10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 家計管理

貯蓄 節約 固定費 家計管理 食費 浪費 消費



どうも夫です。
ある原因を見つけることで貯蓄や節約が一気にスピードアップができるようになれるなら、みなさんその方法を知りたくないですか?
しかも、その方法がすごく簡単なことだとしたら驚きませんか?
今回は貯蓄や節約ができる体質になってもらえるように「ここがポイント!」的なことを書かせてもらいますね。

貯蓄や節約ができない理由


まずはじめに“貯蓄”というものは収入よりも支出を抑えなければできないですよね。毎月手取り20万円の人が25万円使っていたらお金は貯まるはずがありません。
そして“節約”ですが、ムダな消費を無くしてお金を温存することなので浪費”をいかにして無くすかというところがポイントになります。

こういった“貯蓄”や“節約”のポイントをしっかり理解していないと、どんなに収入が増えても一切手元には残らない体質になってしまうんです。給料が上がってもそれに合わせて生活水準も上げてしまっていたら貯蓄なんてできませんが、逆に、給料が上がっても生活水準はそれまでのものを維持することができれば、何も苦労せずにお金は貯まっていきます。

つまり、“貯蓄”をというものは自分自身のお金の流れを把握さえできればとても簡単なことですし、“節約”ができないというのはそのお金の流れを把握できていないために自制ができていない状態なんですね。

あなたのお金を把握しよう!


前述や今までも何度かお伝えしていますが、お金を貯めるためにはあなた自身のお金を把握することから始めます。

まずは収入ですが、収入といっても実際に使えるお金になるので“手取り額”で考えます。そして、その手取り収入から生活に欠かせない「住居費」や「水道光熱費」「通信費」などの固定費を引いていきます。次にある程度コントロールできる「食費」「雑費」を予算立てして、最後に「お小遣い」や「交際費」を引けばあなた自身の生活が黒字家計なのか赤字家計なのかはすぐに分かりますよね。

お金の流れを把握できたら家計の見直しをします。見直しには順番がありますから、闇雲に節約すればいいわけではありませんよね。まずは“固定費”を改善、そして家計に占める割合の高い費目の“食費”や“小遣い”などを改善します。

最初に家計を把握した時点で黒字家計だと安心してしまう人が多いのですが、赤字家計と同じように見直していくことで貯蓄スピードをあげることができますよ。

節約は“欲望との戦い”


固定費を改善することってとても簡単ですよね。だって、住居費を節約するなら「住宅ローンを借り換え」や「安い家賃の物件に引っ越す」などができればすぐに改善できますが、一番厄介なのが食費や小遣いなどの消費を節約することです。
何故なら、この食費や小遣いを節約するには自分の欲望との戦いになるからです。欲望との戦いというものは欲しいものを我慢するとても辛いものなので、禁煙やダイエットと同様の苦労が必要だということになります。

ただ、それだけ辛そうな節約ですが、普段の生活なかで“浪費”を見つけてあげればそれほど苦労しなくても改善できてしまうものかもしれませんよね。「毎朝当たり前のように缶コーヒーを飲んでいる」「ランチはいつも大盛りにしてしまう」…。これらはボクの実際の浪費でした。慣れてしまえばコーヒーは無くても平気ですし、ランチも普通盛りで十分満腹になれます。
こういった生活の中でのムダを見つけることができれば家計改善に勢いがつくんです。まずはいつもルーチンになっている消費を振り返って「これは本当に必要なのか?」と自問自答をしてみましょう。「別に無くてもいいかな…」なんて思えるものがあったらそれは確実に“浪費”です。生活の中に“浪費”はたくさん隠れていますから、一つ一つ見つけて無くしてしまいましょう!



いかがですか。
貯蓄だったり節約だったりと想像するだけでもゾッとしてしまう人も多いかもしれませんが、冷静になって考えてみればそれほど難しいものではありません。ましてや、禁煙やダイエットに比べてしまえばとても初歩的な欲望との戦いです。ムダを見つけて、そこにお金を使わないようにするだけ。それをやって浮いたお金を貯めていけばいいだけです。とても簡単だと思いませんか?



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スーパー ネットスーパー オイシックス 食費 貯金



こんにちは☆のっち☆です。
将来の貯蓄のために日々の生活費を節約して貯金に励んでいる私たちですが、普通に生活していると「節約なんてできない!」と思ってしまうことってありますよね。今回はそんな節約の邪魔をする一つの要因をお伝えさせていただきます。もしかしたら、あなたもこれにハマってしまっているのかもしれませんよ。

食材はどこで購入していますか?


以前の記事『店側の気持ちを読み取る!買い物の極意』でもお伝えしたように、スーパーという小売店にはお金を消費させるためのトラップがたくさん仕掛けられています。もちろんスーパーもお客さんを騙して無理やり買わせようとしているわけではなく「今日はこんなに良い食材が入荷しましたよ!」とか「この食材は今が旬で美味しいですよ!」なんていうものをお客さんに良かれと思って大々的にアピールするわけです。

ところが、購入する側の私たち消費者はムダなお買い物をしないようにと、事前に買うものをピックアップしてそれ以外のものを買わないようにしてからスーパーに行くわけですよね。メモ書きを持っていったり頭に叩き込んだり…。そうでもしないとそれ以外のものが視界に飛び込んできて、ついついカゴに入れてしまうことがありますからね。

それだけスーパーという素晴らしい食材店には誘惑がたくさんあるということです。

私はいつもネットスーパー


こちらも以前『家計改善の第一歩。ネットスーパー“オイシックス”活用のすゝめ』で書きましたが、私はいつもネットスーパーを利用しています。というのも、ネットスーパーだと“買いすぎ”や“ついで買い”といった浪費が最小限に抑えられるからなんですね。

わが家の食費予算は毎月4万円なので1週間にすると1万円の計算になりますが、ネットスーパーでは全額を購入しません。目安にしている金額は毎週5000円、1ヶ月で2万円というラインで考えています。つまり、ネットスーパーで食費予算の半分で抑えるようにしているんですね。
そして、ネットスーパーでは主に、肉や魚、野菜などの食材を買います。「夫の飲み会予定」「私の仕事の予定」「子供の習い事の予定」など家族の1週間を確認しながら「月曜はこれ作ろう、水曜は〇〇」なんて考えながら使う食材を注文するようにして、作る日になって足りない食材だけをスーパーで買うようにしているんです。そうすることで極力スーパーへ行かなくて済むし、買う食材も明確なので結果として節約につながっているんですね。

お盆や年末年始はとても危険!


ネットスーパーを駆使してなんとか食費を抑えているわが家ですが、そんな節約術が使えない時期もあるんです。そう、“お盆”や“年末年始”です。

さすがのネットスーパーもサービスによってはこの時期は配達自体がお休みになってしまったり、仕入れの関係で販売アイテムが減ってしまったりといつもとは違う環境になってしまうんですよね。わが家でいま利用しているネットスーパーもお盆の週は配達がお休みになってしまうので、そんなときはスーパーをどうしても利用せざるを得なくなってしまうんです。

そして、スーパーで食材を買うことに慣れていない私なんかが何も考えなしにふらっとスーパーへ行ってしまったら完全にカモにされるわけですよね。スーパーに入る前は「豚肉と野菜を買おう」と考えて入店しても、横にいる夫や子供が「おっ!これ美味しそう」「桃、食べたい」なんて言うので「じゃあ、買えば…」っていうことなって1000円くらいで済ませるつもりが、レジを通してみると2000円くらいになっていたりするわけです。ついでに夫のアルコールまで買わされたりするので一気に食費予算が圧迫されちゃうんですよね。

それだけスーパーというお店が節約の敵だということなんです。食費を節約するには何よりもスーパーに行かないということが一番の方法だと私は確信しています。



いかがでしたでしょうか。
食費の予算を守れなくて毎月の貯金ができていないご家庭は多いのではないでしょうか。家族が多ければそれだけ食費も多くかかりますし、この食費を節約しすぎてしまうと一番切なくなる費目でもありますから、予算通りに抑えることが難しいんですよね。でも実は、実店舗のスーパーへ毎日買い物に行ってしまっていることが原因かもしれません。
ネットスーパーを利用してもいいし、スーパーに行く回数を減らしてみるのも効果的かもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

銀行口座 ATM手数料 振込手数料 新生銀行 三井住友銀行



どうも夫です。
このご時世、どこの銀行に資金を預けてもまったくと言っていいほど利息がつきませんね。半年に1回、1円とか2円とか…。いやいや、そんなお金必要ありませんから!って言いたくなるような金額ですよね。それなのに、気を抜くとATM手数料とかいって108円とか216円とか簡単に持っていく銀行って良い商売だと思いませんか?
そんな今回は銀行へうっかり支払いをしてしまう各種手数料を完全に無くす方法をお伝えしようと思います!

銀行から取られる手数料ってどんなもの?


何事も対策をとるにもどんなことをすると手数料が取られてしまうのかを理解する必要がありますよね。以下にザーッと列挙してみました。


ATM手数料108円~216円
振込手数料216円~648円



ザーッと挙げてみましたが、二つしか思いつきませんでした(笑)
まぁ、コレ以外に銀行の有料サービスを利用していたりすればその利用料はかかりますよね。ボクを例にすれば、メインバンクの三井住友銀行が提供している出入金をメールで教えてくれるサービスがあるんですが、これは月額108円です。これは引き落としの前日に引き落とし額を教えてくれたり、振込入金があれば随時教えてくれます。何よりも引き落としができないことによる信用取引のブラック化を未然に防ぐことができるので、毎月108円払っても利用しているわけです。このメールで教えてくれるサービスは他の銀行でもやっているのか分かりませんがオススメですよ!

ATM手数料は絶対に払わないぞ!


銀行へ支払う手数料の中でみなさんが頻繁に払っているものは『ATM手数料』ではないでしょうか? だって、人によっては「お金を下ろす、預ける」たびに手数料がかかってしまうこともありますよね。
ボクのメインバンク、三井住友銀行を例に説明するとATM手数料がかからないのは平日の8:45~18:00の間だけです。そんな時間にいつも利用できるのは主婦か働いていない人ぐらいですよね。8:45には出社しているし、18時なんてまだ働いているよって人がほとんどです。なのに、それ以外の時間では時間外手数料108円がかかるんです。しかも、三井住友銀行のATMが無くて他行のものを利用したら時間内でも108円、時間外なら216円が取られます。銀行なんて利息を半年に数円しかくれないくせに手数料だけはしっかり持っていきます。まぁ、三井住友銀行だとある条件を満たすと月4回までは手数料が無料になるサービスもありますが、ちょこちょこ下ろしたりするお小遣いとかでは毎月4回では微妙ですし、今後このサービスも改悪されるようなんです。

そんなこんなで毎月2回くらいATM手数料を払っていると、216円~432円が浪費する計算になってしまうんですよね。これを年間で考えると2592円~5184円です。ネット銀行の1年定期預金に預けて受け取れるくらいの金額を逆に銀行へ払っていることになるんですよね。最近ATM手数料を払った記憶がある人は要注意ですよ!

新生銀行にお小遣い口座を開設しよう!


どんなに注意をしていても人間はうっかりしてしまうものだし、やむを得ず利用しなくてはいけない状況になることもありますよね。なので、そもそもATM手数料がかからない口座を利用すれば良いんですよね。
特に「お小遣い口座」です。1ヶ月の間に何度も出し入れする可能性がある口座は自分の自由になるお金が入っている口座ですよね。つまりお小遣いが入っている口座ですから、交際費だったり、昼食代だったり、娯楽代だったりをプールしておいてちょこちょこ引き出すわけですね。そうやって無駄遣いしないようにちょこちょこ引き出すから手数料がかかってくるわけですから、その口座を『新生銀行』へ切り替えてしまいましょう。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンにあるコンビニATMやイオン銀行は出金・預入し放題だし、ゆうちょ銀行やメガバンクのATMも出金に関しては使いたい放題です。もうここまでカバーしてくれていると手数料を払うことのほうが難しいくらいですよね。
さらに、振込手数料も最低でも月1回は無料になるし、ステージを上げていけば最大10回まで振込手数料が無料なんですよね。わが家の住宅ローンは新生銀行なので毎月10回振込手数料が無料。子供の教育費の振り込みだったり、通販の支払いで振り込んだりと毎月数回は振り込みをするんですが、これらがすべて無料です。

払うものを払わなくていいってことは、お金を預けて利息を受け取るよりも簡単で確実にメリットを享受できるんですよね。「マジか!?」と思ってしまったら、新生銀行に口座を開設してあなたも手数料フリーの生活を手に入れてみませんか?



いかがでしたか。
新生銀行を利用するようになってから、わが家ではATM手数料も振込手数料も一度も払っていません。もちろんメインバンクは三井住友銀行のままですが、給料が入金されるとお小遣いを全額下ろしてすべて新生銀行の口座へ入金、以降は新生銀行のキャッシュカードしか触らないんですよね。急な飲み会になってもコンビニさえあれば手数料も気にせずお金を出せるからすごく便利です。
新生銀行はお小遣い口座としては最強の銀行ではないでしょうか。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ