重要になってきますね。

これらの点を注意し維持できれば、老後生活は安定すると考えることができます。それに加えて、わが家も頑張っている「定年までに3000万円」という“貯蓄”と現在のマイホームを賃貸に出すという“構想”が実現できれば、お金に関しては十分幸せな老後となるのではないかと期待しています。



いかがでしたか?
みなさんもここまで具体的に老後生活をシミュレーションすることができるでしょうか。
もし現時点で不確定な部分だったり、相当な赤字家計が予想できる場合は今から準備を始めましょう。その時になってからではどうしようもないことでも、早めに対策をすることで乗り越えられることはたくさんあります。ポイントは「収入は少なめに、支出は多めに」シミュレーションすることです。
頑張って生きているボクたち世代が老後に苦労することのない将来を期待しています。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

イメージ 想像力 貯金



どうも夫です。
ボクは営業職をしているのですが、同じ営業職でも「とくに指導しなくても実績を作れる人」と「いくら指導しても数字を持ってこれない人」がいます。この違いってなんだと思いますか?
お金に関するサイトではありますが、今回はこの『仕事ができない』のと『貯金ができない』ことに共通していると感じられることを書かせてもらいますね。

人間の能力はみんな同等


世の中には仕事がデキる人とデキない人、貯金がデキる人とデキない人のように同じ人間なのに、一方はデキて、一方はデキないといった現象がよくありますよね。それってなぜなんでしょうかね。ボクの職場でも営業職ですからその差ははっきりしていて、さらに恒常化しています。つまり、仕事がデキない人はずーっとデキないんです。まぁ、ボクもそんな人達に発奮してもらって数字を上げてもらわないといけない立場なのでいろいろ考えてみたんです。

そんな中で行き着いたのは「人間の能力に大きな差はない」ということ。違いがあるのは“ヤル気”と“要領”なんですね。とても端的に書いてしまいましたが“ヤル気”というのは厳しい目標でも「よし、やるぞ!」「自分ならデキる」と思って始めるのと「うわぁ、こんなの無理だよ~」と思って始めるのでは結果が大違い。数字を残せない営業マンは最初からデキないゴールをイメージして走りだしているんです。

イメージトレーニングはとても大事


営業職は仕事の相手は必ず“人”です。その客に対して何かを売り込むわけですが、商品知識があれば売れるかといえばまったく売れません。逆に商品知識がなくても売れる人は売れるんですよね。その差は間違いなく客とのコミュニケーション能力の違いです。そして、営業のデキる人達は必ずイメージトレーニングをします。というより、先方に赴いたときのシミュレーションを頭の中で何パターンも行なっているんです。「こう言ったらこう返ってきて…」「ここを聞かれたらこう切り返すと効果的だな」「クロージングはこの言葉がいいかな」といった感じですね。だから、本番でもあまり失敗しないわけです。
客と商談する前に何度も成功するイメージを想定しているわけですから実際の商談でも自信を持って商談できて結果として成功するんですね。これが、まったくイメージトレーニングもしないで商品知識だけを握りしめて商談に向かう人との違いなんです。

仕事がデキる人は貯金もデキる


ツラツラと仕事について書いてしまいましたがボクが何を言いたいかというと“仕事と貯金は似ている”ということ。

貯金も最初から「60歳までに3000万円なんて無理だよ」って思っていると間違いなく3000万円は貯められません。だって、貯金できない前提で貯金計画を作り始めるからです。仕事も同じですが、その結果を導くために中長期の目標を立てて、そして今は何をすべきかを考えられないと最終目標には到達できないんです。貯金をするにも“ヤル気”と“要領”です。まずは「よし、貯金するぞ!」と思うこと。そして、キャッシュフロー表やライフプランで何度もシミュレーションすることです。そして、このサイトで紹介している“お金を貯めるコツや考え方”を利用して一つひとつの目標を達成していければ、あなたの最終目標も必ず達成できるのではないでしょうか。



いかがでしたか。
今回は仕事と貯金をリンクさせてお話をさせていただきました。“目標は達成するもの”です。最初から諦めずに「絶対デキる」と自分を信じることが“はじめの一歩”です。知恵を絞ってあの手この手で目標を達成させましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ