10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 全般

メインバンク メガバンク 三井住友銀行 投資信託



こんにちは☆のっち☆です。
みなさん、銀行の窓口って最近では出向く用事もずいぶん減りましたよね。今ではインターネットバンキングが中心で時間のかかる窓口なんて余程のことがなければ行くこともありません。
今回はそんな銀行窓口へ久しぶりに行ったときの出来事をお伝えします。

夫婦揃ってメインバンクへ


冒頭にも書きましたが、先日、我がメインバンクの三井住友銀行の窓口へちょっとした手続きのために夫婦揃って行ってきたんです。用件としては本当にちょっとしたことなんですよ。ただ、ずいぶん昔に設定したサービスだったのでインターネットバンキングが対応していないとのことで仕方なく窓口へいくことになったんです。

夫は銀行に行くといつも楽しそうにしているんですよね。パンフレットとかポスターを見にあっちこっちに行ったり、銀行員の動きをチラチラ見ていたり…。警備員のおじさんに怪しまれそうだから止めてほしいのに、一切お構いなしなんです。仕舞い目には「遅い!」とか聞こえそうな声で言い出したりするんです。あの空間でリラックスしすぎですよね、ホントに。

ようやく窓口へ


番号札を取ってから15分くらいで呼ばれたんですが、呼ばれる少し前に夫がこんなことを言うんです。

めちゃくちゃセールスされるから楽しみにしときな」って。

「えぇ、なにそれ~」って感じで聞きながら、夫と二人で窓口へ。用件を伝え対応してくれた女性行員の方もほほ笑みを浮かべながら手際よく処理を進めていきます。もちろん行員の方と話をするのは夫です。夫は慣れた口ぶりで必要な情報をテンポよく答えていきます。すると、対応された行員の方も「あっ、この人慣れているな」って感じになってくるんですよね。

最近の窓口にはインターネットバンキングのタブレットのようなものが置いてあって、顧客自身が操作すればいいものはそれで操作させるんですが、なんせ夫は言われてから操作完了するまでが早いのなんのって。行員の方がついていけないくらいのスピードで操作するんですよね。何なんでしょうかね、この人は…

セールスのために偉い人がドンドン出てくる


みなさん知っていますか?
行員の人って処理をしながらその顧客の口座状況をすべて見ながら対応を変えているんですよ、たぶんですけど。。。
だって、今回の用事は開始数分で完了した感じだったんですが不自然にこう言うんです。

「いま、処理していますのでその間に当行がオススメしている商品のご案内をさせていただけないでしょうか?」

「いやいや、処理終わってるじゃん!」ってくらいなのに平然と言ってくるんです。それをまた断ればいいのに夫は「どうぞ(笑)」って言うんですよ。
そして、何を勧められるのかと思ったら『積立預金』『外貨自動積立』『自動積立投資信託』『生命保険』なんです。今回の用件とは全く関係ないのにね。
しかも「お客様のお口座には随分多くのご資金がお有りのようですが何か使用目的でもあるんですか?」って聞いてくるもんだから夫も「いや、別に。そのお金、行き場がないんですよ」って正直に言うんです。余計なこと言うなって隣で微笑んでいましたよ、私は。

すると、「商品に詳しい人間に確認してきますのでしばらくお待ちください」って大事になってくるんですよね。その後は別ブースへ移動を促され若い男性行員に担当が変わり、夫がその気がありそうに答えるもんだから少し偉そうなおじさん行員まで出てきて投資信託を勧めてくるんです。最後は夫が「資料を家でしっかり読んで考えてもいいですか?」とクロージングして終了です。

数分の事務処理をするために窓口に行って、終わったのが16時20分。銀行に行ったのが14時30分くらいだったので約2時間も銀行に居座るんですよ。
その間には、シャッターも閉まり、渉外担当者が電話営業を始め、事務の方々も事務処理をコツコツしていて普段の銀行窓口とは雰囲気がガラッと違う空間を行員みなさんから「ありがとうございました!」と言われながら退出するんです。

二度と夫とは銀行窓口には行きたくないと思った出来事でした。



いかがでしたでしょうか。
今回は読者のみなさんにお役に立つような内容ではなかったかもしれませんが、体験談としてご覧いただけるとうれしいです。ただ、メガバンクといえども収益を上げるのは大変なんだなぁって感じる経験にはなりました。この超低金利で融資しても利ざやが取りづらく、農協や信用金庫、ネット銀行が低金利や高利回りで資金を集めて融資もしますから、どうしても今回勧められたような商品に注力してしまうんでしょうね。
ぜひみなさんも銀行窓口に行かれる時はお気をつけください(笑)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

子供部屋 メルカリ 学習デスク 断捨離



こんにちは☆のっち☆です。
みなさんは子供部屋っていつ作りますか?
小学校入学のときですか?それとも、中学校入学のときですか?
わが家では小学6年生の今、子供部屋を作る準備を進めているんです。子供部屋にしようとしている部屋は今まで何に使っていたわけでもない大きなクローゼットのような部屋だったので、ちょっと整理するだけでいろんな荷物が出土(?)してくるんです。
今回はそんな断捨離で出土した荷物がお金に変わっていくお話です。

さぁ、子供部屋を作るぞ!


突然ですが、わが家は小学校入学のときに“学習デスク”を買わなかったんですよね。というのも、わが家は都内の3階建て狭小住宅。間取りは3LDKなんですが、エアコンの室外機の置き場が限られているのでエアコンが付いている部屋がリビングと主寝室の2部屋だけだったんです。エアコンのない部屋に学習デスクを置いても暑いし、寒いしで勉強にならないってことで買わなかったんです。

そんなエアコンのない部屋だったんですが、以前の記事『戸建住宅の修繕をしよう!』で足場を組んだときにここぞとばかりにエアコンの取り付けをしたんです。それをキッカケにまずは荷物の整理。そして、ようやく学習デスクを購入してあげることができました。
ちなみに机は子供が使わなくなっても私たちが使えそうなものをということで、ACTUSで購入。10万円を優に超えていきましたがやっぱりオシャレな家具なので、それだけでお部屋らしくなりますよね。

そんなこんなで、わが家の子供部屋化計画は一気に子供専用の部屋にするというよりも、少しずつ片付けながら子供へ引き渡していくといった感じで現在は進めています。ゆっくり断捨離をしていく感じですね。

いろいろなものが出土してくる


それまで荷物置きのお部屋だったので色々整理していると存在すら忘れているような逸品が出てくるものですよね。そのおかげで部屋の片付けもなかなか進まないのですが、出てくる物は懐かしの品や買っただけでしまい込んでいる未使用品など次から次へ出土します。

子供が小さかった頃に遊んでいた玩具や絵本、子育てのために買った用品など本当にたくさん出てくるんです。こんなものを大事にとっているから家の中の荷物がドンドン増えてしまうんですよね。しかも、わが家にはこの部屋ともう一つ納戸として使っている部屋があるので、将来その部屋も整理するようなことがあるとこれまた酷いことになるのかなぁなんて思ってしまいますね。

出土した不用品の行き場は…


家の中を整理して出土したアイテムは今となっては不用品です。もう勘の良い人はお気づきかと思いますが、そんな不用品でも必要としている人はいるんですよね。ということで、出土したニーズのありそうなアイテムは迷わず『メルカリ』へ出品することにします。

以前の記事『ネットオークションを最大活用!あなたの家の不要品がお金になる』や『いま話題の『メルカリ』で得しちゃいました!』でも書いたように、不用品でもしっかりとお金になるんですよね。以前はオークションという仕組みを利用していましたが、現在は間違いなく『メルカリ』です。なんせ売れるまでの時間が短いんですよ、売れちゃう商品なんて10分くらいで売れちゃいますからね。

そんなこんなで現時点での売上金額は25000円です。
25000円ですよ!部屋を整理して「これ売れるかなぁ」なんて思うものを片っ端から出品したらこの金額です。これのおかげでしばらく裕福な気分で生活できると思います(笑)



いかがでしたでしょうか。
「こんなもの売れないよ」とか「出品するのが面倒」とか思って利用しないと一銭にもなりませんが、部屋を片付けて、売れそうなものをピックアップして出品していくだけ。ちょっと手間を掛けて断捨離するだけで25000円になるんです。ちょっとおしゃれな家具を買ったとしてもそれをやるだけでずいぶん安く買えてしまいますよね。わが家だけではないと思います。あなたの家にもお宝がたくさん眠っているんじゃないでしょうか。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

思考癖 口癖 マザー・テレサ 貧乏 金欠



こんにちは☆のっち☆です。
以前の記事『口癖があなたを貧乏にする!はじめよう、金持ちへの第一歩』でも書きましたが、あなたは自分自身が日々発している言葉を常に意識していますか?なかなかお金と上手に付き合えていない人の中には口癖にまでなっていなくても“思考癖”というものが付いている危険があります。
今回は「お金が逃げる思考癖」についてお伝えします。

思考はいつか言葉へ、そして最終的には…


“癖”というものはどんなことか理解されていますよね。念のため…


『①無意識に出てしまうような、偏った好みや傾向。習慣化している、あまり好ましくない言行。「爪をかむ癖」「なくて七癖」「怠け癖(ぐせ)がつく」②習慣。ならわし。「早起きの癖をつける」③一般的でない、そのもの特有の性質・傾向。「癖のある味」「癖のある文章」 ④折れ曲がったりしわになったりしたまま、元に戻りにくくなっていること。「髪の癖をとる」「着物の畳み癖(ぐせ)」』(デジタル大辞泉より)


ということです。つまり、「あまり好ましくない偏った習慣」ということでしょうか。この偏った習慣が“癖”ですが、ここではもう一つの言葉を紹介します。


『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。』(マザー・テレサ)


このマザー・テレサの言葉、怖くないですか?私が初めて見たときすごくドキッとしたことを覚えています。思考→言葉→行動→習慣→性格→運命という順番で展開していくということですね。要は“癖”になってしまったら、その先性格になってしまって、さらには運命をも変えてしまうということです。

すべての始まりは“思考”から


この“思考”から始まり“運命”にまで発展してしまうということは、冒頭にも書いたようなお金が逃げてしまうような「思考癖」がついてしまうと将来的にはあなたが貧乏(金欠)なのが運命となってしまう恐れがあるということですね。

私の上司にそんな「思考癖」が身についたOさんがいます。彼の発想は常に妬みや僻(ひが)みで溢れています。例えば、こんな様なことをよく言うんです。


「いいよなぁ君は。共働きで…」
「俺なんかあれが欲しくても買えないのに、アイツは簡単に買ったんだよ」
「こんなに頑張って努力しても見返りなんてほとんど無いからな…」
「アイツのせいで俺がこんなに苦労している」
「ちくしょう…」


いかがですか?こんな言葉を聞いているとこちらまで何かマイナスのパワーを受けてしまうような気がしてきます。本当にマイナスのエネルギーって強いんですよね。このOさんですが、常にため息をつき、言葉の端々に人に対する妬みや羨ましがりを感じる表現を使います。恐らく、思考は常にそんな発想でしか物事を考えられないようになっているんでしょうね。悪い運命を呼び寄せなければいいのですが…

良い思考を習慣化すれば良い運命が訪れるかも


マザー・テレサは決して悪いコトだけを対象に言っているわけではないと思います。逆に、良い思考から生まれる良い運命もあるはずです。

以前の“口癖”の記事でも書きましたが、悪い癖で悪い運命を呼ぶことができるのならば、逆に良い運命を呼び寄せることもできるはずです。「アイツは良いよなぁ」と思ってしまうコトがあったときはすぐに声に出して「アイツはすごいなぁ。俺も負けないぞ!」なんて思ってしまったことを言葉で上書きしてしまいましょう。“思い”よりも“言葉”にして耳から自分自身に言い聞かせればそっちのほうが強く残るはずですからね。『病は気から』というように思考をしっかり意識して過ごしていきましょう。



いかがでしょうか。
ある出来事が起きてそれを良い事か悪い事かと判断するのはあなた自身です。どんなに辛いことでも何かしらプラスなこととして受け止められる側面があるんではないでしょうか。その一つひとつの思考が将来に生きてくるのであれば努力してみる価値はあるのかもしれませんね。私も頑張って前向き思考を貫いていこうと思います。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ