10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 全般

パワーカップル 共働き 年収700万円 年収1000万円



こんにちは、☆のっち☆です。
わが家は以前からお伝えしている通りバリバリの共働き世帯です。まずまずの貯蓄ができているのに妻の私まで一生懸命に働いているのか…。まぁ、その点はいろいろな人生観があると思いますので今回は割愛させていただきますが、わが家では最近ちょっと流行っている言葉があるんです… それは『パワーカップル』。
みなさん、この言葉をご存知ですか??

『パワーカップル』ってなに?


2013年頃から“格差社会”をテーマにした書籍をきっかけに不動産業界で使われるようになったようですが、まだまだ一般的な言葉ではないかもしれませんね。そんな言葉を私が耳にして夫に伝えたところ「いい響きだねぇ」って感動していたんです。それからというもの、夫の目標は『パワーカップル』なんです。

夫の心を鷲掴みにするその言葉の意味はこんなカップルを指すそうです。


“夫婦共働きでお互いが年収700万円以上の世帯”


オマケで付け加えると「不動産購入意欲も高い世帯」のことのようですが、そこは省いて“夫婦お互い年収700万円”というキラキラワードが夫を射抜いてしまったようです。

“年収1000万円”という目標をヤメた理由


少し前までは夫も「目指す年収は1000万円だ!」なんて言っていましたが、現在では一切言わなくなりました。目指すことが無理になったわけではなく、やる気がなくなったわけでもありません。目指さなくなったのは夫婦それぞれが年収700万円を目指すほうがより充実した生活が送れそうだからです。

わが家では今春に息子が中学生になります。中学生になると部活動が始まって毎日遅く帰ってくるし、反抗期にもなっているので近い距離で世話をして可愛がるという子育てではなくなってきますよね。親は目を離し、手を離し、子供の自立を促さなくてはいけない時期なんだと思うんです。この時期に親が子離れできていないと親自身が精神的に辛くなってしまいますよね。

「そんなときは仕事に専念してしまえばいいじゃないか!」ということで、現在の契約社員という雇用形態から正社員になっちゃえばいいんです。正社員になれば私だってボーナスも貰えるようになるので年収100万円はアップします。そんな息子が離れていくことの気の紛らわし方だってありだし、夫婦で楽しめる時間も増えるし、お金も貯まるしで幸せだと思うんですよね。

一人で年収1000万円となると仕事に費やす時間は相当なものになります。年収700万円の人と1000万円の人では立場も責任も違いますから当然のことですよね。年収も職責もホドホドがいいんじゃないかとわが家では考えるようになったということですね。

どの世帯も『パワーカップル』になれますよ


私が正社員になるか、資格を活かして効率よくダブルワークをするかはまだ決めていませんが、どちらにしても収入を増やすことは十分に可能だということは分かっています。夫も管理職として働いていますが、現代では一気に年収が上がる可能性は低いですよね。すでに管理職の夫がもっと収入を上げるためには、猛烈に仕事をして上司にも恵まれて昇進しなくちゃいけないわけですよ。そんな家庭を犠牲にするほどの努力をするよりも、子育て時間がなくなった私がもうちょっと働けばいいだけなんだと思っています。

そんな考え方はわが家だけでなく、どこの家庭にも当てはまると私は思います。現代では余程の余裕が無い限り出産に伴う寿退社はあっても、専業主婦になるだけの寿退社ができる世の中ではありません。強弱はあっても夫婦共働きをするのが当たり前だと思ったほうがいいと思っていますし、それが現実だと思っています。

そして、パワーカップルの定義であるお互いが年収700万円、世帯年収1400万円というのも、内訳が600万円+800万円でも、550万円+850万円でもいいわけですよね。それなら頑張って働いていれば手の届く年収なんじゃないでしょうか。諦めたらそこで全てが終わってしまいますよ。



いかがでしたでしょうか。
世帯年収1400万円なんて夢のような話ですね。実際に全世帯に占める割合は2%ほどのようなので50世帯に1世帯と少ない割合ですが、今回お伝えしたように最初から諦めてしまうほどの難しさでもありません。ましてや、夫一人でその額を稼ぐよりも共働きのほうが税金も安いし、年金受給額だって上がるので、トータルで考えたらやっぱり“共働き”のメリットって大きいんですよね。
働けないと思い込んでいる専業主婦のみなさん!ぜひ頑張ってみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

宝くじ 年末ジャンボ宝くじ ギャンブル パチンコ 競馬



こんにちは、☆のっち☆です。
早いもので年が明けてからもう一週間以上が経ってしまったんですね。こんな調子で1ヶ月が過ぎ、3ヶ月が過ぎ、半年が過ぎ… 気がつくとまた年末になっちゃうんでしょうね。
そして、私自身の今年初めにお届けする内容は「宝くじ」についてです。あなたも“年末ジャンボ宝くじ”を買ったりしていませんか??

「宝くじ」は立派なギャンブルですよ


早速ですが、「ギャンブル」と聞くとパチンコや競馬、競艇、カジノなどを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、それら以上にギャンブル性が高いのが「宝くじ」なんですよ。

ちなみに、「ギャンブル」とは賭け事のことですよね。賭け事には多くの場合、その賭け事を取り仕切っている胴元がいるんです。パチンコにはパチンコ屋さん、競馬にはJRA(日本中央競馬会)といったような存在ですね。そして、宝くじもギャンブルなので胴元が存在しますが、それは「地方自治体」なんですよね。

私としてはとても意外でショックだったんですが、「宝くじ」って地方自治体がギャンブルを住民に促してお金を落とさせている仕組みなんですよね。行政なんて融通がきかなくて、真面目ヅラしているくせに、一方ではギャンブルの促進… なんかちょっと許せないですね。

「宝くじ」の還元率を知っていますか?


いきなりですが、こちらの円グラフをどうぞ。


宝くじ 還元率
(宝くじ公式サイトより)


この円グラフは宝くじの売上金がどんなことに使われているかということを示しています。ご覧になって何に気づかれますか?

私が最初に思ったのは、当選金の比率が46.8%だってこと。この当選金原資が宝くじを購入した人たちの夢の総額になるわけですよね。それが売上の46.8%しかないってことは、シンプルに考えると宝くじを買った時点で53.2%を地方自治体へ寄付しているようなものなんですよね。年末ジャンボ宝くじを30枚(9000円分)購入した人であれば、窓口で購入した時点で4788円を寄付して帰ってきているようなものです。

「宝くじ」を買う人がお金持ちになれない理由


毎年年末になると“年末ジャンボ宝くじ”のCMがバンバン流れますよね。普段は宝くじを買わないけれど年末だけは買うという人も多いのではないでしょうか。たしかに、年末の一行事としては良いイベントかもしれませんが「お金」という切り口で考えた場合、絶対に手を出してはいけないものなのは、先ほどお伝えしたとおりなんです。

貯金や資産形成をするにあたって重要なことは“思考”です。
「それって本当にお得なんだろうか…」「これってどんな仕組みなんだろう」なんていう考え方が自然にできないと非常に非効率な貯金計画や資産形成になってしまうんですよね。買った瞬間に価値が半分以下になってしまうようなものを、平気で買ってしまうようでは資産形成という長距離走を走りきることはできないだろうし、できたとしても相当な遠回りをしてしまうことになるでしょう。

お金を使うことは悪いことではありませんが、重要なのはその使い方です。ギャンブルに投入するようなバカげた行為はヤメたほうが良いと思いますよ。



いかがでしたでしょうか。
日本国民の多くを敵に回すような内容でスタートを切らせていただきました。もしお読みいただいて気分を害された方がいらっしゃいましたらお詫びしますね。ただ、1等なんて当たらないだろうし、2等だと1000万円まで当選金が下がりますし、3等なんてたったの100万円です。冷静に考えて、そのお金で美味しいディナーでも食べに行ったほうが有意義ではないでしょうか。今回の記事があなたの思考の参考にしていただければ幸いです。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

MNP auポイント 15000円 UQモバイル



どうも夫です。
今年もいよいよ年末ですね。みなさん、ボーナスは支給されましたか?
さて、そんな年の瀬も押し迫っている今日この頃ですが、わが家では今年最後のトクしたことがありましたので、ご報告させていただきますよ。

わずか5分で15000円ゲット!


年末という時期のせいでお金に羽が生えたように飛んでいっているのではないでしょうか?
かく言うボクも昨日下ろしたはずの1万円が翌日には綺麗になくなっている状態なので、日々恐ろしさを感じております。

そんな中、「たったの5分で15000円を貰えた」という出来事があったんです。それは以前の記事『最大3万円ゲット!スマートフォンをお得に機種変更できる唯一の方法』で紹介した方法なんですが、あれから僅か1年足らず… 実はまた貰えちゃったんですよね。

今回は本当にMNPしようと思ったんです…


さすがのボクも毎回ウソの電話でポイントをゲットして安く機種変更をしようと思っているわけじゃないんです。だって、そんなことやってもどうせポイントなんて貰えないだろうし、ブラックリスト入りしてしまうのも嫌ですからね。

ということで、今回は『iPhoneを格安で買い増しする方法』で書いたことを実行しようとしたわけなんです。
つまり、妻のauの契約が今月が更新月なのでMNPしてUQモバイルへ転出して、子供用のiPhoneをゲットしようとしたわけです。そして、auのMNPセンターへ電話をかけます。。。

ボク「すいませ~ん。MNP番号の発行をお願いします」
オペレーター「承知いたしました。手続きに少々お時間をいただきますのでご了承ください」
ここから、MNPに伴う手数料の案内があってその後はMNP転入先を聞かれました。ここで、UQモバイルと言ってもよかったんですが、ついついdocomoって言ってしまいました…

ボ「docomoです」
オ「docomoにされる理由はどんなことでしょうか?」
ボ「キャッシュバックとか?ですかね…(オイオイ)」
オ「そうでしたか…。少し確認したいことがございますので1分ほどお待ちいただけますか?」
ボ「はい、どうぞ。(あれ?少し前にもこんな流れだったよな…)」
オ「お待たせしました。もしよろしければ、機種変更にお使いいただける15000円分のポイントを差し上げることが出来るんですが、それで再びauのご利用を考えていただくことは難しいでしょうか??もちろん、事前にお届けしている機種変更に使える15000円分のクーポンとも併用いただけますから…」
ボ「えぇ!そんなに貰えるんですか!?それなら、MNPは考え直しますよ。」
オ「ありがとうございます!ポイントは2時間程度で付与させていただきます。」
ボ「あ、はい…どうも。」
オ「これからもauをよろしくお願いいたします!」

勢いで15000円分のポイントを受け取ってしまったような感じですね。というより、ポイントを押し付けられてMNP番号を貰えなかったと言ったほうが正しいかもしれません。



いかがですか。
こんなやり取りで約5分。たったの5分で15000円をゲットしてしまったようなものです。貰ったポイントは月々の支払いの割り引きに使うことにしました。半年間2000円引きになります。そして子供の携帯は“新規”でUQモバイルですね。MNPするのとそれほど変わらないんですよ、実は。それにしても、1年も経っていないのにまた15000円もくれるなんて、大丈夫なんでしょうか?
もしよかったらこんな必殺技ですが参考にしてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ