10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 教育費

教育費 仕送り 学資保険 学費 都市部 地方



こんにちは☆のっち☆です。
この夏は甥が来春の大学入学を目指して受験勉強に励んでいるんですが、気が気じゃないのは本人だけではないんです。本人は純粋に行きたい大学を目指して必死に予備校へ通い、赤本を解きまくって頭に詰め込んでいるようですが、意外と不安に潰されそうになっているのは親だったりするんですよね。
本人が必死に頑張っている傍らで言葉にできない不安でどうしていいのか分からなくなっている親たちの苦悩をお伝えしますね。

行きたい学部は都市部にしかない


私の甥っ子は山形に住んでいて現在高校3年生。県立高校に通うごく普通の男子高校生なんですが、誰のDNAか分かりませんが学校の成績は常にトップクラスなんですよね。そんな成績がいいのは高校だけではなく、小学校や中学校でもほぼオールAなんです。親も自分の子供がこんなに良い成績ばかり取ってくるから、不思議で困惑するくらいだったんですよね。そんな甥っ子が小学生だった時に夫が「〇〇君はどこの大学に行くの?」って聞いたら「東大!」って即答するくらいだったんです。

そんな勉強のできる甥っ子の目指す夢は交通系だって知っているんですが、具体的には教えてくれないので分かりません。ただ、その職業に就くのに最適な大学・学部が関東にしかないらしいんですよね。高校生となった今では「東大に行く」なんてことは一切言わなくなったんですが、希望する学部が関東で3校ほどしかないようなので相当な狭き門。その門をくぐれるように本人は必死に頑張っているわけなんです。

大学進学=仕送り開始


親としては子供が夢を持って、その夢に向かって一生懸命に頑張っているのを迷わずに応援したくなるものですよね。甥っ子の親ももちろんその気持ちは十分にあるんです。あるんですが… 希望の大学に進学するとなると関東、おそらく東京都内に一人暮らしをさせなくてはならないことになるんです。

18歳の息子を一人でそんな危険な東京に一人で住まわせるのも心配なんですが、それ以上にお金のほうが心配なんだそうです。だって、東京で住まいを探すとなるとワンルームでも6~7万円の家賃はかかります。さらに、水道光熱費、通信費、食費、小遣いとなると10万くらいは必要ですよね。勉強するために大学へ行くのにお金が厳しいからってバイトばかりさせることもできませんからね。そうなると毎月16~17万円は大学の学費以外にかかってくるということですよね。

毎月16~17万円ということは年間で200万円前後。学費を合わせると年間300万円が飛んでいく計算になるんです。

学資保険の300万円なんて一瞬で消える…


甥っ子も満期300万円の学資保険に加入していたそうですが、初年度分もカバーできないそうです。だって、3校受験するのにその都度、山形から東京へ移動して前泊してから受験するんです。変なホテルに泊めるわけにもいかないからシティホテルに宿泊させるとそれだけで交通費込みで10万円。受験料が35000円なので、(10万円×3回)+(35000円×3校)で約40万円が受験するだけで必要になります。さらに、私立大学へ入学となると理系なので初年度納入金として180万円以上を納めることになります。残りは一人暮らしなのでアパートの敷金礼金、引越し代、家具代などで100万円くらいはすぐに無くなってしまいそうです。

要するに、学資保険で受け取れる300万円は大学入学と同時に無くなることが予想できてしまうんですよね。そこから先は上記で計算した通り、毎月16~17万円の仕送りの始まりです。

みなさんご存知ですか?
地方に行くと給与水準がグッと下がるんです。女性が正社員で働いていたとしても年収300万円なんてなかなか貰えないんです。そんな中から年間300万円ですから、共働きでしっかり働いていないと地方に住んでいる人にとっては子供に満足な大学にすら行かせてあげることができないんですよ。本当に厳しい現実です…



いかがでしたでしょうか。
都市部に住んでいる人は「地方は給料水準も低いけど物価も安いからいいよね」なんて言いますが、とんでもない話です。逆に地方にいるほうがお金がかかるんじゃないかって思ってしまうくらいです。だって、自動車がないと外出もままならないし、今回のテーマのように学校に行くにも通える範囲に無かったりなんです。それなのに給料水準は都市部の3割減ですから、教育費だけで家計破綻してしまう恐れもあるんですよね。
これから大学進学を控えているご家庭はどうか将来を見据えたお金対策をしっかりしてくださいね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

教育費 公立小学校 学費 ドラゼミ 公文



こんにちは☆のっち☆です。
子供って不思議ですね。居てくれるだけで幸せを感じる時間が日々の至る所でたくさんありますからね。そんなわが家の息子も現在は小学6年生。「ママ、ママ…」と言っていた子がだんだんと生意気なことを言うようになり、学校へ着ていく服にもこだわりが出てきたりと大人への階段を一歩ずつ登ってきているのを日々感じています。
今回は、間もなく公立小学校を卒業する息子に消費した教育費の実数を公開しようと思います。小学校へ支払う給食費や教材費だけでなく、習い事や学習塾代も勘定してみようと思います。

小学1年生の教育費


まだまだ赤ちゃん顔の小学1年生。ランドセルで背中が全て隠れてしまって頼りない身体で一生懸命重たい荷物を持って学校へ通学していたのは未だに目に焼き付いています。ランドセルに黄色いカバーを付けられるのは1年生だけの特権ですよね。


項目金額(年間)
小学校(給食・教育費)
64000円
スイミング
120000円
合気道
72000円
公文
150000円
学童
36000円
合計
442000円


年間で44万円ほどを教育費として支出していたようですね。毎月36000円強といったところです。年長クラスの保育園代が毎月20000円くらいしていたので、そこからこの水準になったということは習い事が増えても毎月の負担は低下しています。ここのポイントが以前の記事『苦労しないで貯金ができる!知らないと損する3つの“貯めどき”』で紹介した“貯めどき”の理由です。

小学2年生の教育費


はじめての後輩ができる小学2年生。目下の子をかまってあげたり、面倒見てあげたりと少しずつお兄ちゃんになります。学校でも児童それぞれの個性がしっかり出始める時期なのでしょうか。ケガをしたり、イタズラしたり…。私も気苦労が絶えなかったことを覚えています。


項目金額(年間)
小学校(給食・教育費)
56000円
スイミング
120000円
合気道
72000円
公文
150000円
学童
36000円
合計
434000円


1年生のときよりも小学校費用が下がった分、教育費が年間で低下した感じです。息子は喘息気味だったこともあって3歳の頃からスイミングを始め、「礼儀は武道で学ぶんだ!」と夫の一存で合気道を始め、小学校入学と同時にドラゼミからの延長で公文を開始しました。小学校に入ってもこれらは継続です。

小学3年生の教育費


小学3年生にもなると結構立派なお兄ちゃんになります。話すこともヤルことも、そして、勉強の内容もですね。「お母さん、これどういう意味?」なんて勉強のことで聞かれて「え~っと」って考えることが徐々に増えてきてしまいます。勉強って触れてないと忘れていってしまうものなんですね…


項目金額(年間)
小学校(給食・教育費)
62000円
スイミング
120000円
合気道
72000円
進学塾
220000円
学童
36000円
合計
510000円


わが家では小学3年生から公文を辞め進学塾へ通わせることにしました。東京都内では今流行りの公立の中高一貫校が複数あって、早めに対策を始めたら受かる可能性が高くなるということでしたので、その公立中高一貫校受験に強みのある進学塾へ通わせることにしたんです。塾代だけで年間5万円アップ。この歳の月間教育費は42000円超になりました。



小学3年生を終えて消費した教育費は1386000円。やはり学習塾が大きな負担にはなっていますが、それ以外の習い事も小さくはありません。4年生以降はもっとお金がかかっていそうですが、最終的にいくらくらいになっているのでしょうか。集計するのが恐ろしくなりそうです…


4年生から6年生編へつづく)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

教育費 公立小学校 学費 小中一貫校 個人塾



1年生から3年生編からの続き)


小学4年生の教育費


いよいよ小学校生活も折り返した4年生。まだまだ子供だと思っていた我が子も気がつくとやれることがすごくいっぱいあって、なんだか私の手から離れていってしまうのが寂しく思い始めたのもこの頃です。ただ、共働きのわが家で鍵っ子をさせるのには抵抗があり学童保育の延長を申請して受理された歳でもあります。


項目金額(年間)
小学校(給食・教育費)
68000円
スイミング
60000円
合気道
72000円
進学塾
250000円
学童
36000円
合計
486000円


ちょうどこの歳、3歳から通っていたスイミングが選手育成コースへ突入したこともあり退会。以降は受験に注力しようと受講コースを変化させました。年間では昨年より減額できたといった感じですね。

小学5年生の教育費


小学5年生になると学童保育には入れません。行くとしても一般利用者としていくしかありませんが、小学5年生になると子供としてもそんな程度じゃ困らないみたいですね。空いている時間を見つけては友達と自由に遊んでいました。たくましいものです。


項目金額(年間)
小学校(給食・教育費)
70000円
合気道
72000円
個人塾
600000円
合計
742000円


この歳から通う塾を変更しました。公立中高一貫校受験で実績のある個人塾へどうしても通わせたかったんです。月謝は大幅にアップしますが絶対にムダにはならないと思って、夫を説得しました。毎月4万円と春、夏、冬の集中講座で4万円ずつです。教育費が一気に跳ね上がって毎月62000円ほどの負担になりました。

小学6年生の教育費


そして現在、小学6年生です。小学校生活も嫌がることなく毎日楽しそうに通学して、遊びたい盛りでたくさん遊んで帰ってくると、私が帰ってくるまでうたた寝してしまっていることが頻繁にあります。慌てて起きて宿題と受験勉強をこなす毎日です。この努力が実を結ぶことを親として精一杯支援して、結果に繋がればと祈っています。


項目金額(年間)
小学校(給食・教育費)
80000円
合気道
36000円
個人塾
600000円
合計
716000円


5歳から始めた合気道も受験勉強のため一旦休会です。通う中学校が決まれば部活などもハッキリしてくるので、その時に再開するか考えるようにしています。ただ、夫だけは残念そうでしたが…

わが家の小学6年間の教育費


以前の記事『子供の教育費っていくらかかる?』で調べた公立小学校6年間でかかる教育費は1829736円でした。約183万円です。それに比べて、わが家が消費した公立小学校6年間での教育費総額は333万円です。さらに、受験費用などを加味するとこれからもっと上積みされそうです。。。

「えぇ!183万円のはずが333万円!?」って振り返って考えてみると150万円も多く教育費がかかっている状況でした。以前の記事は文部科学省が出している調査結果を基に書いているんですが、その調査では給食費とか習い事・塾代を含むってなっていたのにもかかわらずこれだけ違うんですよね。

もうここまでくると、何を信じていいのか分かりません…



いかがでしたでしょうか。
確かにわが家は塾代にお金をかけすぎなのかもしれませんが、とはいってもママ友に聞く限りでは塾や習字、野球やサッカー、スイミングといった習い事はほとんどの子がやっています。ということはどのご家庭もそれほど変わらないんじゃないかって思うんですよね。なのに調査の2倍近くを支出してしまっているんです。“貯めどき”の小学校でこの状況だとこれから先どうなってしまうんでしょうか…不安ですね。
少なくても大学まで公立へ進学できたとしても1000万円では子供一人を育て上げられないということです。ぜひご参考に…



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ