保険 生命保険 保険のビュッフェ お宝保険



こんにちは☆のっち☆です。 以前の記事『【体験談】“保険のビュッフェ”の無料相談にいってきたよ』で書いた通り、先日“保険のビュッフェ”の無料相談を受けてきた(夫が…)んですが、相談しているなかで今加入している保険の内容を確認したところ、めちゃめちゃお得な保険だったことが分かってしまったんです。
今回はわが家の事例を紹介しつつ、あなたの加入している保険にも同様の保険があればと思って記事にさせてもらいますね。

わが家のお宝保険の概要


今回、お宝保険だと判明した夫名義の生命保険は以下のような内容でした。


保険の種類:定期保険特約つき終身保険
主契約:200万円(終身)
契約年齢:17歳
保険料:106000円(年払い)
死亡・高度障害の保障:障害以外2000万円/障害4000万円
その他医療特約:5日以上の入院5000円/日ほか



こんな内容の保険でした。
なによりも驚いたのは夫が17歳の頃から生命保険に加入していたことですね。普通は加入しませんよね、だって、高校生ですからね。夫がこの保険に加入したきっかけは義父が保険会社に勤めていて「若いうちに加入したら得だから…」と加入したそうです。それ以降、夫は素直に今まで保険料を払ってきてあと満期まで5年といったところでした。

お宝保険と判明したきっかけ


夫が“保険のビュッフェ”の無料相談を受ける少し前にその保険を契約している保険会社から「現在契約中の保険の概要の確認」と言って契約内容を確認する書面が送られてきました。そして、その保険会社から「今の契約を下取りに入れて保険を転換しませんか?」と言われていたんです。以前から夫は義父から「保険なんて転換すると損するからやめておけ!」と言われていたので断っていたんですが、その保険内容の概要の書面をじっくり読んでみると気になる記述があったんです。

「支払いを中止して払済保険に変更できます」
「払済終身保険金:2757100円」


その記述に気づいた夫は加入保険会社ではなく、“保険のビュッフェ”のFPへ相談しました。そのFPも「う~ん。そんなことってあるんでしょうか」と言いながら「文面のまま解釈すると、満期まで保険料を払えば終身保険200万円が確定しますが、今、払済保険にすると275万円の終身保険になりますよ」ということでした。

「おいおい、今、払い済みにしたら大儲けじゃないか!」っていう話ですね!


なにが大儲けなのか…


何が大儲けなのか、みなさん分かります??
例えば、満期までを残り5年だとすると満期まで以下の金額を払う必要があります。

「106000円×5年=530000円」

そして、無事に5年払い終わると医療特約は消滅し主契約の200万円(終身)だけが残るんです。つまり、保険を満期まで継続して保険料を残り50万円以上払うといつ死んでも200万円の保険が残るといった契約です。でも、現時点で払済保険にすると以下のような契約になると保険会社は言っています。

「現時点で払済保険にして、以降の保険金を払わない契約にすれば終身保険だけが残って保険金も275万円になります」

ん??以降の保険料を払わなければ満期で200万円の終身保険が275万円に増額されるということですよね。この先の保険料50万円を払うと200万円で、今すぐ支払いを止めれば275万円ということです。わが家にとってはプラスしかない話です。
念のため、夫が保険会社へ内容を確認しましたが思った通りの返答で「お得かどうかはお客様が判断してください」と言われたそうでで、年払契約の満了日をもって払済にする申請をしたようです。


いかがでしょうか。
わが家では年間106000円の保険料が無くなった代わりにより充実した医療保険にもっと安い保険料で加入しました。しかも、200万円だった終身保険は275万円に増額されました。一度加入するとややこしいためにそのままで支払いがちですが、一度立ち止まり見直すことも重要かもしれません。あなたの家にもわが家のような“お宝保険”が眠っていいるかもしれませんよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ