10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ: お金のこと

住居費 マンション 戸建て 耐用年数 資産価値 賃貸派 マイカー

どうも夫です。
過去記事『住宅費が資産形成のキモ!これさえ抑えられたら人生、勝てるゾ』を書かせていただいたときにあるメッセージをいただきました。読者のみなさんにも参考になると思うので、記事にさせていただきますね。

素晴らしいご指摘のメッセージでした


このブログも細々と続けさせていただいて丸3年が経ちました。おかげさまで今までに数多くの方がご覧いただき、PC版限定ではありますがメッセージをいただくことも増えてきました。その多くは応援や「参考になった」的なものなんですが、中には今回のようなご指摘をいただくこともあります。

今回、記事にさせていただこうと思ったのは、完全に“マンション派”の方からのメッセージで、マンション業者から言われたことを鵜呑みにしてしまってマンション購入をしてしまった方か、マンション業者自身からのものではないかと思ってしまうほどの内容でしたので、これから不動産購入を考えている方に参考となるように、ご指摘の項目に対してボクなりに一つひとつお答えしてきたいと思います。

メッセージへのお返事コーナー


■ 戸建ては耐用年数が20年であっという間に資産価値がゼロになる

耐用年数」というものは、固定資産税を計算するための期間であって中古物件として売買される場合の価値ではないですよね。実際に築20年の中古物件価格を確認しても土地代だけではない値段が付加されています。
ちなみに、マンションの耐用年数は「47年」。それだけ丈夫で長く住めるということだと思いますが、資産価値が認められるのでもちろん固定資産税は徴収され続けられます。しかも、いろいろ調べてみると“経済的耐用年数”“社会的耐用年数”の関係で丈夫なはずのマンションでも現在は約30年程度で建て替えられている物件が多いみたいですね。


■ マンションは50年以上住めるし、駅近でマイカーもいらない

50年以上住めるかはあなた自身が50年以上住んでから言ってほしいものです。頑張って50年住んだとしてそのマンションは相当スラム化していると思いますし、40歳で買っていたら90歳ですね。修繕費用関連に不安はないのでしょうか…
それと、駅近の物件なんて最近はないですよねぇ。あっても高い。駅徒歩10~20分とかマンション独自のシャトルバスだとか、そんな物件もあるくらいです。現在は戸建ての方が安く買えることが増えている気がします。ついでにマイカーはボクの趣味です。それに使うお金は特に気にしていないし、多くの人は駅が遠いから所有しているわけではないと思うのですが…。


■ 売却する場合もマンションは値下がりしない

本当ですか?何を根拠に言っているのか…。建物は腐っても土地は腐らないというのに…。マンション業者さんのようなコメントですね。

■ 戸建ては災害、訪問販売の対応、防犯にも弱い

災害時の建物的な強度では鉄筋と木造での比較になりますから、やはり弱いと思います。戸建てでそこを求めるならRC構造の戸建てを建てればいいのではないですかね、お金かかりますけど…。
訪問販売は玄関を開けなければ同じこと。さらには、防犯はマンションのほうが弱いと思います。マンションは一度建物内に侵入されたら弱すぎます。というのも、戸建てよりもマンションのほうが地域の力が弱いからです。防犯の要はシステムではなく地域の力が最強なんですよ、知ってました?


■ 戸建てでもお金はかかる!

当たり前です(笑)

■ 共働きでこの程度なら残念な家計だから自慢するな!

それは大変失礼しました。あなたの素晴らしい家計を公開しているならURLを教えてください。こちらのブログでも紹介させていただきますよ。



いかがでしたか。
いただいたメッセージのおかげで余計にボクは“戸建て派”になってしました。もちろん、マンション派の考え方を否定しているわけではありません。ボクはマンションを買わないし、将来が不安すぎると思っているだけです。
戸建てを買うのか、マンションを買うのか、はたまた賃貸派で突き通すのか…。最終的に決めるのは個人の自由ですからね。あなたの人生で一番お得な方法を見つけてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ROLEX ロレックス 資産 クレジットカード リセールバリュー

どうも夫です。
明けましておめでとうございます。本年も本ブログをどうぞよろしくお願いいたします
m(_ _)m

さてさて、過去記事『高級腕時計ROLEXが欲しくてたまらない!』を書いてからかれこれ2年が経ちますが、先日とうとうROLEXを買ってしまいましたのでそのレポートをさせていただこうと思います。

ROLEXの何を買ったのか


年末年始のようにお金が嘘のように飛んでいく時期は気を引き締めていても半端なく消費してしまいますよね。そんな中、2018年年末の株価暴落によってわが家の株価評価額が暴落して想定していた年末総資産額が達成できませんでした。

家計決算をする2か月前から見込んでいた金額を達成できない脱力感と年末年始の浪費欲望が合わさったことで、耐えに耐えていた「ROLEXを買いたい!」という物欲が結果的に抑えられませんでした。

今回、思い切って購入したROLEXの型番は“279171”、妻向けのレディスを購入しました。大体100万円ですね。ROLEXの中ではそれほど上位ランクのアイテムではありませんが、一般庶民が100万円の腕時計を買うというのはなかなか勢いが必要でしたよ。

リセールバリューを考えれば…


リセールバリューを考えれば間違いなくメンズのスポーツ系(デイトナ、サブマリーナ等)なんですが、今回購入したのはレディスの定番アイテム。今後の値上がりもそれほど期待できないであろう型番です。そんな時計を買ったのは何故か…

それは、特に理由はありません(笑)
ただ単に、妻に買ってあげたかったからです。

買ってあげてから妻は毎日ニコニコ、腕時計を見ては嬉しそうにして、腕に着けてみたり外してみたり。そんな様子を見ているだけでも嬉しいものですね。

支払方法はクレジットカード


約100万円の時計を買うのに現金で支払っていては真の素人です。同じ消費をするのにプラスアルファを考えるのがボク流です。

プラスアルファと言っても、ショッピングローンなどで副産物を手に入れる方法もありましたが、今回は無難にクレジットカードを使いました。
現在、ボクのメインカードは『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』なんですが、いきなり100万円を決済してしまうと今後の利用可能額が窮屈になってしまうので、とりあえずカード会社へ電話して限度額の引き上げを依頼。約5分間の口頭審査で増額承認を受けてから決済をしました。ちなみに口頭審査で聞かれた項目は以下です。

・勤務先情報
・直近年収
・扶養家族人数
・住居形態
・預貯金額
・貯金の支払い状況

クレジットカードもショッピングローンとほぼ同等の内容で審査するので、何を確認しているのかを理解しながら答えられると失敗はないと思いますよ。

限度額増額をしてもらって支払いもスムーズに完了。今回は百貨店で購入したので、百貨店のポイント、クレジットカードのポイントも生むことができた消費でした。また今日から貯蓄に励みたいと思います。



いかがでしたか。
今回はROLEXという高級時計を購入しましたが、生活をするうえであっても無くてもいい代物です。ただ、毎日節約ばかりをしていても疲弊してしまいますから、適度に浪費をすることで家族の物欲を満たしてあげることも大切だと思います。
家庭ごとの節約と消費の適度なバランスを確立することができれば、より楽しい生活を送れると思いますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

住宅費 住居費 資産形成 家計管理 資産管理 家賃



どうも夫です。
久々の更新でみなさん、申し訳ありません。ただ、このブログ更新が止まっていた約5ヶ月間で“どうしてわが家はお金に余裕が生まれたんだろう”と考えることもできましたので、今回はそんな記事を書かせていただきます。記事後半では“住宅費”を抑えるコツを伝授させていただきます。

資産形成のキモは“住宅費”だ!



本記事のタイトルにもバシッと書かせていただきましたが、家計管理上で一番影響の大きなものは“住宅費”だと改めて感じています。世帯月収が30万円だとして、家賃(ローン)が10万円なのと、15万円なのでは大違いです。“住宅費”は固定費の代表格でありながら、人生においても三大支出に入る支出ですから、ここをしっかり抑えられるか否かで家計の将来も変わってくるんです。

職場の同僚、後輩の話を聞いていると、そんな重要な“住宅費”なのに意外とまともに考えられている人が少ないんですよね。「住宅費は高くて当たり前」「家賃の高い部屋に住んでいることがステータス」「●●●●万円のローンが組めた。俺って意外と信用力があったんだよ」などなど、知らん顔をして聞いていながら、内心「コイツ等アホか…」って思ってしまうほどです。コストなんて安ければ安いほど良いに決まっています。

もう一度書きますね。将来的にその家計がしっかりとした資産形成ができるかは、“住宅費”をいかに抑えるかにかかっているんですよ。

“余裕なスパイラル”に入るとラクしてお金は貯まる!



ブログの更新が止まっているのも、みなさんにお届けできる新しくて有用な記事がこれ以上ないと感じているから…このブログを最初から読み返してもらって実行したら、おそらく家計管理では困らないレベルに達すると思っています。実際に過去に借金だらけだった友人をブログを通じて改善させたこともありますからね…

お金って不思議なもので、苦しい水準とラクになる水準が微妙なんですよね。例えば、年収550万円が600万円になるだけですごくラクになったりするんです。たったの50万円です、そんな50万円で家計管理に余裕ができていろんな部分が満たされていくんですよね。逆に、550万円の人が520万円になるだけで普通水準の生活が一気に貧しさを感じる生活へ落ちてしまうこともあります。

この僅かな金額が生活を左右してしまうのであれば、その数万円を現状の収入と支出から生み出せばいいだけですよね。簡単な話なんです。家賃(ローン)、保険料、通信費あたりを本気で見直せば多くの家計なら捻出できると思いますよ。詳しくは過去記事をご覧くださいね。

“住宅費”を抑える3つのコツ



“住宅費”を抑えるといわれてもどうしていいか分かりませんよね。ということで、今回は即効性のあるコツを3つ紹介させてもらいます。このブログで昔から何度も書いている項目なのでご存知の方も多いかと思いますが、やっぱりこれが重要なんですよ。

まず一つ目。それは「若いうちに買うこと」です。
わが家の“住宅費”は毎月10万円を下回っています。東京都内、山手線の内側の一戸建て、駐車場付きでです。もちろん不動産相場の底の時に運良く購入できたということもありますが、20代で購入し借り換えや繰り上げ返済を無理のない程度でもコツコツしてきた結果です。これが40代で購入していたらこんなにうまくはいっていないでしょうね。

二つ目。「会社の補助制度をフル活用する」です。
ボクが以前勤めていた会社では、“借り上げ社宅制度”というものがあって、9万円まで一割負担で住むことができる制度でした。2DKのアパートに9000円で住めるわけですね。当時の世帯月収は夫婦で40万円弱と安月給でしたが、この制度のおかげで生活費には39万円ほど使えるわけですから生活は本当に余裕でした。当時は毎月20万円近くの貯金ができましたよ。

そして、三つ目。「マンションは買わない」です。
まぁ、このことについては賛否両論あるかと思いますが、ボクは絶対にマンションは買いません。なぜなら、生きている間、住んでいる間“永遠にコストがかかる”からです。一戸建てなら修繕するのは自分次第です。老後になってお金がないのにフルリフォームなんてしませんよね。なのに、マンションは個人の状況なんてお構いなしに修繕を行います。そして修繕費が足りなくなれば一時金として強制的に徴収されます。さらには、管理費も発生しますよね。詳細は過去記事をご覧いただければと思いますが、ボクは絶対にマンションは買いません。



いかがでしたか。
記事の更新をしばらくお休みしている間に「どうしてお金に余裕が生まれるんだろう」と考えて、たどり着いた結論が“住宅費”でした。このライフステージにかかわらず生きている間発生するコストをいかに抑えられるかが人生最大の資産管理につながると確信しています。ぜひ貴方も一日も早い決断をしてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ