10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 全般

MNP auポイント 15000円 UQモバイル



どうも夫です。
今年もいよいよ年末ですね。みなさん、ボーナスは支給されましたか?
さて、そんな年の瀬も押し迫っている今日この頃ですが、わが家では今年最後のトクしたことがありましたので、ご報告させていただきますよ。

わずか5分で15000円ゲット!


年末という時期のせいでお金に羽が生えたように飛んでいっているのではないでしょうか?
かく言うボクも昨日下ろしたはずの1万円が翌日には綺麗になくなっている状態なので、日々恐ろしさを感じております。

そんな中、「たったの5分で15000円を貰えた」という出来事があったんです。それは以前の記事『最大3万円ゲット!スマートフォンをお得に機種変更できる唯一の方法』で紹介した方法なんですが、あれから僅か1年足らず… 実はまた貰えちゃったんですよね。

今回は本当にMNPしようと思ったんです…


さすがのボクも毎回ウソの電話でポイントをゲットして安く機種変更をしようと思っているわけじゃないんです。だって、そんなことやってもどうせポイントなんて貰えないだろうし、ブラックリスト入りしてしまうのも嫌ですからね。

ということで、今回は『iPhoneを格安で買い増しする方法』で書いたことを実行しようとしたわけなんです。
つまり、妻のauの契約が今月が更新月なのでMNPしてUQモバイルへ転出して、子供用のiPhoneをゲットしようとしたわけです。そして、auのMNPセンターへ電話をかけます。。。

ボク「すいませ~ん。MNP番号の発行をお願いします」
オペレーター「承知いたしました。手続きに少々お時間をいただきますのでご了承ください」
ここから、MNPに伴う手数料の案内があってその後はMNP転入先を聞かれました。ここで、UQモバイルと言ってもよかったんですが、ついついdocomoって言ってしまいました…

ボ「docomoです」
オ「docomoにされる理由はどんなことでしょうか?」
ボ「キャッシュバックとか?ですかね…(オイオイ)」
オ「そうでしたか…。少し確認したいことがございますので1分ほどお待ちいただけますか?」
ボ「はい、どうぞ。(あれ?少し前にもこんな流れだったよな…)」
オ「お待たせしました。もしよろしければ、機種変更にお使いいただける15000円分のポイントを差し上げることが出来るんですが、それで再びauのご利用を考えていただくことは難しいでしょうか??もちろん、事前にお届けしている機種変更に使える15000円分のクーポンとも併用いただけますから…」
ボ「えぇ!そんなに貰えるんですか!?それなら、MNPは考え直しますよ。」
オ「ありがとうございます!ポイントは2時間程度で付与させていただきます。」
ボ「あ、はい…どうも。」
オ「これからもauをよろしくお願いいたします!」

勢いで15000円分のポイントを受け取ってしまったような感じですね。というより、ポイントを押し付けられてMNP番号を貰えなかったと言ったほうが正しいかもしれません。



いかがですか。
こんなやり取りで約5分。たったの5分で15000円をゲットしてしまったようなものです。貰ったポイントは月々の支払いの割り引きに使うことにしました。半年間2000円引きになります。そして子供の携帯は“新規”でUQモバイルですね。MNPするのとそれほど変わらないんですよ、実は。それにしても、1年も経っていないのにまた15000円もくれるなんて、大丈夫なんでしょうか?
もしよかったらこんな必殺技ですが参考にしてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

エポスカード ゴールドカード 年間費無料 50万円



どうも夫です。
以前、『ゴールドカードが欲しくてたまらない!』という記事を書きました。この記事は2017年2月に書きましたから、今から10ヶ月前になりますね。そしてこの度、インビテーションをいただいて無事に年会費無料のゴールドカードを入手したので、みなさんにご報告をさせていただきます。
発行になるまでの利用実績も含めて、いくつかのサイトでも紹介されていますがインビテーションを貰えるまでをお伝えさせていただきます。

ゴールドカードを所有するという魅力


ところで、どうしてゴールドカードというものが欲しくなるのでしょうか…
その答えとしてボクが思っているのは、そこそこのオッサンになると財布を開いたときの視線というものがとても気になるんです。同僚や後輩は絶対と言っていいほどボクの財布の、特にカードの券面と札束の厚さを毎回チェックしているんです。というより、チェックしている視線をボクは勝手に感じているんですよね。なので、出来ることなら財布に入れておくクレジットカードはすべて金色にしたいと思ってしまうほどなんです。

こんな感情は見栄以外のナニモノでもないということは十分に分かっているんです。。。
FPの資格を持ち、キャッシュフロー表を相棒に家計管理を徹底的に行っているボクですから、無駄にゴールドカードを持つということの無意味さは理解しているんですが、感情がそれに反発するんですよね。何なのでしょうか、この感覚は…

そしてボクが入手を目指したゴールドカードが『エポスゴールドカード』です。

最強ステータスカード!『エポスゴールドカード』


どうしてボクは数あるゴールドカードの中から『エポスゴールドカード』を選んだのかというと、ゴールドカードの代名詞とも言える「親切なゴールドデスク」「空港のラウンジ無料利用」「海外旅行損害保険付帯」といった特典がついているのに「年会費無料」であるということなんです。「金色に光り輝く券面以外のゴールドカードの魅力は何?」と聞かれると、お仕事柄ボクは間違いなく「空港のラウンジ無料利用」になるんですが、ハッキリ言ってしまえば、それ以外はゴールドカードを欲しいと思う理由がないんですよね。。。

しかし、この『エポスゴールドカード』は年会費無料でありながら、それ以外にも充実した特典を受けられます。それが以下です。


◯ポイントの有効期限がない
◯年間利用額によってボーナスポイントが貰える
◯海外旅行損害保険が自動付帯
◯ショップ登録で還元率1.5%
◯エポスカードならではの提携優待店舗の多さ

いかがですか?
年会費無料なのにこの充実したサービスは…

券面は金色で恥ずかしくない、空港のラウンジは無料で利用できる、還元率もとても高い、なのに年会費無料。。。 至れり尽くせりのこのゴールドカードをインビテーションを受けて無料で発行する価値は非常に高いとボク自身は思っています。

これでインビテーションをゲット!この10ヶ月間の利用実績


この奇跡のようなゴールドカードはいきなり申し込むこともできます。しかしその場合、年会費5000円が必要になってしまいます。まぁそれでも、発行後50万円以上を利用すれば以降、永年無料にすることもできるので急いでいる場合はそんな発行の仕方もありですね。

ただ、通常のエポスカードを利用して一定の基準をクリアした限られた人だけが受けられるインビテーション(招待)さえあれば、発行初年度から年会費は永年無料になるので、この『エポスゴールドカード』を作るならぜひともインビテーションを受けて発行したいものですね。

ということで、今回、ボクがインビテーションを受けるまでの利用実績を以下に公開しようと思います。ぜひ参考にしてくださいね。


エポスカード 利用実績


上記の実績では合計456858円を利用しています。そして、ここに出ていない分で34269円が次回支払いが確定していました。なので、直近12ヶ月で50万円は利用していませんが、それに近い金額の利用はしているということになるのでしょうか。多くのサイトでも報告されている“インビテーションを貰うには50万円を使う必要がある”ということは、あながち嘘ではないかもしれませんね。



いかがでしたか。
ようやくボクも長くお付き合いできる“ゴールドカード”を持つことができました。これからは、今までメイン利用していた『REXカード』との棲み分けをしっかりしながら、一番お得でステータスを誇示できるクレジット生活を満喫したいと思います。
高額な年会費を払わなくてもゴールドカードを所有できる現代です。ぜひ、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

年末調整 保険料控除 生命保険 保険のビュッフェ 確定申告



こんにちは、☆のっち☆です。
みなさんは生命保険に加入する時期を気にしたことってありますか?「生命保険なんて若い頃に入ったものを今でも継続しているだけだよ」なんていう人もいるかもしれませんね。もしそんな人がいたら、とりあえず保険を見直してみましょう。当時とは変わってきている部分が必ずあると思いますからね…
そんな思いもあって以前の記事『【体験談】“保険のビュッフェ”の無料相談にいってきたよ』で報告させてもらったように無料相談をして加入した生命保険。1年経った今、夫がちょっと後悔しているんです。
今回はそんなお話です。

“保険のビュッフェ”でこんな保険に加入しました


約1年前に相談した“保険のビュッフェ”ですが、サービスとしてはとてもありがたいものでした。相談は無料だし、相談するだけで「商品券5000円」も貰えましたからね。なによりも多くの家計を知っているファイナンシャルプランナーにわが家の家計チェックや保険のバランスなどもしっかり確認をしてくれるので、とても安心することができるんですよね。

当時のサービスだった「商品券5000円」というものが無くなってしまいましたが、現在は「家電プレゼント」っていうものをしているのでお得感にはそれほど変わりはありませんね。




そして、当時わが家が加入した保険はメットライフ生命の『積立利率変動型終身保険(米国通貨建2002)』というものでした。最低積立利率が3.0%で通常の外貨預金よりも高利回りなのに死亡保険も付加されているという貯蓄型生命保険です。外貨なので為替変動が不安ですが、「毎年支払うことでそのリスクも最小限に抑えられるんじゃないか」って夫が言っていたのでその辺は完全にお任せしています。

サラリーマン特権の“年末調整”


サラリーマンの方は年末になると総務部の人から「年末調整をするから申告書を提出してください」って言われますよね。私もすでに配られていて夫に記入をお願いしているところなんですが、提出するのには必要な金融機関からの証明書ってありますよね。
「生命保険料控除証明書」や「住宅ローンの年末残高証明書」などなんですが、みなさんご存知ですか?

生命保険に加入している人はその証明書、住宅ローンを組んでいる人はローン残高証明と管轄税務署から発行される申告書兼証明書を添付して提出すれば、会社の年末調整ですべて完了してくれますよね。そんな手続きを総務部でやってくれるから12月の給料が例月よりも多かったりするわけです。

生命保険に加入する時期って重要ですよ!


そんなサラリーマン特権とも言える“年末調整”ですが、必要書類が揃わなければ申告することができないんです。多くの会社では11月くらいには全社員へ年末調整に必要な書類提出が求められますよね。

今回、夫が「失敗したぁ~!」って嘆いているのが、この提出期限なんですね。

どういうことかというと…
1年前に加入したということは、11月が保険の加入月になっているんです。年末調整に必要な保険料控除証明書って「一年間の保険料を〇〇円支払いましたよ」っていう証明書なので1年分支払ってから発行されるんですが、夫の場合は11月の保険料支払いが終わってから証明書が発行されるので手元に届くのが12月になってしまうんです。
ただ、年末調整書類の会社への提出期限って11月には締め切られていますよね。だって、総務部の人たちは年末調整をした上で12月給料を支払うわけですから。12月になって「追加でこれも…」なんていった日には相当冷たい目で睨まれてしまうこと間違いなしです。総務部には必ずお局さんがいますから一喝されてお終いですよね。

つまり、昨年加入した生命保険は年末調整に間に合わないということになるんです。“確定申告”をすれば結果的には一緒なんですが、会社がやってくれることを自分でやらなくてはいけなくなるので、仕事を増やしてしまった感満載なんですね。



いかがでしたでしょうか。
サラリーマンという会社組織で働いている人たちは、可能な限り会社を上手く利用することが大切だと思います。今回の年末調整もそうなんですが、それ以外にも会社が半分負担してくれる厚生年金に加入するなどサラリーマン特有の優遇制度はフル活用しなくては勿体ないんですよね。
今回のテーマである年末調整に支障がない生命保険の加入については、遅くても9月までということになりますね。その加入時期と加入者の誕生日の兼ね合いでベストな時期というものがありますから、そのあたりはしっかり考えて行動することをオススメしますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ