ゴールドカード アメリカン・エキスプレス お得 クレジットカード


こんにちは☆のっち☆です。
今までの記事『クレジットカードでお金が生まれる考え方』『高額請求なんて怖くない!クレジットカードの運用法とカード選び』でクレジットカードを上手に利用することで利用額の2%程度のリターンがあり、その還元を最大限にすることが家計の助けとなることをお伝えしました。
ただ今回は、クレジットカードを発行したことで純粋に得したお話をさせていただこうと思います。

年会費31,320円のゴールドカード


先日、といっても半年くらい前ですがYahoo!のトップページにクレジットカードの広告バナーあって何気にポチッとしたんです。だってそのカードは誰もが知っている『アメリカン・エキスプレス』のゴールドカード。年間費31,320円(税込)の言わずと知れた超一流のクレジットカードです。若い頃はアメックスのゴールドなんて相当稼いでいる人しか入会できないカードで私のような契約社員が申し込めるようなカードだとは思ってもいなかったんですが、最近ではゴールドカードのさらに上級に『プラチナカード』、そして最高峰の『ブラックカード』が存在するのでゴールドカードというのは随分手を出しやすくなったのかもしれません。

審査基準とかは特に明記されていないんですが、情報サイトなどで調べると私でも審査をクリアできるかもしれないって分かったんです。アラフォーになってちょっと良いブランド財布を使っていても、その中から出てくるクレジットカードがチープだとちょっと恥ずかしいなぁって最近思っていたので、迷わずに審査申込みをしました。

無事に審査をクリア、ゴールドカードが届いた!


最近は随分と手軽になっていて、専用のWEBサイトから必要事項を入力して本人確認書類を提出すれば申込みは完了です。申込みからカードが届くまでは約1週間程度だったでしょうか。なんだかまだ信じられない気持ちだったのですが、封筒を開けてゴールドに光り輝くカードを手にしたら、すごい満足感なんですね。

「あのアメリカン・エキスプレスのゴールドカードに私の名前が刻まれている!」って。

カードを取り出し裏面のサイン欄に署名をして財布に入れてみました。いやぁ~、なんなんでしょうか、このカード一枚で私の財布がセレブ財布に早変わりしました。たったカード一枚でです。。。 この満足感は普段の生活ではなかなか味わえないかもしれません。

クレジットカード発行で得しちゃいました


年会費3万円以上のとても贅沢なゴールドカード。頻繁に海外旅行へ行くような人なら所有する価値は間違いなくあるのかもしれませんが、国内旅行にも年に数回しか行かない私だと年会費分のリターンを見込むことができません。でも、これだけ心が踊ることなんて最近では無かったので初年度年会費無料の1年間だけでも財布に入れておくことにしたんです。

さらに、私が入会した時に見たバナー広告には、入会3ヶ月以内に10万円以上利用すればAmazonギフトカード15,000円分をいただけるってことだったんです。

そこで、私は考えました… 「う~ん、10万円以上の消費する予定は無いかなぁ」って。
そして思いついたんです、わが家のマイカーが車検だってことを!

車検って期限の1ヶ月前から受けられるから、夫に言ってすぐに車検に出してもらいました。そして、支払いはこのゴールドカード。無事に10万円利用のハードルもクリアして、それから3ヶ月後くらいにAmazonギフトカード15,000円分をゲットしました。

アメックス ゴールドカード解約は引き止めがヒドい?


年会費3万円はさすがに維持できないので、入会後1年ギリギリで解約しようと思っていたんです。でも、小心者の私としてはカード解約時にオペレーターのお姉さんに引き止められて解約ができなかったらどうしようって思って、これまた情報サイトで検索してみたんです。すると、「なんとかカード解約を思いとどまってほしいとしつこく言われた」などの書き込みが散見されたんです。いやぁ~、さすがにドキドキしてきました。。。

そして、居ても立ってもいられずにカード裏面のカードセンターへ電話することに。
自動音声の受付が始まり、言われるとおりに入力していきます。どのタイミングでオペレーターに繋がるのか恐る恐るカード番号、暗証番号を入力していくと…


「カードの解約を承りました。ご利用ありがとうございました。」
『へっ!?』


引き止めなど一切なく、自動音声の感じの良い女性にお礼を言われ、即解約となりました。オペレーターのお姉さんに謝り倒して解約するつもりだったのに、まったく引き止められませんでした(笑)
まぁ、利用頻度と金額からすれば当然の流れだったんだと思います。



ということで、私のアメリカン・エキスプレス ゴールドカードはただのプラスチックのカードになりました。自動音声の女性からは「手元のカードはハサミで2つに切って破棄してください」って言われたんですが、もう少しの間財布に入れておこうと思います。だって、持っているだけで嬉しくなるカードですからね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ