10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 資産運用・投資

資産運用 株式投資 配当 定期預金



どうも夫です。
以前の記事『わが家でも起きている“金余り”|今後の運用戦略は?』で公開したわが家の行き場のない資金1000万円ですが、そのうちの120万円弱を『ゆうちょ銀行(7182)』の株を購入して以来、何に運用して良いのか分からず未だに貯蓄口座へ置きっ放しになっています。「金が余ってる!」なんて叫んでから半年が経とうとしていますが、わが家の大切な金融資産は未だに行き場がありません。
ということで、インターネットで有効な資産運用がないか必死に検索してみたので記事にさせてもらいます。

「資産運用」をキーワードに検索してみた


とりあえずインターネットの検索窓に『資産運用』と入力して検索してみたんですが、すると上から5つは広告で「ファンド」「アパート経営」「FX」「投資講座」などが表示されて、リアルに検索ヒットしているのが銀行サイトだったり、資産運用を紹介しているブログだったりなんですね。

さらに、広告も含めてほとんどのサイトを確認したんですが「お!これいいな」なんて思える情報は一つもなかったんです。まぁ、リスクをしっかりとれて積極運用を目指しているなら有効な情報もあるんだと思うんですが、ボクは比較的に安全志向なのでイマイチ活用できない情報ばかりだなっていう感じでした。

資産運用の情報って少なすぎない!?


こうやって改めて調べてみると、まともな資産運用の情報ってないんですよね。(不動産投資やリスク商材がまともじゃないって言っているわけではないので悪しからず…)

仕方なくネット銀行の定期預金の金利を確認しても「新規限定で3ヶ月0.5%」なんてものがあるくらいで、それ以外は良くても0.1%~0.3%がほとんど。例えそんなものに500万円預けたところで1万円になるかどうかってものなので、資金を動かすほうが煩わしいくらいですよね。

だって、3月に投資した『ゆうちょ銀行』の年間配当は今のところ50円/株なので800株をNISA口座で持っているわが家は年間4万円受け取れるんですよ。それなのに500万円も動かして1万円ではやる気も起きないですよね。

わが家の資産運用方針は?


「結局のところどうすんのよ?」ということなんですが、う~ん、やっぱり株式投資ですかね。先日アップした『100万円で3万円もらえる資産運用|あなたも始めませんか?』で紹介した通りメガバンク株でよろしいかと…

あとは『学資保険』ですかね。まぁ、これは小さいお子さんがいる場合に限りますが、10年以上使う予定のないお金があって行き場をなくしているようなら、一時払いの学資保険というのもありかもしれませんね。定期預金とかで資金を固定するよりは高利回りかもしれません。



いかがですか。
今回も結論出ずということです。ただ、資産運用の方向性としては「株式投資」ということに固まっていますので、あとはどのタイミングで資金を投入するかということだけですね。高値掴みしてしまうと長期スタンスで投資していると言っても精神的に辛くなってきますからね。しかし、ボク以外のブロガーさんもメガバンクを狙っている人がいるのでちょっと失敗するかもですね…
投資は自己責任ですよ!(笑)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

資産運用 株式投資 FX 仕組預金 メガバンク ポートフォリオ



どうも夫です。
最近、“資産運用”ってよく耳にしませんか? 銀行のトップページだったり、メールマガジンだったり…。それに対して「運用するような資産なんてないよ!」なんて思っている人も多いですよね。
そんな今回は「かなり手堅い資産運用」について書かせてもらおうと思います。

絶対オススメの資産運用の始めるタイミング


細かく言えば“普通預金”とか“定期預金”といった貯金するのに当り前に利用している銀行への預け入れも資産運用になるんですが、そんなことを言っていたらキリがないので、今回は『株式投資』『FX』『投資信託』『国債』『社債』『仕組預金』などのリスクの伴う金融商品を対象にお話をさせていただきますね。

これらのリスク商品は銀行の預金と違って、預けたお金(元本)が減ってしまうリスクを背負って比較的高いリターン(利益)を狙うものです。だからこそ、お金の運用には堅実な日本人はなかなか手を出せない人が多いんですが、勇気を出して市場へ参加することで比較的安全に資産運用をすることができるものなんですよね。
そこで重要なのが“資産運用を始めるタイミング”です。今回は一言で書かせてもらいますね。

100万円の余剰資金ができたら始めよう!

ボク的にはもうこの一言に尽きますね…
余剰資金としての100万円ができたら初めて資産運用というものを考えればいいと思います。逆に言ってしまえば、100万円の余剰資金も無いのであればリスク商品はヤメておきましょう。せっかくの貯金したお金が無くなってしまいますよ。

はじめての資産運用はコレ!


「最悪、このお金が無くなってしまってもなんとかなる」と諦めることができる純粋な余剰資金である100万円が作れたらいよいよ資産運用を始めましょう。

そんな100万円が作れたのがボクの場合は10年くらい前だったので、まだまだリスク商品でも比較的リスクの小さい商品が多かったんですよね。ボクが一番最初にやったのが『仕組預金』です。新生銀行の外貨建てのもので年利4.0%くらい付いていました。4.0%ですから、100万円預けて4万円です。まぁ、税金が引かれますから3万円強ですね。受け取ったときはとても嬉しかったのを覚えています。

しかし、現在ではそんな美味しい商品なんてありませんよね。必死に探しても1.0%も付きません。1年間預けて、しかも為替リスクも背負って1.0%なんてありえませんから、現在オススメするものは『株式投資(NISA)』です。
もう言っちゃいますけど、銘柄は『みずほ銀行』『三井住友銀行』『三菱東京UFJ銀行』のメガバンク銘柄でOKです。配当利回りで3.0%を超えていますし、この3行については潰れませんし、万が一潰れそうになっても潰れてしまうと国がおかしくなってしまうくらい影響が大きいために政府が必死に守るはずです(たぶん…)。

なので、今から資産運用を始める人は黙って株式口座を開設して、上記3行のどれかに100万円をブチ込んじゃいましょう。あとは半年に一度の配当金を受け取るだけです。もし株価が下がったとしても持ちっぱなしでいれば、今の水準くらいにはいつか戻ってくると想いますよ。
※投資判断は自己責任でお願いしますね。

100万円を繰り返す


家計管理を頑張っていると余剰資金の100万円がいくつかできてくるようになります。もちろんすべての余剰資金を株式投資では資産のバランスが崩れてしまいますから、資産構成(ポートフォリオ)をしっかり考えて「現金50%、投資30%、貯蓄型保険20%」などライフプランに合わせた配分で無駄なく資産運用すればいいと思います。

もし金融資産1000万円を持っていたとして上記のポートフォリオの場合、投資だけで運用益を出せたとしてもそれが3.0%で運用できれば、年間で9万円の運用益(1000万円×30%×3%)です。1000万円の金融資産で9万円作るわけですから利回りは0.9%です。つまり、ちょっとだけ勇気を出せば1.0%くらいの運用は簡単にできるということなんですよね。

ちなみにわが家は2.0%くらいです。元本保証の預け先が70%ほどを占めているのにもかかわらず、年間で30万円以上を受け取っています。



いかがでしたか。
「投資とかは怖いからやらない」って人、結構いますよね。ボクが今まで会ってきた人の中にも相当な割合で存在していました。そんな言葉を聞くたびに「あ~ぁ、もったいないなぁ」って思うんです。だって、どうせ銀行に預けて安心しているだけのお金をちょっとだけリスクのある株式へ替えるだけで3%もの配当が受け取れるんです。投資をしない理由がボクには分からないんですよね。
もちろんリスクはあります。過去のJAL株のように紙キレになる可能性もあります。ただ、そんな危険な銘柄に投資をしなければいいだけの話です。今だったら、メガバンク株がボクの中ではオススメですよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

資産運用 リスク 金融 資産 金持ち父さん



どうも夫です。
突然ですが、あなたは「リスク」と聞いてどのようなイメージを持っていますか?
以前、どこかの記事で「日本人は資産運用でリスクを取りたがらない傾向がある」なんてことが書いてありましたが、あなたはリスクを取ることができますか?
今回は「リスク」と「資産運用」について書いていきたいと思います。

資産運用のリスク


ボクなんて、資産運用と聞くと以前の記事『安愚楽牧場にカモられるところでした…』で紹介したような経験もあって「あぁ、なんか大きなリスクのある金融商品なんだろうなぁ」なんてすぐに思ってしまうんですが、あなたは資産運用という言葉に“リスクが大きい”というイメージを持っていませんか? ネットで「資産運用」をキーワードに検索すると「絶対に失敗しない…」「初心者からの…」「株なんて怖くない」なんていうタイトルのついたサイトがヒットします。そんな言葉ばかりが出てくるから逆にこちらは身構えてしまうんですよね。

でも、冷静に考えてみるとそんなウソのように高い利回りを狙うからドンドン怪しい金融商品のページに遷移していってしまうんです。だって、銀行の定期預金だって十分立派な資産運用なのに銀行の定期預金の紹介ページについては一切怪しさを感じませんよね。知る人ぞ知るような利回りの高い金融商品だから不安にもなるし、詐欺業者サイトにも辿り着いてしまうんですよね。

リスクと金利の関係


ところで、金融商品の「金利」と「リスク」の関係性って考えたことってありますか?
まぁ、簡単に表現すると「金利とリスクは比例しますよ」ということです。どういうことかというと、一般的に安全な資産運用の代表的な商品の定期預金は現在0.01%です。100万円預けても1年後に受け取れる利息は80円弱。ちょっとリスクを取ったとして個人向け国債でも0.05%で400円弱です。それが、株式投資で配当を狙うと一気に3.0%程度の銘柄はゴロゴロ存在しますし、不動産投資なんてものになると表面利回りが10.0%を超えるものまであります。

預けるものだけで見ると偏ってしまうので、逆にお金を借りるときの金利も考えてみますね。借りる場合では金融機関で見ていきます。いわゆるローンと言うものになりますが、大きく分けて「銀行」「信販会社」「消費者金融」「ヤミ金」があります。住宅を購入する時に借りる住宅ローンは銀行が中心で、収入証明や個人信用取引の実績など厳しい審査を受けて、さらに抵当権まで入れられたうえで借りますよね。つまり、貸主の銀行は貸し倒れリスクを徹底して回避する代わりに1.0%を切るほどの超低金利で貸し出すわけです。次に自動車やショッピングで利用する信販会社になると、ある一定の審査はしますが回答は原則即日で収入証明などの提出書類もなく所定の用紙に記入するだけですが金利は3~10%程度まで上がります。さらに、消費者金融になると専用の無人機で必要事項を申告して30分程度待てば数十万円を金利15~20%程度で無担保融資してくれます。ヤミ金業者については知りません(笑)
つまり、銀行を始めとした貸金業者も審査という過程を経て契約者の貸し倒れリスクの度合いを図り、それに見合った金利で貸し出しているわけですね。

「金利とリスクは比例する」というは金融の世界では当たり前だということですね。

一般家庭のリスク許容量は?


ようやく本題ですが、ある程度の資産を作った家庭では資産運用をすることで貯蓄スピードを一気に上げることができるし、資産を分散するためにポートフォリオを考えなくてはいけなくなります。ポートフォリオとは「資産構成」のことで、すべての資産を1種類だけで持っているとリスクが高くなるのでいろいろな金融商品で分散所有しましょうねというものです。『卵は一つのカゴに盛るな』という投資格言もありますが、まぁそういうことですね。

では、個人の家庭で資産運用をする場合、どの程度のリスクなら耐えられるのでしょうか?

その答えはもちろん「家庭ごと」ですが、さらには「あなたの考え方次第」です。1円でも損したくなければ元本保証、多少のリスクを取れるなら株式投資や投資信託、イケイケドンドンの人は不動産投資やヘッジファンドですかね。
ただ、最近は無理して資産運用することもないのかなぁなんて考えてもいます。ボクの場合、資産運用して受け取った利息はお小遣いだと思って消費してしまうからなんですよね。結局は努力して貯金したお金しか残っていかないんです(笑)。そもそも浪費家なんで不労所得とギャンブルで勝ったお金は同じで“あぶく銭”という認識になるんだと思います。ボクのような人間はコツコツ貯めていくしかないんだと思うんですよね。



いかがでしたか。
貯めたお金自身に働かせる」という金持ち父さん的な考えは非常に有効です。資産運用によって資産をどんどん大きくできるならこんなラクは話もありませんよね。ただ、世の中そんなに甘いものではないのかなぁなんて思うこともありますよね。以前の記事『サラリーマンなら頑張っても所詮たかが知れている』でも書いたように、一般家庭が作れる資産なんてたかが知れていますから無理は禁物なんです。ドカーンと資産を増やすことはできないとしっかり認識してコツコツ貯めていきましょう。
あっ、もちろん貯金1000万円くらいになればポートフォリオは考えましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ