10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 節約術

Yahoo!JAPANカード クレジットカード Tポイント



こんにちは☆のっち☆です。
世の中にクレジットカードって本当にたくさんありますよね。このサービスでもクレジットカード、あの店に行ってもクレジットカード…って、最近は何をするにもクレジットカードを勧められてちょっと鬱陶しいくらいです。そんな巷にあふれているクレジットカードですが、未だに「クレジットカードは怖い」と思っている人って意外と多いものなんですよね。
今回はそんな恐るほどのものではないクレジットカードを発行してお得をゲットしてしまいましょう!というお話です。

クレジットカードなんて怖くないですよ


過去にリボ払いで夫からクレジットカードを取り上げられた私が言うのもいかがなものかと思いますが、クレジットカードを持つこと自体は一切怖いものではないんですよ。そんなことよりも持たないことでサービスを受けられないことのほうが大損害なわけです。

クレジットカードを持たない人々は“代金が後払いになるから使いすぎて怖い”というロジックでお話されますが、それなら使わなければいいだけです。発行だけして所有しているだけで享受できるサービスだってたくさんあるんです。
例えば、あるショッピングモールのクレジットカードは持っているだけで駐車場代が1時間無料だったりします。またあるクレジットカードは持っているだけで海外旅行傷害保険が自動付帯されます。これらのサービスは持っているだけでその優待を受けられるんです。しかも年会費無料だったりするんですよね。

そんなメリットしかないクレジットカードを持たない理由なんてあるんでしょうか?
さらには、増えすぎちゃってこれ以上は要らないって人もいますが、持っているカードを整理して不要なものを解約すればいいんじゃありませんか?
生活の環境は常に変化していきますから、いっぱい持っていて困っている人は不要なカードを持ち続けていたりするんだと思いますよ。

わが家にはクレジットカードがよく届く


先日も届いたんですが、わが家にはクレジットカードがよく届くんです。もちろん使用期限を更新して届いたものもありますが、そのほとんどが新規に申込んだクレジットカードです。

どのくらいの頻度かというと、大体半年に一度くらいでしょうか。本人限定郵便だったりして受け取るのが結構面倒ではあるんですが、以前の記事『クレジットカード発行で得しちゃいました』のように何かお得なことがあるんだろうなって思うんで、カードが届くといつも夫に「今回はどんな特典があったの?」って聞くんです。すると大体は「新規発行特典で〇〇円貰った」とか「こんなサービスが受けられるから…」とかなんですが、よくまぁそんな情報を収集しているなと感心してしまうくらいですね。

それと、ネットで書き込まれているようないわゆる“申込みブラック”という信用情報上でのデメリットも存在すると思いますが、それは一週間のうちに5件以上とかあくまで不自然な申込みをしている人が対象になるようなので半年に一度くらいの頻度であれば問題ないようなんですよ。

今回届いたのは『Yahoo! JAPANカード』


そして、今回届いたのは『Yahoo! JAPANカード』でした。

これはYahoo! JAPANとTポイントが提携したことで実現したTポイントカード機能が付いているクレジットカードです。年会費は永年無料で所有していることでお金を消費することもありません。また、誰もが持っているTポイントカード一体型なので今持っているTポイントカードと差し替えてしまえば、財布のスペースを狭くすることもないんですよね。旧カードに貯めたTポイントもインターネットで新カードへ移行することもできるから損することもありません。

そして今回、夫が申し込んだ理由は… やっぱり新規発行特典でした。
新規発行で5000ポイント、発行後2ヶ月以内の利用でさらに5000ポイントで合計10000ポイントが貰えるようです。しかもこの利用特典ですが、多くのクレジットカードだと「〇〇円以上の利用で…」なんていう条件が付くんですが、Yahoo! JAPANカードだとその利用金額が無条件なんですね。なので、100円、200円のコンビニでの買い物に利用しても対象になるわけです。
そんなハードルの低い条件でTポイントを10000ポイントもらえるんですからすごくお得なんです。まぁ、Tポイントを利用する機会がなければ貰う必要もありませんが、今回の夫は「Yahoo! ショッピング」で買い物したかったらしくて、それで申し込んだようですね。結果としては買いたかった商品を新規発行ポイントを利用して無料で貰ったようですが、まだ私は何も貰えていないので、これから付与される利用特典で何か買ってもらおうと思っています。


今回申し込んだクレジットカードはコチラ




いかがでしたでしょうか。
クレジットカードと聞いただけで拒絶反応を示す人がいますが、それって明確な理由があるんでしょうか。私たちを取り巻く環境は日進月歩です。多くの情報を収集して自分の尺度でふるいにかけるわけですが、クレジットカードを拒絶している人は私から見るとどうしても偏った基準で判断しているように感じます。最近ではクレジットカードの解約も引き止めなどもなく簡単にできる時代ですから、発行するだけしてその時に必要なメリットを得て、不要になれば解約すればいいだけではないでしょうか…。
情報を客観的に、そして正確に判断できるチカラをぜひ身につけていきたいものです。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

SIMロック au iPhone 格安SIM MNVO



こんにちは☆のっち☆です。
現在では持っていて当り前の携帯電話ですが、その通信料はますます高額化してきてしまっていますね。以前の記事『携帯電話代だけで毎月12000円節約する方法』でもご紹介した格安SIM(MVNO)で通信料の引き下げをしているご家庭も増えてきたのではないでしょうか?
そんな中、格安SIMを利用するのに重要なSIMロックを解除する条件に大手キャリアがメスを入れ始めています。今回は現在までau特有のSIMロック解除条件だったあることが改定されてしまいますので、みなさんにお伝えしてお役に立てていただければと思います。

格安SIMはSIMロック解除しないと使えない?


2015年の総務省からのお達しのために始まった「SIMロック解除」ですが、そもそも『SIM』って何かお分かりですか?
ご存知の方も多いと思いますが、簡単に言うと携帯電話に入れる契約電話番号の記憶されたICチップのことです。そして、各キャリアで購入した端末はそのキャリアが発行したICチップを入れないと起動しないようになっていることを「SIMロック」と言います。

そして今人気の格安SIM(MVNO)を利用するにはこの「SIMロック」を解除しないと使えない場合があるんですね。例えば、SoftBankで買った端末を2年の分割払い完了を機にキャリア契約を解約してdocomo電波を利用したいと思ったら、その端末に掛かっているロックを解除してからでないとdocomo電波の格安SIMを利用することができないんです。

ただ、docomoで購入した端末にdocomo電波(回線)を利用した格安SIMを入れるような場合はこの「SIMロック」を解除しなくても使えます。これはau端末にau電波(回線)の格安SIMでも同じことが言えますよ。

au特有のSIMロック解除条件とは


格安SIMを利用するのに必要なSIMロックを解除する条件は各キャリアでほぼ統制が取れていて、docomo、au、SoftBankの3大キャリアは以下のように同等の解除条件となっています。


① 2015年5月以降に発売された端末
② 購入後100日経過している端末(一括購入は別)
③ 契約者の購入履歴のある端末(※auを除く)


はい、ここで気づくのが③の購入履歴に関してauだけ無条件だったんですね。これはどういう事かといいますと、中古で買ったauの端末(iPhone)をauショップに持ち込んでSIMロック解除を行い、その足でdocomo電波の格安SIMを契約して挿入すればdocomo電波を掴むiPhoneの出来上がりということです。

以前の記事『いま話題の『メルカリ』で得しちゃいました!』で購入した私の赤いiPhone7はメルカリで購入しているのでdocomo、SoftBankの端末だと私自身に購入履歴がないからSIMロック解除ができないんですが、あえてau端末を購入したのでSIMロック解除ができて将来的にも電波を自由に選べるんですよね。

au特有のSIMロック解除ができなくなる


そんなau端末だけが受けられた特別なロック解除ですが、2017年11月30日を最後に契約者の購入履歴のない端末はSIMロック解除ができなくなるんです。なので、残り3ヶ月。

なぜこんな話を記事にまでするのかというと、今だったらこんなことができるんです。

「基本契約の2年満了を迎えるタイミングで今使っている端末よりも新しいau端末を中古で入手してSIMロック解除。端末は新しいのに通信費月額は安くなって、さらに古い端末を『メルカリ』を利用して売却すれば端末購入費用の補助に。通話もできて毎月3000円程度で今までと同じ使い勝手が実現」

なんて、最高のストーリーも実現可能なんですよね。
SIMフリー端末の最大のメリットは利用回線会社を気にせずに自分にあった格安SIMを利用できるという点です。格安SIMの業界のサービスや料金は日進月歩です。利用回線に縛られない端末を持っていることは将来的にも節約の武器になります。

また、すごく大事なことは、SIMロック解除するau端末は『iPhone限定』ということです。というのは、au版iPhoneが対応している周波数はdocomoが利用している周波数をしっかりカバーしているからなんですね。iPhone以外のAndroid端末などは周波数をカバーしきれていないので、SIMフリーにしてdocomo回線の格安SIMを入れたのに“電波を掴まない”“受信感度が悪い”といった状況に陥ってしまいますよ。



いかがでしたでしょうか。
格安SIM(MVNO)は月額料金を安くするためだけではなく、自身にあったサービスのある会社を自由に選べるようになることが最高ですよね。さらにauが驚きなのが、au契約者でなくても該当のau端末をショップへ持ち込めばSIMロック解除をしてくれるということ。「今はdocomoで契約していて契約もそのままでいいんだけど、au版iPhoneのほうが中古端末が安い」なんて思っている方も11月までは安いau端末買ってSIMフリーにして契約中のdocomoSIMを挿入すれば簡単に機種変更ができちゃいます。
期間限定ですので自分もと思う方がいればぜひ参考にしてくださいね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

クレジットカード 家計 貯金


どうも夫です。
家計管理のサイトを読み漁っていると、クレジットカードの“推進派”“抑止派”にハッキリ分かれていますよね。以前の記事『クレジットカードでお金が生まれる考え方』でも書いた通り、ボクは完全な“推進派”です。
今回はクレジットカードすら管理できない人が貯金なんて出来るわけがない理由を書いてみようと思います。

お金の管理ができていない証拠


“クレジットカードは使いすぎてしまうから危ない”とよく耳にしますよね。では、なぜ使いすぎてしまうのでしょうか。そもそも、みなさんの生活の中で当り前のように消費しているお金ですが、消費の仕方が「現金」なのか「クレジットカード」なのかの違いなだけなんですよね。なのに、使いすぎてしまう…

その「クレジットカードは危ない」と感じる感覚は裏を返すと“お金を管理できていない証拠”なんです。

財布にいくらあるか、口座にいくらあるか… 把握もしないで買い物をするから使いすぎるわけです。現金であれば、お金が足りなくなって買えないから安心だと感じるんですね。

でも、お金の管理能力がこの程度の人はそもそも貯金なんて出来るわけがないんです。だって、持っているお金すら管理できないんだから、将来のマネープランなんて立てれるわけがない。計画的に貯金が出来るようになりたければ、まずはクレジットカードの利用程度はしっかり管理できるレベルになりたいですよね。

クレジットカードが家計簿へ変身する


そんなお金の管理が苦手な方には、クレジットカードを管理することから始めるのをオススメします。

多くのクレジットカードではほぼリアルタイムにWEB明細が更新されていきます。現時点でどのくらい利用しているのかは随時確認ができるわけですね。そして、翌月の請求予定金額も表示されます。今まで、現金で買い物していた人は財布にあるお金と相談しながら日々の生活を送っていたと思いますが、WEB上で利用履歴がすべて把握できるわけですから、使った金額も目的も管理することが可能になりますね。

利用履歴で消費活動の振り返りができれば無駄遣い(浪費)の確認にもなります。また、利用明細自体が家計簿にもなりますから、なるべくクレジットカード払いで利用していけば家計簿をつける必要もなくなるわけですね。

家計簿を勝手につけてくれるのに、ポイント還元まで受けられる。クレジットカードを避ける理由が本当に見当たりませんね。

電子マネーを最大限に活用しよう!


クレジットカードを家計簿代わりに利用していくには、お金の消費をできる限りカード払いにしていかなくてはいけません。しかし、日々のちょっとした買い物をその都度カード払いにしていくのは難しいと思われていませんか?

いえいえ、そんなことはありません。
ランチ代や飲み物代など細々とした買い物は、月々の予算を立てて月初めにクレジットカードで電子マネーにチャージして利用するんです。

ランチと飲料自販機で1,000円を一日の予算とすれば、月20日勤務で月間20,000円です。なので、給料日にすかさず20,000円をチャージして、一ヶ月間をその電子マネーだけで過ごせればOKなわけですね。生活圏に電子マネーが使える環境が整っていないと難しいですが、現在ではコンビニはほぼ利用可能ですし、自販機も随分普及してきています。

ここまでくれば、日々の生活ではほぼキャッシュレス。現金を持ち歩くリスクを無くして、さらに、すべての消費行動もデータ化されます。


いかがですか。
クレジットカードというのは無計画で利用してしまうと非常に危険なものですが、管理することができれば家計においてかなり便利なツールになります。交通ルールを守って自動車を運転するのと同じで、クレジットカードもあなたのマイルールを確立さえできれば安全です。家計管理が苦手な方はクレジットカードの達人をまずは目指しましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ