10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ: 家計あるあるストーリー

家計管理 賃貸 老後破綻


前編からのつづき


なんとか定年を迎えた五島さん。娘さんは無事に社会人としてたくましく育ったようです。定年後の五島家は無事に過ごせていけるのでしょうか。

結婚… 娘が嫁いでしまった


定年から3年。29歳になった娘がとうとう結婚することが決まった。結婚しないとそれはそれで親としてはとても心配だが、いざ結婚して嫁いでしまうとあまりにも寂しすぎる。妻なんて発狂に近い状態で「私も娘と一緒に嫁ごうかしら…」なんて意味不明なことを言い始めてしまった。これからは妻と二人で仲良く余生を過ごしていこう。早く孫の顔も見てみたいものだ…
両家の親同士で話しあった結果、結婚式費用として両家から200万円ずつあげることになった。予想以上に大きな金額だが、娘の晴れ舞台、200万円なんて痛くもない。幸せな家庭を気づいてくれることを願うばかりだ。

[家族構成]
63歳(嘱託社員)
63歳(専業主婦)
マイカー
13年落ち

[収入]
手取り20万円
手取り0万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
2万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保)
2万円
貯金
▲11万円

[貯蓄]
貯金
650万円


年金受給が始まる


娘の結婚から2年。昨年には孫も生まれて本当に幸せだ。僕自身も65歳になって長年お世話になった会社を完全に退職した。転職で入社したけど本当に良い会社だった。あの会社のおかげで我が家は無事に生活することができている。本当に感謝したい…
そして、僕も妻も65歳になり年金を受け取れる。これからは娘夫婦と孫が来てくれるのを楽しみに、妻とはゆっくりした余生を過ごしていきたい。妻を旅行にも連れて行ってあげられなかったから、世界一周の船旅もいいなぁ。。。
ただ、貯金が退職時から1/3になってしまっていることが心配だ。僅か5年でこの減り方にはゾッとしてしまう。年金受給が始まって手取り額としては増えるから良かったけれど、夫婦で生きている間、貯金が持つだろうか…
僕の趣味であるゴルフも控えめにして、マイカーを手放すことにした。これで駐車場代が2万円が削減できるからね。

[家族構成]
65歳(年金受給)
65歳(年金受給)

[収入]
年金
手取り23万円

[支出]
家賃
13万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
4万円
通信費・雑費
2万円
小遣い(夫婦)
4万円
保険(生保)
1万円
貯金
▲3万円

[貯蓄]
貯金
400万円


高齢で引っ越すことがすごく嫌だ


あれから5年。僕も70歳になった。長年住んできた賃貸マンションが老朽化で建て替えするらしく、退去することになってしまった。我が家の家計も非常に厳しい状況だけれども、この歳でまったく知らない土地へ移るのには非常に抵抗があるから仕方がない。近所の物件を探そうと思うが、景気が回復しているようで家賃相場が上がってしまっている。今までよりも狭い物件にして家賃を抑えることにした。
あぁ、若いころにマイホームを手に入れていれば、この歳になって家探しすることも無かっただろうに…
しかし、貯金が残り僅かだ… 定年から10年でこんなことになるとは、これこそ老後破綻というものなのか…

[家族構成]
70歳(年金受給)
70歳(年金受給)

[収入]
年金
手取り23万円

[支出]
家賃
12万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
4万円
通信費・雑費
2万円
小遣い(夫婦)
4万円
保険(生保)
1万円
貯金
▲2万円

[貯蓄]
貯金
220万円


家賃が重くのしかかる


あの老後破綻の危機感を持ってから3年。未だに貯金が減り続けている。幸い現役時代に加入していた終身で夫婦それぞれに200万円の死亡保険があるから、どちらかが死んでも葬儀代に困ることはないだろう。しかし、徐々に貯金が減っていくこの恐怖はなんとかならないものだろうか。。。
なんとか収支だけは±0になるように最低限の生活を送れるように、以下の通り家計を見直した

[家族構成]
73歳(年金受給)
73歳(年金受給)

[収入]
年金
手取り23万円

[支出]
家賃
12万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
3万円
通信費・雑費
1万円
小遣い(夫婦)
3万円
医療費
1万円
保険(生保)
1万円
貯金
0万円

[貯蓄]
貯金
150万円


我が家の老後家計を締め付けているものは間違いなく住居費。賃貸だからこそ、払っても払っても終わりがない。娘夫婦に一緒に住まわせて欲しいなんて言えるわけもなく、僕ら夫婦でなんとか乗り越えていかなければいけないことだ。最悪、ワンルームの小さなアパートにでも引っ越せば年金でなんとかなるだろうけど、足腰が弱っている現状ではエレベーターのない物件は避けたいところだ。老後になってからお金で困らないように、もっと早い頃から真剣に老後を考えておけばよかった。
老後になってこんなに住居費が負担になるとは微塵も考えていなかった…



いかがでしたか。
無理に住宅ローンを組んで苦しむ家庭もあれば、五島さんのように最後になって住居費に追いつめられることもあるようです。五島さんの失敗は「現役時代の貯蓄額が少ない」「定年後に生活レベルを下げれなかった」「住居費の負担が大きいことに気づくのが遅かった」の3点だと思います。
まずは定年までに3000万円の金融資産の形成すること。そして、収入や支出に変化があったときには即家計見直しを行うこと。僅かな気の緩みが後々の家計危機へと繋がります。収支のバランスを常にチェックし、少しでも懸念材料が出てきたときは徹底的に分析して解決していきましょう!




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

お金ない


こんにちは☆のっち☆です。
今回は私の友人、持田さんのお話をしたいと思います。持田さんはアラフィフで世帯年収も1,000万円を超えているのに、すごく金欠で悩まれています。先日、私がお聞きしたことを肉付けしてお伝えしたいと思います。
高収入なのにお金で困ってしまうのには何か原因が必ずあると夫は言います。みなさんと一緒に見ていきたいと思います。

持田家プロフィール


持田さんの旦那さんは出版社勤務で年収800万円。さらに、副業で400万ほど稼いでいるそうで、一馬力で1,200万円。子供が3人いることもあって奥さんは専業主婦です。
子供は大学1年生(文系)、高校1年生(私立)、中学2年生(公立)の3人。住まいは10年前に郊外に戸建てを5000万円で購入。住宅ローンは75歳まで続きます。
学資保険は18歳満期300万円に子供3人共に加入しています。

一般家庭よりも余裕があるように見える持田家。どうして苦しいのでしょうか。

家計の中身をチェック


聞き出せた費目で勝手に家計分析してみました。まず、固定費を…

手取り月収
70万円(45万円+25万円)


住宅ローン
16万円(5000万円、35年、固定1.8%)
自動車ローン
10.5万円(800万円、7年、固定2.9%)
学資保険
3万円(1.5万円×2)
生活費
20万円
第一子仕送り
10万円
第一子学費
8.5万円(年間100万円)
第二子学費
8.5万円(年間100万円)
第三子塾代
3万円
支出合計
79.5万円



月収70万円もあるのに10万円の赤字家計なんですね。これは恐ろしい。。。
持田さん曰く「前年まではすごく余裕があった」そうなんです。ではこの1年の間に何があったのか1年前から見ていきましょう。

副業収入で黒字家計だった


以下が1年前の持田家の家計です。

51歳
48歳
第一子
公立高校3年生(17歳)
第二子
公立中学3年生(14歳)
第三子
公立中学1年生(12歳)


手取り月収
70万円(45万円+25万円)


住宅ローン
16万円(5000万円、35年、固定1.8%)
学資保険
4.5万円(1.5万円×3)
生活費
20万円
第一子予備校代
5万円
第二子塾代
3万円
第三子塾代
3万円
支出合計
51.5万円


持田さんが言うとおり、ご主人のシングルインカムなのに毎月20万円近くの貯蓄が可能ですね。本業収入のみでは45万円で少し足りていないものの、副業収入が25万円もあるおかげで生活が潤っています。この副業収入はこの年にやっと軌道にのったようでそれまでは毎月5万円程度の収入だったそうです。なので、生活に余裕があるようにみえるのは副業収入が一気に上がったからなんですね。

副業収入で高級車購入


1年前に副業収入が一気に上がったおかげでご主人の気持ちが緩んだのでしょう。20万円を超える副収入が安定してきた中で、念願の外車を購入したそうです。

当時の想いを持田さんはこう言います。
「主人の副業収入が毎月20万円を超えて数ヶ月、私としては不労所得的な感覚になっていましたね。ですから、収入の半分の10万円くらいで自動車を買ってもいいのかなって。本業をやりながら、これだけの副収入を作った主人自身へのご褒美だと思ってました」

確かに、ご主人が寝る間も惜しんで副業を1年以上続けてきた結果ですから、そう思う持田さんの気持ちはとても理解できるものですね。
持田さん自身は3人の子育てのために、第一子出産を機に退職。以降は子育てに翻弄される日々を過ごされていたそうです。お子さんが高校・中学へと進学するにつれ手がかからなくなったものの、家の外で働くということから20年近く離れていることから、働きに出ることに抵抗があって踏み出せなかったようです。ご主人も副業収入の獲得に成功したこともあり無理に働かせなかったようですね。

しかし、持田家の1年後は冒頭の大赤字家計へと転落してしまいます。
もう原因はお分かりだと思いますが、より詳しく見ていきたいと思います。


後編へつづく




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計診断


前編からのつづき


本業年収800万円、さらに副業収入400万円で世帯年収1200万円の持田家。赤字家計へと転落するには理由がありました。早速、振り返っていきます。

赤字転落は当然の流れ


もう一度、持田家の家族構成を書いておきますね。

51歳
48歳
第一子
公立高校3年生(17歳)
第二子
公立中学3年生(14歳)
第三子
公立中学1年生(12歳)


もうお分かりですか。。。 持田家は教育費の荒波がすでに押し寄せてきている家庭なんです。ましてや、第一子が大学受験を控えていることからそれ相応の対策が必要な時期なんですね。子供が3人もいるので、本業収入だけなら計画的に貯蓄をして事前に対策していないと乗り越えられない大波なんですね。そんな時に、副業収入という恵みの雨が降ったのにそれをしっかり浪費してしまっています。

そうなんです。持田家の失敗はあの自動車購入だったんですね。
第二子が私立高校へ入学したことは想定外であるものの、翌年には月額20万円も教育費が増加しています。郊外にマイホームを購入したことで将来、子供が一人暮らしするケースも考えられたわけですね。それを把握できていればあのタイミングでは自動車を買うことは避けていたことでしょう。

実は浪費家夫婦だったんです


そして、シングルインカムなので貯蓄をする余裕は元々少ないのに、実は持田夫妻は相当な浪費家だったんです。自動車を思い切って購入してしまう一面を見ても垣間見えてしまいますが、どうも以前から“家計管理”というものをしたことがないとのことでした。
ご自身が専業主婦を続けるのには働くことに抵抗があるも何も「そもそもお金を稼ぐのは男の仕事」という考えだったようです。子育てはするけどお金管理はご主人任せだったそうで、肝心のご主人も副業収入が大きくなったことで、将来お金に困ることは無いだろうと妄想してしまったようですね。

家計再建を懸けた金策


浪費家の持田さんですが、私に悩みを打ち明けてくれたのにはワケがありました。それは、我が家の家計の鬼への相談です。
ということで、これまでの話を夫に伝え、以下の提案をさせていただきました。

手取り月収
70万円(45万円+25万円)


住宅ローン
16万円(5000万円、35年、固定1.8%)
自動車ローン
10.5万円(800万円、7年、固定2.9%)
学資保険
3万円(1.5万円×2)
生活費
20万円
第一子仕送り
10万円
第一子学費
8.5万円(年間100万円)
第二子学費
8.5万円(年間100万円)
第三子塾代
3万円
支出合計
79.5万円


夫は3点の改善が急務だということを強く言いました。
1.自動車ローンを無くす
2.生活費の見直し
3.奥さんの収入


家計を蘇生させる!


夫が提案した内容は以下でした。

1.自動車ローンを無くす
まずは、持田さんの欲求の為に購入した輸入自動車。購入してから1年も経っていませんが売却を提案。800万円で購入した自動車ですが、買い取りにだすと600万円。1年で200万円の浪費となってしまいますが、売却金に150万円ほどを貯蓄から足して自動車ローンを清算してもらいます。

2.生活費の見直し
自動車を手放したことで生活費の中にあった駐車場代15000円が削減。そして、夫婦お小遣いで8万円あったものを5万円まで減額。さらに、外食費を1万円削減です。
これにより生活費は20万円→145000円まで圧縮できます。

3.奥さんの収入
そして、最後は収入自体を増やすことを考えてもらいました。
現在はご主人のシングルインカムで毎月70万円を得ていますが、さらにそこに奥さんの働きで5万円程度の収入を加算すると大幅に家計が改善します。週3日5時間程度(時給800円)の勤務を目安に頑張ってもらうことを提案しました。また、ご主人の副業収入が減らないようにしてもらうことが前提としてありますが。。。

以上3点を改善するとこうなります。

52歳
49歳
第一子
私立大学1年生(18歳)
第二子
私立高校1年生(15歳)
第三子
公立中学2年生(13歳)


手取り月収
75万円(45万円+25万円+5万円)


住宅ローン
16万円(5000万円、35年、固定1.8%)
学資保険
3万円(1.5万円×2)
生活費
14.5万円
第一子仕送り
10万円
第一子学費
8.5万円(年間100万円)
第二子学費
8.5万円(年間100万円)
第三子塾代
3万円
支出合計
63.5万円


毎月10万円以上貯蓄へ回すことが可能になりましたね。
第一子の教育費を負担しながらも10万円の貯蓄です。2年後には第二子が大学へ進学します。一人暮らしさえしなければこのままでなんとかなりそうですね。また、第三子が大学へ行く頃には第一子が独立しています。 老後資金の準備ができそうにありませんが、そこはご主人の能力で副業収入を伸ばしていただき持田さん自身も働けるだけ頑張ってもらいたいものですね。


いかがでしたでしょうか。
なんちゃって家計相談。収入があるのに貯蓄ができていない家庭には何かしら大きな浪費が隠れているものです。家計分析を行って浪費を一つひとつ見つけることができれば一気に改善できるのが、高収入世帯の特徴です。油断すること無く、有意義な人生になるように最低限の家計管理は重要です。ぜひあなたも浪費がないかチェックすることをオススメします!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ