老後破綻 仕事 再就職 定年 ボーナス払い



中編からのつづき


マイホーム購入と子供の大学費用まで資金面で対応できたMさん。
給料が高い世代になるとリストラの対象にもなってしまいます。割増退職金を受け取って転職したMさんの老後はどのようになっていくのでしょうか…


下請け企業に就職が決まった


独立して会社を起こそうかとも思ったけど、妻から大反対を受けて止めることにした。再就職支援では結局就職先が見つからず、前職のときに取り引きがあった下請け企業の社長に事情を説明すると「給料が下がっても良ければ定年までウチで働かないか」と言ってもらえた。いやぁ、本当に助かる…

僕も56歳になったから、この会社ではあと4年お世話になる。定年後の雇用延長はしないというオマケ付きだけどね。給料は600万円。ボーナス無しで毎月50万円。結構厳しい条件だけれど仕方ない。しかも、ローンの支払いにボーナス払いを組み込んでいるからローン加算時は大幅にマイナス家計になる。そこについては貯金でなんとか対応するしかない。定年後のことは今の会社に居れる残りの4年でなんとか考えよう…


[収入]
夫(56歳)
40万円
妻(53歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残14年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残9年)
4万円(ボーナス時加算9万円)

[貯金]
毎月
4万円
現在の貯蓄額
1000万円+退職金1000万円



定年退職。ボーナス払いが重荷に…


あれから4年。とうとう僕も60歳になった。苦しんでいる僕を拾ってくれた今の会社とも今月でお別れになる。入社時の約束で退職金も無いし、雇用延長は希望しない。年金がもらえるまでの5年間をなんとか食いつないでいかなければ…

毎月の生活費で25万円、ローンの支払いで19万円が現在の生活水準だ。最後の会社での給料で家計はギリギリだった。何にしろわが家のしんどいところはボーナス払いだ。しかもこれからの5年間は無収入だから、ちょっとヤバイかもしれない。今までと同じ生活水準だと「44万円×5年=2640万円」になる。今持っている貯金よりも大きな額だ… 要するに、働かないわけにはいかないということだ。早速、仕事探しを始めることにした。


[収入]
夫(60歳)
0万円
妻(57歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残10年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残5年)
4万円(ボーナス時加算9万円)

[貯金]
毎月
0万円
現在の貯蓄額
2000万円



警備員の仕事しかない…


生活のために仕事を探しているんだけれど、高齢になってからの仕事探しって本当に辛いね。求人は警備員の仕事ばかりで、それ以外って倍率が高いし少しでも若い人がいたらそれだけで採用されない。おかしいな、この歳でお金に苦しむ予定ではなかったんだが…

それと、生活を維持するために愛車のクラウンを中古の軽自動車に替えた。5年落ちのクラウンはある程度高値では売ることは出来たけど、ローンの残債と軽自動車購入費用で手元には残らない。ただ、自動車ローンがなくなっただけでも正解だね。

妻もまだ頑張って働いてくれているし、生活の水準もしっかり落としてなんとか毎月18万円で賄えるようにしたから、貯金から切り崩すのは毎月10万円。この水準が維持できれば5年間で600万円、それと住宅ローンのボーナス払い200万円を払ったら年金受給時には1200万円が残っている計算になる。


[収入]
夫(60歳)
15万円
妻(57歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残10年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車
0万円

[貯金]
毎月
0万円
現在の貯蓄額
2000万円



-------------------

あれだけ高学歴で超エリートと言わしめたMさんですが、老後はそれほど平坦な道ではないようです。どこでMさんは道を誤ってしまったのか…一歩道を外れてしまったMさんの辿る将来にはどんなことが待ち受けているのでしょうか。


完結編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ