貯金 老後資金 年金 つもり貯金 Tポイント



こんにちは☆のっち☆です。
当り前ですが、1万円の貯金を1年間続けると12万円が貯まりますよね。そもそも貯金するという行為はチビチビそしてコツコツと地道な行動ですから、せっかちな私にとっては本当にツラいことなんです。
今回はそんな地道な行動の貯金ですが、こんなやり方だったら平気じゃない?と思える方法を考えてみました。

年金生活までに3000万円がわが家の目標


わが家の夫も目標にしている老後資金の3000万円。そんな大金を本当に貯めることができるのでしょうか… 30年間で貯めるとしたら毎年100万円です。35歳から毎年毎年65歳までです。。。う~ん、本当に果てしない…

それでも、老後の20年間にかかる費用として以下のように3000万円以上必要だとしたら、年金生活が始まるまでに貯められていない場合、何かを削って生きていくしかないということになります。

リフォーム:500万円
固定資産税:200万円(10万円×20年)
生活費(年金以外):2400万円(10万円×12ヶ月×20年)


このメチャクチャ大雑把な計算には医療費や介護費用、自動車の買い替えなどの不確定要素は一切入っていませんから、将来の年金受給額や受給年齢が大幅に改悪されたりすれば一気に貧困老後の道を進んでいくことになりますよね。

コツコツ貯金は将来を想像しよう


果てしない金額を貯めるにも、コツコツ貯金を行なって始めは小さな金額でも期間を長く続ければ続けるほど雪だるまのように大きくなっていきます。こういうことは誰に言われるまでもなくみなさんも理解していると思いますが、毎月1万円を3ヶ月間、一生懸命貯めたとしても貯まっている額はたったの3万円です。それを通帳なりネットバンキングなりの預入残高を見た瞬間「はぁ~!?こんなにシンドい思いしているのにこれしか貯まってないの??」となっちゃうわけです。だからこそ、以前の記事『地道な貯金を成功させる一つのコツ』で紹介したようにボーナスを活用したりして、貯金モチベーションを維持しなくちゃいけないわけなんですよね。

でもですよ、こんな考え方もあります。
毎月1万円ですが、1年頑張れば12万円、3年で36万円、10年で120万円、30年で360万円、50年で600万円もの金額になります。毎月無理なく1万円を貯める習慣を身につければ、50年後には600万円にもなっているわけですから大きいですよね。つまり、毎月の貯金額が小さければ小さいほど長い期間の将来を夢見て継続させることが重要なんですね。

身の回りの“つもり貯金”で将来の大金を手に入れる


そんな小さな貯金というものは、私達の身の回りには沢山ありますよね。そんな何気なく消費しているものを以下に列挙してみました。切り口としては「30年間続けたらいくらになる?」という視点で見てみましたよ。

やること30年後の金額
毎日100円貯金
1,095,000円
日中の缶コーヒーを1缶(120円)ガマン
1,314,000円
晩酌の缶ビールを1缶(200円)減らす
2,190,000円
タバコ(440円)を止める
4,818,000円
乗用車(1500cc)を軽自動車に変えて自動車税節約
711,000円
毎週の週刊マンガ雑誌(280円)を買わない
420,000円

いろんなものを挙げてみましたが、もしすべてを実施するとこれだけで10,548,000円です。1000万円ですよ。日々、何気なくやっている習慣に消費しているお金はこれだけ大きなものなんですね。



いかがでしょうか。
家の中のホコリって気がつくとすごくたくさん溜っていますよね。あれだけ小さなチリが積もるまで気づかないけれども、ふと気がついたときには相当な大きさになっているわけです。貯金も同じことですよね。自分でも認識していないところで貯金ができれば、気がついた時に相当な金額になっているのではないでしょうか。
普段の生活で特に期待もしないけれど習慣のようにお店で『Tポイントカード』を出していて、ふとポイント数に気がついた時に驚いたことってありませんか?リアルマネーでも同じように、無意識の中で貯まる仕組みがあればお金は自然と貯まるわけですね。目の前の小さな金額でも将来には大きなものになることを理解することが第一歩ですよね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ