10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ: お金のこと

貯蓄 節約 固定費 家計管理 食費 浪費 消費



どうも夫です。
ある原因を見つけることで貯蓄や節約が一気にスピードアップができるようになれるなら、みなさんその方法を知りたくないですか?
しかも、その方法がすごく簡単なことだとしたら驚きませんか?
今回は貯蓄や節約ができる体質になってもらえるように「ここがポイント!」的なことを書かせてもらいますね。

貯蓄や節約ができない理由


まずはじめに“貯蓄”というものは収入よりも支出を抑えなければできないですよね。毎月手取り20万円の人が25万円使っていたらお金は貯まるはずがありません。
そして“節約”ですが、ムダな消費を無くしてお金を温存することなので浪費”をいかにして無くすかというところがポイントになります。

こういった“貯蓄”や“節約”のポイントをしっかり理解していないと、どんなに収入が増えても一切手元には残らない体質になってしまうんです。給料が上がってもそれに合わせて生活水準も上げてしまっていたら貯蓄なんてできませんが、逆に、給料が上がっても生活水準はそれまでのものを維持することができれば、何も苦労せずにお金は貯まっていきます。

つまり、“貯蓄”をというものは自分自身のお金の流れを把握さえできればとても簡単なことですし、“節約”ができないというのはそのお金の流れを把握できていないために自制ができていない状態なんですね。

あなたのお金を把握しよう!


前述や今までも何度かお伝えしていますが、お金を貯めるためにはあなた自身のお金を把握することから始めます。

まずは収入ですが、収入といっても実際に使えるお金になるので“手取り額”で考えます。そして、その手取り収入から生活に欠かせない「住居費」や「水道光熱費」「通信費」などの固定費を引いていきます。次にある程度コントロールできる「食費」「雑費」を予算立てして、最後に「お小遣い」や「交際費」を引けばあなた自身の生活が黒字家計なのか赤字家計なのかはすぐに分かりますよね。

お金の流れを把握できたら家計の見直しをします。見直しには順番がありますから、闇雲に節約すればいいわけではありませんよね。まずは“固定費”を改善、そして家計に占める割合の高い費目の“食費”や“小遣い”などを改善します。

最初に家計を把握した時点で黒字家計だと安心してしまう人が多いのですが、赤字家計と同じように見直していくことで貯蓄スピードをあげることができますよ。

節約は“欲望との戦い”


固定費を改善することってとても簡単ですよね。だって、住居費を節約するなら「住宅ローンを借り換え」や「安い家賃の物件に引っ越す」などができればすぐに改善できますが、一番厄介なのが食費や小遣いなどの消費を節約することです。
何故なら、この食費や小遣いを節約するには自分の欲望との戦いになるからです。欲望との戦いというものは欲しいものを我慢するとても辛いものなので、禁煙やダイエットと同様の苦労が必要だということになります。

ただ、それだけ辛そうな節約ですが、普段の生活なかで“浪費”を見つけてあげればそれほど苦労しなくても改善できてしまうものかもしれませんよね。「毎朝当たり前のように缶コーヒーを飲んでいる」「ランチはいつも大盛りにしてしまう」…。これらはボクの実際の浪費でした。慣れてしまえばコーヒーは無くても平気ですし、ランチも普通盛りで十分満腹になれます。
こういった生活の中でのムダを見つけることができれば家計改善に勢いがつくんです。まずはいつもルーチンになっている消費を振り返って「これは本当に必要なのか?」と自問自答をしてみましょう。「別に無くてもいいかな…」なんて思えるものがあったらそれは確実に“浪費”です。生活の中に“浪費”はたくさん隠れていますから、一つ一つ見つけて無くしてしまいましょう!



いかがですか。
貯蓄だったり節約だったりと想像するだけでもゾッとしてしまう人も多いかもしれませんが、冷静になって考えてみればそれほど難しいものではありません。ましてや、禁煙やダイエットに比べてしまえばとても初歩的な欲望との戦いです。ムダを見つけて、そこにお金を使わないようにするだけ。それをやって浮いたお金を貯めていけばいいだけです。とても簡単だと思いませんか?



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スーパー ネットスーパー オイシックス 食費 貯金



こんにちは☆のっち☆です。
将来の貯蓄のために日々の生活費を節約して貯金に励んでいる私たちですが、普通に生活していると「節約なんてできない!」と思ってしまうことってありますよね。今回はそんな節約の邪魔をする一つの要因をお伝えさせていただきます。もしかしたら、あなたもこれにハマってしまっているのかもしれませんよ。

食材はどこで購入していますか?


以前の記事『店側の気持ちを読み取る!買い物の極意』でもお伝えしたように、スーパーという小売店にはお金を消費させるためのトラップがたくさん仕掛けられています。もちろんスーパーもお客さんを騙して無理やり買わせようとしているわけではなく「今日はこんなに良い食材が入荷しましたよ!」とか「この食材は今が旬で美味しいですよ!」なんていうものをお客さんに良かれと思って大々的にアピールするわけです。

ところが、購入する側の私たち消費者はムダなお買い物をしないようにと、事前に買うものをピックアップしてそれ以外のものを買わないようにしてからスーパーに行くわけですよね。メモ書きを持っていったり頭に叩き込んだり…。そうでもしないとそれ以外のものが視界に飛び込んできて、ついついカゴに入れてしまうことがありますからね。

それだけスーパーという素晴らしい食材店には誘惑がたくさんあるということです。

私はいつもネットスーパー


こちらも以前『家計改善の第一歩。ネットスーパー“オイシックス”活用のすゝめ』で書きましたが、私はいつもネットスーパーを利用しています。というのも、ネットスーパーだと“買いすぎ”や“ついで買い”といった浪費が最小限に抑えられるからなんですね。

わが家の食費予算は毎月4万円なので1週間にすると1万円の計算になりますが、ネットスーパーでは全額を購入しません。目安にしている金額は毎週5000円、1ヶ月で2万円というラインで考えています。つまり、ネットスーパーで食費予算の半分で抑えるようにしているんですね。
そして、ネットスーパーでは主に、肉や魚、野菜などの食材を買います。「夫の飲み会予定」「私の仕事の予定」「子供の習い事の予定」など家族の1週間を確認しながら「月曜はこれ作ろう、水曜は〇〇」なんて考えながら使う食材を注文するようにして、作る日になって足りない食材だけをスーパーで買うようにしているんです。そうすることで極力スーパーへ行かなくて済むし、買う食材も明確なので結果として節約につながっているんですね。

お盆や年末年始はとても危険!


ネットスーパーを駆使してなんとか食費を抑えているわが家ですが、そんな節約術が使えない時期もあるんです。そう、“お盆”や“年末年始”です。

さすがのネットスーパーもサービスによってはこの時期は配達自体がお休みになってしまったり、仕入れの関係で販売アイテムが減ってしまったりといつもとは違う環境になってしまうんですよね。わが家でいま利用しているネットスーパーもお盆の週は配達がお休みになってしまうので、そんなときはスーパーをどうしても利用せざるを得なくなってしまうんです。

そして、スーパーで食材を買うことに慣れていない私なんかが何も考えなしにふらっとスーパーへ行ってしまったら完全にカモにされるわけですよね。スーパーに入る前は「豚肉と野菜を買おう」と考えて入店しても、横にいる夫や子供が「おっ!これ美味しそう」「桃、食べたい」なんて言うので「じゃあ、買えば…」っていうことなって1000円くらいで済ませるつもりが、レジを通してみると2000円くらいになっていたりするわけです。ついでに夫のアルコールまで買わされたりするので一気に食費予算が圧迫されちゃうんですよね。

それだけスーパーというお店が節約の敵だということなんです。食費を節約するには何よりもスーパーに行かないということが一番の方法だと私は確信しています。



いかがでしたでしょうか。
食費の予算を守れなくて毎月の貯金ができていないご家庭は多いのではないでしょうか。家族が多ければそれだけ食費も多くかかりますし、この食費を節約しすぎてしまうと一番切なくなる費目でもありますから、予算通りに抑えることが難しいんですよね。でも実は、実店舗のスーパーへ毎日買い物に行ってしまっていることが原因かもしれません。
ネットスーパーを利用してもいいし、スーパーに行く回数を減らしてみるのも効果的かもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

贈与税 税金 贈与 110万円 一般税率 特別税率



どうも夫です。
頑張って貯金して、家庭の貯金額が増えてくると「この口座にあるお金を新しく開設したこっちの口座に移して…」なんていうお金を移動させることってありますよね。そんな何気ない家庭内の口座移動でも税金がかかることがあるんです。
今回は“家族間でも贈与税の対象にされることがあるんですよ”っていうお話です。

『贈与税』ってなに?


そもそも贈与税というものは何なのでしょうか。って、とても簡単なお話ではありますが、間違えがないようにウィキペディアで調べてみました。

“相手からの贈与によって受け取った財産に課せられる国税”


まぁ、そのままですね。間違えようがありません(笑)
では、家族間でも金品を貰ったらすべて贈与税の対象となってしまうのかと言えばそうでもないんです。そりゃあ、そうですよね。ちょっとしたお金のやり取りだったり、プレゼントなんかもすべて課税されてしまったら日本になんて住んでいたくないですもんね。

まずは、金品のやり取りの中でも「贈与税の対象になるものとならないものがある」ということだけ理解しておきましょう。

贈与税の税率はどのくらい?


では、贈与税の対象となってしまう贈与をしてしまった場合にどれだけの税金が徴収されてしまうのかを見ていきましょう。下の表は国税庁のホームページから転載しました。


(一般税率)
一般税率


(特別税率)
特別税率


特別税率というのは「20歳以上の直系の子や孫に贈与を行った場合」で、それ以外の贈与は一般税率が適用されます。つまり、まったくの他人から贈与を受けても夫婦間で贈与をしても税率は同じということですね。

また、贈与税には『基礎控除額』というものがあってその額は110万円です。つまり、110万円以下なら誰から貰っても税金がかからないということになります。贈与を受けた金額からまずこの基礎控除額を引いてから、上記の税率にて計算するということですね。計算式にするとこんな感じになります。


(贈与合計額-110万円)×税率-控除額=贈与税額


例えば、親戚の叔父さんに現金200万円をポンっと貰った場合は…
(200万円-110万円)×10%-0円=9万円

ということで、200万円を貰ってしまうと9万円も税金が取られてしまうんです。なんかもったいないですね。実際にそんな有り難いことがある場合は叔父さんに「100万円ずつ2年に分けてちょうだい」って言いましょう(笑)

贈与税の対象はこんなにある


「110万円以上も人から貰うことないから大丈夫」って気を抜いていると、これが意外と普段の生活のなかで発生しがちなんです。なので、ここではどんな場合に贈与税の対象になってしまうのかをお伝えしようと思いますが、その前に贈与税の対象外なこともありますからそちらから紹介しますね。

[贈与税対象外]
・家族の生活、教育に必要なお金

これ以外にも対象外となるものはあるんですが、簡単に覚えるために1つだけにしました。つまり、扶養義務者から貰うこれらの金品は必要なものであれば贈与税はかからないんです。
では、贈与税の対象となるものを見ていきますね。

[贈与税の対象となるもの]
・110万円を超える金品の贈与のすべて(上記対象外を除く)

こちらも1つだけ。
例えば、自動車を買ってあげた、高級時計を買ってあげた、株式をあげた、名義の違う銀行口座へ資金を動かした、不動産名義の変更など110万円を超えるものが対象になります。ただ、不動産の贈与については例外もあって20年以上の婚姻関係にある夫婦においては基礎控除に加えて2000万円までの配偶者控除もあります。
それ以外にもいろいろな特例もありますから「贈与に該当しそうだな」という時はしっかり調べて行わないとしっかり税金を取られてしまうことになります。



いかがでしたか。
「子供に自動車を買ってあげる」とか「貯金を夫名義の口座から妻名義の口座へ移す」なんて贈与税の対象になるなんていう考えもないとやってしまいそうな事例です。ただ、自動車に関しては所有者を自分、使用者を子供というような登録をすれば対象外なったりしますから、どうすれば最善なのかを自分自身で調べるということが大切ですね。それと、贈与とは「あげるよ」「貰うね」という双方の認識がなければ成立しないというのも注意点かもしれませんね。
こういった法律に関係することは随時改定されたり、特例ができたりと変化していきますから、まずは「家族間のやり取りでも税金がかかる」ということだけは忘れずに生活するだけでも無駄な税金を払わなくて済みますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ