お金 時間 ローン 住宅ローン 借金



こんにちは☆のっち☆です。
私のように40歳を過ぎると1日って本当にアッという間に過ぎてしまうものなんです。この年を追うごとに年々スピードアップされている感覚は『ジャネーの法則』っていうみたいなんですが、そんな感覚とは別に実際には1日24時間がみんなに平等に与えられています。
今回はそんな貴重な時間をお金の力で買いましょう!というお話です。


時間はお金で買えるの?


いきなり答えからいきたいと思います。


時間はお金で買えます!


もちろん皆さんがご存知のとおり、どこかのお店で「1時間」「10時間」という商品が売られているわけではなく、お金を使うことで本来必要な時間が短縮できるということです。こういうことは、意識してやっていなくても皆さんも日々当り前のように行動していることですよね。以下に具体例を挙げてみますね。

◯ 新幹線・飛行機
 鈍行電車でも目的地へ辿り着けるが時間短縮のために新幹線や飛行機で移動した

◯ 高速道路
 一般道でも行けるが時間短縮のために高速道路を利用した

◯ ローン
 貯蓄額以上の期間限定商品を買うためにローンを利用した

◯ 調味料
 手間暇を省くために調味料を使用した

いかがですか?言われてみればそうだなって思えるものばかりだと思いませんか?
つまり、私たちはごく当り前のように限られた時間をお金で買って効率良く生活しているんですよね。お金って物を買えるだけじゃなく時間まで買えてしまうって考えるとすごいですよね。

ローンは“悪”じゃない


前項で紹介した時間を買う行為の中で私がお伝えしたいことは「ローンはまったく悪ではない」ということ。

多くの情報誌や節約サイトを見ていると「ローン=借金=悪」のような言われ方をしていますが、思考回路が単純過ぎてガッカリしてしまうことがあります。ひとつ例え話をさせていただきますね。


Aさんは貯金が50万円でした。そんなある日、ROLEXの限定モデルが発売されることを知りAさんは欲しくてなりません。しかし、その限定モデルは120万円。Aさんにとってはとても手の出る商品ではありません。そんな時、知り合いのBさんからこんな提案がありました。不足している70万円はローンを組んで買えばいいんじゃない?と。
いやいや、ローンってイメージ悪いよなぁ。でも、70万円を貯めるにはあと1年位かかりそうだし、貯まるまで待っていたらその限定商品は間違いなくなくなってしまう。堅実に1年間頑張ってお金が貯まってからプレミアが付いて値上がりしているこの商品を買えばいいのかな…
ん??1年後に値上がりしているのであれば今ローンで買って一年間使用してから売ればいいんじゃないか?儲かっちゃうよね。。。しかも時計屋さんのローンって無金利が当たり前だし何も損することないから買っちゃおう!



まぁ、こんな出来すぎたお話はなかなかありませんが、要するにローンをいうものは“時間を買う”手段なんです。その購入する商品が浪費でない限りローンが人生において悪さをするということは無いと認識した方がいいと思いますよ。
「ローンを組んだことで生活が苦しくなった」とか「金利がムダ」だとか言っているのはただ単に身の丈に合っていない商品を買っていたり、そもそもローンを組んで購入した消費行動自体が浪費だったということです。「住宅ローンは健全なローンだけれども、それ以外は悪」ということ自体がナンセンスなんです。金利利息だけ見れば住宅ローンなんてどれだけ払っているか知っているのでしょうか。1000万円以上の利息を払いながら、生命保険代わりになるからOK的なコメントも的外れ。それならば、家を現金で購入し掛け捨ての終身保険に加入したほうがよっぽど資金効率が上がります。多くの人が利用しないと購入できないために健全なローンとしてイメージされている住宅ローンもただ単に“時間を買う”ために利用しているわけですね。



いかがでしたか。
後半は少々辛口な表現になりましたが、以前の記事『節約情報サイトを鵜呑みにするな!』でもお伝えしたように現代はとても多くの情報が溢れています。その多くのサイトで同じ意見が集まると「あっ、そうなのかな」って思ってしまいがちですが、実際はそうではないことも多くあります。あなた自身の目で、頭で、肌でしっかりと考えて何が真実なのかを見極める力を養いましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ