10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ: わが家のこと

ビッグトゥモロウ キャッシュフロー表 お金が貯まるシート



こんにちは☆のっち☆です。
私たち夫婦がこのブログを始めて約1年半が経ちました。最初はファイナンシャルプランナーの資格を持っている夫のお金に関する知識を少しずつみなさんへお届けできればと思って始めたんですが、今ではわが家のことや物語など私も記事を書けるようになってきました。
これもひとえにこのブログを読んでいただける皆さんのおかげです。徐々にアクセスが増えてきて「読んでもらってる」という気持ちがどんどん強くなって、参考になる話を記事にしなきゃって思うことで私自身も成長させてもらっています。

本当にありがとうございます!

そんなブログですが、今回、某有名なマネー雑誌に取り上げていただけましたので、皆さんへお知らせをさせてもらえればと思います。

『月間ビッグトゥモロウ2017年9月号』に掲載されました!


今回取材を受けたのは『月間ビッグトゥモロウ』というマネー雑誌。名前を聞いただけだと「ん??」って感じでしたが、夫がよく読んでいたので表紙を見たらすぐに分かりました。随分有名なマネー雑誌ですよね。
私たち夫婦が登場する特集名は『日本人の9割がハマる「お金の落とし穴」いまできる8つの対策』。将来を見据えて対策を打っている5組のうちの1組として見開き2ページを独占して登場させていただいています。

プロの記者の方が私たちの伝えたいことを取材してくれて活字にしてもらえると本当に分かりやすい文章になりますよね。夫とともに誌面を見ていて笑ってしまうほど上手です。
今回、私たちが一押しとして紹介したのは『お金が貯まるシート』というもの。記者の方にネーミングまでしてもらえたんですが、中身は今までずっと紹介している「キャッシュフロー表」です。そのシートの使い方や考え方などを簡潔明瞭に解説してもらえましたよ。
今まで私たちの説明でしっくりこなかった人は誌面をご覧いただいて活用いただければと思います!

もちろん、私たち以外にもマネーテクニックをたっぷり紹介しているので『月間ビッグトゥモロウ9月号』はオススメですよ。

BIG tomorrow(ビッグトゥモロー) 2017年 09 月号 [雑誌]

新品価格
¥670から
(2017/7/27 22:13時点)



メッセージをいただけることが増えました


今回の取材をいただけることになったきっかけはこのブログからのメッセージでした。このブログはスマートフォンでご覧いただいているとメッセージをいただく機能が表示されないんですが、PC版だと右下の方にメッセージを送信いただける枠が表示されるんです。

そんな隠れ機能のようなメッセージ機能ですが、この機能を利用してここ最近メッセージを頂戴することが増えてきたんです。幸いにも今までに文句のようなものはなく共感いただけている方からのメッセージだったので、とてもありがたくて背中を押してもらえるんですよね。そんなメッセージだったらドンドン送ってくださいね!



どこまで続けられるか不安もあるなかで始めたこのブログですが、ちょっとずつ見ていただいている人が増えてきているみたいです。まさか私たち夫婦がこんな著名なマネー誌に取り上げられるなんて…。これからもみなさんに読んでもらえて、喜んでもらえる内容を発信していければと思いますので、応援をよろしくお願いしますね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s


こんにちは☆のっち☆です。
今回は新婚当時に夫に言われたショッキングな一言にまつわるお話をしたいと思います。

年収550万円でも貯金ゼロ


自分で言うのもいかがなものかと思いますが、ほんとに私って浪費家なんです。10万円でも100万円でも浪費する期間は変わりません。当時、私は専門職として就職して2年目には毎月の手取りは約25万円。さらにボーナスも年間100万円ほどありました。年収でいうと550万円ほど。同じタイミングで就職した後に夫となる彼は年収320万円でしたから、資格で稼ぐことの威力を感じつつ節約や貯蓄といったことを考えず「被服費」「宝飾品」「エステ」などにお金を使いまくってました。
しばらくして結婚することになった時に夫から貯蓄額を聞かれ「0円」と答えたことを鮮明に覚えています。

嫁入り道具はリボ残高30万円


無事!?に結婚式を終え新婚生活が始まると、色々なところから郵便物って来ますよね。私はお金を使いまくってましたから、本当に多くのお店からDMが届いたんです。その多さに夫も驚いて「スゴイな…」って呆れてました。
そんなある日、クレジットカード会社からの明細書を置きっぱなしにしてしまっていたようで、鬼の形相で私の帰宅を待っていました。その明細書にはリボ残高30万円がしっかりと書かれていました(泣)
貯金を始める以前にマイナスからのスタートになったことにキレた夫は私のクレジットカードを目の前で切り落とし、電話を持ってきて「カード会社に電話してリボ残高を一括で払うことと、解約を今すぐに伝えろ!」と吠えました。
それからと言うもの、わが家のお金管理はすべて夫。さらには、私の給料も夫が管理して、そこから私が定額のお小遣いをもらう制度になってしまったんです。


続きは後編へ


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

d679a357a106226091b3307607ceadcb_s


前編からのつづき

金の切れ目が縁の切れ目


夫がそこまで怒ったのにはワケがあったようです。夫は学生時代に多くのアルバイトをしていてその場その場で会う人生の先輩達のなかで離婚経験のある人に話を聞いていると必ず共通して口にするのは「お金」の話だったそうです。
『給料が少ないから嫁が不満を持って…』
『ギャンブルがどうしても止められない』
『金ないのに妻が旅行に行きたがる』
『離婚するのも慰謝料や養育費が必要なんだ』

二十歳そこそこの学生には刺激の強い話で「金」の怖さを知ったようです。そして、衝撃の一言。
『どんなに仲の良い夫婦でも金がなくなるとダメになる。金の切れ目が縁の切れ目なんだ』

この一言で決めたそうです。金を切らせちゃいけないって…

わが家の総資産は3000万円超


約20年前にマイナスのスタートから始まったわが家ですが、共働きを続け、夫の家計管理を信じてきた現在、総資産は3000万円超。私達夫婦が信じられないくらい貯まっています。今から子供の教育費に2000万円かかったとしてもなんとか乗り越えていけるだろうと夫は言います。
ただ、夫の家計管理への力は緩めてくれません。
夫曰く「いつ病気で働けなくなるか分からないし、会社が潰れるリスクもゼロじゃない」と。

でも、一つの安心を夫はくれます。「現状の年金制度がどうなるか分からないけど、減額されようがわが家は他の家よりは余裕ができる。だって、年金もらう頃には住宅ローンも教育費も終わってるし、夫婦二人が厚生年金満額貰えるから。最大のリスクは死ぬこと。お互い長生きしような


いかがでしたでしょうか。
私の浪費家ぶりを知ってもらいつつ、夫の家計管理能力の高さをお伝えできたでしょうか。
実は、わが家がしっかりとした家計管理を始めたのは30歳からなんです。ですから、10年ほどで現在に至っていることになります。これからもお役に立つお話をお伝えしますね!



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ