10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ: 家計あるあるストーリー

低年収 子沢山 借上げ社宅 昇格



中編からのつづき


住居費は会社の借り上げ社宅制度で上手に乗り越え、教育費は学資保険と児童手当の貯蓄で対策中のFさん家。計画通りにそのまま人生を突き進んでいけるのでしょうか…

夫が年収アップしました


あれから5年後。47歳の夫が昇格して課長になりました。年収も100万円アップして500万円になって生活もより安定してきた今日この頃です。

年収500万円となると毎月の手取りが28万円になり、以前と比べると5万円の収入アップですから自ずと生活は楽になっていきます。まぁ、わが家にとっては生活がラクになるというより貯金が純粋に増えていくだけなんですが…

なので、現在の家計内訳はこんな感じです。


[収入]
夫(47歳)
28万円(ボーナス手取り60万円)
妻(40歳)
0万円

[支出]
住居費
15000円
水道光熱費
20000円
食費
40000円
被服費
10000円
雑費
10000円
通信費
15000円
ガソリン代
10000円
保険代
10000円
夫小遣い
20000円
妻小遣い
10000円

合計
160000円

[貯金]
毎月
12万円


さらに昇格。借上げ社宅を利用できなくなる…


それから3年後。50歳になったタイミングで会社の組織変更があり夫が部長になりました。苦節28年、とうとう経理部長まで登りつめた夫の給料はグッと上がって年収700万円。ただ、長年利用してきた借り上げ社宅制度は部長という経営陣に仲間入りすることで利用することができなくなってしまった。あくまでも社員のための助成制度であって、経営者が私腹を肥やすための制度ではないからだそうです。

子供の年齢も14歳、12歳、9歳と大きくなって今の教育環境を変えたくないという思いから、借り上げ社宅制度が適用外とされても現在の賃貸住宅を夫名義で借り直すことにしました。と言っても家賃は8万円だから、今までよりも毎月6.5万円を持ち出す計算になる。年間では78万円を住居費で持ち出しになるけれど、年収が200万円上がったから生活には特に影響ないと思っているんですよね。夫としては責任が大きくなったのにそれほど生活に余裕が生まれないことにガッカリしている様子でしたけどもね。

教育費の波が押し寄せる


夫が部長になってから3年後。一番上の子が大学受験の時期になり、わが家にも恐るべき教育費の波が訪れました。高校3年生の春、夏、冬と予備校の集中講習へ参加するために毎回数十万円が出費されていきます。そして、大学へ無事に合格したとしても文系学部であれば毎年100万円ずつ学費がかかる計算になります。

わが家においては一番上の子と二番目が2歳違い。そして、二番目と三番目が3歳違いなのでしっかり準備していかないと教育費の荒波に飲み込まれてしまうわけですね。ただ、わが家では300万円の学資と200万円になった児童手当で一人500万円の教育資金ができあがっていたのと、子供全員が文系大学へ現役合格してくれたことで無事に乗り越えることができたんです。子供一人500万円の教育資金というと大層な金額ではありますが、300万円の学資保険を続けることについてはそれほど無理があることではありませんでした。そこに、児童手当を単純に上乗せしているだけですから苦労したというのはあまりないのが実感です。


--------------

子供一人500万円の教育資金を準備するというのは難しいように感じてしまいますが、300万円の学資保険であれば年間約15万円です。そこに以前の記事『気づけばカンタン!誰にでもできる、教育費200万円を上乗せ貯蓄する方法』で紹介した通り、児童手当をすべて貯蓄しておけば200万円貯まりますから、それほど驚くような金額ではないかもしれませんね。
次回の完結編ではFさん夫婦の老後生活はどうなのか見ていきます。


完結編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

定年収 子沢山 定年退職 退職金 年金



後編からのつづき


老舗和菓子屋の部長まで登りつめたFさんのご主人は、年収700万円まで一気に上がった反面、借り上げ社宅制度を利用できないといった意外な展開もあり収入面はそれほど変わりませんでした。ただ、教育費対策はしっかりとFさんがしていたために無事に子育てを乗り越えたようですね。いよいよクライマックス。Fさん夫婦はどんな老後を迎えるのでしょうか。

雇用延長で65歳まで働いた


子育てからの卒業をしたわが家ですが夫が頑張って65歳まで働いてくれました。会社からは後進に譲るということで最後は顧問という立ち位置だったようですが、22歳で就職した会社を最後まで勤め上げてくれました。老舗和菓子屋という業態もあり収入は一貫して低水準でしたが何よりも安定して給料を貰ってくれた夫には感謝の気持ちしかありません。

夫が定年時のわが家の家計内訳はこんな感じでした。


[収入]
夫(65歳)
40万円(ボーナス手取り80万円)
妻(58歳)
0万円

[支出]
住居費
80000円
水道光熱費
20000円
食費
50000円
被服費
10000円
雑費
10000円
通信費
15000円
ガソリン代
10000円
保険代
10000円
夫小遣い
40000円
妻小遣い
10000円

合計
285000円

[貯金]
毎月
11.5万円


定年時の貯蓄額と定年退職金


夫が42歳の時に貯蓄額2300万円あったわが家の貯蓄額ですが、あれから23年。三人の教育資金や自動車の購入などもあり計画通りに貯金ができなかったときもありますが、この23年間で約2000万円の貯金ができたんです。なので、夫が定年したこのタイミングで4300万円の貯蓄があるんです。

しかも、定年退職した会社からは退職金の支給を受けて、その額1500万円。いろいろと調べるともっと多く貰ってもいいのかなって考えてしまいますが、勤続38年と一生を捧げた会社から慰労を受けた夫はその金額に満足だったようです。

なので、自力で貯めた4300万円と退職金の1500万円で5800万円になります。すごい金額ですよね。

近所の中古マンションを購入


仕事も子育てからも卒業した私たち夫婦ですが、これからの老後を考えて賃貸住宅に住むよりも購入したほうが安心できるんじゃないかってことでマイホームを購入することにしたんです。
ただ、夫も65歳、私も58歳ですから新築なんて購入しても人生の残りの期間と合致しないので中古物件を探すことにしたんです。私達の住まいは元々郊外だったので中古マンションで探すとそれほど高額ではないんですね。築20年の3LDK(70㎡)でも2000万円くらいなんです。やっぱり高齢になると段差に弱くなりますから、入り口から家の中までフラットなマンションが快適です。物件購入費用は現金一括、駐車場代と管理費・修繕積立金で毎月3万円を払う計算になります。

年金で年額180万円を受給


夫が65歳まで働けたおかげで退職後すぐに年金受給ができました。年金は年額180万円。月額では15万円ですね。その中からマンションの管理費・・修繕積立金で3万払っても12万円が残ります。現在が以下のような家計内訳ですから赤字家計にはならなさそうです。


[収入]
夫(65歳)
15万円
妻(58歳)
0万円

[支出]
住居費
30000円
水道光熱費
15000円
食費
30000円
被服費
10000円
雑費
5000円
通信費
10000円
ガソリン代
10000円
保険代
10000円
夫小遣い
20000円
妻小遣い
10000円

合計
150000円

[貯金]
毎月
0万円


死ぬまでお金に困らない


定年退職時に5800万円あった貯蓄はマンション購入で2000万円を消費して、残りの3800万円は貯蓄として保管しています。毎月の生活は今はトントンですが、あと7年したら私も年金を貰えるようになります。そうなったら、その分は丸々余裕資金になる計算です。

私も80歳まで生きたとしてあと22年。毎年100万円の赤字家計になったとしても貯金は底を尽きそうにありませんし、このマンションと貯金は三人の子供たちに遺してあげられるといいねって夫とも話しています。何よりも認知症や介護状態にならないように健康に気をつけてセカンドライフを楽しみたいと思います。私達がいなくなって財産分与で子供たちが喧嘩しないように家族みんなで相談しながら人生の終焉を迎えられるようにすることが、これからの私たち夫婦の仕事になりそうです。


--------------

いかがでしたでしょうか。
最終的には700万円まで収入が上がりましたがFさん自身は専業主婦で旦那さんのシングルインカム世帯なのに子供三人を見事に育て上げました。そこには子供の教育費対策をしっかり考え早めに実行して一人500万円の教育資金を準備できたことが大きな勝因ではないでしょうか。また、Fさん夫婦が浪費家資質ではなかったということも重要ですね。日々の生活の中でお金ではない部分に価値を見出している人は本当に幸福度が高い人生が送れるのではないでしょうか。わが家でもお金ではない楽しみや幸せをより多く感じられる人生を贈りたいものです。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

晩婚 高齢出産 老後破綻 契約社員 派遣社員



こんにちは☆のっち☆です。
現代の日本では晩婚化が進み、それに伴って高齢出産が増えているそうです。たしかに、私は20代後半で子供を産んだので決して早い出産ではありませんでしたが、子供の学校へ保護者会などで行くと多くのお母さんとは年の差を感じてしまうほどです。
そんな中、晩婚・高齢出産から老後破綻してしまったHさんの話をママ友から聞いたので、今回みなさんにお伝えさせていただこうと思います。

40歳でプロポーズされました


私の名前はH。40歳。
昨年からおつき合いしている3つ歳上の彼から先日プロポーズされたんです。もう、嬉しくて嬉しくて…、即OKの返事をしてしまいました。私も四十路ですから、半ば結婚することを少しずつ諦めかけていた矢先のことだったのですごく幸せだったんです。

彼は中小企業に勤めるごく普通のサラリーマン。役職は係長ですが、年収は500万円なんですって。ちょっと収入低いかなぁなんて思ったりもしましたけど、別に私も今まで通り働けばいいし何よりもこんな私と結婚したいなんて言ってくれるんですから、それ以上に望むものなんてありませんよね。

契約社員で年収300万円


私が就職活動していた2000年前後って就職氷河期で、当時つき合っていた大学生の彼氏も第一希望だった電機業界になんて採用してもらえなくて渋々小売業へ就職していたくらいの時代です。短大卒の私なんて高望みはしていませんでしたが、小さな会社の事務員ですら採用してもらえなくて結局、派遣会社へ登録して派遣社員という働き方を選ばざるをえない状況でした。

それから派遣社員としていくつかの企業に派遣されて、正社員の人と同じような業務を任されるのにボーナスもなく私はいつまでたっても時給で給料をもらう生活で、正社員と派遣社員ってこんなにも労働環境が違うんだなぁって、正社員の人達が羨ましくて仕方がなかった時もありました。

そんな私でも数年前に派遣された現在の職場では気に入ってもらえて派遣社員から契約社員にしてもらうことができたんです。私のような業務内容の派遣社員だと一つの会社に3年間という期限があるので、3年毎に派遣先企業が変わってしまうので疲れちゃうんですよね。それが契約社員になるとそういうことも無くなるし、直雇用だから給料も上がるんです。

派遣社員の時給は1500円、しかも交通費の支給は無し。それが、契約社員だと月給25万円で交通費も貰える。年収にすると、派遣社員のときは250万円で今が300万円+交通費だから条件はずいぶん良くなりました。

私と彼の貯蓄額


彼からのプロポーズに「喜んで!」と即答で私ですが、それから先のことって一切考えなかったんですよね。冒頭でも言いましたが、お金のことなら共働きで頑張ればなんとでもなると思っていましたし…

ただ、挙式をするとなると無料ではありません。親戚や会社の同僚・上司、友人もお招きするとなるとそれなりの用意をしなくてはいけないですし、それをするにはお金も必要ですから、旦那になる彼に直球で聞いてみたんです。いくら貯金を持っているのかって…

すると彼は照れくさそうに「300万円」って言うんです。私自身も「200万円」持っているので合わせると500万円。結婚式をするのには問題なさそうな貯蓄額になるのでホッと安心したんです。



---------------------

40歳で生涯独身を覚悟しつつあったHさんが生涯のパートナーを見つけることができて本当に良かったです。お互い40歳オーバーで年齢的には少しゆっくりな進展ではありますが、最近ではよく聞く話です。二人の貯金も合わせると500万円とそこそこの金額になったので、Hさんも安心したんでしょうね。
これからもHさんは幸せな人生を歩んでいけるのでしょうか…



中編につづく)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ