投資 不動産投資 資産



こんにちは☆のっち☆です。
私も夫も結婚した当初は純粋に「お金持ちになりたい!」って言ってまずは1000万円の貯金を目標に二人三脚で頑張ってきたんです。当時は貯金の利息で毎年10万円貰えるというだけで夢の様な話に感じていたんですよね。でも、実際に1000万円が貯まってみると、まったくと言っていいほど安心できる金額ではないなということが分かったんです。だって、1000万円を貯めることは大変なことですが、もし働けなくなったら数年で使いきってしまうだけの金額なんですよね。若い頃は自分が働けなくなるなんて一切考えもしませんでしたが、40歳を超えてくるとそんなリスクをとても身近に感じてしまうものなんですね。

そんなこともあってか夫が最近「不動産投資をやりたい」ってよく言っているんですよね。

不動産投資とは


不動産投資って、もうみなさんもご存知だと思いますが、一般的には「ワンルームマンション」「アパート」「駐車場」などの不動産に資産を投入して資産運用するものですね。私がザッと調べただけでも、投資単価としては数百万円~億単位まで。表面利回りも5%以上のものがありました。

蓄えた資金で物件を現金購入して毎月の家賃収入で資産運用できるのなら多少のリスクをとっても平気かなとも思うんですが、多くの物件では事業資金として銀行から融資を受けるようなんです。わが家においてはマイホームの住宅ローンもしっかり残っているのにさらに上乗せして借り入れをしなくちゃいけません。感覚的にはとってもリスキーですよね。

夫が目指す“不動産投資”のイメージ


私がちょっと調べただけでもとってもリスキーだなって感じるのに、お金に関して詳しいはずの夫が“不動産投資”と言い出したのには何か理由があるのか聞いてみました。


10年前から本格的に家計管理を始めて1000万円の大台をクリアできたけど、1000万円あるからって生活は何ひとつ変わらないよね。共働きでこれからも働いていくのならもう少し積極的にお金を稼ぐことを考えたいなって思ってね。
不動産投資は初めのうちはトントンでもいいと思ってるんだよね。ローン返済、税金、管理費、修繕費用とかを収益で賄うことができればローン完済後は資産になるし、何よりもわが家で法人を作れるんじゃないかなって思うんだよ。まだまだ調べきれてないけど、不動産事業として法人を設立できればいろいろとメリットがあると思うんだよね… ムフフ



はぁ~。相変わらずこの夫は何を考えているのか私には理解ができません。「もし法人設立が上手くいけば社長はママだよ」っていうんですよ。自分が副業できない会社にいるからっていきなりお前が社長だぞって言われてもよく分からないですよね。まぁ、実行までにはまだまだ時間がかかるみたいなのでゆっくり私も理解していこうと思います。



今回はみなさんに参考にならない記事になってしまったかもしれませんが、資産を形成していくうえで積極的に投資へ資金を回すことも一つの選択なのかなって、夫の話を聞きながら感じたところもありました。最近の雑誌で「100-あなたの年齢」が資産を投資に割り振れる割合なんだそうです。逆に考えると、若いうちに投資を始めなければ歳をとってからではできないということ。積極的に行動すれば失敗も増えますが、成功も掴むチャンスにも巡り会えます。そんなことを夫は考えているのかもしれません。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ