10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

カテゴリ:お金のこと > 貯金術

老後資金 3000万円 4000万円 キャッシュフロー表 年金



こんにちは☆のっち☆です。
このブログでも目標にしている老後資金の3000万円。あなたは貯められる目処は立ちましたでしょうか?夫が大好きなわが家のキャッシュフロー表では60歳時に4000万円が貯まる計画になっているんですよね。
今回はそんなにお金を貯めてどうするのか、夫に聞いてみました。

貯蓄は老後のためなの?


のっち「ねぇねぇ、定年時に4000万円貯まる計画になってるけどそんなに貯めてどうするの?」
夫「え?そんなの老後のためでしょ」
の「本当に老後ってそんなにお金必要なの?」
夫「う~ん。そこは俺も考えてるんだけど、実際はそんなにお金はかからないんじゃないかなって思ってるんだよね」
の「え?そうなの?」
夫「だってさ、俺らが定年する頃には住宅ローンは完済しているし、子育ても終わってる。純粋にウチら夫婦が食べられればいいわけだからね」
の「そうだよね。年金もどうなるか分からないしね…」
夫「まぁ、ウチの場合はこのまま共働きでガンバって社会保険料を払っていければ今の計算だと年金も26万円くらい貰える計算だし、将来的に減額されても20万円は貰えそうだよね。毎月20万円を食費、雑費、水道光熱費、通信費、自動車だけで使えるとなると結構余裕があると思うんだよね」
の「あっ、でも年金って65歳からだよね?」
夫「そうだね。しかも将来的には67歳とかになりそうだよね」
の「すると、60歳で定年して7年間は無収入になるってこと?」
夫「そうだね。毎月20万円×7年間だと1680万円が必要になる計算だな」
の「えぇ!?その空白の7年間がすごく不安だよぉ」

60歳で定年してから年金がもらえるまでの空白の7年間ってみんなどうするのでしょうか?雇用延長やパート社員などで年金がもらえるようになるまで繋いでいくんでしょうか…

空白の7年間はどうする?


の「その7年間はやっぱり収入がないのかなぁ」
夫「まぁ、何もしなければ無収入でしょうよ。でも、今でも65歳までの間は雇用延長があるし、俺らが定年する頃には65歳定年になっているんじゃないかと思うけどね」
の「本当に?」
夫「えー、分からないよ。でも、65歳まではどうにかして働けるようになっていると思うよ」
の「じゃあ、残りの2年間は?」
夫「最初の1年近くは失業保険で賄って、残りは貯蓄を切り崩して生きていく…」
の「うわぁー、めちゃくちゃリアルなコメントですな」
夫「1年だけ貯金を切り崩す程度なら300万円くらいでしょ。余裕だよ」

夫はこう言いますが、その根拠は何もないんです。ただ、今の日本の環境的に65歳が定年になるんじゃないかって予想しているだけで、もしそうならなかったらどうするんでしょうかね…

将来、年金だけで平気なの?


の「予想通り65歳まで働いて、2年耐えて、67歳から年金が貰えるようになったとしても受給額は少ないかもしれないよね」
夫「そうだね、それはほぼ間違いなく現状よりは少なくなると思うよ」
の「どのくらい?」
夫「そんなの知らないよ!でも、67歳支給ってだけで2年繰り下げてるしね、受給額は現状の80%くらいは貰えるんじゃないのかな」
の「現状だと夫婦で年間320万円だから、256万円くらいになるってこと?月額だと21万円くらいだね」
夫「そうでしょ、最初に言ったくらいだもんね。余裕だよ(笑)」
の「最初にも話したけど、そのくらいあると生活は余裕なの?」
夫「だってさぁ、食費で5万円、雑費で1万円、水道光熱費で2万円、通信費で2万円、自動車で5万円使ったとしても15万円だよ。夫婦二人で毎月6万円も外食できちゃうよ」
の「ホントかなぁ?」
夫「だって、それ以外にお金使うことある?」
の「バックとか時計とか洋服とか、使うなら困らないけどね(笑)」
夫「そんなものは生活必需品じゃないでしょ!ましてや高齢者になってもそれだけ物欲があれば“元気でいいね”ってなるよ」
の「そうなのかなぁ。オシャレなお婆ちゃんになりたいな」
夫「どうぞご自由に…」

夫は“老後は基本的に年金だけで生活できる”って内心考えているんですよね。もちろんわが家においては住居費もかからないし、教育費もないから随分軽減されているからだとは思いますが…。それならば、どうして老後のために貯金しているんでしょうか。

頑張っている貯金はなんのため?


の「年金だけで生活できるんだったらどうして老後のために貯金なんてしてるの?」
夫「老後は働けないからでしょ」
の「働けなくても年金があるじゃん」
夫「年金は生活費だけだよ。生きていくにはいろんな出来事も起きるでしょ。分かっているだけでも家のリフォームだったり、自動車の買い替えだったり…。さらには、俺らの医療費とか、最悪、介護費用もかかるじゃん」
の「医療費とか介護費用とかを考え出すと恐怖でしかないね」
夫「でしょ。いつまでも元気なわけじゃないし、どうしてもお金がかかるようになった時に貯蓄がないと子供に迷惑をかけちゃうもんね」
の「それだけはイヤ…」
夫「そう。だからある程度のお金は持っていないと不安なわけだよ」
の「そうだね」
夫「一生懸命に貯金をしているのは老後のためだけど、老後の生活のために貯金しているわけじゃなくて、老後を幸せに過ごすための保険のような貯蓄だね。正直なところ、俺自身もよく分かってないけどね」
の「ふ~ん」



いかがでしたでしょうか。
定年を迎えるまでに3000万円”を合言葉に、多くの雑誌や節約サイトなどで貯金や節約を勧めていますが、その金額にはなんの根拠もありません。理由を並べて「…だから、3000万円必要なんだ」と言っている人も現時点で分かることを理由として挙げているだけで、将来においてはなんの保証もありませんよね。
重要なことは、働いている現役時代に終わらせなくちゃいけないことは終わらせること。住宅ローン、教育費など定年後も払い続けるとなるとそれだけで老後破綻を招きます。住宅ローンは最低でも退職金で一括返済。教育費も事前に積み立てて終わらせておきましょう。そういった見えているライフプランに今からしっかり対策を取ることが幸せな老後を過ごす第一歩になります。後伸ばしにしてもいい事は一切ありませんよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

サラリーマン 貯金 平均年収 平均貯蓄 資産



どうも夫です。
今回はいきなりSっ気たっぷりのタイトルを付けてしまいました(笑)
まぁ、書きたいことはそのままなんですよね。サラリーマンがどんなに頑張っても生涯で貯蓄する額なんてたかが知れているよということです。早速ですが、見ていきましょう…

サラリーマンの平均年収


ということで、国が調査しているサラリーマンの平均的な給与を調べてみました。
平成27年分民間給与実態統計調査』(国税庁 長官官房 企画課)によると、給与所得者数の平均給与は420万円(男性521万円、女性276万円)のようですね。

この調査によると、大卒後22歳で就職して60歳で定年を迎える38年間の平均給与が男性の場合521万円貰えるということなので、そこから生涯年収を計算してみると1億9798万円(521万円×38年)となります。つまり、サラリーマン男性であれば2億円くらいを生涯で稼ぐことができるということになります。

税込み年収で2億円を稼ぐ人が、生涯をかけて2億円の貯蓄を作ることは不可能だと思うんですよね。だって、給与からは各種税金や社会保険料などが控除されますから、実際の手取り額はガクッと落ちるし、そもそも貯蓄というものは手取り額から将来のために取り置いているお金だから貰ったお金をすべて貯金するなんてありえないんですよね。

平均貯蓄額


次に、平均貯蓄額を調べてみます。
平成28年 家計調査報告』(総務省)によると、2人以上世帯の世帯あたりの平均貯蓄額は1820万円のようですね。この金額はYahoo!ニュースや多くのブロガーも取り上げて「ありえねー!」的な記事が多かったですよね。

まぁ、この平均貯蓄額というのも貯蓄額が多い世帯も含めての調査ですから「話半分で…」的なコメントが多くて、「じゃあ、中央値は…」のような話の流れで傷を舐め合ったあとは、必ずと言っていいほど最後は「全世帯の3割も貯金がない世帯がある方が問題だ」というコメントが広がります。それを見ていつもボクは思うんですよ、上を見て生きろよってね。

前述の平均給与では男性サラリーマンは生涯で2億円稼ぐと分かっています。そして、以前からボクが推奨している目標貯蓄率は手取りの20%以上です。生涯2億円稼いで手取りが1億6000万円だとしても、そこから20%を貯蓄できれば3200万円ですから、1820万円なんて余裕じゃないですかね(笑)

30代、40代が現時点で1820万円を持っている必要なんて無いんですよ。みんなビビり過ぎなんです。

サラリーマンは一代で資産を築くなんて無理な話


そんな流れで今回のタイトルコメントにつながるんですよね。

「サラリーマンなら頑張っても所詮たかが知れている」


ボクも若い頃は夢を見ていたんです。「絶対に金持ちになってやる」って。
でも、自分自身も40代になりこうやっていろいろ見ていくと、一般人が一代で資産数億円とかの大金持ちになんてなれないんですよ。仕事を頑張って給料をたくさんもらえるようになったとしても資産1億円がいいところなんじゃないかなってね。起業して成功して莫大な富を掴む人はいますが、それはずっとサラリーマンをやっていてはできませんからね。

サラリーマンをしていると数億円の資産を築くなんてムリだとすれば、資産家になることはできないわけですね。でも、幸せな人生を送るために資産家になる必要なんてありませんよね。お金なんて、生活をする上で利用するツールの1つだということだけですからね。

老後の未来予想図を描くことが重要


「5億円貯めて1.0%で運用できたら、毎年500万円の利息が手に入って働かなくても生活していけるなぁ」なんて今でもリアルに考えることがありますが、そもそも5億円なんて作れないから、真面目に考えるだけ時間の無駄なんですよね。そんなことよりも、死ぬまでの残りの人生でお金に困らない生活を築ければそれだけで十分幸せな人生なんじゃないかなって思います。

そのためには、ボクの場合ならサラリーマン人生の残りの期間と貰える給料を把握して、自分のライフプランに当てはめて、お金という切り口で自分の人生の未来予想図を描くことのほうが重要なんです。もし、その未来予想図が苦しそうな老後を描くのであればそうならないように今から対策をすればいいだけ、ボクはまだ40代ですからまだまだ間に合うはずなんですよね。



いかがでしたか。
サラリーマンでたかが知れているのは「資産」という部分だけの話です。一代で築き上げる資産はそれほど大きくないかもしれませんが、幸せな人生を送ることには一切問題のない職業ですよね。できないことを一生懸命追いかけるのではなく、もっと違った視点で考えるだけですごく幸せになれると思います。重要なのは「貯蓄額」ではなく「日々の生活の充実度」だと思います。一度きりの人生ですから楽しく生きていきたいものですね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯金 収入 支出 家計簿 ボーナス 貯蓄



どうも夫です。
貯金が苦手な人からすると貯金をちゃんとできている家庭が不思議に思われるのかもしれませんね。でも、貯金がしっかりできている家庭がどれだけ節約に努めているかと言えば、少なくてもわが家においてはそれほど大変なことはしていません。要は、貯金というものは把握するポイントさえしっかり押さえておけばできるようになるんです。
ということで、今回はその貯金体質になるための大切なポイントをお伝えしようと思います。

家計で把握するポイントは2つだけ


貯金をするためには、まず自身の家計を把握すること。そして、その家計の中でも把握しなくてはいけないものが『収入』と『支出』です。まぁ、当り前ですよね。

貯金というものは計算式で表すと「収入-支出=貯金」になります。ちょっと知識とこだわりのある人は「その計算式は間違っている、本当は“収入-貯金=支出”なんだ」と声高に言うかもしれませんが、ボクからすれば同じこと。
そんなこと、どっちでもいいです(笑)… 要は、貯金ができるかできないかということが問題なんですからね。

さらに「収入と支出を把握するなんて言われなくても分かっているし、すでに把握しているよ」と思う人もいるかもしれませんよね。把握しているのに貯金ができないとすれば、そもそも把握の仕方が間違っているかもしれません。次からそれぞれの把握の仕方をご案内させてもらいますね。

収入は“手取り年収”を把握する


では、まずは『収入』です。

収入と言われれば、ほとんどの人は“給料”になると思いますが、その毎月の給料でも総支給額と手取り額をしっかり区別して把握されているでしょうか?さらにさらに、ボーナスの手取り額もしっかり把握されていますか?

家計管理でいう収入というものはすべて可処分所得である「手取り収入」で管理します。毎月の手取り収入を把握して家計管理をしている人は多いかもしれませんが、ボーナスまでもしっかり手取り額で把握していますか?収入の管理についてはボーナスの正確な把握が重要なんですよ。

「毎月」と「ボーナス」の手取り額を把握すれば「年間」の手取り額も把握できますね。この3つの手取り額をしっかり把握してから、今度は支出を把握してみましょう。

支出の把握にはやっぱり“家計簿”


支出については「把握するぞ!」と意気込んでも、それまでに何も記録していなければ一瞬で把握できるものではありません。食費やら小遣いやら、1ヶ月を通して継続的に支出していくものがあると「何にいくら消費した」というものが掴めないからなんですね。

つまり、はじめて家計管理を始めるような人はまずは家計簿をつけて何にいくら消費しているかを把握しましょう。家計簿を頑張って1ヶ月続ければ、「食費に◯万円、小遣いは◯万円、その他の固定費が◯万円」のように数値化できますから、支出すべてをとりあえず数値化することが大切なはじめの一歩になります。

そして、その1ヶ月の支出全体が手取り月収に収まっていれば健全です。あとは数値化することで見えた無駄遣いを無くしていって、家計のスリム化を図れば完璧です。ただ、貯金ができないと悩まれている人で手取り月収に支出が収まっているわけがありませんよね。収まっていれば自然と貯金ができるはずですからね…

というわけで、毎月の収支を黒字化することが最重要課題となります。

毎月赤字家計ならボーナスを活用する


では、毎月の収支が赤字の場合、どうしたら貯金ができるようになると思いますか?

それは、ボーナスの有効活用です。
ボクが考える家計管理では毎月の収支は必ず黒字にしなくてはいけないと思っています。毎月赤字だと半年に一度のボーナスがすべて生活の補填のための資金になってしまうからですね。では、どうするか…

生命保険料、自動車の任意保険料、HNK受信料などの“年払い”ができて割引になるものがあれば、ボーナスを利用して一括払いをして毎月の支払いではその安くなった料金を12ヶ月で割った額を貯金していくんです。そうすることで、実際はまとまった金額が必要な年払いを一度に払うことが難しくてもボーナスを活用すれば可能になりますからね。
ただし、この年払いを活用しても10%程度しか節約にはなりません。毎月数万円もの赤字額になっているようであれば、そもそもの生活スタイルを見直すことが必要になります。住居費、小遣い、服飾費などお金をかけすぎている項目があるはずですから、思い切ってメスを入れなくては家計改善はできないと思いますよ。



いかがでしたか。
貯金というものは「収入-支出=貯金」という簡単な理屈ではありますが、“欲望”に邪魔をされて機械的に計画を進めていくことも難しいものです。なので、以前の記事『黙ってでもお金が貯まる“貯金のコツ”』で書いた通り、その欲望を目的に変えて貯金することの味方につけてしまいましょう。毎月の家計管理と目標設定ができれば、必ず貯金は成功すると思いますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ