マイホーム 生命保険 団体信用生命保険 死亡保険



どうも夫です。
不動産屋さんからよく聞く言葉に「不動産を買ったら加入している生命保険を見直しましょう」というものがあります。不動産を買うことと生命保険を見直すことがどうして関係があるのか考えてみました。
今回はマイホームを“買う前”“買った後”にどう見直せばいいのかを指南させていただきますよ。

どうして不動産屋さんは保険を見直せと言うのか


みなさんご存知の通り、不動産屋さんは不動産を売ることが商売です。なので、生命保険を見直しさせることでの直接のメリットは彼らには無いかもしれませんね。では、なぜ彼らは『保険見直しの相談会』を開催したりまでして保険を見直しさせようとするのでしょうか。

まぁ、その答えは純粋に「彼らにメリットがあるから」ですね。
彼らの目的は不動産を売ることですから、メリットとは不動産が売れるようになるということです。つまり、不動産を買おうと思っているような世代の人達はほとんどの方が生命保険に加入しています。しかも、若いころに勧誘されたまま加入した生命保険が大半で、いくつか加入している生命保険の保障内容が重複していることが多いんです。そこに無駄な出費が隠れていますから、不動産屋さんはそこを改善してあげることでより高額な物件を購入してもらったり、ローンの支払いを低減してあげたりとするわけです。なので、不動産屋が実施する『保険の相談会』などはそういった無駄な出費を減らす効果があるので積極的に活用すればいいと思いますよ。

ということで、不動産を買う前に見直すのは生命保険の重複をチェックして無駄を省き過度な保障を見直すことで、支出を改善することができて健全な家計を再構築できるということです。

不動産を買った後に保険の何を見直すのか


では、不動産を買った後に生命保険と関係があることって何なのでしょうか。

不動産を購入する場合多くの人が利用する「住宅ローン」ですが、その多くに『団体信用生命保険』が付帯しています。フラット35などの『団体信用生命保険』が自動付帯されない場合でも、多くの人は外枠で加入していると思います。この『団体信用生命保険』は債権者が返済期間中に死亡したら、それ以降のローン返済は免除され生命保険からローン残額を弁済してくれるという生命保険です。つまり「死亡保険」なわけです。

住宅ローンを利用して不動産を購入するということは新規で死亡保険に加入したことになります。その保険金額は住宅ローンの残高と比例して毎年減っていきますが、返済中に死亡した場合には自動的に住宅ローンが完済されるということですね。

家族を持つ世帯主が加入する生命保険は「メイン所得者がいなくなって収入がなくなっても残された家族が生活していける」ように加入しているはずです。その生活していく費用の中に住居費も含んで計算していた場合は、住居費相当の保険金額を減額した保障へ減額しても大丈夫だということになります。

ですから、マイホームを買った後に見直す生命保険は「死亡保険」部分です。それ以外の医療保険などを減額してしまわないように気をつけましょうね。

必要な生命保険額は家庭環境によって千差万別


家族構成や家族の年齢、収入スタイルやとりまく環境によって加入する生命保険の適正値は千差万別です。もっと言ってしまうと“答えのない”ものです。あなた自身がどのくらいのものに加入しておけば安心できるかというのが判断基準になるので、心配症の方は手厚く加入する傾向がありますし、その逆ではまったく加入していない人も存在します。

生命保険というのは“安心にお金を払うもの”ですから、自分が死んでも誰もお金で困らないと思えば保険の必要はないということになります。また、自分が病気をしても医療費は健康保険の高額医療費制度と貯金から、そして、働けない間の収入についても心配なければ死亡も医療も介護についても生命保険に加入する必要はありませんよね。ただ、将来を見据えた際に少しでも不安があるような部分があれば生命保険を活用すればいいわけです。

若いころに保険のおばちゃんに勧誘されてよく分からないから加入したような生命保険があるのであれば、一度保障内容を確認したほうがいいかもしれませんね。以前の記事『わが家にもあったお宝生命保険|こんなことってあるの?』で紹介したわが家のお宝保険のような事があるかもしれませんからね。



いかがですか。
マイホームを購入するということは新しい生命保険に加入することにもつながり、また、あなた自身が資産を持つということで子供に残すために加入している生命保険を見直すこともできます。なかなか取っつきにくいテーマの生命保険だからこそ、不動産屋が提供する『保険見直しの相談会』などは積極的に利用すればいいと思いますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ