10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 全般

年末調整 保険料控除 生命保険 保険のビュッフェ 確定申告



こんにちは、☆のっち☆です。
みなさんは生命保険に加入する時期を気にしたことってありますか?「生命保険なんて若い頃に入ったものを今でも継続しているだけだよ」なんていう人もいるかもしれませんね。もしそんな人がいたら、とりあえず保険を見直してみましょう。当時とは変わってきている部分が必ずあると思いますからね…
そんな思いもあって以前の記事『【体験談】“保険のビュッフェ”の無料相談にいってきたよ』で報告させてもらったように無料相談をして加入した生命保険。1年経った今、夫がちょっと後悔しているんです。
今回はそんなお話です。

“保険のビュッフェ”でこんな保険に加入しました


約1年前に相談した“保険のビュッフェ”ですが、サービスとしてはとてもありがたいものでした。相談は無料だし、相談するだけで「商品券5000円」も貰えましたからね。なによりも多くの家計を知っているファイナンシャルプランナーにわが家の家計チェックや保険のバランスなどもしっかり確認をしてくれるので、とても安心することができるんですよね。

当時のサービスだった「商品券5000円」というものが無くなってしまいましたが、現在は「家電プレゼント」っていうものをしているのでお得感にはそれほど変わりはありませんね。




そして、当時わが家が加入した保険はメットライフ生命の『積立利率変動型終身保険(米国通貨建2002)』というものでした。最低積立利率が3.0%で通常の外貨預金よりも高利回りなのに死亡保険も付加されているという貯蓄型生命保険です。外貨なので為替変動が不安ですが、「毎年支払うことでそのリスクも最小限に抑えられるんじゃないか」って夫が言っていたのでその辺は完全にお任せしています。

サラリーマン特権の“年末調整”


サラリーマンの方は年末になると総務部の人から「年末調整をするから申告書を提出してください」って言われますよね。私もすでに配られていて夫に記入をお願いしているところなんですが、提出するのには必要な金融機関からの証明書ってありますよね。
「生命保険料控除証明書」や「住宅ローンの年末残高証明書」などなんですが、みなさんご存知ですか?

生命保険に加入している人はその証明書、住宅ローンを組んでいる人はローン残高証明と管轄税務署から発行される申告書兼証明書を添付して提出すれば、会社の年末調整ですべて完了してくれますよね。そんな手続きを総務部でやってくれるから12月の給料が例月よりも多かったりするわけです。

生命保険に加入する時期って重要ですよ!


そんなサラリーマン特権とも言える“年末調整”ですが、必要書類が揃わなければ申告することができないんです。多くの会社では11月くらいには全社員へ年末調整に必要な書類提出が求められますよね。

今回、夫が「失敗したぁ~!」って嘆いているのが、この提出期限なんですね。

どういうことかというと…
1年前に加入したということは、11月が保険の加入月になっているんです。年末調整に必要な保険料控除証明書って「一年間の保険料を〇〇円支払いましたよ」っていう証明書なので1年分支払ってから発行されるんですが、夫の場合は11月の保険料支払いが終わってから証明書が発行されるので手元に届くのが12月になってしまうんです。
ただ、年末調整書類の会社への提出期限って11月には締め切られていますよね。だって、総務部の人たちは年末調整をした上で12月給料を支払うわけですから。12月になって「追加でこれも…」なんていった日には相当冷たい目で睨まれてしまうこと間違いなしです。総務部には必ずお局さんがいますから一喝されてお終いですよね。

つまり、昨年加入した生命保険は年末調整に間に合わないということになるんです。“確定申告”をすれば結果的には一緒なんですが、会社がやってくれることを自分でやらなくてはいけなくなるので、仕事を増やしてしまった感満載なんですね。



いかがでしたでしょうか。
サラリーマンという会社組織で働いている人たちは、可能な限り会社を上手く利用することが大切だと思います。今回の年末調整もそうなんですが、それ以外にも会社が半分負担してくれる厚生年金に加入するなどサラリーマン特有の優遇制度はフル活用しなくては勿体ないんですよね。
今回のテーマである年末調整に支障がない生命保険の加入については、遅くても9月までということになりますね。その加入時期と加入者の誕生日の兼ね合いでベストな時期というものがありますから、そのあたりはしっかり考えて行動することをオススメしますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ボーナス 貯金 クレジットカード ボーナス払い 業績給



こんにちは、☆のっち☆です。
10月も下旬になり、冬のボーナスシーズンが近づいてまいりましたね。みなさんの職場でも「ボーナスの原資がどうの…」「業績がどうの…」っていう話が聞こえてくる季節になってきたのではないでしょうか。
以前の記事『地道な貯金を成功させる一つのコツ』でもお伝えしたように、みんなが胸を躍らせる冬のボーナスは貯蓄においても重要な役割を担っているんです。貯蓄を成功させる重要な時期ですから改めて確認していきましょう。

【受け取る前】クレジットカードのボーナス払いは徹底して禁止しよう!


私が勤めていた会社にも昔いたんですよね。ボーナスを貰う前に使い切ってしまっている驚きの人が。。。 どういうことかというと、ボーナスを貰う12月まで我慢できずに8月から始まる秋物、そしてそれ以降の冬物の販売で数十万円のお買い物を毎年してしまう人がいたんです。

クレジットカードというものは使い方を一歩間違えてしまうと最悪の事態を招いてしまいます。その最悪の事態を招く最大の要因が『キャッシング』『リボ払い』『ボーナス払い』なんですね。

その人は毎回の買い物を冬もしくは夏のボーナス払いで買っているんです。要は、ボーナスの先取りで買い物をしてしまっているわけです。そして、ボーナス支給日に手取り額を見て「えー!足りてないじゃん!!」って叫ぶんですよ。

こういう間違った使い方が身についてしまうとなかなか修正することが難しくなりますから、最初からそういったことのないように自分自身をしっかり律しましょう。

【受け取り当日】入金されたら即貯蓄口座へ振り替えしよう!


ボーナスの支給日に支給明細を受け取り、ボーナスを貰えたことに喜んでいるだけではダメなんですよ。

入金される口座は基本的に給料が入金される『普通口座』ですよね。そして、その普通口座というのは恐らく“普段のお小遣い”も入っている口座ではないでしょうか?
普段の生活の中でちょこちょこ引き出しをするような口座に数十万円ものお金が入っていたら、わが家の夫でも自制が効かなくなってしまいます。そういった場合は、普段目にする口座には入れっぱなしにせず、ボーナスの使いみちが確定するまでは『貯蓄口座』へ一時的にでも避難させておきましょう。

特に年末が近づいてくると交際費が格段に増加しますから、無防備に普通口座に入れてしまっていると正月を迎える頃には消えてなくなってしまいます。ボーナスで手に入れたお金は特別なお金としてしっかりと管理をしましょうね。

【受け取った後】使いみちは明確にしよう!


ボーナスが支給される頃になると、マネー雑誌やヤフーニュースでも取り上げられるのが『ボーナスの使いみち』です。たぶん今年も同じような内訳になるんだと思いますが、そのベスト3は「貯金」「ローン返済」「生活の補填」といったところでしょうか。

いや、それでも良いんです。多くの人が“保守的だ”とか言っていますが、「貯金」や「ローンの返済」についてはしっかりとした計画に基づいて行動しているんだと思いますから一切問題ないと思っています。
ただ、「生活の補填」というのは家計管理的に完全にアウトな回答です。身の丈に合っていない生活をしているからそういった状態になるんです。あくまでもボーナスは“業績給”です。いつ無くなるかわからないお金をアテにしてしまっている状況は一刻も早く改善するべきですよね。



いかがでしたでしょうか。
ワーッと書きたいことを書きなぐりましたが、要はボーナスというものは資産形成していく上でとても重要な資金なんですよね。例えば、毎月貯金ができていない家計だとしても、ボーナスで年間100万円貰えて、それをすべて貯金できれば10年で1000万円貯めることができるわけですね。その重要なボーナスを活かすも殺すも日頃の心がけ一つなんです。
一瞬の欲望をいくつか我慢することができれば、少し先の将来は明るくなるかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ETCカード 金融ブラック クレジットカード ETCパーソナルカード



こんにちは、☆のっち☆です。
現在の高速道路ではETCレーンを通過することができないと、損することはたくさんあっても得することは一切ありませんよね。でも、世の中にはETCカードを作りたくても作ることができない人がいるのも現実ですよね。そんな苦しい人でもETCカードを作ることができるってご存知でした?
今回はいわゆるブラックな人でも作れる「ETCカードのお話です。

『ETCパーソナルカード』というカード


いきなり結論を書かせていただきますが、そのブラックな人の助け舟カードの名前は『ETCパーソナルカード』です。リンクはNEXCO西日本のホームページに遷移しますが、このカードは高速道路各社(東/中/西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社)が共同で発行しているカードなので、全国の高速道路で利用できます。そして肝心な発行手続きですが、クレジットカードとは違うので発行時の個人信用情報を利用した審査は一切ありません。申込みはサービスエリアにある専用申込書に記入して郵送するだけなんです。

このカードを発行さえしてしまえば煩わしい出口での現金のやり取りから開放されます。しかも、ETC専用カードなので他のショッピングクレジット機能が付いていないだけで、平日朝夕・深夜などの高速道路通行における各種割引も受けられます。もちろんマイレージポイントにも登録できるのでお得ですよね。

発行の条件とは?


もちろんその場でお金を払わないのでお金を回収する側のカード発行会社としては担保をとります。その担保が「デポジット」という保証金制度です。


ETCパーソナルカード デポジット


NEXCO西日本のサイトからデポジットの説明をしている部分を転載させてもらいました。まぁ、要するにこのカードを利用するには最低20000円のデポジット(保証金)が必要だということになりますね。ちょっと高額ですけど、徴収されるわけではなくカードを解約する時に必ず返金されるお金なので損はしませんね。

それと、このカードを利用するには「年会費」も必要になります。金額は1234円(税込)。これは安くはないですねぇ。

使い方は通常のETCカードと同じで車載器にカードを挿入してETCレーンを通過するだけです。使用した料金の支払いは翌月に口座振替で引き落としされます。

ずっと利用するカードではありませんよ


金融ブラックな人にとってはETCレーンを通過できるというとてもありがたいカードですが、デポジットが必要だったり、高い年会費を支払ったりと間違いなくお得なカードではありません。クレジットカード会社が発行する一般的なETCカードを所有できるようになったら即刻解約するべきカードだと思います。

債務整理をした人、携帯電話料金未払いでブラックになってしまった人、各種ローンを踏み倒している人… いろいろな経緯で金融ブラックになられていると思いますが、信用取引が至る所で行われているこの社会で金融ブラックというものは非常に不便なものですよね。
金融ブラックになってしまうと、クレジットカードが作れない、携帯電話が分割で買えない、マイカーローン・住宅ローンが借りられない、賃貸住宅に住めないなど、現代では障害が多すぎます。ぜひ以前の記事『金融ブラックからの卒業… 黒山君のおはなし』をご覧いただいて一日も早い卒業を目指していただければと思います。



いかがでしたでしょうか。
普通にクレジットカードを持てる人には理解できない苦しみを抱える金融ブラックな人々。現代は携帯電話の格安SIMを利用するのですらクレジットカードが必要なんですよね。それくらいクレジットカードというものは豊かな生活をするのに重要な要素なんですが、一度作れなくなってしまうと長い期間の辛い戦いが始まってしまいます。もしそんな戦いに巻き込まれてしまったら終戦までに最短でも7~8年は必要ですから、一日でも早く卒業できるようにしましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ