10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ: お金のこと

年末調整 保険料控除 生命保険 保険のビュッフェ 確定申告



こんにちは、☆のっち☆です。
みなさんは生命保険に加入する時期を気にしたことってありますか?「生命保険なんて若い頃に入ったものを今でも継続しているだけだよ」なんていう人もいるかもしれませんね。もしそんな人がいたら、とりあえず保険を見直してみましょう。当時とは変わってきている部分が必ずあると思いますからね…
そんな思いもあって以前の記事『【体験談】“保険のビュッフェ”の無料相談にいってきたよ』で報告させてもらったように無料相談をして加入した生命保険。1年経った今、夫がちょっと後悔しているんです。
今回はそんなお話です。

“保険のビュッフェ”でこんな保険に加入しました


約1年前に相談した“保険のビュッフェ”ですが、サービスとしてはとてもありがたいものでした。相談は無料だし、相談するだけで「商品券5000円」も貰えましたからね。なによりも多くの家計を知っているファイナンシャルプランナーにわが家の家計チェックや保険のバランスなどもしっかり確認をしてくれるので、とても安心することができるんですよね。

当時のサービスだった「商品券5000円」というものが無くなってしまいましたが、現在は「家電プレゼント」っていうものをしているのでお得感にはそれほど変わりはありませんね。




そして、当時わが家が加入した保険はメットライフ生命の『積立利率変動型終身保険(米国通貨建2002)』というものでした。最低積立利率が3.0%で通常の外貨預金よりも高利回りなのに死亡保険も付加されているという貯蓄型生命保険です。外貨なので為替変動が不安ですが、「毎年支払うことでそのリスクも最小限に抑えられるんじゃないか」って夫が言っていたのでその辺は完全にお任せしています。

サラリーマン特権の“年末調整”


サラリーマンの方は年末になると総務部の人から「年末調整をするから申告書を提出してください」って言われますよね。私もすでに配られていて夫に記入をお願いしているところなんですが、提出するのには必要な金融機関からの証明書ってありますよね。
「生命保険料控除証明書」や「住宅ローンの年末残高証明書」などなんですが、みなさんご存知ですか?

生命保険に加入している人はその証明書、住宅ローンを組んでいる人はローン残高証明と管轄税務署から発行される申告書兼証明書を添付して提出すれば、会社の年末調整ですべて完了してくれますよね。そんな手続きを総務部でやってくれるから12月の給料が例月よりも多かったりするわけです。

生命保険に加入する時期って重要ですよ!


そんなサラリーマン特権とも言える“年末調整”ですが、必要書類が揃わなければ申告することができないんです。多くの会社では11月くらいには全社員へ年末調整に必要な書類提出が求められますよね。

今回、夫が「失敗したぁ~!」って嘆いているのが、この提出期限なんですね。

どういうことかというと…
1年前に加入したということは、11月が保険の加入月になっているんです。年末調整に必要な保険料控除証明書って「一年間の保険料を〇〇円支払いましたよ」っていう証明書なので1年分支払ってから発行されるんですが、夫の場合は11月の保険料支払いが終わってから証明書が発行されるので手元に届くのが12月になってしまうんです。
ただ、年末調整書類の会社への提出期限って11月には締め切られていますよね。だって、総務部の人たちは年末調整をした上で12月給料を支払うわけですから。12月になって「追加でこれも…」なんていった日には相当冷たい目で睨まれてしまうこと間違いなしです。総務部には必ずお局さんがいますから一喝されてお終いですよね。

つまり、昨年加入した生命保険は年末調整に間に合わないということになるんです。“確定申告”をすれば結果的には一緒なんですが、会社がやってくれることを自分でやらなくてはいけなくなるので、仕事を増やしてしまった感満載なんですね。



いかがでしたでしょうか。
サラリーマンという会社組織で働いている人たちは、可能な限り会社を上手く利用することが大切だと思います。今回の年末調整もそうなんですが、それ以外にも会社が半分負担してくれる厚生年金に加入するなどサラリーマン特有の優遇制度はフル活用しなくては勿体ないんですよね。
今回のテーマである年末調整に支障がない生命保険の加入については、遅くても9月までということになりますね。その加入時期と加入者の誕生日の兼ね合いでベストな時期というものがありますから、そのあたりはしっかり考えて行動することをオススメしますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

株式投資 トレード 短期売買 チャート 信用取引



どうも夫です。
先週の記事『株式投資は一旦やめておけ!』で「株式投資はいったんお休みしたほうがいいですよ」ってなことを書かせていただいたんですが、それは資産形成を目的とした長期的な株式投資のことで、それを開始するタイミングとしては「今は止めておきましょうね」ってことなんですよね。
そんな投資を始めるべきではないこの時期にボク自身は新しい銘柄を購入したんです。今回はなぜボクが株式のトレードを始めたのかについて書かせてもらいますね。

先週の相場は予想通りでした


まずは先週の株式相場。月曜日からガクッと下落して始まって週末は戻しましたが結局は陰線で終了しています。そして、その前の週はローソク足の本体が小さく上値方向に長いヒゲを伸ばしている形をしていますよね。念のためその週足チャートを下に載せておきますね。

週足チャート


これを見る限り少なくても20000~21000円程度までは調整するのかなって思ってしまうんですね。それって何故かなんですが、チャート分析を少しでも勉強した人ならすぐわかると思いますが、チャートを見るときの基本としてトレンドラインというものがあります。下にそのトレンドラインを引いたものを載せてみますね。

週足チャート(トレンドライン有)


過去の高値を繋げた線を上値抵抗線、安値を繋げた線を支持線というんですが、9月下旬にその時の上値抵抗線があった20000円付近を突破した頃から、株価上昇に拍車がかかって直近高値の23000円まで短期間に駆け上りました。それが先日、一服して反転しています。過去の上値抵抗線というものはそれを突破した後は下値支持線に変身しますから、とりあえずの下値目安はその20000円程度ということになるんですね。

なので先週、「長期運用は今じゃないですよ」と申し上げたわけです。
その考えは今も変わりません。資産運用としての株式投資を新規で始める時期ではないと思っています。

トレードってなんぞ?


「今は資産運用としての株式投資はしない」と言いましたが、株式投資というものは長期で運用するだけではないですよね。先週の記事でも少し書きましたが、プロがしのぎを削る短期売買、いわゆるトレードというものならば短期的な視点で値上がりを狙える銘柄があるのであればバッと購入して、目標となる株価になったらドライに売却する。長期運用がインカムゲイン(配当金)狙いの投資なら、トレードはキャピタルゲイン(売買益)を狙って行動する投資になります。

狙っていた銘柄をここぞというタイミングで購入して、値上がりしたところを一気に売り抜ける。50万円で購入した株式を100万円で売るというようなイメージですね。これが成功したらとても気持ちがいいし、短期間でそれなりの利益も出るのでギャンブル性も強くなってしまう性質を持っています。こんなスリルが癖になり信用取引に手を出して大金を失ってしまう人が続出するのもトレードの世界です。“株式投資は怖い”というイメージの発端はこのトレードのせいだとボクは思っています。

購入銘柄は内緒です…


すみません。。。できれば公開したいんですが、ボクの今までのジンクスでトレードが終わる前に人へ言ってしまうと負けるんですよね。だから現時点では非公開です…
でもですね、経験上ほとんどの場合で勝てているチャートパターンっていうものがあるので、今回はそれをお伝えしようと思います。


「上値抵抗線で必ず跳ね返されてはいるものの、下値を毎回切り上げてペナント型のチャートを描いているもの」


この形状のチャートを描いて上値抵抗線を突破した瞬間に“買い”を入れます。ただそれだけです。そんな形状の銘柄を見つけられたら、あとは毎日株価チェックをするだけで、いよいよその時が近づいたら、逆指値という機能を利用して予約注文を入れておきます。突破したら確実に買えるようにしておくだけなんですよね。楽チンです。
ちなみに、日経平均の週足チャート(上図)も同様の形状をしていると思いませんか…



いかがですか。
ボクは先週の水曜日にトレードが始まったのでまだ数日しか経っていませんが、現時点では3%以上値上がりしています。トレードは銘柄選びと参入するタイミング、そして一番重要なのが売り抜けるタイミングです。その3つがしっかりできれば素人でも意外と勝てるものですよ。ぜひ美味しい銘柄を探し当ててみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

株式投資 いざなぎ景気 投資 好景気 やめておけ



どうも夫です。
超低金利の現在、ある程度まとまったお金を持っていたとしても預ける先が見当たりませんよね。なので、ボクは今年の春と夏に株式投資を再開しました。その頃の記事は頻繁に「株式投資した方がいいですよ!」って書いていた記憶がありますが、それから約3ヶ月経った今、タイトルのような心境になっています。
今回はそのことについて書いてみようと思います。今から投資を始めようと思っている人は参考にしてください。

株式投資で勝てる人は全体の10%?


「投資の世界で利益が出ている人は10%だ」ということを耳にしたことがある人もいるかもしれませんね。それだけ株式にかかわらず投資の世界では勝つことが難しい… つまり、“怖い世界”だと思っている人が多いのかもしれませんね。

でも、ボクも22歳で株式投資を始めてから現在までのトータルでは100万円以上の売買益が出ています。ちょっと本を読んだりして勉強はしましたが、たったそれだけで勝ち組の10%に入れているということになるのでしょうかね。

実際は違うんです。
投資の世界では僅かな人しか勝てないというのは、短期売買いわゆるトレードの世界での話。ボクたちが戦う“長期”での投資においては関係ありません。なぜなら、リーマンショックやギリシャショック、東日本大震災なんていう大暴落を経験したこの10年間でも結果的には株価は上がっているんですからね。もっと長い目でみると世界経済は基本的にはこれから先も右肩上がりと言われていますから、投資をするということは理にかなっている運用方法なんですよ。

「一旦やめておけ」の理由


それなのに「一旦やめておけ」というのは何故か…
とても簡単な理由なんですが、純粋に“短期間のうちに上がりすぎているから”です。つまり、今は株式投資を始めるタイミングではないということです。
具体的には、先週の木曜日の日足チャートの形、そして金曜日に5日移動平均線割れとその晩のNYダウ下落による日経先物の暴落。おそらく、週が明けた今日(11/13)の寄り付きは安値で始まります。日中、上げて終われないとトレンドラインの下値支持線まで割ってしまう形になるので、しばらく調整相場になるのではないかなと思ってしまいますね。

最近の上昇相場は異常なほどですよね。だって、「いざなぎ景気」を超えたと騒がれているくらいです。これって、ボク達一般庶民に実感があるか無いかなんて関係ないんですよ。歴史的にも名前をつけられるくらいの好景気なんですよね、今は。

でも、だからといって単純に「株を買えば儲かる」わけではないんです。

投資のタイミングはすぐ分かる


株式投資を始めるタイミングって難しいように思いませんか?
でも、これって意外と簡単なんです。今回は特別にお教えしますね(笑)


みんなが“買いだ買いだ”と騒いだら売り。その逆も然り」です。
ね!簡単でしょ。

最近は経済ニュース以外でも好景気で株価が上がり続けていることを報道しています。バラエティ番組のような番組でもその状況が伝えられて、ボク達の世間話にも「いざなぎ景気超えたらしいね」なんて話題がでてきます。すると、普段は投資になんて興味を持っていなかった人たちがマスコミに煽られて「株式投資をすると儲かるぞ」と思い始めるんです。そう思い始める人が増えると、普段の会話に株式投資の話が出始める…。ボクはこの時点で新規で買うのを止めてしまうんです。だって、しばらくしたら暴落するから…

また投資を再開するのは、周りの人達が株式投資に対して否定的な意見が多くなってから。さらには評論家が悲観論を唱えはじめてからです。それは相場が反転する目印なんですよね。



いかがですか。
もしボクの予想が当たって下落相場に突入してしまったら、どのくらいまで下落してしまうのかが問題ですが、そんな時は絶好の買い相場到来という気持ちで相場をみていようと思います。以前からオススメしているメガバンク株を始め、まだまだ割安株がゴロゴロ転がっています。下落相場にでもなればそれらが今よりももっと割安になるんですから、仕込むには最高の時期になるかもしれません。
ボクは株式投資は長期と決めて運用していますから、安い時に買えれば将来の楽しみがまた増えます。健全な企業なのに配当利回りが4%を超える銘柄もドンドン出てくる環境になってくれると幸せですよね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ