10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ: わが家のこと

d679a357a106226091b3307607ceadcb_s


前編からのつづき

金の切れ目が縁の切れ目


夫がそこまで怒ったのにはワケがあったようです。夫は学生時代に多くのアルバイトをしていてその場その場で会う人生の先輩達のなかで離婚経験のある人に話を聞いていると必ず共通して口にするのは「お金」の話だったそうです。
『給料が少ないから嫁が不満を持って…』
『ギャンブルがどうしても止められない』
『金ないのに妻が旅行に行きたがる』
『離婚するのも慰謝料や養育費が必要なんだ』

二十歳そこそこの学生には刺激の強い話で「金」の怖さを知ったようです。そして、衝撃の一言。
『どんなに仲の良い夫婦でも金がなくなるとダメになる。金の切れ目が縁の切れ目なんだ』

この一言で決めたそうです。金を切らせちゃいけないって…

わが家の総資産は3000万円超


約20年前にマイナスのスタートから始まったわが家ですが、共働きを続け、夫の家計管理を信じてきた現在、総資産は3000万円超。私達夫婦が信じられないくらい貯まっています。今から子供の教育費に2000万円かかったとしてもなんとか乗り越えていけるだろうと夫は言います。
ただ、夫の家計管理への力は緩めてくれません。
夫曰く「いつ病気で働けなくなるか分からないし、会社が潰れるリスクもゼロじゃない」と。

でも、一つの安心を夫はくれます。「現状の年金制度がどうなるか分からないけど、減額されようがわが家は他の家よりは余裕ができる。だって、年金もらう頃には住宅ローンも教育費も終わってるし、夫婦二人が厚生年金満額貰えるから。最大のリスクは死ぬこと。お互い長生きしような


いかがでしたでしょうか。
私の浪費家ぶりを知ってもらいつつ、夫の家計管理能力の高さをお伝えできたでしょうか。
実は、わが家がしっかりとした家計管理を始めたのは30歳からなんです。ですから、10年ほどで現在に至っていることになります。これからもお役に立つお話をお伝えしますね!



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

不労所得 老後資金 年金 不動産収入 配当



こんにちは☆のっち☆です。
先日、ありがたいことにメッセージをいただいたんです。そして、その方は私の質問にブログ記事で返していただいて… こんな交流ってなんか嬉しいですね。
今回はその方との話で出た「不労所得」について、現在のわが家の受取額がどれくらいなのかを確認してみました。

わが家の不労所得を生む銘柄達


不労所得」ってすごく良い響きですよね。だって、生きているだけで入ってくる収入ですから、会社に出勤して上司やお客に嫌なことも言われることもないし時間を拘束されることもないわけです。あぁ、この不労所得で年間400万円くらい貰えたら幸せですよね…
だって、手取り400万円ってわけですから毎月33万円が貰えるんです。住宅ローン払って、生活費を差し引いても、ある程度の小遣いを貰えるレベルです。不労所得で食べていけるなら貯蓄する必要もありませんからね。

ということで、わが家の不労所得を把握するために今持っている銘柄を洗い出してみました。


株式配当
投資信託
定期預金
社債
貯蓄型保険
普通預金


幸せな不労所得を手に入れるために、わが家ではこの6ヶ所でお金を働かせています。夢の400万円までどのくらいの差があるのでしょうか。

わが家の不労所得受取額


実際にどのくらいの報酬が貰えたのか昨年ベースで計算してみますね。


株式配当
60000円
投資信託
300000円
社債
8000円
普通預金
数円
★定期預金 160000円(5年定期、2018年満期)
★貯蓄型保険 60歳で100万円

相当ざっくり書かせていただきましたが、中長期で働かせているものもあるので単年で考えると正確ではありませんが、昨年貰えた金額で考えると「368000円+数円」でした。それと、計算に入れられなかった「5年定期預金」の利息は幻の1.0%。「貯蓄型保険」は60歳で計算しましたが、解約しなければず~っと増え続けていくタイプです。

将来的に見込んでいる不労所得額


現役である現在において不労所得が絶対に必要なわけではありませんが、生活を少しでも豊かにするという観点で考えると不労所得は「あったほうが良いよね」っていうものです。ただ、老後生活においてはこの不労所得が生活の裕福さを左右させると思いますので、現役を引退するまでにどのくらいの不労所得を目指しているのかを整理してみようと思います。

老後の収入の柱となるのはやっぱり「年金」ですね。制度として不安な点は相当ありますが、まるっきりゼロになるということはないと思います。そして、わが家はその年金をしっかり貰おうと思って夫婦二人で一生懸命に社会保険料を支払っています。現在の水準で貰える年金額は年間320万円ほど。これが私達が貰える頃に20%減額されたとしても256万円で20万円くらいは貰えるのかなぁなんて考えています。
老後の生活費で毎月20万円ならそれだけでも生きていけそうですが、やはり+20万円くらいは欲しいかななんて考えていますので、その20万円をどこで稼ぐかということになりますが、結果的にはやはり不労所得での収入を目指したいわけなんですね。

毎月20万円の不労所得を手に入れる。年間では240万円です。なかなかの金額ですよね。
でも実はもう目処が立っていて、以下のような内訳で考えているんです。


家賃収入
180万円
株式配当
30万円
投資信託
30万円


すごくシンプルですみません…
家賃収入というのは現在の持ち家です。定年後は実家に戻る計画をしていますので、新たにかかる住居費はなく、さらに今の家のローンが完済になりますので賃貸収入がそのまま所得になります。毎月15万円の賃料で考えていますが、この金額は修繕や税金を引いても残るだろうと見込んでいます。そして、株式配当ですがこのままNISA制度が継続されれば、投資額を1000万円で3%の銘柄へ投資すればいいだけです。現状の方針を継続して投資額を定期的に増やせばいいだけ。そして、投資信託も現在レベルの維持だけですね。

そんな思惑でわが家の老後は毎月40万円の生活費で生きていけると考えているんですが、おそらく想定外の出来事が起きますので油断は禁物です。60歳~65歳までの5年間の生き方や年金支給年齢の引き揚げ、健康問題などは注意したいところですよね。



いかがでしたでしょうか。
ブログを通じてのコミュニケーションから始まって改めて老後の生活までを考えさせてもらいました。良い御縁をいただけたことに本当に感謝しております。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

浪費 散財 家計



こんにちは☆のっち☆です。
年末年始ってボーナスがあったり年末調整の還付金があったりで収入も多いけれど、クリスマスやら帰省やらお年玉やらでお金に羽が生えてすごい勢いで飛んでいきますよね。わが家においても例年そんな状況に陥って、毎年2月頃になると夫がヒーヒー言っているんですよね。ただ今年に限っては、そんな毎年恒例の夫の悲壮感丸出しの表情が見れないんですよね。なぜでしょう…
ということで、いろいろ夫に確認してみることにしました。

家計の鬼が知らぬ間に浪費家になっていた


のっち「2016年の家計決算で目標の貯金額をクリアできたんだよね?」
夫「ん?そうだよ。1500万円も貯まったんだよ」
の「おぉ、すごいね。いつも聞くけど、そのお金どうするの?」
夫「う~ん。分からない。とりあえず目標の3000万円をひたすら目指してみるよ」
の「3000万円ねぇ。いけそうだね」
夫「だよね。予定じゃ55歳だからちょっと先だけどね…」
の「先長いなぁ~。ところでさぁ、最近お金いっぱい使ってない?」
夫「え??分かる?」
の「分かるよぉ。だって、毎週末は外食だし、iPhone7買うし…」
夫「そうなんだよ。毎年そうなんだけど、年末年始のこの時期は金銭感覚が狂っちゃって財布の紐が緩んじゃうんだよね」
の「もう2月だけどまだ緩みっぱなしなの?」
夫「はい…」


おいおい、12月から3ヶ月間浪費しまくってんのかよ。。。財布の紐が緩みだしたら旦那も歯止めが効かないんだな。やっぱり一度上げた生活水準を下げるのは誰でも苦労するんだね。
ということで、気がついたらわが家の家計の鬼が“ただの浪費家”になっていました。しかし、毎週1万円くらい外食費を使って、iPhone7買ってってこの3ヶ月でどのくらい浪費したんでしょうかね(汗)

浪費が止まらない理由


夫「実はさぁ、今年は実家に帰省しなかったでしょ。だからその旅費代が浮くなぁって思ってたらこのザマなんだよね」
の「なるほどね。確かに帰省すると10万円位かかるからね」
夫「そうそう、その分は何も考えずに使えるなぁって思ってたんだけど、恐らくそれ以上の浪費をしてしまっている予感ありです…」
の「予感じゃないでしょ!ちゃんと確かめなよ」
夫「いや、確かめるのが怖いんだよね。真実が見えちゃうから…」
の「いやいや、完全に浪費家の言葉だね(笑)」


気が緩むことは人は誰しもあり得ることですが、つい最近までガッツリ家計管理をしていた人間が都合が悪くなると真実を見たくなくなるっていうことは、浪費家への門戸は誰にでもすぐ近くにあるってことなんでしょうね。
家計管理は実態を確実に把握することから始まります。収入に対してどのくらい消費していて、貯蓄がどのくらいできるのか… 真実から目を逸らしてしまうと家計管理は絶対に実現しませんよね。

家計の鬼を復活させる


の「よし!今週から外食をやめよう。あと、飲み会もしばらく禁止ね」
夫「えー!外食はいいけど飲み会は付き合いだから仕方ないんじゃない?」
の「ダメ。月末のほぼ公式飲み会以外は禁止ということで」
夫「…はい」


夫に例年の焦りを感じなかったから聞いてみたら、まさかの浪費家への転身をみごとに果たしていました。よくよく聞いてみると、夫は昨年末に貯蓄目標を大きく上回ったことでもっとお金を自由に使っても良いんじゃないかって思ったようです。そんなちょっとした気の緩みが月間10万円ほどの浪費を引き起こしていました。
私から見ても「なんだか夫の財布からバンバンお金が出てくるなぁ」なんて感じてたくらいですから、そりゃ10万円くらいは使っちゃってますよね。さすが元浪費家の夫だけあって、気が緩んだときの使いっぷりは半端ないですね。
わが家においても教育費の大きな山場はこれからです。そして、老後資金もしっかり対策しなくちゃいけないわけですから、こんな中途半端なタイミングで資産を減らすわけにもいかないんですよね。



いかがでしたでしょうか。
今回は「夫も人間なんだなぁ」って思える出来事ではありましたが、気がついたときには結構なお金を使ってしまっていたわけです。“水は低きに流れ、人は易きに流れる”という言葉通り、楽なことを覚えてしまうとなかなか抜け出せなくなるのが人間です。多少の息抜きは重要ですが、易きに流れるような行動には自分で自分を律して耐えなくてはいけないということなんですね。特に「現状から目を背ける」ことは完全にアウトです。辛くても勇気を持って現状把握しなければ、資産形成の道は途絶えてしまいます。みなさんも一緒に頑張りましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ