アメリカ大統領選挙 クリントン トランプ 株価 為替



どうも夫です。
いよいよアメリカ大統領選の本選挙が火曜日(11月8日)に迫っていますね。
今回は最近の動向を踏まえて大儲けするチャンスなのでは?と考えているので記事にしてみますね。

アベノミクスの再来か!?


最終局面を迎えたアメリカ大統領選挙ですが、ココに来てクリントンさんのメール問題が再燃していますね。FBIが捜査に乗り出すとか…
そんなニュースが流れるまでは散々トランプさんを叩くようなニュースが連日流れていましたから、一気に空気が替わった感じがしますね。そして、この“空気が変わる”というのは為替や株式市場にすごく影響するものなんです。直近で起こったのは安倍さんが内閣総理大臣に就任して『アベノミクス』が始まった時です。それまでの民主党政権でどんなテコ入れをしても株式市場がピクリともしなかったのに、安倍内閣になった瞬間に株式市場が値上がりをはじめました。あの民主党政権から自民党政権へ切り替わる直前は国民の多くが分かっていたはずなんです、「自民党が勝つ」って。その「自民党が勝つ」っていうことを為替や株式市場とリンクして考えられていた人達は相当な額の利益を手に入れることができたんです。
つまり、今回のアメリカ大統領選挙も結果を予想してどちらかのポジションを取っておけば大儲けするチャンスがあるということですよね。

アメリカ大統領選挙はどっちが勝つの?


まぁ、こればかりは分かりませんよね。
ただ、勝者によって市場が反応するということだけのは分かっています。クリントンさんが勝てば『円安株高』。トランプさんが勝てば『円高株安』です。それを証明するように今回のクリントンさんのマイナス要因が出たここ数日は円高株安が急速に進んでいるわけですね。

ただ、直近の株価下落局面があったおかげで選挙の結果が出た瞬間に上にも下にも動ける余力ができたように感じます。つまり、結果を当てたら儲けられるということです。

このギャンブルにエントリーしようと思う


ということで、ボクもここで一発ギャンブルを打ってみようと思います。
理由は色々あるんですが、ボクの予想は「クリントンさんが勝つ!」です。ということで、『円安株高』です。

予想が決まったら“何に投資するか”なのですが、ここ最近の値動きでは「為替」はイマイチ値動きが小さいから反発も大きく見込めないのではと思っています。逆に、日経平均は大きく値下がっています。ということで、こんなときは『日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)』に限ります。とりあえず月曜日(7日)の様子を見ながら100万円程度の買いを入れようと考えています。

もしあなたがトランプさんが勝つと思うならFXで円買いをすればよいのではないでしょうか。また、株式の信用取引をされているのであれば『日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)』を空売りしても良いかもしれませんね。



結果がある程度予測できるのに市場の値動きが見込める今回のような局面は数年に一度です。ぜひ自己責任で一発勝負をされたらいかがでしょうか?



 予想が当たったらクリックをお願いします(笑)
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ