10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:ケチ

相続 生前贈与 援助 世帯収入


前編からのつづき


総額7,000万円の新築物件を購入したタケシ君家族。旦那さんはちょっと年齢の離れた方ですが、それほど驚くことでもありません。もちろん歳相応の年収があるんだと思いますし、保育園に入園できるということはタケシ君ママもちゃんと働いているんでしょうから、収入面はすごいのかもしれない… と、いろいろと詮索しながらお付き合いをしていくといろんな事が分かってきたんです。

タケシ君家庭の懐事情


まず、旦那さんのお仕事は信用金庫職員。新卒で就職後、転職もせずその道一筋で勤めているそうです。そして、奥さんは近所のスーパーでパート勤務をしているそうです。わが家の夫の勝手な試算で推定世帯年収は800万円~900万円ってとこでしょうか。ポイントは奥さんが扶養の範囲で働いているという部分ですね。

旦那さんの扶養の範囲であれば、大体100万円程度の収入です。そして旦那さんも支店長ではないということですから、信用金庫ではこのくらいの水準ではないかと夫は試算していました。

世帯年収900万円で7,000万円の物件は買えるものでしょうか。。。
頭金1,000万円を投入し、6,000万円を35年の住宅ローン(2.0%)で借りたとしても毎月20万円ほどの返済になります。旦那さんの収入が800万円だとすると月収は50万円。手取りでは40万円ですから、その半分を住宅ローンに持っていかれる計算になります。

住居費比率50%… この家計は破綻してしまいます。

タケシ君ママはすごい倹約家


倹約家… 簡単に表現すると“どケチ”です。はい。。。
すごく良い人なんですよ。だから悪口を書いてるわけではないんです。でも、すごいケチなんです。


どれだけかと言うと…
 ◯ 雨水でマイカーを洗車する
 ◯ 保育園の父母会費を払わない
 ◯ 保育園のクリスマス会参加費(500円)が高過ぎると怒る
 ◯ 洋服は基本ユニクロ
 ◯ スーパーで働く理由は廃棄品をもらえるから


すごくないですか?やばくないですか?
ママ友の一人が雨水で洗車しているところに遭遇したらしいんですけど、すごく笑顔だったらしいです。また、別のママ友はクリスマス会を担当していて、参加費で手品とかお菓子詰め合わせとかを準備するのに一人500円徴収しようと提案したら「500円なんて高すぎる!せめて300円に抑えて!」ってマジギレされたそうです。子供が喜ぶことをしたいだけなのに…ってすごく落ち込んでましたね(笑)200円しか違わないのに~って。

7,000万円戸建てを購入できた理由


世帯年収がそれほど高くなく、奥さんが異様なまでの倹約家。それなのに7,000万円の新築戸建を買えるものなのでしょうか。実はココには購入ができた理由が隠れています。

それは… 親からの援助です。
現在は子や孫へ住宅資金を援助すると贈与税が決まった範囲で免除されるんです。その制度を利用してタケシ君家族は3,000万円の援助を受けたらしいんです。7,000万円のうちの3,000万円を援助してもらえるんですから、残り4,000万円を自分達で払えばいいわけですね。なんて羨ましい環境なんでしょうか。

つまり、同じ頭金1,000万円を投入すれば、3,000万円を住宅ローンで借りるわけです。返済額も毎月10万円程度。手取り月収40万円でも住居費比率は25%で健全な割合になります。

世帯収入は普通で、しかもすごい倹約家の家族が7,000万円の新築物件を買えたカラクリはこういうことだったわけですね。



いかがでしたでしょうか。
誰もが羨む新築物件を購入できた大きな要因は親からの援助でした。団塊の世代が高齢化してくる現在の日本では、このような親からの援助を受ける家庭も珍しいことではないかもしれません。親がある程度の資金を持っている場合、生前に上手に相続していかなければ無駄に相続税を取られてしまうだけです。家庭環境にもよりますが、この生前贈与については家族で時間をかけてゆっくり相談するべき内容なんだと思いますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

セコい ケチ 貧乏



こんにちは☆のっち☆です。
節約とセコさは隣り合わせと聞いたことがありますが、私自身まったく違うものと思っているんです。節約上手な人はお金を使うところを使わないところのメリハリがすごくあって、ムダなことにはしっかり財布の紐を締めますが、有意義な消費にはケチることなくバンバン出費します。
そんな必要なときは躊躇なくお金を出す人は傍から見ていても「お金に余裕があるんだなぁ」って感じるものですが、逆に必要なときも出さない人は一気にセコさとお金が無い感を感じてしまいますよね。
ということで、今回は私の独断と偏見で“セコさを感じる瞬間”を10個ピックアップしてみようと思います。貴方は大丈夫ですか??


◯ 身だしなみ


私の勤める会社は営業マンが7割を占める会社なんですが、数百人いる営業マンをパッと見るだけで「デキる」「デキない」がある程度判断できてしまうんですよね。それって根拠はないんですが大体が当たっているものなんです。営業の世界で生きている“夫”に聞いてみても「あぁ、それは数秒だな」って言うんです。
今回のテーマの“セコさ”については一瞬じゃ分かりませんが、ヨレヨレのスーツや服を着ていたらお金を持っている感はゼロですよね。髭や頭髪も手入れされてなければ近寄りませんよね。つまり、人は見た目でその人のイメージを形成します。金持ち感を与える必要はありませんが、ケチなイメージを持たれる必要もありませんよね。小奇麗にしておきましょう。

◯ カバン、靴、小物が安物


前述と重複する部分がありますが、キレイなスーツをパリッと着ていても持っているカバンがボロボロだったり、靴のカカトがすごく擦り減っていたらみっともない。また、女子でもバックの持ち手がすごいボロボロだったりするとちょっと引きますよね。やっぱり身につけるアイテムへの配慮は重要ですね。

◯ ランチがセコい


私はお弁当派なんですが、毎日コンビニ弁当の人もいますよね。その時に毎日380円の“のり弁”や“300円未満のサンドイッチ”だったりと何気なく見ているとある程度、その人のランチの予算が分かってしまうんです。それが部長クラスの人が300円レベルだったり、外に行っても牛丼系だったりすると「えっ!?」って思っちゃいます。年収1,000万円を優に超えているのにです。

◯ 中年なのに『金蔵』でいいって言う


前述のランチ項目に出てきた部長さんなんですが、職場の飲み会をする時に『金の蔵でいい』って言うんですよ。男子が「え!部長、金蔵ですか?学生が多くてうるさいですよ」と言っても「安いからいいでしょ」って言い張るんです。セコいというかケチの塊ですね。こんな人とは付き合いたくないです。

◯ 1000円床屋で散髪


またもわが社の部長ですが、床屋は1,000円カットなんだそうです。なので毎回、モミアゲとえり足はパツンと揃って切られてきます。左右非対称、油ギッシュ(これは関係ないか…)。取引先の人も見た瞬間わかると思うんです、この部長1,000円カットだって。恥ずかしいですよね。

◯ 腕時計が安物


すごくオシャレにしている営業マンでも腕時計が家電量販店の店頭で数千円で売っているような時計をしていると「う~ん」と思ってしまいます。別にROLEXやOMEGAを着けているのがいいのではなく、子供の時計のようなものは避けたいですね。ただ、個人的にはフランクミュラーの類似品『フランク三浦』は話題としてOKなんですが…

◯ 爪が伸びている


身なりもしっかりしているのに爪がメチャクチャ伸びてる人っていますよね。あれ、すごくガッカリするんです。何故か貧乏症の人って感じを受けてしまうんですよね。営業の仕事では商談時に資料を指差すこともあると思います。その時に指が汚いのは避けたいものですね。

◯ 財布がボロい


LOUIS VUITTONの財布なのに手入れが行き届いていないものを使っている人、良い財布を使っているのにお金持ち感は完全にゼロですね。例えば、お尻のポケットに入れていて型が崩れていたり、財布から生地の糸がピヨ~ンと出ていたり、革が朽ちていたり… 逆にみっともないですよね。良いアイテムを大切に綺麗に使うことを心がけましょうね。

◯ 数百円でテンションが下がる


職場で「それ、いいですね」って言われたときに「300円で売ってるから買っといでぇ」とか言うと、一気にトーンが下がる人っていませんか?教えてあげた私としても「えぇ、この金額でテンション下がるんだ」って思って余計に気を使っちゃいますよね。私があげればよかったのでしょうかね…

◯ 雰囲気がセコい


セコさを感じる10連発の最後はコレです。もう、コレがこうだとかではなく、その人の雰囲気すべてからセコさを感じるってなんなのでしょうか。タバコの臭いが体に染み込んでいるのと同じように、セコさが体に染みてしまったんでしょうね。表情・しぐさ・言葉づかい・所持品・素行… それぞれからセコさがハーモニーとなって放たれているんでしょうね。ここまできたらどこまでも突き進んでいただきたいものです。



いかがでしたか。
今回は私の感じるままに記事にしてしまいました。「いやいや、そのくらいはいいんじゃないの?」ということもあったかもしれませんが、一つの意見としてサラッと流してください。お金をいっぱい持っていなくても「この人セコい!」とだけ思われないように気をつけたいものです。メリハリが肝心です!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

お金 嫌われる考え方


こんにちは☆のっち☆です。
すごく大好きで手元にいっぱい集めたいのになかなか集まってくれない… そんな思い通りにならないのが“お金”ですね。お金はそれ自身には感情を持たないただの道具なのに、私たちの意に反してなぜか思い通りに動いてくれないのには私たちの日頃の考え方が原因なんだそうです。
今回は「お金に嫌われる考え方」についてまとめてみました。

その1:お金に無関心


まずは、これ。お金が欲しいと漠然と考えて入るものの、いざ目の前にあるお金に関してはまったく興味を持てない人っていますよね。例えば「今財布にいくら入っているかも知らない」「貯金がいくらできているかも知らない」「毎月税金がいくら引かれているかも知らない」など、せめて毎月の給料明細や自分の通帳くらい目を通して現状の家計状況を把握しておくことは最低限必要です。

これができていない人はまず先月の給料明細と最新の状況を記帳した銀行通帳を用意して、貴方自身のお金の流れを把握しましょう!

その2:ムダに見栄を張る


これは男性に多いかもしれません。「会社の飲み会では他の人よりも多く払わないと気がすまない」とか「周りの人よりも良い物を身につけないと気がすまない」など、払わなくていいお金をいつも消費していませんか。どんなに見栄を張っていても周りの人たちは貴方がどんな人なのか、どのくらいの経済水準なのかを肌で感じ取っているものです。

大人の世界では“見え見えの裕福感”よりも“さり気ない物へのこだわり”のほうが確実に贅沢さを感じます。アウトレットのブランド品で身を固めている人よりも一品物のこだわりアイテムや主張の少ないブランド品を身に着けている人のほうが、実際の金融資産も上ということが多いものです。

その3:「まぁ、いいか」と自分に甘い


この“自分に甘い”というのは家計管理をする上で最大の弱点になります。自制ができないということは、せっかく立てた計画をいとも簡単に破ってしまうということ。「毎月4万円で生活する」と決意してもその4万円が尽きてきて苦しくなってくると「あと1万円くらい、まぁ、いいか」と諦めてしまうんです。ダイエット、禁煙などが失敗する時と同じような状況ですね。

家計管理、資産形成はあなた自身のストイックさが求められます。「意地でも貯金計画は守ってやる!」と強い決意で臨みましょう!

その4:ケチすぎる


以前の記事『私が巡り会えた“セコ過ぎる”人びと』『二度と出会いたくない“お金に汚い”人たち』でも紹介した人達です。明らかに“セコい”“ケチ”な人とは関わりを持ちたくないものです。貴方がそう思うそんな人達は、他の誰からもそう思われています。つまり、貴方以外の人もその人とは関わりを持ちたくないと思っているということです。

みんなが関わりたくないということは、その人は多くの機会(チャンス)を失っているということ。お金を失いたくないからこその行動が逆にお金から自分を遠ざけている行動なのかもしれません。節約も大切ですが何事もホドホドが重要ですね。

その5:欲がない


最後はコレ。“欲”です。
人間というものは“欲のかたまり”なんです。ただ、その欲だけを前面に出しているとみっともないので、多くの人は無欲な様に演じています。もう一度言いますが、人間は欲のかたまりなんです。「食欲」「性欲」「睡眠欲」の動物的3大欲求に加え「名誉欲」や「金銭欲」。何ひとつ欲のない人なんて存在しないのではないでしょうか。

その中でも「金銭欲」があまりにも弱いとお金を貯めることは難しくなります。だって、建前上お金を貯めようとしますが、本音としてそれほど必要じゃないとどこかで思ってしまうわけですから、行動が伴わないのも仕方がないことです。まぁ、金銭欲の無い人はこのブログもお読みになっていないと思いますから、関係ないのかもしれませんね(笑)



いかがでしたか。
「お金は淋しがり屋」という人もいます。淋しがり屋だからいっぱい集まっているところに寄っていくということですが、お金が淋しがっているというよりも貯まる習慣があるから黙ってでも集まってくるのかもしれません。“お金が勝手に集まる習慣”というものを一日でも早く身につけたいものですね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ