10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:キャッシュフロー表

晩婚 高齢出産 老後破綻 教育費 老後資金 住居費 破綻



後編からのつづき)


無認可保育園に預けながら派遣社員として奮闘するHさんですが、収入から子育て費用を差し引くと手元に残るのは数万円です。ご主人の年収は550万円まで上がりましたが、学資保険や子育て費用の追加支出で貯金するまでは余裕を作れないらしいんです。
いよいよ年齢的にも待ったナシ。Hさん夫婦を待ち受ける将来はどんな形なのでしょうか…

子供の教育費対策


どんなに生活が苦しくても子供には惨めな思いだけはさせたくないものです。今はまだ小さい子供ですが順調に進んで大学を卒業する22歳のときは夫が67歳、私も64歳になっています。夫が雇用延長ができたとしても65歳までですから、完全に無職になっても学費を払わなくちゃいけないってことになります。

一応、子供が無事に生まれた直後に満期300万円の学資保険には加入しましたし、毎月貰える児童手当を全額貯金すれば200万円になるって聞いたので、それもしっかり貯金しています。計画通りに教育費の貯金ができてもこれで合計500万円。最低1000万円と言われている教育費は1000万円だから残りは日々の中から捻出しなくちゃいけないってことになりますね。

老後資金はどのくらい貯まる?


そして、結婚当初から気にしていた私達の老後資金ですが、子供が小学校入学してから毎月7万円は貯められるようになりました。中学校に入学してからは教育費の毎月負担分が少し上がったので5万円ほどになりましたが、小学校~中学校の9年間で大体700万円を貯金。持っていた300万円と合わせると1000万円です。

ただ、子供が高校生(15歳)になると夫が60歳定年になって、無事に雇用延長してもらえたものの年収は現役時代の6割程度。金額にすると360万円ほどになってしまいました。そして、私も派遣社員で50歳まで働けていましたがそれ以降は受け入れてくれる企業が見つからず派遣会社も紹介してくれなくなって、57歳の私は実質専業主婦のような毎日を送っています。貯金なんてできるわけもなく毎日の生活と子供の教育費を捻出することしか頭にはない状態で苦しいですね。

唯一、夫が定年の時に退職金を800万円ほど受け取れたので貯金自体は1800万円になりました。老後生活までこの金額を守りたいですね。

住居費が苦しい


わが家の住居は賃貸住宅です。夫婦二人の時はそれほど大きな家ではなかったんですが、子供が生まれたのをキッカケに家賃12万円のファミリータイプ賃貸マンションへ引っ越したんです。夫が現役で私も働けていたときはそれほど負担ではなかったんですが、夫が定年して私も専業主婦になってしまうと世帯年収360万円で毎月12万円の家賃ですから家計に占める住居費がとても大きくなってしまいました。ただ、子供がまだ高校生ですから簡単に引っ越すこともできませんし、せめて子供が独立するまではこの家に住んでいたいと考えています。


---------------------

42歳で子供を生んだHさん。生まれたときから分かっていたことですが、子供の教育費が一番大きくなるときに親の収入が減ってしまっています。高校入学時にご主人が定年退職ですから、大学入試準備と大学進学費用で一気に膨らんでしまう教育費に対応が難しいでしょうね。さらにHさん家では住居費が苦しさに輪をかけてしまっている状況です。
この状態でお子さんが大学卒業する頃にはどんな家計になっているのでしょうか…

---------------------


子供の大学卒業と私達の老後


子供が頑張って私立大学へ現役合格、無事に大学を4年間で卒業しました。大学へ支払った学費は4年間で500万円ほどだったんですが、大学受験のために予備校へ通い、入試を受けるまでで大体100万円かかっているので、高校3年~大学卒業までで600万円かかった計算になります。わが家もこのために必死で学費を貯めてきたが結局は不足して貯金を取り崩すことに…。
もし現役合格しないで浪人でもしていたら…、家から通えない大学で一人暮らしにでもなっていたら…と考えるとゾッとしてしまいますね。

わが家もようやく子供が独立して教育費から開放されました。ただ、夫は67歳、私も64歳。2年前から夫の年金で生活していますが当然家計は大赤字。なんせ年金なんて月額18万円くらいだし家賃で12万円払うから残りは6万円です。私達の生活費は15万円くらいかかるので毎月9万円の赤字だってことですね。毎月9万円の赤字ということは年間では120万円、帰省だったり突発的な支出を考えると+50万円くらいで年間170万円の赤字になってしまいます。

そんなこんなで夫が60歳のときにあった貯金1800万円は今では500万円まで減ってしまっています。僅か7年でこれだけ急激に貯金が減ってしまうと恐ろしいので、子供の独立を機にもう少し小さなアパートに引っ越して家賃を8万円まで抑えましたが、それでも年間赤字は100万円ほど。来年には私が65歳になるので年金が貰えてなんとか赤字が解消できそうですが、このまま続けているとわが家の家計はあと何年持つか不安で仕方ありません。今は健康で医療費とかはそれほどかかりませんが、歳を重ねるとどうしても病気がちになってしまいますしね。

私達夫婦が死ぬまでにあと数百万円しかないこの状況。どちらかが亡くなってしまったら葬儀代などで貯金も底をついてしまいますし年金受給額も下がります。この状況っていわゆる「老後破綻」と言うものなのでしょうか…





いかがでしたでしょうか。
晩婚・高齢出産の人生を歩んできたHさん。時間的な出遅れを気づいていながら最終的に老後破綻状態になってしまったのには原因があります。まずは独身時代の貯蓄額が二人とも少ないこと。40歳独身であればお互い1000万円ほどは持っていたいですよね。さらに加えると、Hさんが正社員ではなく契約・派遣社員だったこと。正社員なら受けられる育児休業取得や退職金などがゼロだった、また、復職に苦労している点も原因です。
晩婚・高齢出産が原因で老後破綻する確率が高くなるわけではありませんが、時間的に余裕が無いことも事実ですよね。1つの判断ミスが後々の家計破綻を引き起こしますから、何よりもライフプラン、キャッシュフロー表を大切に計画的に物事を進めていきましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

散財 節約 財布の紐 キャッシュフロー表 セール



こんにちは、☆のっち☆です。
年末に書いた『お正月は散財するよ!家計が苦しくならない方法』で10万円を何も気にせずに散財したわが家ですが、家計を管理している夫はやはりちょっと財布の紐が緩みっぱなしになっている様子なんですよね。昨年の年始も浪費家へ戻ってしまった夫ですが、今年もそんな危険を感じています。
そんな今回は散財した後に訪れる“散財モード”を“節約モード”に戻す方法をお伝えします。

“散財モード”を持っている人は要注意


そもそもなお話をさせていただくと、“散財モード”というスイッチを持っている人は基本的には浪費家なんだと思うんです。普段は「貯金もしなきゃいけないし、欲しいものをドンドン買うほどの収入もないから我慢しなきゃ」って自分自身をセーブして、節約に励んでいるんですが、何かをきっかけに「散財しても大丈夫」ってなるとパーッと使えてしまう… その散財しているときの生活行動は間違いなく浪費家なんだと思います。

おそらくですが、何も苦労せずにお金が貯まっていく人はこの“散財モード”のスイッチを持っていないんです。

あなたの周りにもそんな人がいませんか?
酒、タバコ、ギャンブルもせずにお洒落やブランド物にも興味がないといった人たち。あの方々のレベルになれるとお金がなくてもすごく幸せな人生を送れるんだと思うんです。充実した生活にお金が必要ない感覚というものを一度は味わってみたいんですが、私の場合はどうしても物欲が湧き出してきてしまうんですよね。。。

“散財モード”から“節約モード”へ切り替える


先ほども申し上げましたが、多くの人が持っているであろう“散財モード”ですが、このモードに入りっぱなしなのが“浪費家”と呼ばれる人たちです。そして、その“散財モード”を持っているけれども“節約モード”というものも持っていて、ちゃんと自制ができる人たちが貯金や資産形成を計画的にできる人たちなんですよね。

重要なのは、そのモードの切り替えが上手にできるかどうかです。

一度、散財モードに突入すると2、3ヶ月継続してしまう人と1週間でしっかり切り替えられる人では、間違いなく資産形成していく上で大きな差が生じるのは当たり前ですよね。何事にもメリハリが大切です。「今日からは普段の日常生活に戻るよ」と決めた瞬間にモードの切り替えがバッチリできるようになりたいですよね。

“節約モード”に切り替える5つの方法


「欲しい!食べたい!」と思ったものを手に入れられて楽しかった“散財モード”から日常生活に戻るためには、ちょっとした我慢がやっぱり必要なんですが、参考にわが家のモード切り替え方法をご紹介しますね。


◯ 財布に余計なお金を入れない
◯ 外出を控える
◯ セールに行かない
◯ 外食を敢えて控える
◯ キャッシュフロー表で今年の目標額を確認する


私と夫はこの5つを実行することで“節約モード”へ確実に戻れるんです。基本的には「外出しない」ということですね。外出してしまうと誘惑がたくさんありますから、どうしても負けてしまうんです。だから出ない!これが効果絶大です。
さらに、キャッシュフロー表を改めて見直すことも有効だと思います。年末に締めた貯蓄額よりも大きく減ってしまうと、年間目標を達成することが難しくなってきますよね。今は良くても近い将来に予定以上の節約をしなくてはいけなくなることが理解できれば、ちょっとした欲望には耐えられるようになりますよ。



いかがでしたでしょうか。
一生懸命に節約していても、ちょっとした気の緩みが将来にも影響するくらいの傷を負ってしまうかもしれません。お金は貯めるためにあるのではなく使うためにあるものですが、無計画に使ってしまっては元も子もありませんよね。お金をためている目的を達成するまでコツコツと頑張っていきましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯蓄 先取り貯蓄 後取り貯蓄 自動積立 財形貯蓄



こんにちは、☆のっち☆です。
貯蓄方法で至る所で推奨されている“先取り貯蓄”ですが、毎月の貯蓄分を先に取り分けることができれば目標とする額を達成することができるのでしょうか?
貯金をすることが苦手な私から言わせていただくと「ん?そんなに簡単な話なの?」って思ってしまうんですよね。
ということで、今回は毎月の貯蓄方法で何がベストなのかについて考えてみようと思います。

どうして“先取り貯蓄”を推奨するのか


なぜ、多くのファイナンシャルプランナーが先取り貯蓄を推奨するのでしょうか。その理由をバーっとネットで検索したらこんなことが書かれていました。

「使い込みを防げる」
「自然とお金を貯めることができる」
「残ったお金を自由に使える」

たしかにそうですよね。
給料を受け取った瞬間に、一定額を別口座へ移動して資金を使えなくさせてしまうわけですから、使いたくても使えなくなるし、強制的に貯まっていくし、残ったお金は貯蓄することを考えないでいいことになりますよね。貯蓄をしていくうえでの一番の障害となるものは自分自身の欲望ですから「お金はあるけど下ろせない」という状況を作れれば、そんな欲望にも勝つことができるわけですね。(“勝つ”というより、仕方なく我慢するわけですが…)

そのように強制的にお金を使えなくすることでお金を貯めていきましょうっていうのが“先取り貯蓄”なんですね。

「貯蓄の仕方」を検索する人たちとは…


では、先取り貯蓄をしなければお金は貯まらないのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありませんよね。しっかり家計管理ができていれば、わざわざ資金を固定してしまう先取り貯蓄を利用しなくてもお金を貯めることは可能です… 可能というよりもその方が理想なわけですね。

だって、先取り貯蓄の方法として挙げられるのは「自動積立定期預金」「財形貯蓄」「社内預金」になりますから、資金が自由に使えなくなるという不便さがついて回ります。半年や1年程度の期間は引き出すことができなかったり、社内預金については社内の総務部も絡んでくるために頻繁にお金を動かすことは気が引けてしまいます。つまり、先取り貯蓄のこれらの方法を活用するとお金は貯められるけれども、必要な時にすぐに使うといった貯蓄本来の意味が薄らいでしまうんですよね。

さらに、ネットで「貯蓄方法」などを検索する人たちの背景にあるのは、“貯蓄ができなくて困っている”という貯蓄下手な人が多いはずなので、そんな方々へのオススメな方法として“先取り貯蓄”が推奨されているわけなんですよね。

ベストな貯蓄方法とは…


“先取り貯蓄”が最良の貯蓄方法ではないとしたら、一体どんな方法がベストな貯蓄方法なのでしょうか…

このブログを始めた頃に夫が書いた『先取り貯蓄ができなくても全然平気です…』という記事があります。ここでオススメした方法は“先取り・後取り合わせ技貯蓄”というものでした。わが家においては共働きというスタイルですので、どちらかを先取り、もう一方を後取りにしたというものです。
先取りによって最低限の貯蓄を確保しつつ、家計管理に力を入れて後取りでもそれなりの金額を確保。先取り分は長期で貯蓄、後取り分はフレキシブルに生活を後押ししてくれるというわけです。そんな貯蓄方法がわが家にはピッタリだと夫は思っているから、現在もこのスタイルなんでしょうね。

貯蓄』というものは基本的には“将来のための保険”なのではないでしょうか。「お金に困ったときに使えるように」「将来の大きな支出に対して準備する」といった目的があるわけですから、ただ単に貯めるのではなく「いつまでにいくら必要だ」という明確な目標をしっかりと理解さえしていれば貯蓄は継続できるんじゃないかと思います。



いかがでしたでしょうか。
将来に訪れる金銭的な問題に対して一抹の不安もないようなタフな資金力があるのであれば、チマチマとした貯蓄なんていうものは必要ないのかもしれません。しかし、私たち一般庶民はそれほどの経済力はありませんから、将来の不安に対して備えておく必要があるんだと思います。
貯蓄計画も家族のライフプランありきです。「誰がいつどうなって、その頃にはお金がいくら必要で、その頃の収入はいくら位で… いくら足りない!」なんていう将来がキャッシュフロー表で見ることができればラッキーですよね。早速、今から準備を始めてしまいましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ