10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 資産形成・管理

老後資金 3000万円 金融資産 貯蓄 節約



こんにちは、☆のっち☆です。
わが家は貯蓄生活を毎月継続しているおかげでそれなりの貯蓄が作れてきました。ただ、それに伴って一つの疑問が生まれてきています。それは、「貯金はいつまで続けなくてはいけないのだろうか…」というもの。
みなさんはどのように考えていますか?

老後資金3000万円が目標


このブログでも何度かお伝えしていますが、現役時代に老後資金3000万円を目標に貯めておきたいと考えています。では、3000万円という金額はどうやって貯めるのか…

毎年100万円を30年間でもいいし、毎年50万円を30年間と退職金1500万円でもいいし。要は老後生活に突入するまでに貯めておければいいわけですよね。収入や住居形態、退職金の有無など多くの要素が人それぞれだから適切な貯め方などは一概には言えませんが、定年時に結果として3000万円があればいいわけです。

まぁ、実際のところ3000万円という目標を達成して老後生活を迎えられている世帯はそれほど多くはないと思いますので3000万円が絶対に必要かというとそうではないと思いますが、一つの目安として考えておいてもいいのかなって思います。
老後資金について気になる方は過去記事『老後を安心できる貯蓄額なんてないんですよ』あたりをご覧いただければと思います。

わが家はあと1200万円


昨年末に夫が行った家計決算ではわが家の金融資産は1800万円でしたので、老後資金3000万円を金融資産のとりあえずの目標として考えるとわが家はあと1200万円です。さらに、わが家の未来予想図であるキャッシュフロー表ではあと10年もかからずに達成できることになっています。

もし老後資金3000万円の貯金が完了したら、あなたならどうしますか?
「3000万円は貯めたけれども、将来どうなるか分からないから貯金は継続する」
「3000万円を維持しながら節約生活にピリオドを打ち、豪遊する」
「目標額を超えたお金は投資に回してより裕福な生活を夢みる」

いろいろな選択肢がありますよね。私なら貯金を止めて今までガマンしてきた贅沢な買い物を沢山したいなって思いますが、夫ならガッツリ投資なのかなって思います。

目標以上の貯蓄に意味はあるのか…


仮に3000万円の貯蓄を目標とします。その目標額を達成した場合、それ以上の貯蓄には意味があるのでしょうか?

いっぱい貯め込んで使いきれずに死んでしまった場合、それを相続する人が相続税を払わなくてはいけなくなります。もちろん免除される程度の額であればいいのですがそれを超える場合は税金の支払いが発生してしまいます。一生懸命に節約して貯めたお金を結局は税金として国に収めることになると、何のために節約生活を送って貯金していたのかが分からなくなってしまいますよね。

現在の日本ではさまざまなルールが法律や制度で作られていますから、自分自身でアンテナを張って情報収集をしていかなくては損をしてしまうことになるかも知れませんね。



いかがでしたでしょうか。
貯金を必死にすることも大切ですが、目標を達成してしまった場合のことも考えておく必要もありそうですね。

最後にわが家では3000万円を貯めたらどうするかをお伝えしようと思います。
「現役時代は貯蓄しつつ、60歳以降の楽しみのために健康管理に励む」といったところでしょうか。まずは子供の教育費の支払いが終われば相当自由になれますし、住宅ローンも完済してしまえばほぼストレスフリーな状態になれると思います。わが家ではそれらが50歳代で訪れますから、そこから先の人生を楽しめるように健康に注意をしていければと思っています。
ぜひ皆さんも貯蓄生活が終わってからのことも妄想しながら今を頑張って欲しいと思います。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計決算 金融資産 貯金 株式投資 THEO 投資信託



どうも夫です。
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、大晦日に妻が書いたとおり、わが家の正月は比較的贅沢な生活を送らせてもらいました。息子が受験をするということもあって、今年は帰省もせず家族三人でゆっくり過ごしたんです。ファミリーレストランで好きなものを好きなだけ頼んだり、寿司屋では普段よりも良いものを頼んだり、大きなカニを買ったり…。やっぱり10万円くらいあると結構好きなことができちゃいますね。こんな生活が送れるようにまた一年頑張りたいと思います。

そんなこんなで、年末にはわが家の家計決算を終わらせました。今年初めの今回は『わが家の2017年家計決算について』です。

見込額は1700万円だったけれど…


以前の記事『【金融資産額公開!】2017年家計決算の準備を始めました』では、ずいぶん甘い見込みで1700万円でした。あの見込みを立てたのが10月でしたから約2ヶ月でどう変わったかというと、結果としては「1800万円」でした!

ボクとしては結構「おぉ!」と思った水準なんですが、驚いているだけでは今年以降に活かせませんから、何が原因で上振れたのかというものを考えておきたいと思います。ちなみに、詳細はこんな内訳でした。


10月見込額
決算額
現金
1200万円
1130万円
投資(株式、投信)
300万円
470万円
貯蓄型生命保険
200万円
200万円




“現金”が減って、“投資”が上振れですね。要は、見込んだ時以上に投資分野へ資金をシフトさせたということですね。
さらに、合計金額が100万円も増えているというのは、まずボーナスが想定以上に多かったこと、11月、12月での貯金もしっかりできたことで現金は見込みより約30万円を増やすことができました。また、投資では予想以上に値上がりをしていて評価額が60万円ほど増えています。その結果、1800万円になったということですね。

投資でそんなに儲かったのか!?


10月からのたったの2ヶ月でそんなに相場が上がったのかというと… そうですね、しっかり値上がっていますね。10月2日の日経平均株価の終値が20400.78円でしたが、12月29日には22764.94円になっていますから、11.6%の上昇率です。これってなかなかの急上昇ですよね。上がりすぎていてやっぱりちょっと怖いくらいです…

まぁ、それだけボクの持っている株式も上昇したということですね。それと、以前の記事『株式投資のトレードに参入しましたよ』で投資した銘柄が驚きの上昇中なんですよね。直近ではひと息ついていますがまだまだ期待しています。手放すまで銘柄は内緒ですが、その銘柄のチャートだけお見せしますね。赤丸で囲ったところで参入しています。ね!しっかり値上がりしていますでしょ!


チャート


それと、興味本位で始めた『THEO』(関連記事『【運用実績公開】ロボットにお任せ運用を始めました』)もしっかり値上がりしてくれているので、結果として1800万円まで資産を増やせたということですね。この『THEO』の運用状況については継続的に記事で報告させてもらいますから楽しみにしていてください。



いかがでしたか。
いよいよ第二の目標である2000万円まで200万円を切りました。200万円を切ったということは、ひょっとすると2018年に達成できるかもしれないということなんです。現段階の見込みではちょっと難しそうなのですが、諦めずにしっかり積み上げていきたいと思います。

みなさんも今年もお金が貯まる一年でありますように…



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

人生100年時代 住宅ローン 55歳で完済 マスコミ 日野原重明



どうも夫です。
今回はちょっと過激なタイトルを付けてしまいましたが、これがボクの今現在感じていることをそのまま言葉にしたものなんです。だって、数か月前に日野原重明先生が亡くなってからというもの「人生100年時代」とあっちこっちで見ませんか?
今回はそんなマスコミに振り回されないために、改めて記事を書かせていただきます。

情報を鵜呑みにするな!


こんな事を以前、書いたような気がして過去記事を探してみたらやっぱり書いていました。『節約情報サイトを鵜呑みにするな!』です。当時はボクがエントリーしている節約カテゴリーの上位ブログに対して「上手くいくには必ずウラがある」って言い放った内容でしたが、今読み返してみても「間違っていないなぁ」って思うのでホッとしています…

ボクも含めて人って思ってもいないことを他人から言われると考えてしまうものなんです。「人生100年時代」だとか、「住宅ローンは55歳で完済しろ」だとか。。。
そんな根拠も乏しい情報は完全に無視してしまえばいいだけです。「あっ!また客引き記事だな」って思って読み飛ばしてしまえばいいんですよ。

気にしなくていい理由


どうして気にするなと言い切れるのか…

まずは「人生100年時代」ですが、その切り口の記事が増えたきっかけは105歳で日野原重明先生が亡くなられて大ニュースになったことです。多くの番組やニュースでそのお人柄が特集され、改めて日野原先生の知名度の高さを感じる出来事でした。
日野原先生は聖路加国際病院の名誉院長でありながら、他にも多くの組織のトップを歴任されておられました。90歳過ぎた頃もマスコミには注目されていて「エレベーターがあっても階段を使う」とか「夕飯には必ずステーキを食べる」とか報道されていたのをご存知でしょうか。つまり、日野原先生はマスコミにも取り上げられるほど“以前から元気なご老人”だったわけですね。

もちろん100歳超なのに現役のドクターだという時点で話題性があるので、生前はこれからの高齢化社会に元気を与えるようなシンボルとしてマスコミは報道していたにもかかわらず、いざ亡くなってみるとその長寿だけを捉えて「人生は100年時代に突入したから、お金対策をしっかりと」といった記事がたくさん出てくるんです。その話題の切り替え方がボクとしては非常に残念なんですよね。

住宅ローンを55歳で完済することは考えるな!


そんな「人生100年時代」という切り口から派生した記事で「住宅ローンは55歳で完済しよう」みたいなものがあったんですよね。みなさん、読まれました?
それを見た時に「えぇ~!」と思って読んでみたんですが、10秒くらいで読むのを止めてしまいました。だって、現実味のない面白くない記事だったからですね。

そりゃ、55歳で住宅ローンを完済して老後に負担を差し伸ばしにしないというのは理想ですよね。ボクだって「定年、最悪でも65歳までに住宅ローンを完済できるようにしましょう」って書いていますから、理想と言えばそうかもしれませんが55歳で完済する必要ってないんですよね。記事としては「その頃には教育費や介護費用の負担が重くなっているから…」と書いていますが、55歳で教育費がピークになる子育てだと35歳くらいで出産しているわけです。それなのに55歳で住宅ローン完済できるってどんなご家庭なんでしょうね。



いかがですか。
とりとめのないことを書いてしまいましたが、何が言いたいかというと「ネットの情報に惑わされるな!」ということです。
ネットの記事って読んでもらいたいから、みんなが気になるようなタイトルを付けるんです。それを分かっているボクですらアクセスしてしまうくらいですからね。多くの記事を読んで少しでも知識を身につけたいと思うかもしれませんが、本当に参考になる記事が少ないのも現実なんです。
このブログをお読みいただいている皆さんには、たくさんの情報を集めてもすべてを鵜呑みにせずに、本当に役に立つ情報を見つけられる力をつけていただきたいものです。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ