家族 一般家庭 共働き 専業主婦 家計



どうも夫です。
ネットニュースやテレビの特集などでは貧困で苦しんでいる人を取り上げて「いまの日本ではこんなに生活が苦しい人がいるんです」みたいな話をしています。でも、ボクの周りを見渡すとそこまで貧困が身近なものではないと思うんですよね。ニュースになるような人は一部の人で、一般的な家庭は余裕はなくても普通に暮らせるレベルなのではないでしょうか。
ということで、今回はその“一般的な家庭”がどんな生活レベルなのかを推測してみました。

“一般的な家庭”は3分類できる


“一般的な家庭”って大雑把に分類すると以下の3つに分けられるように思います。

◯ 共働き(扶養なし)
◯ 共働き(扶養の範囲内)
◯ 完全専業主婦(夫)


上記以外では障害者であったり、介護状態であったりと状況はいろいろあると思いますが、今回はあくまでも夫婦が健康で働ける状態にある家庭を想定して考えてみました。
となると、3つの収入パターンに分けてそれぞれがどんな生活感なのかを考えることが可能かと思います。

『共働き(扶養なし)』の家庭


わが家もこの分類に入りますが、夫婦それぞれが収入の上限を気にせずに働いている家庭です。子供有り・無しによって相当な振れ幅があると思いますが、まぁ、このくらいかなってところで考えてみました。

[手取り収入]
25万円
18万円


[支出]
住宅費
10万円
水道光熱費
2万円
通信費
2万円
食費
4万円
雑費
1万円
外食費
2万円
小遣い(夫)
4万円
小遣い(妻)
4万円
貯金
14万円


いかがですか?こんな感じではないですかね?
ということは、共働き家庭はほとんどが余裕がある家庭が多いということですね。明日から共働き家庭だと聞いたら「あっ、この家お金に困ってないな…」って思いながら話を聞きましょう。
ちなみに、この共働き(扶養なし)家庭でも金欠になる事はもちろんありますよね。それはお金を一元管理していない家庭です。共働きだって聞いた後にしらばっくれて「共働きでも財布って別々なんでしょ?」って聞いてみましょう。そこで「そうだよ」って帰ってきたら意外と貧乏しているかもしれませんからね。

『共働き(扶養の範囲内)』の家庭


では次に、メインで稼ぐ人とサブ的に稼ぐ人が存在する家庭です。ボクの両親がこのタイプでした。父がバリバリ働き、母がパートで父の扶養の範囲内で働くスタイルです。こんな感じですかね。

[手取り収入]
25万円
8万円


[支出]
住宅費
10万円
水道光熱費
2万円
通信費
2万円
食費
4万円
雑費
1万円
外食費
1万円
小遣い(夫)
4万円
小遣い(妻)
2万円
貯金
7万円


どうでしょう。こんな家庭が多いんじゃないですかね?
ただ、このスタイルの家庭では子供有り家庭が多いと思うんですよね。結婚当初は共働きだったけれども出産を機に退職。それからというもの子供に手がかかり最近ようやく働ける時間を作れるようになった…的な家庭でしょうか。とすると、上記の支出内訳に「子供の教育費」や「学資保険代」が追加されてきますから結構余裕がない状態ですね。
夫の収入だけでは赤字で妻がパートで補助的な収入を得ているという状態が想像できます。こういった家庭では家計管理を徹底しないと将来的にも相当厳しくなるので注意が必要ですよね。

『完全専業主婦(夫)』の家庭


最後にボクには想像もつかない“お金を稼ぐのは一人”という家庭です。身近を見渡すと兄の家庭がそうでした。。。

[手取り収入]
25万円
0万円


[支出]
住宅費
6万円
水道光熱費
2万円
通信費
1万円
食費
4万円
雑費
1万円
外食費
1万円
小遣い(夫)
3万円
小遣い(妻)
1万円
貯金
5万円


こんな感じですか?
完全に想像の域を出ませんが、兄の話から考えるとこんなものかと…
マイホームは郊外に購入。専業主婦の妻が家計をバッチリ管理して、夫には毎日弁当を持たせ、食費も節約献立でしっかり抑えます。多くの方が想像するお金を管理する母親像がココにあるのではないでしょうか。まさに大蔵大臣…
ただ、お金をあまり浪費しない夫であれば特に苦労もなく健全な家庭が維持できるかもしれません。また、しっかりとした節約で家計はスマートですから専業主婦の妻が働きに出ることで家計は一気に改善することも可能ですよね。
この家庭の強みは初めから家庭の財布が一つであること。共働きの多くの家庭が失敗するポイントをすでにクリアできていることが大きいなプラス要因ですよね。



いかがでしたか。
今回はボクが想像する収入スタイル別の家庭を分析してみました。もちろん大外れな部分もあるかと思いますが、一つの参考として見てもらえると嬉しいです。共働き家庭は収入が多い分、生活の水準も上がりがちです。その水準でもし一方が働けなくなったら…など、いつでも起こりうるリスクをしっかり把握しながら資産形成を図りましょうね。
今回の記事で改めて気づいたことは“共働きは金を持っている”ということですね(笑)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ