10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 家計管理

定期昇給 昇給 共働き 教育費 老後資金



こんにちは、☆のっち☆です。
つい最近、正月が終わったかと思っていたらもう3月ですね。40歳代になると時の流れの速さが一気にスピードアップして、月日がアッという間に過ぎ去ってしまいます。気をつけないとお金の準備もできないまま老後を迎えてしまうかもしれませんね。
そんな今回は多くの企業で定期昇給のある時期、4月を迎えますね。定期昇給はサラリーマンの特権の一つで仕事内容も大きく変わらないけれども、この一年であなたが経験したことに給料を加算しますよというものです。この定期昇給をどのように扱うかによってあなたの将来が大きく変わってきますよ。

定期昇給額ってどのくらい?


自分以外の人が毎年定期昇給しているか気になりますよね?平均的な定期昇給額をネットで検索してみると1.5%~2.0%程度のようですが、みなさんそれぐらいですかね?基本給20万円の人だと3000円~4000円、30万円だと4500円~6000円です。。。


…そんなに上がります??

もちろんそれだけ上がる優良な会社もあるんだと思うんですが、夫の今までを見てきた私としてはそんなに上がることって、入社して数年の若い頃とか、職責が上がったとか…、そんなことがないと5000円以上上がるってことが無かったと思うんですよね。特に、最近なんて現状維持が当たり前で昇給なんてほとんどありません。

そんな中で定期昇給があった場合、あなたはどうしますか?
毎月の生活費をその分増額しちゃいますか?

わが家の生活がラクな理由


わが家はダブルインカムということもあって、毎月の生活は決して苦しくはありません。毎月10数万円程度の貯金もできるし、ボーナスもほぼ貯金に回すことができています。こういった生活ができるのは、夫婦二人で協力して共働きを継続できているからです。

ただ、共働きということだけでは生活は楽にはならないと思うんですよね。だって、現在の日本は共働き家庭が過半数を超えていますから、共働きということだけでは余裕は生まれないと思うし、共働きということで余裕になれるならほとんどの家庭が苦しまないで済みますよね。

私が思うに、生活に余裕ができるかどうかというのは共働きとかシングルインカムだとかは大きな影響はないと思っています。毎月の収入を理解してそれ見合った生活スタイルを作れるかどうか…。もう、本当にコレだけなんだと思います。

わが家の生活が比較的にラクな水準に居られるのも、若いときの収入水準で今も生活しているからなんです。

なぜ生活に余裕が生まれるのか!?


本記事は“定期昇給”をテーマに書かせていただいています。
その“定期昇給”を切り口に「余裕のある生活」を考えると、わが家を例にすると、前述の通り若いときの収入水準で生活しているからなんですね。具体的には、26歳の頃の水準で今も生活をしています。

あれから20年弱の歲月が流れ、世帯収入は1.5倍位になっています。さらに、住宅ローンは繰上げ返済や借り換えをしていることで12万円が10万円にまで軽減しています。収入が増えているのに住居費が減っているというだけでも余裕ですよね。そこに教育費の準備が必要になったとしても、それほど影響はありませんよね。

つまり、定期昇給が毎年あったとしても生活水準を上げないこと。これができれば昇給した分を丸々貯蓄へ回すことができます。基準年の翌年に3000円昇給で年間36000円、2年目にまた3000円だとさらに年間36000円が上乗せされます。基準年からするとこの2年間で108000円を多く貯蓄できるようになるんです。これが10年も続くと余裕が生まれて当たり前の家計になれるんですね。



いかがでしたでしょうか。
簡単にお伝えすると、“生活水準を上げない”ということが何よりも重要なんです。お金を貯めなくてはいけない世代は絶対に生活水準を上げないということを徹底してしてしまえば、生活はラクにしかならないんですよね。住居費、教育費、老後資金の目処がたった時点で財布の紐を緩めて優雅な生活を楽しむようにすればいいんです。生涯収入はみんな大して変わりません。なのに、お金に困らない生活が送れる家庭とお金に苦しむ家庭があるのはそういった部分にあるのかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

散財 節約 財布の紐 キャッシュフロー表 セール



こんにちは、☆のっち☆です。
年末に書いた『お正月は散財するよ!家計が苦しくならない方法』で10万円を何も気にせずに散財したわが家ですが、家計を管理している夫はやはりちょっと財布の紐が緩みっぱなしになっている様子なんですよね。昨年の年始も浪費家へ戻ってしまった夫ですが、今年もそんな危険を感じています。
そんな今回は散財した後に訪れる“散財モード”を“節約モード”に戻す方法をお伝えします。

“散財モード”を持っている人は要注意


そもそもなお話をさせていただくと、“散財モード”というスイッチを持っている人は基本的には浪費家なんだと思うんです。普段は「貯金もしなきゃいけないし、欲しいものをドンドン買うほどの収入もないから我慢しなきゃ」って自分自身をセーブして、節約に励んでいるんですが、何かをきっかけに「散財しても大丈夫」ってなるとパーッと使えてしまう… その散財しているときの生活行動は間違いなく浪費家なんだと思います。

おそらくですが、何も苦労せずにお金が貯まっていく人はこの“散財モード”のスイッチを持っていないんです。

あなたの周りにもそんな人がいませんか?
酒、タバコ、ギャンブルもせずにお洒落やブランド物にも興味がないといった人たち。あの方々のレベルになれるとお金がなくてもすごく幸せな人生を送れるんだと思うんです。充実した生活にお金が必要ない感覚というものを一度は味わってみたいんですが、私の場合はどうしても物欲が湧き出してきてしまうんですよね。。。

“散財モード”から“節約モード”へ切り替える


先ほども申し上げましたが、多くの人が持っているであろう“散財モード”ですが、このモードに入りっぱなしなのが“浪費家”と呼ばれる人たちです。そして、その“散財モード”を持っているけれども“節約モード”というものも持っていて、ちゃんと自制ができる人たちが貯金や資産形成を計画的にできる人たちなんですよね。

重要なのは、そのモードの切り替えが上手にできるかどうかです。

一度、散財モードに突入すると2、3ヶ月継続してしまう人と1週間でしっかり切り替えられる人では、間違いなく資産形成していく上で大きな差が生じるのは当たり前ですよね。何事にもメリハリが大切です。「今日からは普段の日常生活に戻るよ」と決めた瞬間にモードの切り替えがバッチリできるようになりたいですよね。

“節約モード”に切り替える5つの方法


「欲しい!食べたい!」と思ったものを手に入れられて楽しかった“散財モード”から日常生活に戻るためには、ちょっとした我慢がやっぱり必要なんですが、参考にわが家のモード切り替え方法をご紹介しますね。


◯ 財布に余計なお金を入れない
◯ 外出を控える
◯ セールに行かない
◯ 外食を敢えて控える
◯ キャッシュフロー表で今年の目標額を確認する


私と夫はこの5つを実行することで“節約モード”へ確実に戻れるんです。基本的には「外出しない」ということですね。外出してしまうと誘惑がたくさんありますから、どうしても負けてしまうんです。だから出ない!これが効果絶大です。
さらに、キャッシュフロー表を改めて見直すことも有効だと思います。年末に締めた貯蓄額よりも大きく減ってしまうと、年間目標を達成することが難しくなってきますよね。今は良くても近い将来に予定以上の節約をしなくてはいけなくなることが理解できれば、ちょっとした欲望には耐えられるようになりますよ。



いかがでしたでしょうか。
一生懸命に節約していても、ちょっとした気の緩みが将来にも影響するくらいの傷を負ってしまうかもしれません。お金は貯めるためにあるのではなく使うためにあるものですが、無計画に使ってしまっては元も子もありませんよね。お金をためている目的を達成するまでコツコツと頑張っていきましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

正月 年末調整 散財 10万円 貯金



こんにちは、☆のっち☆です。
今日で2017年も終わりですね。みなさん、今年も一年間お読みくださいまして本当にありがとうございました。私と夫の拙い文章を一生懸命読解いただきまして本当に助かっております。来年も引き続きみなさんのお役に立てるような情報を発信できるように頑張りますので、是非ご来訪くださいませ!

そんな今年最後の記事は「明日からのお正月は一切ケチらず、思う存分散財するぞ!」という内容です。まぁ、散財と言っても驚くような金額ではありませんが、お金を気にせずに自由な生活をするけれども、家計にはそれほど影響ないよっていう方法をお伝えしますね。

わが家のお正月予算は?


そんな前置きをすると「じゃあ、いくらの予算を組んだのさ?」って聞かれそうなのでいきなりカミングアウトしてみようと思います。


「10万円」です!


しかも、正月三が日だけではなく、私と夫の年末年始休みの間の予算です。今年は12月29日から1月3日の6日間になりますから、それほど自慢するほどでもないかもしれませんね…(笑)
一応、この10万円は帰省交通費とお年玉は別枠で純粋に家族で食べたり出かけたり買ったりするお金なので、わが家にとってはワクワクするくらいのレジャー予算なんですよね。

この10万円を捻出するには…


金額に関してはご家庭それぞれで「これだけあればちょっと贅沢できるなぁ」っていう金額を設定すればいいと思うんですが、問題はそのお金をどうやって捻出するかですよね。毎月目標額を目指して貯金に励んでいるのにそんなお金はなかなか捻出できません…が、わが家のお正月原資はコレです!


「年末調整の還付金」です。


えぇ~!っていう声が聞こえてきそうで申し訳ありません。
しかし、年末調整の還付金という特性上、毎年還付されるものの計画的に貯金をするには予測が出来なさ過ぎるわけです。みなさんが年間の貯金目標を考えるときは、毎月の給料とボーナスでコツコツ貯めていける金額を計画するんですよね。恐らく、その貯金計画には年末調整の還付金は含まれていないと思うんです。それであれば、使ってしまってもいいんじゃないでしょうか!

わが家の還付金が10万円だったんです…


わが家のお正月予算が10万円なのは、私と夫の年末調整の還付金の合計が今年は10万円くらいだったんですよね。夫も予想以上の還付額だったので「せっかくなので家族で贅沢しちゃおうよ!」ってことになったんです。

普段は貯金にうるさい夫ですが「年末調整の還付金って、給料から毎月コツコツ貯めているようなものなんだから返ってきたら使っちゃえばいいんだよ」って毎年言って自由に使わせてくれるんです。1年365日をず~っと節約と貯金のことばかり考えていると苦しくて苦しくて…。そんな生活の中でも、何かをきっかけに大切なお金をパ~っと使えるタイミングがあると、また次から貯金に頑張れるんですよね。そもそも私たち夫婦は浪費家ですから、そんな散財期間がないと貯金なんて続きません



いかがでしたでしょうか。
今年最後の記事にしては「散財しま~す!」みたいな内容ですみませんでした。そんなどうしようもないことを書いている私の隣で夫がせっせと“家計決算”をやっています。今年は春以降に株式投資に一気に資金をシフトしましたし、自動運用『THEO』も始めましたからマーケット次第ということもあるかもしれませんが、その結果が私もいつも楽しみなんです。
次回はわが家の2017年家計決算についてお伝えすると思いますので、ぜひまたお越しください。

今年一年ありがとうございました。2018年もどうぞよろしくお願いいたします!


 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ