OL 1,000万円 資産運用 資産形成 投資 配当



中編からのつづき


OLかおりさんが1,000万円を築いたのは“コツコツ貯金”“積極投資”でした。その財を成した経緯は判明しましたが、ボクがより興味があるのが“これから”のこと。これから先、かおりさんはどうやって資産形成していこうと思っているのだろうか。

株式投資は配当狙い


夫:ということは、今は投資してないの?
か:え、やってますよ。「NTT」「武田薬品工業」「みずほ銀行」の株で500万円くらい。
夫:すごいね。500万円って貯金の半分だよね。大丈夫なの?
か:株価の上げ下げはありますけど、売らなければいいわけですし、年間配当も3%強ありますからね。
夫:3%か。500万円で年間15万円。大きいね。
か:はい。できればあと200万円くらい増やして、1ヶ月分の給料を配当でもらえるようにしたいんです。
夫:なるほどなぁ。その投資で負けないかおりさん独自の理論ってあるの?
か:そんなの簡単ですよ。安い時に買うだけです(笑)
夫:それが分からないからボクは困ってるんだよ。もっとヒントくれよ
か:う~ん。世の中の雰囲気かな…
夫:ダメだこりゃ。


純粋にこの子は投資センスがあるってことなのかな。“今が安い”って分かることができれば一番簡単なんだけど、そんなの分かったら苦労しないんだよね。ただ確かに、アベノミクスの始まりの時はマスコミも景気好転を騒ぎ出したし、1ドル70円台になった時もさすがに円高すぎだろって声が多かった…。そんな何気ない情報をしっかり感じ取れるかどうかが分かれ目なんだろうね。

運用目標は利回り3%


夫:ところで、かおりさんの目指すところはどこなの?
か:ん?まずは結婚です。
夫:あっ、ごめん。そうなんだろうけど、お金に関してのゴールってことで…
か:え~。そんなの分かりませんよ。私、結婚したいし、結婚したら子供も欲しいし、マイホームも欲しいし、お金に困らない老後も過ごしたいし…
夫:そりゃ、そうだ。結婚するかしないか、子供いるかいないかで必要なお金なんて全然違うもんね。
か:そうなんですよ。ただ現時点で言えることは、お金に関してムダなことはしたくないってことです。だから、色々調べてローリスク・ハイリターンを狙ってるんです。
夫:いい言葉だね。ローリスク・ハイリターン。
か:私は毎月の生活は13万円の定額なんです。で、貯金も毎月3万円。毎月のリズムは就職して依頼一切変わってないんです。給料もほとんど上がってないんでリズムも変わりませんし。。。
夫:ははは。リズムが変わらないからつまらないかもしれないけど、貯金のリズムも変わらないから計画が立てやすいよね。
か:そうですね。私の生活費は13万円。その半年分の78万円を最低でも流動性の高い普通預金に確保して、それ以外は目標利回り3%で運用することを目指しています。なので、まだまだ運用していかなくちゃって考えています。


ちゃんと目標利回りを決めて運用しているところは素晴らしい。3%で運用できれば24年で資金が2倍になりますからね。目標利回りを設定できればどうやってその数字に近づけるかって考えるだけ。株式投資でも投資信託でもそれ以外の投資でもですね。何事も目安ができれば達成しやすくなりますからね。


---------------

いかがでしたか。
年収300万円の30歳独身OLのかおりさんは貯金1,000万円を達成してもなお、貯金スピードを落とすことなく堅実な貯蓄ライフを送っています。お世辞にも高収入とは言えないかおりさんでも貯金のマイルールを徹底・継続することで1,000万円という大金を30歳にして所有しているわけです。貯金は“ダイエット”と同じ感覚だと言われますが、立てた計画を粛々と継続する強い意志さえあれば必ず貯金ができるということです。キーワードは“継続”ですね。ボクも気を緩めず老後まで走り続けたいと思います。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ