10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 全般

お金 資産 目を背けない 金融リテラシー 貯金



どうも夫です。
みなさんは夫婦間でお金の話をすることはあっても、家の外でお金の話ってあまりしませんよね。ましてや、具体的な金額での話なんて相当気の知れた相手であってもなかなか難しいものですね。
そんな誰に相談していいのか分からない“お金”についてこれだけはやっちゃダメですよという話をさせてもらいます。

“お金”のことばかり考えていると卑しい人間になってしまう!?


日本人って“お金”の話をすることを汚いことだと考えていますよね。だって、給料の話、貯金の話、借金の話など、普通に生活していて自然と聞こえてくることはまずありません。つまり、ボクたち日本人はお金の話を他人とすることを良しとしない風習があるということですね。

でもですよ、ボクたちの生活においてお金ってすごく大切なものですよね。仕事だってお金のために頑張っているし、お金がないと食べたいものも、着たい服も買えないわけです。どう考えてもお金は大切なわけですよ。そう言っても「いやいや、別に大切じゃないよ」と仰るのであればここで読むのをやめていただいて結構です。恐らく価値観が交わりませんからね…


お金についての記事を妻とともに今まで書いてきましたが、どう考えてもボクたちの生活を豊かにするためにはお金が必要なんです。しかも、お金は少ないよりは多いほうが確実に良いわけです。そんなことは誰もが理解しているのにお金の話をすると卑しいと思われてしまうのではないかと心配になるのは何故なのでしょうか。多くの人が頻繁に考えることなのに口に出せない…。それってどうしてなのでしょうか…

“お金”で優劣を付けられてしまう…


生きていく上で大切な“お金”について話すことになぜ多くの人は嫌悪感を抱くのでしょうか?

完全に私見でその理由の一つを申し上げると「持っているお金の量で人間としての優劣を付けられてしまうから」なのではないかと考えています。
例えば、自分よりも仕事の能力が低い同僚がいたとします。仕事においては何をさせても自分のほうが早くて正確。会社の評価も私のほうが断然良く、給料も私のほうが高い。それなのに、その同僚の実家は数世代前から続く資産家で一切お金に困っていない環境だとします。どんなに自分が職場で優位だとしても、生活するということにおいて優位なのは仕事のできないその同僚だということは間違いありませんよね。
だって自分は、仕事を覚えるために勤務中はもちろん、プライベートの時間まで仕事のことを考えて上司から評価してもらえるように仕事に邁進しているのに、一方でその同僚は仕事なんて頑張らなくても働いているという事実さえあれば世間体も保たれるし、生活は一族の不労所得もあり十分満たされるわけですよね。

つまり、どんなに仕事ができる人だとしてもお金の話をしてその人よりも劣ってしまうとそこで優劣が付いて負い目を感じてしまう恐れがあるわけです。昔から貧しい家庭が多かった日本ですから、お金に貪欲な人が多いはずなのにも関わらず、これだけ話題に上がらないこと自体に違和感を覚えませんか?

もっともっと雑談でお金について話せる環境になれるとまた変わった日本社会になれるんじゃないかと思います。もちろん、人それぞれ優劣なんてつくものではありませんが、お金の所有量だけで負い目を感じてしまう、敗北感を味わってしまうことがあっては寂しいものですよね。

“お金”から目を背けないで生きていこう


ボクは結婚してから家計管理・資産形成に興味を持ち、以前の記事『わが家の総資産はいくらになったのか…』でも報告した資産額を作ることができています。一代で築いた資産額では自分自身も満足の行く水準にまで増やすことができていますが、資産家の方からすればそんな額は微々たるものに過ぎません。所詮、どんなに頑張ってもそんなレベルなんですよ、ボクたち庶民のレベル感は…

悲観しているわけではなくて、庶民同士でどんなに競い合ったとしてもたかが知れているレベルの戦いなわけです。資産ゼロ同士が競い合って、年収が600万円と1000万円の差ができたとしても、大差ないということです。庶民は庶民、トランプのゲームじゃないからいきなりの大富豪にはなれないんですよね。

だからこそ「“お金”から目を背けてしまったらダメですよ」ということです。一吹きで消し飛ばされそうな資金力しかない一般家庭であれば、自身のお金から目を背けてしまうとあまりにも危険なわけです。いつ何が起きるか不安だからこそ、お金の管理は常に手を抜かないようにしなくてはいけないと考えています。

ボクらは庶民。資産家でもありません。ただ、この日本の社会をみんなが同じように平均寿命80歳代の人生を生きていかなければいけない。お金の話をすることは卑しいことだと誰とも話さずに結果として老後破綻するよりは、お金についてオープンな姿勢で多くの人から成功事例を取り入れた人のほうが間違いなく老後は安泰だと思います。

「お金について話すことは恥ずかしいことではない」という認識が世間一般になってくれれば、日本社会の金融リテラシーも一気に向上するんじゃないかと考えています。



いかがですか。
庶民の中でもある程度お金を所有できるようになると他人からの妬み、やっかみは自然と身近なものとなってきます。自分の距離の近い人ほどそんな態度をとることがありますよね。ただ、そんなことをする人間とはしっかりと距離を取り、自身の豊かな人生のためにお金という側面を強化するべきだと思います。今いる周りの人たちは将来あなたがお金に困っても困らないし、助けてもくれない存在だということをしっかりと認識しておきましょう。自分のことは自分で守るしかないからこそ、あなた自身のお金から目を背けてはいけないんですよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

iPhone SE UQモバイル 格安SIM 実質無料 iPhone 7



こんにちは、☆のっち☆です。
以前の記事『iPhoneを格安で買い増しする方法』でお伝えしたように、わが家では子供用のiPhoneを購入するのにいろいろ調べて最安で買う方法をUQモバイルだと確信していたんです。
そんな今回は、当時よりももっとお得になっていたのでみなさんへお伝えしようと思います。

iPhone SEが100円になっていた


前回調べたときは、UQモバイルの音声通話付きのプランで端末も同時購入すると12100円(税別)でiPhone SEが買えたんですよね。24ヶ月契約なので毎月500円です。そして、私の契約更新月が2017年12月だったのでUQモバイルへMNPして子供用のiPhone SEをゲットしたんです。
とってもお得にiPhoneを買えた!ってウキウキしていたんですが、その約1ヶ月後の2018年1月19日に衝撃のニュースが目に止まるんです。

「UQモバイル、iPhone SEを実質100円へ」

なにぃ~!本当??契約したばかりじゃん!
ってことで、UQモバイルのホームページに飛んで確認してもトップページにはそんなお知らせは出ていません。これはしばらく先の話なのかな?と安心つつ、端末セットの申込みを途中まで進めてみると…

端末代金の賦払金の金額と「マンスリー割」の金額が同額になっているじゃありませんか!?(泣)


UQモバイル iPhoneSE 実質無料
※UQモバイルホームページより

し、しかも、以前はプランによって割引額が違ったんですが、今回は一番最安プランでも初回の100円のみで以降は相殺で無料になっています。これ、メチャメチャお得になっていますよね!

端末代金は今が最安値!


12月にiPhone SEを入手したものの子供にはまだ渡してはいないんです。子供との約束は「中学受験が終わってから買ってあげるね」ということになっていますので、わが家では早くても3月になると思います。ただ、私の契約更新月が12月だったということもあったし、これ以上端末代金も下がらないだろうと踏んでいたので、在庫が無くなる前に好きな色を買ってしまえってことになったんですよね。

まぁ、端末代金は結果的に12000円ほど高く買うことになってしまいましたが、こればっかりは仕方ありません。これから買おうと思っている人はこれ以上値下がりすることもないと思いますのでぜひ好きな色の在庫がある今、購入を真面目に考える時期なんだと思いますよ。

iPhone SEがUQモバイルから発売された時に販売していたiPhone 5SはSEの販売が始まると同時に実質無料へ値下げをおこない、それから間もなくして在庫切れとなりました。現在、UQモバイルではiPhone 6Sを販売していますし、競合会社のmineoが2月からiPhone 7のSIMフリー版の販売を開始することが発表されていますので、SEの販売がいつ終了してもおかしくない状況ですよね。

格安SIMで月額が安いのにiPhoneがほぼ実質無料という破格なチャンスは今が最後かもしれませんね。

わが家ではこんな運用をする予定です


「いやいや、端末が安いと言っても契約すれば毎月1500円、2年目からは2500円かかるなんて、今よりも高くなるから悩んじゃうなぁ」っていうご家庭もありますよね?

実際にわが家もそういうふうに考えていたんですよ。だって、今の子供の契約だったら600円弱で電話機能だけになりますが携帯電話を持たせてあげることができるんですよね。今使っているキッズケータイだと中学生にとっては恥ずかしいと思いますから、二つ折りのガラケーを中古で購入して端末変更すればまた600円で使えるわけですよ。
でも、そう思ってガラケーを買ってあげても2年も経たずにスマホが欲しいなんてことになってしまうと、その時には今以上に高く付くことになるんじゃないかと思うんですよね。そんなこんなで考えた末に行き着いた契約形態は以下のような形です。


12月までの料金これからの料金キャリア
6000円
8000円
au
6500円
3800円
UQモバイル
子供
600円
1000円
UQモバイル
合計
13100円
12800円



私たち夫婦がdocomoからauへMNPしたのが約2年前、この2年間で相当な割り引きを受けてきました。固定電話やネット回線などを提携会社のものを使うことで割り引きを受け、さらにはMNPしたときにiPhone 6でしたが一括0円だったので毎月割(端末代金の割引分)をそのまま享受することができていたんです。それが、満2年を過ぎるとそんな優遇が一気になくなってしまうため携帯電話代が急騰して家計を圧迫することになるんです。

夫はiPhone 7をauで購入してしまったためauはまだ継続しないと損なんです。だから、それ以外の契約をUQモバイルへ変更して合計金額を変えないように努力をしているんです。

夫はあと1年で契約満了なのでUQモバイルへMNPする予定です。そこで4000円下がりますから、1年後に私の料金が1000円上がっても問題ないと思います。また、子供の契約は音声通話のない3GBデータプランの契約です。データプランのみで音声通話は050から始まるIP電話を使わせようと思います。通話料金も安いし、好きな時にプラン変更できるからですね。子供は生活環境の変化が早いものですから、そのスピードに合わせるためにそんなプランで契約することにしています。



いかがでしたでしょうか。
なんだかんだと言っても近年では携帯電話代は相当な負担になってきています。さらには、その端末代金がバカにならないんですよね。多くの人は分割で購入していますからその実感はないかもしれませんが、よくよく確認すると端末代がビックリするほどの金額が残っていたりします。そんな悪魔のローンからは早く抜け出したいのに、最近の3大キャリアの購入サポートプランを見ていると48回払いになっているんですよね。そんなので契約したら4年間は高額な月額料金を搾取されてしまうことになります。
新しい端末はとても魅力的かもしれませんが、いかに安く入手して長く使うかがこれからの家計を守る秘策かもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

パワーカップル 共働き 年収700万円 年収1000万円



こんにちは、☆のっち☆です。
わが家は以前からお伝えしている通りバリバリの共働き世帯です。まずまずの貯蓄ができているのに妻の私まで一生懸命に働いているのか…。まぁ、その点はいろいろな人生観があると思いますので今回は割愛させていただきますが、わが家では最近ちょっと流行っている言葉があるんです… それは『パワーカップル』。
みなさん、この言葉をご存知ですか??

『パワーカップル』ってなに?


2013年頃から“格差社会”をテーマにした書籍をきっかけに不動産業界で使われるようになったようですが、まだまだ一般的な言葉ではないかもしれませんね。そんな言葉を私が耳にして夫に伝えたところ「いい響きだねぇ」って感動していたんです。それからというもの、夫の目標は『パワーカップル』なんです。

夫の心を鷲掴みにするその言葉の意味はこんなカップルを指すそうです。


“夫婦共働きでお互いが年収700万円以上の世帯”


オマケで付け加えると「不動産購入意欲も高い世帯」のことのようですが、そこは省いて“夫婦お互い年収700万円”というキラキラワードが夫を射抜いてしまったようです。

“年収1000万円”という目標をヤメた理由


少し前までは夫も「目指す年収は1000万円だ!」なんて言っていましたが、現在では一切言わなくなりました。目指すことが無理になったわけではなく、やる気がなくなったわけでもありません。目指さなくなったのは夫婦それぞれが年収700万円を目指すほうがより充実した生活が送れそうだからです。

わが家では今春に息子が中学生になります。中学生になると部活動が始まって毎日遅く帰ってくるし、反抗期にもなっているので近い距離で世話をして可愛がるという子育てではなくなってきますよね。親は目を離し、手を離し、子供の自立を促さなくてはいけない時期なんだと思うんです。この時期に親が子離れできていないと親自身が精神的に辛くなってしまいますよね。

「そんなときは仕事に専念してしまえばいいじゃないか!」ということで、現在の契約社員という雇用形態から正社員になっちゃえばいいんです。正社員になれば私だってボーナスも貰えるようになるので年収100万円はアップします。そんな息子が離れていくことの気の紛らわし方だってありだし、夫婦で楽しめる時間も増えるし、お金も貯まるしで幸せだと思うんですよね。

一人で年収1000万円となると仕事に費やす時間は相当なものになります。年収700万円の人と1000万円の人では立場も責任も違いますから当然のことですよね。年収も職責もホドホドがいいんじゃないかとわが家では考えるようになったということですね。

どの世帯も『パワーカップル』になれますよ


私が正社員になるか、資格を活かして効率よくダブルワークをするかはまだ決めていませんが、どちらにしても収入を増やすことは十分に可能だということは分かっています。夫も管理職として働いていますが、現代では一気に年収が上がる可能性は低いですよね。すでに管理職の夫がもっと収入を上げるためには、猛烈に仕事をして上司にも恵まれて昇進しなくちゃいけないわけですよ。そんな家庭を犠牲にするほどの努力をするよりも、子育て時間がなくなった私がもうちょっと働けばいいだけなんだと思っています。

そんな考え方はわが家だけでなく、どこの家庭にも当てはまると私は思います。現代では余程の余裕が無い限り出産に伴う寿退社はあっても、専業主婦になるだけの寿退社ができる世の中ではありません。強弱はあっても夫婦共働きをするのが当たり前だと思ったほうがいいと思っていますし、それが現実だと思っています。

そして、パワーカップルの定義であるお互いが年収700万円、世帯年収1400万円というのも、内訳が600万円+800万円でも、550万円+850万円でもいいわけですよね。それなら頑張って働いていれば手の届く年収なんじゃないでしょうか。諦めたらそこで全てが終わってしまいますよ。



いかがでしたでしょうか。
世帯年収1400万円なんて夢のような話ですね。実際に全世帯に占める割合は2%ほどのようなので50世帯に1世帯と少ない割合ですが、今回お伝えしたように最初から諦めてしまうほどの難しさでもありません。ましてや、夫一人でその額を稼ぐよりも共働きのほうが税金も安いし、年金受給額だって上がるので、トータルで考えたらやっぱり“共働き”のメリットって大きいんですよね。
働けないと思い込んでいる専業主婦のみなさん!ぜひ頑張ってみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ