OL 300万円 低収入 1,000万円



どうも夫です。
お金を貯めるということは本当に難しいことです。ただ、貯金することの理屈は頭では理解できているんです。要するに出て行くお金を入ってくるお金より少なくすればいいだけなんですよね。
そんな簡単なことなのに何故かできない“貯金”ですが、今回は年収300万円と低収入なのに1,000万円もの貯金に成功している我が社OLかおりさん(仮名)にお話を聞いてみました。

自動積立は必ずやるべきこと


同僚の相談をよく受けていて職場でもお金に詳しいと評判のかおりさん。今回は職場で話を聞く内容ではないので、かおりさんには“資産運用のことで相談したい”と言って夕飯につき合ってもらうことに。あとはお金とのつきあい方を暴くのみです…


夫: いやぁ、ごめんね。つき合ってもらって…
かおり:いえ、いいんです。夕飯ご馳走してもらえるから。
夫:いっぱい聞きたいことあるから早速本題に入らせてもらうね。
か:はい。

夫:夏のボーナスも入ったからどこかいい預け先でもないかなぁって思ってさ。
か:えー、今なんてどこにも預けられる所ないですよ。預けてもあんな金利じゃ労力がムダになる気がして。。。私は基本的に貯蓄口座に入れっぱなしです。
夫:その貯蓄口座って普通口座と連動してるような口座?定期預金とかじゃないんだよね?
か:そうですね。毎月自動積立しているんでその口座です。
夫:おぉ、やっぱり自動積立をやってるんだね。
か:そうですよ。そうじゃないとお金なんて貯まりませんもん。


やっぱりそうか。自動積立は当り前のようにやっているんだな。ボクも就職直後に始めた毎月5万円の自動積立。もう20年以上継続してるんだよな…

コツコツ貯金が資産形成の基本姿勢


夫:そういえば、かおりさんは1,000万円持ってるって聞いたけど…
か:やだぁ~、誰が言ってるんですか??確かに持ってますけど。。。
夫:素直に認めるんだね(笑)
か:隠しても仕方ないですしね。給料低いのにガンバったし。

夫:そうそう。そこなんだよ。うちの給料って安いでしょ。なのにすごいなぁって。なんか秘訣でもあるの?
か:秘訣なんてないですよ。コツコツ貯めるしかないんですよ、貯金なんて。
夫:やっぱそうか。簡単に貯める方法でもあるのかと思って期待したんだけど…
か:毎月3万円とボーナス40万円で年間76万円を10年間コツコツコツコツ。
夫:10年間ねぇ。
か:はい。


かおりさんは30歳。短大卒業後いまの会社へ入社して10年間。ずっと自動積立とボーナス貯金をしてたんだね。そりゃ、1,000万円という大台を達成したら誰かに話したくもなるよな。
ん?待てよ。76万円×10年だと760万円にしかならないよな。


夫:ねぇねぇ。コツコツ貯金以外に何かしたの?数字が合わないからさ
か:さすが、計算が早いですね。実は…
夫:おぉぉぉぉぉぉぉぉ!



---------------

独身OLかおりさんは30歳にして1,000万円の金融資産所有者でした。そして、その基礎となる貯金は入社以来毎月コツコツ貯めたもの。「決して貯金は楽なことではない」とかおりさんは断言します。しかし、このあとかおりさんの口から期待通りの面白い話が聞けたので夕飯をご馳走しただけの元は回収した気になれました。かおりさんは残りの240万円をどうやって作ったのでしょうか…


中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ