10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:お金

メンター 結婚資金 キャッシュフロー表



こんにちは☆のっち☆です。
今回のお話は夫の後輩N君の話をさせていただこうと思います。
N君は夫の4つ歳下。当時は32歳で年収450万円だった彼の結婚、子育て、マイホーム購入に至るまでのお話です。N君が一家の主として成長していく様子をご覧ください。

夫の飲み友達だったN君


夫の後輩N君は夫の大切な飲み友達でした。1ヶ月に一度は飲んでいたのではないでしょうか… 私が夫にN君とはどんな話をするのと聞いても、夫は「ん?お金の話だよ」って言うんです。普通、男二人が飲んで話すことに“お金”っていう切り口はあるんでしょうかね。
後に聞いた話ですが、夫はN君に「結婚したら家計は握れ!」とか「子作りは早めがいいぞ!」とか「生活が安定したら、なる早で家を買え!」とか、偉そうに指導していたそうです。それをN君も「うんうん。」と真面目に聞いていたそうです。

驚きなのが、N君の結婚祝いにご祝儀とは別に「これはお前の人生の役に立つから」とわが家で使っている“キャッシュフロー表”をあげたそうです。後日談でそれを聞いて私は恥ずかしくなってしまいましたが、N君はとても喜んでいたそうです。

N君の結婚式


N君の結婚式は都内の有名ホテルで開かれました。夫は当時の仕事の関係で出席できず、なのにコト細かく結婚式の内容を知っていました。どうもN君は結婚式の資金繰り、新居の準備、夫婦間でのお金の管理方法など、すべてを夫に相談していたそうなんです。

N君の結婚式ですが、総額で300万円。招待者数は60名。一人5万円の結構リッチな結婚式でしたが、その資金繰りは夫が指南していたそうです。どうも結婚資金がショートしそうになったN君が夫に相談したようです。。。
夫がまずしたのは、N君に貯金はいくらあるかヒアリング。N君から200万円と聞くと、残り100万円が足りないくらいはどうってことないとクレジットカード決済をすると式場へ話をするように指示したそうです。

確かにクレジットカードで決済すれば、実際にお金を払うのは約1ヶ月後になります。結婚式当日にご祝儀で60名×2万円を頂戴したとしても120万円ですから、支払いに困ることはありませんね。夫はN君から支払いが無事に終わったことと、300万円分のポイントがついて夫婦で楽しめたことを報告受けたそうです。

私と夫の結婚式もクレジットカードで支払いました。当時は今みたいに高還元のクレジットカードなんてありませんでしたが、0.5%程度の還元がありましたから300万円なら15,000円分の還元です。それでJCBギフトカードを貰って家具を買った覚えがあります。

夫婦の財布をどちらが握るかが最初の勝負


夫は結婚したばかりのN君にしつこく伝えていたことがあるそうです。それは「結婚初期に家庭の財布を握れ」だそうです。わが家では夫が自分から握ってきたのではなく、私がお金にダラしなかったので私から夫に財布を任せたような形ですが、夫は共働きで二つあるわが家の財布を一つにまとめられたことが現在における成功の秘訣だと実感しているようです。

確かにそうですね。結婚当初に私もそれなりにお金管理をしていたならば、夫に管理されるのを拒み、夫婦別財布の典型的な失敗する共働き家計になっていたかもしれません。収入は一つにまとめることが家計管理の大原則。それを夫はN君にしつこく伝えていたのでしょうね。


--------------

結婚するときから夫に指南を仰いでいたN君。私からすると末恐ろしい危機感を持った青年です。そんな彼がこの後、子供の出産・子育て、さらにはマイホーム購入まで突き進みます。年収450万円のN君が立派な一家の主になるまでのサクセスストーリーは後編に続きます。



後編につづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理 家計 節約 貯蓄 貯金 老後 お金



どうも夫です。
今年もあと1カ月ですね。みなさん、年明けに立てた貯蓄計画は無事にクリアできて今年の家計管理は予定通りの結果が出せそうでしょうか?
家計管理”というとちょっと難しそうに聞こえがちですが、それほど驚くようなことではないことを今回改めて書かせてもらいますね。

“家計管理”って言い換えれば「お金の管理」


“家計管理”って言われると「家計簿をつけなくちゃいけない」とか「節約しなきゃ」って思うかもしれませんね。ただ、ボクから言わせると家計管理って単に「お金の管理」をするだけです。具体的には、月単位でいくらの手取り収入があって、毎月定期的にどのくらいのお金が出ていくのかを把握するだけなんですよね。つまり、世帯の収入と支出を把握して黒字にしていくことだけなんです。一切難しいことは必要ありません。

手取り20万円の世帯がそれを超えるような生活を送っていてはいけない。それ以下に抑えるようにお金を管理するだけのことなんです。

“家計管理”はお金の入口と出口を管理すること


以前の記事『家計管理実践マニュアル|1.家計管理とは』で書いていますが、家計管理は収入と支出を具体的に把握して黒字化すること。家計を黒字化して世帯の資産(貯蓄)を増やしていくことが目的になります。黒字家計で毎月2万円を貯金することができれば、年間で24万円、10年で240万円という資産を築くことができるようにするために、お金の入口と出口をしっかり把握していくことなんですよね。

その資産形成がうまくいかないという世帯があるとすれば、収入以上の支出をしてしまっているだけのことです。収入はそう簡単に増やすことができませんから、支出の内訳を把握して削減することでスマートな生活を構築していくことになります。
支出といってもいろいろありますが、赤字家計に陥る多くの場合は「住居費」「交際費」「食費」あたりが水準以上に消費してしまっている場合が多いはずです。こちらも依然の記事『万能な家計の黄金比率ってあるんでしょうか…』でご自身が該当する世帯構成にあった支出割合に収めるように努力していただければいいだけになります。

黒字家計になればお金は黙っても貯まる!


サラリーマン家庭で最悪なのは毎月の生活の補てんにボーナスをアテにしていること。毎月2万円赤字だけれどもボーナスで毎回12万円を補てんしているような家庭は今すぐにでも改善が必要になります。ボーナスというものは全額貯蓄に回すことができるのが当たり前であって、ボーナスをアテにした消費は異常だということをしっかり理解する必要があります。

毎月の生活で「収入=支出」といったトントン家計であったとしても、ボーナスで30万円ずつ、年間60万円受け取っているなら10年で600万円の貯金ができる力を持っていることになります。サラリーマン人生40年だとしてボーナスだけでも貯めることができれば2400万円の貯金ができる計算になりますよね。毎月はトントンでも定年時にはそれなりの老後の備えを作ることができるわけです。

定年時までにどのくらいの貯金をしていたいかの明確な目標を持つことで、ドリルダウンして毎年いくらの貯金をしなくてはならないかを知ることができます。その具体的な目標を知ったことで日々の生活にまで影響を与えて浪費を少しでも無くしていくことができるんですね。

今を甘えることは簡単です。でも、それでは将来間違いなく後悔することでしょう。いかにして人生全般で幸せを感じながら生きていけるか…。それを実現させるのは他人ではなく貴方自身の管理能力に託されているということです。



いかがでしたか。
今回はちょっと重い話になってしまいましたが、収入のある今の現役時代に将来を見据えた家計管理から資産形成に至るまでのことを理解して、しっかり準備することで幸せな老後が待っているのではないでしょうか。 「終わり良ければすべてよし」と言います。現役時代も過剰な節約をする必要はありませんが、老後にお金で苦しむ方が精神的に辛いのではないかとボクは考えています。人生の集大成である老後を気持ちよく過ごせるように、きょう一日をしっかり管理して生活していきましょう。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

浪費家 家計管理 お金 節約 資産形成



どうも夫です。
ボクはブログでも記事がかけるほど家計管理をしっかりして資産形成ができていると自負していたんですが、先日、職場の同僚から衝撃の一言を言われてしまったんです。
ボク自身が思っている自分像と他人から見たそれがあまりにも違っていたのでついつい記事にしてしまいました。あなたはそんなことありませんか?

「お前みたいな浪費家は…」


先日、同僚数人と昼食を食べていたときのことです。

同僚A「Fさんも今回の人事で昇格したから給料も上がってよかったよね」
同僚B「そうだよな。彼ももう30後半だからそのくらい貰わないとだよね」
ボク「うちの会社って給料水準は低いけど、借り上げ社宅を利用している社員で独身だと結構余裕あるよね」
A「だな。だって、30万円くらいの月収で仮に10万円税金に持っていかれても手取りで20万円は残るからね」
ボ「20万円あれば水道光熱費とかの固定費払っても17万円くらいは残るもんね」
B「17万円も自由な金があると結構遊べるよなぁ」
ボ「そこにボーナスが年間手取りで80万円くらい貰えるわけだからね」
A「これが課長になると月収40万円、ボーナスは150万円オーバーだからね」
B「社宅利用の独身課長は余裕ありまくりだな」
ボ「例えばCなんかはそういうことだよな」
A「そうそう、あの人は余裕あるよ」
B「飲みに行ってもご馳走してくれることが多いし、営業カバンだってDIESELだし…」
ボ「俺も同じ課長なんだけどなぁ…」
A「しかも共働き…」
ボ「はい…」
B「お前みたいな浪費家はお金貯まんないでしょ(笑)」
ボ「浪費家なの?俺??」
A「営業カバンはTUMIだし、飲み会多いし、タクシー乗りまくりだし…」
B「浪費しすぎでしょ(笑)」
ボ「…」

毎月の貯蓄率30%なのに…


今まで他人からどういう風に見られているかなんて考えたこともなかったんですよね。ウチはウチ、他人は他人ということで気にしてこなかったんですけど、改めてそう言われてしまうと「やっぱりボクって浪費家なのかなぁ」なんて思ってしまいます。ただ、家計管理的に見てみるとわが家は貯蓄率30%を超えています。それだけ貯蓄している家庭のほうが少ないはずなのに、どうしてボクは浪費家に見られてしまうのでしょうかね。。。

たしかに、営業カバンも通勤カバンもTUMIを使っています。飲み会も多いときには週に3回ありますし、飲み会の帰りは80%くらいタクシーを利用します。飲み代とタクシー代で毎月5万円くらい使うのかもしれません。でも、ボクの場合はそれ以外にお金をあまり使っていないんですよね。ギャンブルはしないしタバコも吸わない。ボクは趣味の自動車と飲み代にだけお金を使ってるんですよね。

家計管理はこういう生活をするためなんだ


ボクは“お金”が大好きです。貯金がドンドン増えていくことも、資産が膨らんでいくこともとても気持ちが良いものです。だって、お金が無いよりは持っている方が生活する上での選択肢が増えるし、選択肢が増えるということは人生の満足度も比例して上がると思っています。でも、最近いくつかの記事でも書きましたが、節約ばかりをしてキツキツの毎日を送ることは望んでいないんです。

お金を使うことにはドンドン使うし、ムダと思うところはキチッと節約してしっかり貯蓄もする。そういった生活がボクと妻の理想の生活なんです。老後を心配するあまり“現在(いま)”を苦しいくらいに節約したり、その逆だったりと人それぞれの価値観はありますが、わが家の理想形はいつの時代も楽しく、やりたいことをして生きていくことなんです。

浪費家のような生活をしているのにお金をいっぱい持っている家庭だなんて羨ましいと思いませんか?そんな家庭を目指してこれからも家計管理と資産形成をしていきたいと思います。



いかがでしたか。
結局、生まれ持った性分は簡単には変わらないようですね。ボクは浪費家です。さらには、妻もボク以上の浪費家です。自慢ではありませんが、身の回りのものは結構良いものを持っています。だけれども、資産も3000万円以上持っているんです。
ボクと妻は生まれも育ちも一般庶民、現在の仕事もサラリーマンのすごく一般的な家庭ですが、共働きで家計管理を徹底するだけでこういった生活を送ることが可能なんです。わが家の次はあなたです。絶対に同じようになれますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ