セコい ケチ 貧乏



こんにちは☆のっち☆です。
節約とセコさは隣り合わせと聞いたことがありますが、私自身まったく違うものと思っているんです。節約上手な人はお金を使うところを使わないところのメリハリがすごくあって、ムダなことにはしっかり財布の紐を締めますが、有意義な消費にはケチることなくバンバン出費します。
そんな必要なときは躊躇なくお金を出す人は傍から見ていても「お金に余裕があるんだなぁ」って感じるものですが、逆に必要なときも出さない人は一気にセコさとお金が無い感を感じてしまいますよね。
ということで、今回は私の独断と偏見で“セコさを感じる瞬間”を10個ピックアップしてみようと思います。貴方は大丈夫ですか??


◯ 身だしなみ


私の勤める会社は営業マンが7割を占める会社なんですが、数百人いる営業マンをパッと見るだけで「デキる」「デキない」がある程度判断できてしまうんですよね。それって根拠はないんですが大体が当たっているものなんです。営業の世界で生きている“夫”に聞いてみても「あぁ、それは数秒だな」って言うんです。
今回のテーマの“セコさ”については一瞬じゃ分かりませんが、ヨレヨレのスーツや服を着ていたらお金を持っている感はゼロですよね。髭や頭髪も手入れされてなければ近寄りませんよね。つまり、人は見た目でその人のイメージを形成します。金持ち感を与える必要はありませんが、ケチなイメージを持たれる必要もありませんよね。小奇麗にしておきましょう。

◯ カバン、靴、小物が安物


前述と重複する部分がありますが、キレイなスーツをパリッと着ていても持っているカバンがボロボロだったり、靴のカカトがすごく擦り減っていたらみっともない。また、女子でもバックの持ち手がすごいボロボロだったりするとちょっと引きますよね。やっぱり身につけるアイテムへの配慮は重要ですね。

◯ ランチがセコい


私はお弁当派なんですが、毎日コンビニ弁当の人もいますよね。その時に毎日380円の“のり弁”や“300円未満のサンドイッチ”だったりと何気なく見ているとある程度、その人のランチの予算が分かってしまうんです。それが部長クラスの人が300円レベルだったり、外に行っても牛丼系だったりすると「えっ!?」って思っちゃいます。年収1,000万円を優に超えているのにです。

◯ 中年なのに『金蔵』でいいって言う


前述のランチ項目に出てきた部長さんなんですが、職場の飲み会をする時に『金の蔵でいい』って言うんですよ。男子が「え!部長、金蔵ですか?学生が多くてうるさいですよ」と言っても「安いからいいでしょ」って言い張るんです。セコいというかケチの塊ですね。こんな人とは付き合いたくないです。

◯ 1000円床屋で散髪


またもわが社の部長ですが、床屋は1,000円カットなんだそうです。なので毎回、モミアゲとえり足はパツンと揃って切られてきます。左右非対称、油ギッシュ(これは関係ないか…)。取引先の人も見た瞬間わかると思うんです、この部長1,000円カットだって。恥ずかしいですよね。

◯ 腕時計が安物


すごくオシャレにしている営業マンでも腕時計が家電量販店の店頭で数千円で売っているような時計をしていると「う~ん」と思ってしまいます。別にROLEXやOMEGAを着けているのがいいのではなく、子供の時計のようなものは避けたいですね。ただ、個人的にはフランクミュラーの類似品『フランク三浦』は話題としてOKなんですが…

◯ 爪が伸びている


身なりもしっかりしているのに爪がメチャクチャ伸びてる人っていますよね。あれ、すごくガッカリするんです。何故か貧乏症の人って感じを受けてしまうんですよね。営業の仕事では商談時に資料を指差すこともあると思います。その時に指が汚いのは避けたいものですね。

◯ 財布がボロい


LOUIS VUITTONの財布なのに手入れが行き届いていないものを使っている人、良い財布を使っているのにお金持ち感は完全にゼロですね。例えば、お尻のポケットに入れていて型が崩れていたり、財布から生地の糸がピヨ~ンと出ていたり、革が朽ちていたり… 逆にみっともないですよね。良いアイテムを大切に綺麗に使うことを心がけましょうね。

◯ 数百円でテンションが下がる


職場で「それ、いいですね」って言われたときに「300円で売ってるから買っといでぇ」とか言うと、一気にトーンが下がる人っていませんか?教えてあげた私としても「えぇ、この金額でテンション下がるんだ」って思って余計に気を使っちゃいますよね。私があげればよかったのでしょうかね…

◯ 雰囲気がセコい


セコさを感じる10連発の最後はコレです。もう、コレがこうだとかではなく、その人の雰囲気すべてからセコさを感じるってなんなのでしょうか。タバコの臭いが体に染み込んでいるのと同じように、セコさが体に染みてしまったんでしょうね。表情・しぐさ・言葉づかい・所持品・素行… それぞれからセコさがハーモニーとなって放たれているんでしょうね。ここまできたらどこまでも突き進んでいただきたいものです。



いかがでしたか。
今回は私の感じるままに記事にしてしまいました。「いやいや、そのくらいはいいんじゃないの?」ということもあったかもしれませんが、一つの意見としてサラッと流してください。お金をいっぱい持っていなくても「この人セコい!」とだけ思われないように気をつけたいものです。メリハリが肝心です!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ