10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 資産運用・投資

ビットコイン 仮想通貨 投資 ギャンブル 為替



どうも夫です。
久しぶりにご質問をいただきましたのでお返事をさせていただこうかと思います。

今回いただいたご質問は「ビットコインには手を出さないのか?」といった内容でしたので、いきなりタイトルで返事を書いてしまいました(笑)その理由を以下に書いていこうと思います。

ビットコインって知ってる?


最近、ニュースを賑わしている『ビットコイン』ですが、みなさんご存知ですか?メチャクチャ簡単にお伝えすると「新しい通貨」です。よくニュースで「現在の円相場は〇〇銭の円高ドル安です」なんて伝えていますが、それは日本で使われている“円”とアメリカで使われている“USドル”の交換比率(為替相場)を伝えているわけですよね。
その交換比率という概念がビットコインにもあって、日本円とビットコインを交換する為替相場の上昇が激しくて最近はとても話題になっているんです。この状態を簡単に理解するには、1ドルが20万円くらいになってしまって大騒ぎしているような感じですね。

ビットコインがUSドルと大きく違う点は発行量に限りがあることなんですが、まぁあまり気にしなくてもいいかもしれませんね…

ボクがビットコインに投資しないワケ


はっきり申し上げますね。


怖いから」です!(笑)

2年くらい前にその存在に気づいていたら、5万円弱で1通貨へ投資できたんです。それが今は200万円ですよ。完全に乗り遅れています。。。しかも、最近の相場をチャートで見ると荒れ狂っていますよね。こんなチャートを描くものに素人が参入してはいけないんです。一日で50万円以上変動するんですよ、正気の沙汰とは思えません。完全にマネーゲーム化してしまっているんです。

投資しないと決めたら相場を見ない


最近のビットコイン相場の急騰、暴落をネットニュースなどで報じられていますよね。その度にニュースを読んでいると「ビットコインって上手くやれば儲かるのかな」なんて思ってしまうかもしれませんね。
なので、そもそもニュースすら見ないんです。「気にしない・知らない」を突き通しましょう。興味を持ってしまうとマーケットに大切なお金を投入せずにはいられなくなって一瞬で無くなってしまいますからね。

ここから先はものすごく無責任なことを書かせてもらいますね。
チャートを見る限りでは80万円前後で投資できた人はまだ生き残れるんじゃないでしょうか…。残念ですが、それ以上で投資している人は早めに逃げたほうが良いと思いますよ。完全にバブル相場になってますからね。



いかがですか。
ご質問いただいたので良い機会だと思ってビットコインについて書かせていただきました。投資するもしないも、もちろん貴方次第です。もしかしたら現時点の倍になるかもしれませんからね。ただ、ボクは参入しません。これは単なるギャンブルであって、投資ではないから面白くありません。
参入される方にはぜひ頑張ってもらいたいですね。
オマケになりますが、チャートで150万円のラインをしっかり下回るようだと危険ですからお気をつけて!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

THEO 資産運用 テオ ロボットアドバイザー AI



どうも夫です。
入ってくるお金をせっせと貯めてそこそこの金額を所有できるようになったら、運用をしたいと自然と思ってくるものです。以前から話題にはなっていたものの金融機関の融資金額の急増から頻繁にニュースになっている「不動産投資」というものも、ある程度の貯金を作れたサラリーマンが不労所得を狙って不動産を買い漁っているからなんですよね。
貯金額がまだ少額の人は「資産運用なんて損するリスクがあるからやらない」と思っている人も多いものですが、ある程度お金(貯蓄)が出来てくると資産運用に興味を持ち始めることは当然の思考回路だと思います。
そんな中、今回ボクが新しく始めた資産運用を紹介しようと思います。

ロボットにお任せ資産運用『THEO』


ボクが新しく始めた運用方法は『THEO(テオ)』です。


THEO


THEOのサイトではこのように書かれています。

お客さまの年齢や金融資産額などに応じて、THEOがお客さまに適した資産運用方針(ポートフォリオ)を設定します。資産運用方針の設定をTHEOにまかせるのではなく、お客さまご自身の手で設定することも可能です。 THEOはあなたに代わってETFの買い付けを実施し、証券口座上に実際にポートフォリオを構築します。一度構築したポートフォリオを定期的なリバランスでメンテナンスして、常に最適なパフォーマンスを発揮できる状態に保つことも忘れません。また、資産運用方針の設定をTHEOにおまかせいただいた場合、THEOが1年に1回、資産運用方針を市場データの変化やお客さまの年齢などに応じて自動的に変更します。お客さまご自身の手で煩わしいメンテナンスをせずとも、資産運用方針を常に最適な状態に保つことが出来ます。


ということなのですよ。
これが本当だったらとっても楽チンですよね。だって、お金を預けておくだけで勝手に運用してくれてしっかり配分をくれるっていうことですからね。しかも、このTHEOはロボットアドバイザーが運用してくれるということで、トレーディングプログラムによって自動売買をしてくれるようですね。そして、運用をTHEO君に任せたときのシミュレーションがこちら。

THEO シミュレーション


本当!?100万円預けたら将来的には247万円を目指せるらしい…もちろん損することもあるけれども、損する場合でも71万円とのこと。「これは試してみる価値あるでしょ」ってな感じで早速、口座開設の手続きをしてみました。

“自動売買システム”の強み


自分でも株式投資をしているボクがこんな簡単にこのTHEOを始めた理由って分かりますか?
その理由は、THEOが「自動売買システム」だからなんです。つまり、システム構築時に基礎データとして過去の相場、情勢などをすべて入力していて、リスクを最小限にしつつ収益を上げられるように最適なタイミングで自動で投資活動を行うようにプログラミングをされているんです。あまり詳しくないんですが、こういったものをAIというのでしょうか…

まぁ、プログラム的な話はよく分かりませんが、過去のデータをすべて把握している人工知能システムで運用できるのであれば、おそらく儲かるのではないかと考えています。というのも、資産運用で損失が出る多くの理由は人間特有の“感情”で負けるからなんです。

「もっと上がるはずだ」と信じて持ち続けて暴落しても対応できない。含み損を抱えていながらも「いつかはもとに戻るだろう」と損切りができない。人間特有のこういった感情がないプログラム(THEO)が過去の膨大なデータを把握しながら取引してくれるとしたら負けないだろうとボクは思います。だって、取引している相手は感情を持ち、操作ミスをする人間ですからね。将棋だったか、囲碁だったかのAIがプロ棋士に勝ち続けていたこともニュースになっていますから、同じことは投資の世界でも言えるんだと思いますよ。

はじめて1週間の運用実績


ボクの場合、積み立てはしないで好きなタイミングで入金できるように振込形式の入金方法を選んでいます。そして、最初の入金額は100万円です。これがどのくらいの収益を生んでくれるんでしょうか…
ということで、運用開始1週間の実績をお見せしますね。

THEO 時価評価額


たったの1週間で0.95%の値上がりです。
幸先のいいスタートを切れたんだと思いますが、THEO君にはこれからもドンドン収益を上げてもらいたいものですね。

ちなみにボクの資産運用方針は「値上がり益重視」。口座開設時にいくつかの質問に答えるだけなんですが、やっぱり現在のわが家は値上がり益を狙う運用をするべきなんだなって確信できる答えをもらえた気がしました。

THEO 資産運用方針


いかがでしたか。
THEOをはじめてわずか1週間しか経っていないので何とも言えませんが、たぶんお金を産んでくれる仕組みなんだと期待しています。元本保証されているものの金利は雀の涙。そんなチマチマ運用するよりは、最新の仕組みにお任せして儲けられると楽しいですよね。運用先に困っている人がいたら参考にしてみてください。THEOは10万円から始められますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

株式投資 トレード 短期売買 チャート 信用取引



どうも夫です。
先週の記事『株式投資は一旦やめておけ!』で「株式投資はいったんお休みしたほうがいいですよ」ってなことを書かせていただいたんですが、それは資産形成を目的とした長期的な株式投資のことで、それを開始するタイミングとしては「今は止めておきましょうね」ってことなんですよね。
そんな投資を始めるべきではないこの時期にボク自身は新しい銘柄を購入したんです。今回はなぜボクが株式のトレードを始めたのかについて書かせてもらいますね。

先週の相場は予想通りでした


まずは先週の株式相場。月曜日からガクッと下落して始まって週末は戻しましたが結局は陰線で終了しています。そして、その前の週はローソク足の本体が小さく上値方向に長いヒゲを伸ばしている形をしていますよね。念のためその週足チャートを下に載せておきますね。

週足チャート


これを見る限り少なくても20000~21000円程度までは調整するのかなって思ってしまうんですね。それって何故かなんですが、チャート分析を少しでも勉強した人ならすぐわかると思いますが、チャートを見るときの基本としてトレンドラインというものがあります。下にそのトレンドラインを引いたものを載せてみますね。

週足チャート(トレンドライン有)


過去の高値を繋げた線を上値抵抗線、安値を繋げた線を支持線というんですが、9月下旬にその時の上値抵抗線があった20000円付近を突破した頃から、株価上昇に拍車がかかって直近高値の23000円まで短期間に駆け上りました。それが先日、一服して反転しています。過去の上値抵抗線というものはそれを突破した後は下値支持線に変身しますから、とりあえずの下値目安はその20000円程度ということになるんですね。

なので先週、「長期運用は今じゃないですよ」と申し上げたわけです。
その考えは今も変わりません。資産運用としての株式投資を新規で始める時期ではないと思っています。

トレードってなんぞ?


「今は資産運用としての株式投資はしない」と言いましたが、株式投資というものは長期で運用するだけではないですよね。先週の記事でも少し書きましたが、プロがしのぎを削る短期売買、いわゆるトレードというものならば短期的な視点で値上がりを狙える銘柄があるのであればバッと購入して、目標となる株価になったらドライに売却する。長期運用がインカムゲイン(配当金)狙いの投資なら、トレードはキャピタルゲイン(売買益)を狙って行動する投資になります。

狙っていた銘柄をここぞというタイミングで購入して、値上がりしたところを一気に売り抜ける。50万円で購入した株式を100万円で売るというようなイメージですね。これが成功したらとても気持ちがいいし、短期間でそれなりの利益も出るのでギャンブル性も強くなってしまう性質を持っています。こんなスリルが癖になり信用取引に手を出して大金を失ってしまう人が続出するのもトレードの世界です。“株式投資は怖い”というイメージの発端はこのトレードのせいだとボクは思っています。

購入銘柄は内緒です…


すみません。。。できれば公開したいんですが、ボクの今までのジンクスでトレードが終わる前に人へ言ってしまうと負けるんですよね。だから現時点では非公開です…
でもですね、経験上ほとんどの場合で勝てているチャートパターンっていうものがあるので、今回はそれをお伝えしようと思います。


「上値抵抗線で必ず跳ね返されてはいるものの、下値を毎回切り上げてペナント型のチャートを描いているもの」


この形状のチャートを描いて上値抵抗線を突破した瞬間に“買い”を入れます。ただそれだけです。そんな形状の銘柄を見つけられたら、あとは毎日株価チェックをするだけで、いよいよその時が近づいたら、逆指値という機能を利用して予約注文を入れておきます。突破したら確実に買えるようにしておくだけなんですよね。楽チンです。
ちなみに、日経平均の週足チャート(上図)も同様の形状をしていると思いませんか…



いかがですか。
ボクは先週の水曜日にトレードが始まったのでまだ数日しか経っていませんが、現時点では3%以上値上がりしています。トレードは銘柄選びと参入するタイミング、そして一番重要なのが売り抜けるタイミングです。その3つがしっかりできれば素人でも意外と勝てるものですよ。ぜひ美味しい銘柄を探し当ててみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ