使途不明金 家計管理


どうも夫です。
みなさんの家計は計画通りの予算で収まっていますか?わが家でも順調に貯蓄ができていると思って収支をチェックしてみると意外にも貯金が少なかったりとしてしまっています。でも、「なんでかな??」って考えてしまうその貯金のできない原因はどの家庭にも共通した原因なんです。それは“使途不明金”
今回はその原因、使途不明金をいかに無くすかをテーマに書かせてもらいます。

家計管理がうまく行かない諸悪の根源は使途不明金


毎月5万円貯まるはずと貯金計画ではなっているものの、最終的に貯金できた金額を見てみると2万円しかなかったなんてよくあることですよね。その原因は間違いなく“使途不明金”なんです。だって、しっかり家計の費目ごとに予算だてしているのに知らないうちに予算オーバーするわけですから、管理している本人も「なぜお金がないのか」理解ができない状況です。

そのお金が無い理由がわからないという状況そのものが“使途不明金”が原因だということを示しているんですね。

使途不明金ってどんなもの


いろいろな家計節約サイトでも目にすることがある使途不明金ですが、具体的に言うとどういったものが該当するのでしょうか。

多くの方に該当する使途不明金の内訳は以下のようなものが大半です。
 ・仕事中のドリンク
 ・タバコ
 ・「フリスク」や「ミンティア」のタブレットやガム

これら一つひとつは気にも止めないほどの少額ですが、月単位で考えれば家計に影響を与える程の金額になります。例えば、毎日300円うっかり消費していると1ヶ月では約1万円になります。喫煙者で飲み会が多い月になってしまうとそれだけでタバコ代が跳ね上がるものですよね。

つまり、使途不明金というものは消費している意識はあるものの意識の中では「お小遣いでまかなえていると思い込んでいるもの」「お付き合いの中で仕方なく消費しているもの」になります。

これらの使途不明金はどの家庭でも発生しているものである意味“仕方のない費目”ではありますが、逆にこの使途不明金をできる限り管理することができれば計画通りの家計管理を実現できるのではないでしょうか。

家計から使途不明金を追放する一つの方法


最後に、この使途不明金を最小限に抑える一つの方法をお伝えしたいと思います。

その方法は『電子マネーの活用』です。
例えば、飲み物やミントタブレットなどで毎日300円、毎月10,000円くらい消費してしまっているのであれば、その消費を毎月3,000円に減らす目標で月初に“Suica”や“nanaco”などの電子マネーへ3,000円チャージして、対象アイテムを買うときはその電子マネーだけで決済するんです。電子マネーは先払い方式で使用するたびに残高が目に見えるので、予算管理するには最適なんですね。タバコについても同様です。予定以上に買ってしまうのが毎月10箱あるとすれば、“taspo”へ2,000円だけチャージしておけば良いんですよね。あとは予算管理だけです。

使途不明金は仕方がないで終わらせるのではなく、できる限り明確にして予算化することができれば家計管理は成功します。言い換えれば、使途不明金にメスを入れられない間は計画的な貯金は出来ないと思っていいいと思いますよ。



いかがでしたか。
多くの家庭で家計管理が失敗する原因である“使途不明金”。その消費を「把握できない」と諦めるのではなく、「把握してやる!」と強い意志で対策を立てた人だけが理想の貯蓄計画を遂行できるものです。因みにわが家においての使途不明金はほぼゼロです。それは生活行動を分析して予算組みができているからなんですね。 「なぜかお金が貯まらない」と感じたら、まずは生活行動の分析から始めて原因を追求しましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ